TOP >4410_Kupaマイページ

4410_Kupa

さんのマイページ
4410_Kupa
つぶやいた映画
315 本
総ツイート
554 件
マイページ閲覧数
2,478 view
ウォッチしている
4 人
ウォッチされている
5 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
315 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 家族はつらいよ2
    ひるなかの流星
    劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
    SING シング
    哭声 コクソン
    モアナと伝説の海
    劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ
  • ハルチカ
    映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
    お嬢さん
    ペット 檻の中の乙女
    素晴らしきかな、人生
    デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」
    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章「嚆矢篇」
  • 彼らが本気で編むときは、
    クリミナル 2人の記憶を持つ男
    トリプルX 再起動
    ラ・ラ・ランド
    デンジャラス・ミッション
    バイオレンス・マックス
    ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ひるなかの流星
      『ひるなかの流星』 永野芽郁の恋のライバルから親友となる、猫田ゆゆかを演じた山本舞香が良かった。意地悪キャラかと思わせて、どこか憎めない愛らしさ。永野とのパジャマトークのシーンのいじらしさに、キュンとさせられる。
      いいね

      良い
    • ひるなかの流星
      『ひるなかの流星』 田舎出の垢抜けない女の子が、なぜかイケメンからモテモテになるという、少女マンガの王道の展開が心地よい。ダサダサ女子がどんどん可愛くなっていく様を、永野芽郁が好演。
      いいね

      良い
    • デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」
      『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』 サブタイトルは「喪失」だけど、むしろ子供たちとパートナーデジモンとの絆の復活の話。AiMのEDを聴くと、やっぱりデジモンはこれじゃなきゃという思う。
      いいね

      良い
    • 哭声 コクソン
      『哭声 コクソン』 正直ラストはスーパーナチュラルに逃げている印象。人ならざるモノが悪を為すのと、人が人として悪を為すのでは、心の闇を描くという点で断然後者の方が、より恐ろしさを感じさせられるのではなかろうか。
      いいね

      残念
    • 哭声 コクソン
      『哭声 コクソン』 子役と動物に優しくない韓国映画。良くも悪くも今の日本映画では撮れない、エグい描写が続出の一種のモンド映画。
      いいね

      残念
    • お嬢さん
      『お嬢さん』 濡れ場は女優同士のシーンだけという、真正百合映画。正直女優さんは2人とも、それほどの美形ではないけれど、それがむしろ絶妙なエロさでそそられる。R18も納得のレーティングでした。
      いいね

      良い
    • お嬢さん
      『お嬢さん』 幼女に日本語の淫語をこれでもかと喋らせる、流石はパク・チャヌク監督。筋金入りの鬼畜です(褒め言葉)。
      いいね

      良い
    • 哭声 コクソン
      『哭声 コクソン』 これは胸クソなオカルト・サスペンス。今の韓国人が日本に対して抱く疑心暗鬼な心情が、そのまま國村隼演じるキャラクターに投影されているという印象を感じた。
      いいね

      残念
    • 劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
      『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』 それでいてラストには、別れのエピソードもきっちり描かれる。成田空港での告白シーンには思わずもらい泣き。
      いいね

      良い
    • 劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
      『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』 強大な敵の登場に、激闘を繰り広げたライバルたちが1つのチームになって立ち向かうという、これぞジャンプアニメの王道とも言える展開。これで燃えないわけがない。
      いいね

      良い
    • SING シング
      『SING シング』 日本語吹き替え版で鑑賞。期待以上に吹替キャストが(斉藤さんを含め)見事な歌声で、ストレスなく観ることができた。特にミーナ役のMISIAのラストの歌唱は圧巻。
      いいね

      良い
    • モアナと伝説の海
      『モアナと伝説の海』 日本語吹き替え版で鑑賞。 透明感あふれる海の描写など、映像表現は文句なしに素晴らしい。ただ主人公の吹き替え演技の拙さが気になって、あと一つ作品世界に没頭できなかった。字幕版で再チャレンジしたいと思う。
      いいね

      普通
    • 劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ
      『劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ』 アイドルおうえん上映で鑑賞。ストーリーはあってないようなものなので、次から次へと流れる演奏を盛り上がりながら楽しむに限る。
      いいね

      良い
    • ナイスガイズ!
      『ナイスガイズ!』 70年代〜80年代のアメリカ製TVドラマのノリで、どこか懐かしさを感じさせる作品。R・ゴズリングの娘役を演じたアンガーリー・ライスがとにかくキュート。この娘は伸びるね、きっと。今後に要注目です。
      いいね

      良い
    • 彼らが本気で編むときは、
      『彼らが本気で編むときは、』 トランスジェンダーを真正面から描いたという面で『リリーにすべて』にも匹敵する作品。女性としての繊細さを、生田斗真はエディ・レッドメインに勝るとも劣らない熱演で表現している。
      いいね

      良い
    • ハルチカ
      『ハルチカ』 作品自体はごった煮のようなカオスな魅力。前半の部員集めにおける、「日常の謎」系ミステリーはキライじゃない。後半の展開には賛否があるだろうが、コンテストでの優劣を超えた音楽の楽しさを描いたものだと解釈した。
      いいね

      良い
    • ハルチカ
      『ハルチカ』 ラストにかけての超展開は、映画のファンタジーに溢れた近年屈指の名シーン。「ラ・ラ・ランド」のオープニングにすら匹敵すると言ったら褒めすぎだろうか。
      いいね

      良い
    • ハルチカ
      『ハルチカ』 橋本環奈の圧倒的主演力! 同世代に彼女より演技の上手い女優は何人もいるが、彼女ほど画面からオーラを放つ女優は上の世代を含めてもそうはいない。橋本環奈こそ角川3人娘の系譜を正しく引き継ぐTHE 映画女優と言えよう。
      いいね

      良い
    • 家族はつらいよ2
      新宿ピカデリーで映画を観ると、山田洋二演出と大書きされて『家族はつらいよ2』の予告が流れるのだけど、これにメラメラと殺意が沸くのは自分だけだろうか。少なくと死んでもこの映画だけは観てやるもんかという気分になること間違いなし。
      いいね
    • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
      『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 原題の「Demolition」だと、デモリッションマンとかを思い浮かべてしまうから、しっとりとしたストーリーに相応しいこの邦題をつけた人はナイスジョブ!
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      frodopyon
      1571movies / tweets
      advertisement

      follow us