TOP >1224Lowtechマイページ

1224Lowtech

さんのマイページ
1224Lowtech
つぶやいた映画
51 本
総ツイート
51 件
マイページ閲覧数
1,341 view
ウォッチしている
7 人
ウォッチされている
8 人

オールタイム映画ランキング

1224Lowtechさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
51 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ザ・スクワッド
    人魚姫
    スタンドオフ
    アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
    ドント・ブリーズ
    ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
    疾風ロンド
  • メン・イン・キャット
    ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
    ガール・オン・ザ・トレイン
    ミュージアム
    ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
    PK ピーケイ
    手紙は憶えている
  • 朝鮮魔術師
    われらが背きし者
    グッドモーニングショー
    ジェイソン・ボーン
    グランド・イリュージョン 見破られたトリック
    ニュースの真相
    ターザン:REBORN
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 人魚姫
      『人魚姫』朗らかな気持ちになりたくて、この監督の「西遊記〜はじまりのはじまり〜」を期待。確かに何度も笑い声が上がり愉快な場面もあった。が、血だらけのイルカ虐殺の場面、海中ソナーの破壊的威力を日本語で聴くうちに心が萎んでしまった。
      いいね

      普通
    • ザ・スクワッド
      『ザ・スクワッド』リメイク元英国映画「ロンドン・ヒート」を見逃したので、期待して観る。劇中何度も逮捕を逃れた犯人から「あんたも年取ったなぁ」と呟かれる特集捜査班の刑事ジャン・レノ。そうだよな〜ドラエモンだものモッサリも仕方ないか。
      いいね

      普通
    • シティ・オブ・ゴースト
      『シティ・オブ・ゴースト』マット・デイロンの初監督作品とのことだが、残念ながら彼の出演作品を観ていない。彼が舞台となるカンボジアという国に魅せられた事は痛いほど伝わって来る。清濁併せ飲むアジアの混沌の魅力。脇役が存在感。
      いいね

      普通
    • ニュースの真相
      『ニュースの真相』全うなテーマを正面から正攻法で描く社会派ドラマ。ジョージ・W・ブッシュ元米国大統領の若き日の軍歴疑惑をCBSニュースの敏腕プロデューサーがスクープ。日本公開はトランプ当選の大統領選挙の最中。メディアの闘いは終らず。
      いいね

      普通
    • ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
      『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』スター・ウォーズ公開の1978年と世界の様相は変わってしまった。前半の戦闘シーンは現実的描写で各地の紛争の様子を見ている錯覚。帝国軍と反乱軍のどちらに正義があるのか断じる事は困難になった
      いいね

      普通
    • スタンドオフ
      『スタンドオフ』ローレンス・フィッシュバーンとトーマス・ジェーンの殺し屋と元軍人の、一人の少女を巡る攻防。偶然殺しの場面をカメラに収めてしまった少女が逃げ込んだ先の民家のワンシュチエーションでの展開は、86分だからこそ仕上がりか?
      いいね

      普通
    • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
      『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』英米のドローンを使った合同軍事作戦。ケニアで発見した指名手配のテロリストを住宅地でミサイル攻撃の射程に捉える。真珠湾が、テロリストのデータ確認の重要軍事拠点。終った大戦の慰霊場所では無い。
      いいね

      普通
    • ドント・ブリーズ
      『ドント・ブリーズ』幽霊もゾンビも吸血鬼も出ない、サム・ライミ製作のハラハラ映画。出てくる人が何だか全うで、若い主人公達を襲う盲目の老人の大金も湾岸戦争の負傷への補償金。盗みに入る若者の動機も真面目。ラストは正にサム・ライミ風味。
      いいね

      普通
    • 実相寺昭雄の不思議館2
      『実相寺昭雄の不思議館2』実相寺監督の語りがカッコイイ。冒頭に東京の街の変容について実相寺監督が語っている。震災や戦争でも変わらなかった東京の街が、本当に変わってしまったのは1964年のオリンピックからだとの話が説得力を持つ。
      いいね

