TOP >7nao_nao7マイページ

7nao_nao7

さんのマイページ
7nao_nao7
つぶやいた映画
56 本
総ツイート
61 件
マイページ閲覧数
719 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

7nao_nao7さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
56 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ダンガル きっと、つよくなる
    ワンダーストラック
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    ヴァレリアン 千の惑星の救世主
    ビルビー
    ボス・ベイビー
    ちはやふる 結び
  • アナと雪の女王 家族の思い出
    リメンバー・ミー
    坂道のアポロン
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ゆれる人魚
  • RAW 少女のめざめ
    バーフバリ 王の凱旋
    ジャスティス・リーグ
    ブレードランナー 2049
    アトミック・ブロンド
    パターソン
    夜明けの祈り
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』M.ストリープ、若いころの才気走った演技が苦手だったがこれは良い。あと、タイプ打ったり並んだ公衆電話から秘密の通話したりと、B.オーデンカークにソール・グッドマン的場面が用意されていてニヤリ。
      いいね

      良い
    • ワンダーストラック
      『ワンダーストラック』 時を隔てたふたりの子供のNY家出紀行を交互に共鳴させながら進める展開は終盤まで見応えがあったが、観客が容易に予測できる真相を単に説明するだけの畳み方はまだるっこしい(ジオラマを使うという工夫は良いけれど)。
      いいね
      評価
      なし
    • ヴァレリアン 千の惑星の救世主
      『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』トレーラーには全然惹かれなかったが、実際みたらアシッド系スターウォーズで楽しかったw 「スペイス・オディティ」にはどうもわたくしのエモスイッチを押す力があるらしく、冒頭でうっかり泣きそうになる。
      いいね
      評価
      なし
    • ダンガル きっと、つよくなる
      『ダンガル きっと、つよくなる』(つづき) インド国歌ってほとんど聴いたことないけど、使い方が見事。ただ、公認コーチだけを悪者にするのちょっとどうかな、とは思った。アーミル・カーンの経年変化ぶり、CG使ってる?
      いいね
      評価
      なし
    • ダンガル きっと、つよくなる
      『ダンガル きっと、つよくなる』女性を縛る伝統因習を打ち破るのが父権を振りかざす父親のエゴ、という皮肉。幼くして嫁がされる友の言葉でそれまで嫌々だったレスリングにのめり込んでいく姉妹。実際のレスリング場面も迫力。
      いいね

      良い
    • ビルビー
      『ビルビー』 ボス・ベイビー併映の短編。もふもふは正義。ふわふわは正義。ビルビーって動物しらなかったのでぐぐった。本当に青っぽい毛色なのね。ということでケモナーはみるべし
      いいね

      良い
    • ボス・ベイビー
      『ボス・ベイビー』 勢いあって良し。長子の不安をこんなカタチに仕上げるとはさすが。設定は基地外じみていてさすがのマダガスカルチーム。特に悪役の計画がw。そもそも両親疑問持たずにあんな仕事してたの? てか失業しなかったの?
      いいね

      良い
    • アナと雪の女王 家族の思い出
      『アナと雪の女王 家族の思い出』 長編(リメンバー・ミー)の併映短編としてはいささか長すぎ。本編始まる前に眠くなってしまった。家族推しも本編との合わせ技で余計くどいし。
      いいね

      残念
    • リメンバー・ミー
      『リメンバー・ミー』 根底にある大家族主義をまるっとカッコに入れて飲込めれば傑作かも。死者の国はカラフルで魅力的。音楽もいい。でも一番評価したいのはペピータの鼻回りの毛並の向き。ちゃんとにゃんこだ(そこかよ←ただの猫好きの感想)
      いいね
      評価
      なし
    • 坂道のアポロン
      『坂道のアポロン』良作。ロックバンドっていうからてっきりビートルズのコピーやるのかと思ったらオックスの「ガールフレンド」だった。あの当時だったら「グループサウンズ」又は「GS」って言ってない?
      いいね
      評価
      なし
    • ちはやふる 結び
      『ちはやふる 結び』上の句下の句で眩しい青春モノはお腹いっぱいなのでスルー、と思ったが評判いいので見た。シェイプアップして格段に良くなってる。改めて松岡茉優の凄さを思い知る。あんなマンガチックなキャラ、よく三次元化できたよな。
      いいね

      良い
    • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
      昨年は(わたしにとって)アダム・ドライバーが目立つ一年だったが、今年はサリー・ホーキンスかな。パディントン2、シェイプ・オブ・ウォーター、しあわせの絵の具、どれもよかった。
      いいね
    • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
      『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』絵を描くサリー・ホーキンスと絵にかいたようなツンデレのイーサン・ホーク。ひとりで、そしてふたりで夏も冬も何度も行き来する町への長い道。付抜けた邦題にめげずにみると吉。地味に傑作。
      いいね

      良い
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『聖なる鹿殺し』 前作『ロブスター』は「謎設定のある夢」みたいな感じでよかったが、今回は現実に寄せてきた分「無理矢理設定したトロッコ問題」に思えてつらい。たしかに美しいが、こういうのはハネケに任せとけばよくね?
      いいね
      評価
      なし
    • RAW 少女のめざめ
      『RAW 少女のめざめ』目覚める目覚めない以前に大学寮の習慣の野蛮さにどんびき。つか知ってたんなら最初から教えてやれよ、とうちゃん(姉ちゃん入学の時点でさ)。なに投げっぱなしにしてんだよ。
      いいね

      残念
    • シェイプ・オブ・ウォーター
      『シェイプ・オブ・ウォーター』実際とてもよい映画だし、デル・トロらしさも120%発揮されていたんだけど、物足りなさも感じていて、それがなにに起因するのか考え中。
      いいね
    • ゆれる人魚
      「グレーテスト・ショーマン」ではおためごかし的表現でしかなかった、芸人の家族的共同体の息遣いみたいなのも感じられた。>ゆれる人魚
      いいね
    • バーフバリ 王の凱旋
      『バーフバリ 王の凱旋』ヤバイ、ヤバすぎる。年末にこんなものぶっこんでくるなんて。前編の劇場公開見逃したの死ぬほど後悔。
      いいね

      良い
    • ジャスティス・リーグ
      『ジャスティス・リーグ』重い、 重いぞ! いやストーリーとか世界観の話ではなくて、キャラクターたちの体型、衣装、装備、車両等すべて重い! ラストの"come together" カバーまで重アレンジだったw ドストエフスキー
      いいね
      評価
      なし
    • ブレードランナー 2049
      「ブレードランナー2049」美術は圧倒的だし音響もいいし前作への適切な言及もあるし、なのにあまり心躍らない。理由はやっぱりあれだ。ルトガー・ハウアーの欠落。前作が大好きで何度も繰り返しみたのは、彼の演じるロイ・バッティををみたいがためだったのだな、と改めて。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....