TOP >51thorマイページ

51thor

さんのマイページ
51thor
つぶやいた映画
849 本
総ツイート
951 件
マイページ閲覧数
20,772 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
9 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
849 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 少女ファニーと運命の旅
    ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
    君の膵臓をたべたい
    心が叫びたがってるんだ。
    ビニー 信じる男
    ヒトラーへの285枚の葉書
    ボンジュール、アン
  • しあわせな人生の選択
    いつまた、君と 何日君再来
    ハクソー・リッジ
    フィフティ・シェイズ・ダーカー
    昼顔
    22年目の告白 私が殺人犯です
    パトリオット・デイ
  • 光をくれた人
    トンネル 闇に鎖された男
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    パーソナル・ショッパー
    スプリット
    追憶
    無限の住人
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
      『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』相変わらずの美男子トム様絶対王者映画。陸上アクション満載、水中アクション、美女との切ない?濡れ場、挙句古代幽霊ゾンビとまで戦うって最後は続編あり(>_<)って、厳しいよー。 #映画
      いいね

      普通
    • 君の膵臓をたべたい
      『君の膵臓をたべたい』原作完読。原作にはない部分が多々、その部分とキャストの華やかさがやや残念な展開?と感じたのは私だけか?高校生のは2人はフレッシュであるが、爽やかすぎてあざとさが残る。全体的にはまとまる感じで及第点 #映画
      いいね

      普通
    • ビニー 信じる男
      『ビニー 信じる男』実話。迫力のボクシングシーンもさる事ながら交通事故の治療法にも驚き。不屈の魂を持つビリーとトレーナーにも胸熱くなる。また、配役の素晴らしさ!マイルズのビリーがビリーに見えA.エッカートもいつもとは違う役で最高。
      いいね

      良い
    • 少女ファニーと運命の旅
      『少女ファニーと運命の旅』実話。ドイツ軍の占領下のフランスからスイスを目指す子供達の旅。過酷を極める中、ふとした素の表情が自然で堪らない。ハラハラドキドキと生きる事のみに純粋になる姿は涙なしでは見れない。素晴らしい作品#movie
      いいね

      良い
    • 心が叫びたがってるんだ。
      『心が叫びたがってるんだ。』言葉の重みをテーマにまさに青春ストーリーの王道。主人公の順に共感できないのは私だけか。最後のミュージカルはなかなかの出来栄え。4人の個性も生きていて、好感。中島くんはキラキラ度抑えてもなお王子様だね(笑)
      いいね

      良い
    • ボンジュール、アン
      『ボンジュール、アン』ダイアン・レインの気品ある知的な美しさとカンヌからパリまで景色、美食が全ての2日間のロードムービー。少々、保守的で女性向き?のストーリー展開ではあるが旅行気分に大満足です。#eiga #movie
      いいね

      良い
    • ヒトラーへの285枚の葉書
      『ヒトラーへの285枚の葉書』夫婦の強靭な精神力と自国が間違えた道を突き進む疑念、また愛する息子を奪われた空虚感が痛いほど伝わり、何度もこれで終わりにして・・と願わずにはいられない気持ち。実話です。#eiga #movie
      いいね

      良い
    • しあわせな人生の選択
      『しあわせな人生の選択』余命わずかな男性とその友人の濃密な4日間。その中で織りなす父と息子・元妻・友人の心の揺れと残される愛犬のもらい先を考える日々。日常の生活の中に潜む人間心理が色々な価値観として映し出される。
      いいね

      普通
    • ハクソー・リッジ
      『ハクソー・リッジ』武器を持たず戦場の最前線へ行く。まさに実話の物語。沖縄を舞台にしているせいか、やはり気持ちは複雑だがその映像は迫力そのもの。またそれにも増して彼の持つ信念という礎が胸に迫る。もの凄い戦争映画です。 #映画
      いいね

      良い
    • いつまた、君と 何日君再来
      『いつまた、君と 何日君再来』向井理氏祖父母の実話映画化。この時代に数十年先を見る吾郎の考え方に感銘するがなかなか時代が付いてこない現実の哀しさと朋子の前向きな生き方が印象的。この時代に世界の色々な場所を絵で描くなんて、凄い。#映画
      いいね

      良い
    • フィフティ・シェイズ・ダーカー
      『フィフティ・シェイズ・ダーカー』前作に比べミステリー色強くわりと見応えあり。グレイのS度も妙にフレッシュになり(笑)ついに結婚か?!って感じだが、たまたの続編にびっくり。相変わらずグレイの家族はゴージャスです ‼︎
      いいね

      良い
    • あいつの声
      『あいつの声』韓国の未解決事件の映画化。終始、誘拐犯に翻弄される両親と警察の捜査のちぐはぐさがドキュメンタリー映画のように展開される。誘拐犯が逮捕されいない為、犯人側の意図は不明であるのが消化不良気味だか迫力の2時間 #movie
      いいね

      良い
    • パトリオット・デイ
      『パトリオット・デイ』my今年洋画の暫定No1。9.11ほどの報道は日本ではなかったが自分の勉強不足を反省。いかに自分の国や街を愛する誠実心と勇気と誇りがひとを強くするかということをドキュメンタリー映像を通じて教えてくれる。奇跡。
      いいね

      良い
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      『22年目の告白 私が殺人犯です』韓国映画のオリジナル版とは違う犯人の追求展開だか迫力は満点。カット割りも効果的だし常にハラハラの連続。日本版は犯人誘導がやや唐突感ありだけど、十分満足。藤原氏の曽根崎像は見る価値あり。 #映画
      いいね

      良い
    • 昼顔
      『昼顔』ドラマからの3年後、あのドロ沼地獄再びかと思ったがまた違う意味での心の葛藤。上戸氏の清潔感がこのストーリーの肝だが失う物がない女の怖さが常に見ている観客の心理に問う。ややドラマ版よりイノセントか?! #映画
      いいね

      良い
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      『マンチェスター・バイ・ザ・シー』心の再生と言うより器用に生きられない心病む短気な男の無骨な生き方と甥っ子のヒューマンドラマ。音楽の使い方も巧みで観客の想像力掻き立てる演出。しかし、ラストまで淡々と希望はあるのか。#movie
      いいね

      普通
    • 光をくれた人
      『光をくれた人』終始美しい海の一日の灯台の景色と音、夫婦愛の裏に心の再生と母の愛など方向性を含む映画。誰に肩入れしてしまうかは 観る人によるが、赦す罪と贖罪に揺れる人々が哀しい。私の予想とは 違ったけどこれもありかな?#movie
      いいね

      良い
    • スプリット
      『スプリット』多重人格者のマカボィの怪演に拍手。ストーリーはある意味予想以上(笑)の展開ではあるがケイシーの過去の虐待と絡ませ複雑な気持ちに。終始ハラハラ感と彼女の未来が今後幸せなれる?かと気持ち複雑。監督恒例のチョイ役で登場
      いいね

      良い
    • パーソナル・ショッパー
      『パーソナル・ショッパー』序盤ホラー映画と思いきや、後半はサスペンス、ラストはある意味人間哲学的要素の映画と解釈は別れそう。人間の深層心理の闇や恐怖をクリスティンが熱演。CHANELカルティエなど高級ブランド一見の価値あり
      いいね

      良い
    • 追憶
      『追憶』20年程前の故高倉健氏が登場しそうな人間ドラマ。 まさに降旗監督色強し。小さな田舎町の幼なじみの封印したい思い出とは?が主題であるが、なんとも疑問も残りやや消化不良気味?豪華キャストと美しい景色は○ #movie
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....