      良い
    • 箱入り息子の恋
      『箱入り息子の恋』今ブレイクの「逃げ恥」より良いかも。天気の良い日も出現するカエル男を星野源が熱演。中途障害の視覚障害のお嬢様に猛アタック!車に撥ねられても、二階から転落してもめげず。随所に視覚障害者の専門家の指導、協力の後が。
      いいね

      良い
    • ローマに消えた男
      『ローマに消えた男』イタリア映画。政治家の兄と学者の弟の双子の兄弟の入れ替わり劇をトニ・セルロッテイが一人二役で、絶妙に演じ分ける。中身がすり替わっても政治家は大衆の求めに応じさえすれば、存在価値は変わらない。皮肉なラスト。
      いいね

      良い
    • 実相寺昭雄の不思議館1
      『実相寺昭雄の不思議館1』大人の不思議ワールド全開! ウルトラマンマンシリーズで有名な実相寺監督が当時の若手監督に競作させたオムバス形式の一本。「不思議」のとらえ方が独特の感性で表現され、大人を魅了する世界を展開している。
      いいね

      良い
    • ガール・オン・ザ・トレイン
      『ガール・オン・ザ・トレイン』欧米のミステリーには精神分析医がよく登場する。ここでも重要な役割を担っているが、実際には悩める相談者の何の役にも立っていない。それどころか事態をややこしくしている!列車ミステリーを期待したが然に非ず。
      いいね

      普通
    • 手紙は憶えている
      『手紙は憶えている』ナチスの残党の上にも、ユダヤ人捕虜の上にも同じように時は呵責無く降り注ぐ。戦後70年を超え歴史上の「先の大戦」では無く、今を生きる齢87のクリストファー・プラマーが記憶の彼方から呼び寄せる戦後その物が秀逸
      いいね

      良い
    • 疾風ロンド
      『疾風ロンド』主役の阿部寛が全く活躍しない阿部寛の映画。コメディとは言えサスペンス、やたら台詞で説明は脚本の所為か、興を削ぐことこの上なし。芸達者が大勢で勿体無い。GoProで撮った?雪上チェイスシーンのみ主張。 
      いいね

      残念
    • PK ピーケイ
      『PK ピーケイ』♪インドの山奥で修業して~って、レインボーマンじゃない!?笑って、泣いて、歌って、踊って、そしてホロッとして、映画の楽しさ満載のインド映画!八百万の神様のよく分かんない日本から見ても、納得の宇宙人の神業?
      いいね

      良い
    • ミュージアム
      『ミュージアム』今どきの映画にしては珍しく煙草をしょっちゅう吸う刑事、その所為か昭和っぽい造形を感じる。裁判員制度という新しい法制度と、その昭和な感じが何となくアンバランス。原作の漫画もこんな雰囲気なのか。女性も一昔前の造り。
      いいね

      普通
    • メン・イン・キャット
      『メン・イン・キャット』我が儘ほうだいのワンマン社長ケヴィン・スペーシーが、ふてくされ猫ちゃんに変身!?「メンインブラック」のバリー・ソネンフェルドが監督のサックリ観られるコメディ。洋の東西を問わず猫は、化けたり化身になったり!?
      いいね

      普通
    • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
      『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』大人向けハリーポッター後日談との期待!魔法動物の魅力が今ひとつ。禁酒法時代のニューヨーク、ロンドンから来た魔法使いに時代遅れと突き放され、まだまだ米国は新大陸扱いだった事が興味深い。
      いいね

      普通
    • 超高速!参勤交代
      『超高速!参勤交代』現在の福島県いわき市になる磐城国の小藩が、たった五日で参勤交代を命じられる。江戸の都合で振り回される福島県って?これは時代劇コメディの形を借りた福島応援歌になっているのは、期せずしてか。おおらかな田舎讃歌。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      renn6161
      1573movies / tweets
      advertisement

      follow us