TOP >7thcontinentマイページ

7thcontinent

さんのマイページ
7thcontinent
つぶやいた映画
179 本
総ツイート
404 件
マイページ閲覧数
474 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

7thcontinentさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
179 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 四月の永い夢
    孤狼の血
    スーパーシチズン 超級大国民
    レディ・プレイヤー1
    ラッカは静かに虐殺されている
    ラブレス
    BPM ビート・パー・ミニット
  • 素敵なダイナマイトスキャンダル
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    15時17分、パリ行き
    息衝く
    サニー 32
    名前のない女たち うそつき女
    苦い銭
  • スリー・ビルボード
    ロスト・シティZ 失われた黄金都市
    季節の記憶(仮)
    勝手にふるえてろ
    8年越しの花嫁 奇跡の実話
    ヘドローバ
    やがて水に歸る
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』お前は結局『県警対組織暴力』との比較でしか作品を見ていないんじゃないかと言われれば、そうなのかもしれない。
      いいね
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』構成の面でシンプルにすべきところを無駄に複雑にしているため勢いが削がれてしまっているように感じる。単純な構図に落とし込まず複雑さによってリアリティを担保しようという狙いなのかもしれないが、ならば役所広司が最後なぜあんなにも単純な英雄になってしまうのか。そこが解せない。
      いいね
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』構成をシンプルにして勢いを出すべきところを無駄に複雑にしてしまっている点について。単純な構図に落とし込まず、複雑さによってリアリティを担保しようという狙いなのかもしれないが、だとしたら、役所広司が最後なぜあんなにもストレートな英雄になってしまうのか。そこが解せない。
      いいね
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』あと、ピエール瀧の役のキャラクタは、『県警対組織暴力』をなぞるのなら、江口洋介の役に配されるべきものだと感じたが、なぜそうしなかったのか。そうすれば伊吹吾郎が塀の中でも特に問題はなかろう。ピエール瀧の役も話の展開の都合でたまたま造形されたような人物にしか見えないし。
      いいね
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』一方、役所広司と県警本部との関係も、滝藤賢一のキャラがあまりに小物すぎるのが難点で、役所広司と直接対峙するわけでもなく、盛り上がりに欠ける。代わりに松坂桃李にその役回りを担わせているが、途中で離脱してしまい、最後は役所広司が英雄になってしまう。それは違うのでは?
      いいね
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』では『県警対組織暴力』における菅原文太と松方弘樹の関係が役所広司と伊吹吾郎の関係に相当するが、如何せん伊吹吾郎が塀の中にいるためそれが直接アクションを生み出し得ず。代わりに江口洋介が配されているものの、あくまで塀の中を経由しての関係なため、非常にまどろっこしい。
      いいね
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』話自体はそれほど面白いと思わなかったが、役者の演技はおしなべて素晴らしかった。役所広司は言わずもがなだが、個人的にあまり良い印象のなかった俳優までが今まで見せたことのないような生々しい演技をしていて驚いた。今の時代にチョイ役に至るまであれだけの凶悪な顔を並べた点も見事
      いいね
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』松坂桃李の変化を「継承の物語」につなげるところは面白いと思ったが、終盤、役所広司があまりに英雄化され過ぎる点がやや興醒め(まあ、これも『県警~』の菅原文太との比較になってしまうので異論はあるだろうが)。
      いいね
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』『県警~』では梅宮辰夫だけでなくその背後に金子信雄、小松方正、安部徹といった濃い面々が控えていて、権力構造の巧妙かつドス黒い側面が生々しく迫ってきたけれど、それがあまりにも分かりやすすぎる滝藤賢一とわずかしか登場しない井上肇だけでは迫力不足と言わざるを得ない。
      いいね
    • 孤狼の血
      白石和彌監督『孤狼の血』まずまず面白いし観て損はないが、もう一度観たいと思うほどではなかった。『県警対組織暴力』を意識しているが、『県警~』の梅宮辰夫に相当する魅力的な敵役(ラジオ体操する姿が痛烈)が登場しないのでいまひとつ盛り上がらない。田口トモロヲがそうなのかと思ったが違った
      いいね
    • 四月の永い夢
      『四月の永い夢』入場時に富山県のロケ地マップを渡された(監督の出身地ということらしい)。たしかに終盤はそうなのだが、わたしにとっては前半の国立周辺の風景こそが懐かしかった(高層の建物がない住宅地、そして、大学通り)。そういえば三浦貴大は国立の出身だ。
      いいね
    • 四月の永い夢
      『四月の永い夢』スマホの時代に敢えて用いられた手紙とラジオ。それが古めかしさや不自然さを感じさせず、むしろ新鮮さや豊かさを画面に引き入れていて素晴らしい。どこにいても心穏やかでなく身の置きどころのないようなヒロインの潔癖性、現代の日本においてすっかり失われてしまった倫理性が尊い。
      いいね
    • 四月の永い夢
      中川龍太郎監督『四月の永い夢』緩やかなズームアウトに被さるモノローグによって冒頭から惹き込まれ、それが終盤に再現、展開されるあたりの素晴らしさに感嘆。これぞという目を惹く要素はないが、抑制された表現の隙間から多くは語られない過去とそれに纏わる秘めたる心の痛みが切々と伝わってくる。
      いいね
    • ラッカは静かに虐殺されている
      『ラッカは静かに虐殺されている』そもそもRBSSとはそういう映像(ISISの非道ぶり)を命がけで撮ること(とそれを世界に向けて発信すること)を目的とした集団なのだ。そんな人たちの撮った映像が生々しくないはずがない。しかし、それを劇… https://t.co/QnHmx37jG8
      いいね
    • ラッカは静かに虐殺されている
      『ラッカは静かに虐殺されている』しかしそれにしても、RBSSの活動を追った部分はともかく、ISISに支配されたラッカにおいてなんでこんなにも生々しい映像が撮れたのかと疑問に思ったのだが、それはエンドロールからもわかるとおり単純なこ… https://t.co/ypP2qQZhIF
      いいね
    • ラッカは静かに虐殺されている
      『ラッカは静かに虐殺されている』無論、このドキュメンタリー作品をフィクションのように感じてしまうのは、作品そのもののせいではなく、観るほうの問題であろう。あるいは、作り手はそこをも問おうとしているのかもしれない。
      いいね
    • ラッカは静かに虐殺されている
      『ラッカは静かに虐殺されている』本作で驚きなのは、同じ監督の『カルテル・ランド』同様、取り上げられている事実そのものに加え、それがあまりにも平然とカメラに収められていることだ。とんでもないことをごく当たり前のように見せられるので、なんだかフィクションみたいに感じてしまうのである。
      いいね
    • ラッカは静かに虐殺されている
      『ラッカは静かに虐殺されている』本作が取材対象としているRBSSという組織は、こう言ってしまっていいのかわからないが、イスラム版ウィキリークスみたいな組織で、主にシリアのラッカにおけるISISの悪事を世界に向けて暴露することを目的とした市民ジャーナリストの集団とのこと。
      いいね
    • ラッカは静かに虐殺されている
      マシュー・ハイネマン監督『ラッカは静かに虐殺されている』妙なタイトルだが、これは本作の被写体となっている組織の名前(Raqqa is Being Slaughtered Silently、略称:RBSS)であって、作品の原題は"CITY OF GHOSTS"である。
      いいね
    • スーパーシチズン 超級大国民
      『スーパーシチズン 超級大国民』クライマックスの墓地のシーンが非常に素晴らしかった。美しさとこれ以上ない痛ましさに貫かれていて圧倒される。ラストの悲しい夢想も、喪われたものの大きさを見事に浮かび上がらせていて落涙必至。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....