TOP >96mazyo3マイページ

96mazyo3

さんのマイページ
96mazyo3
つぶやいた映画
68 本
総ツイート
167 件
マイページ閲覧数
1,115 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
68 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス
    ジョン・ウィック チャプター2
    ハクソー・リッジ
    キング・アーサー
    セールスマン
    22年目の告白 私が殺人犯です
    パトリオット・デイ
  • LOGAN ローガン
    美しい星
    メッセージ
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    パーソナル・ショッパー
    台北ストーリー
    美女と野獣
  • 人生タクシー
    ぼくと魔法の言葉たち
    夜は短し歩けよ乙女
    LION ライオン 25年目のただいま
    はじまりへの旅
    レゴバットマン ザ・ムービー
    ムーンライト
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • SING シング
      『SING シング』敗者たちの人生逆転劇という誰もが好きなテーマを選んだ弊害か、先が読める展開なので後半のライブシークエンスまでが只々退屈。オーディションの下りも有名曲の使い捨てが激しく作り手の音楽愛があまり感じられませんでした。
      いいね

      残念
    • ジャッキー ファーストレディ 最後の使命
      『ジャッキー ファーストレディ最後の使命』ナタリー・ポートマンの未亡人姿が可愛い、フェチの方は必見。内容に関しては悪くはないにしてもケネディ暗殺を夫人視点で魅せる企画自体が厳しいとしか…。本国は兎も角日本はDVDスルー化すべきだった
      いいね

      残念
    • LION ライオン 25年目のただいま
      実話とは到底思えないほど奇跡に満ち溢れた作品だとは重々承知しつつも作りのTVドラマ感が鼻に付くし、安牌を散りばめ過ぎ。特に主人公の容姿が幼少期と青年期で全然違うのには目を疑いました。そこは事実だとしても変えとけや!少しは似せとけや!
      いいね

      残念
    • 美しい星
      『美しい星』監督の現代的脚色が見事な作品。肝心の内容に関してはよう分からん。
      いいね

      普通
    • 日本と再生 光と風のギガワット作戦
      この人の作品が好きな理由ははっきりしていて、反原発を主張するに当ってお涙頂戴ではなく原発の危険性を示しつつ、反論に対してもきちんと向き合って論理的に対処する所。反原発映画は数あれど、この作りが出来るのはやっぱり弁護士出身のこの方のみ
      いいね

      良い
    • 日本と再生 光と風のギガワット作戦
      『日本と再生 光と風のギガワット作戦』日本と原発シリーズで原発を強烈に批判した河合弘之監督(兼弁護士)が一転して打ち出した希望溢れる最新作。風力太陽光を中心とした自然エネルギーの素晴らしさを反論への反証と共に紹介。監督の笑顔が印象的
      いいね

      良い
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      『マンチェスター・バイ・ザ・シー』地獄の過去を経験した男が家族を失った甥と出会う……。心の傷を抱えながら孤独に生き続けるケイシー・アフレックの演技が見事。当初はマット・デイモンの予定との事ですがケイシーとは似て非なる感じが強いかな。
      いいね

      良い
    • パーソナル・ショッパー
      『パーソナル・ショッパー』黒沢清監督ファン以外全員出て行け型ホラー映画。兎に角淡白で薄いって印象としか……。金持ちの服を買うだけの主人公に生まれる欲望が事の引き金になるってのは現代ホラー的でまあ良し。
      いいね

      残念
    • はじまりへの旅
      根本の問題も最初から父親が弁護士等に相談してれば終わってた話だし、結局の所父親が最低過ぎ。それを「子供達も喜んでるからOK!」で終わらせる脚本、頭に蛆が湧いてるとしか思えない。冒頭で見せつけられる自己流教育も一切役立たずで失笑モノ。
      いいね

      残念
    • はじまりへの旅
      『はじまりへの旅』最低。子供に自己流の教育を押し付けた父親とその子供達の物語。「全ては悪気の無い過ち」という言葉から解る様に教育とは何なのかをテーマにした作品だが、結局父親が反省せずに子供達に犯罪行為を一任させて終わりとか正気か?
      いいね

      残念
    • おとなの事情
      後、肝心の暴露の内容が恋愛沙汰の事ばっかなのもはっきり言ってつまらない。イタリア人が遊び人気質な事なんてこっちは百も承知だよ!個人的には大嫌いな監督のイーライ・ロスがなんで重宝されるのか薄々分かったよ、ブラックコメディは過激さが大事
      いいね

      残念
    • おとなの事情
      『おとなの事情』晩餐会に集まった7人が自らのメールや通話を晒すゲームを行った事で大変な事になるブラックコメディ。あらすじだけで名作の予感しかしないのに制作陣がおとな(失笑)な為か対して盛り上がりもない駄作に、もっとバカバカしくしろや
      いいね

      残念
    • イレブン・ミニッツ
      何が嫌いって見てて本当にラスト10分がやりたかったようにしか見えない所。ラストのオチが最重要な作品は数多にあるけど、それらはみんなそれまでのフリがあるからこそ通用する物。なのに今作はそれが一切ない、観客をバカにしてるのか????
      いいね

      残念
    • イレブン・ミニッツ
      『イレブン・ミニッツ』ラスト10分の為に前半70分をゴミの様な群像劇で消化し続けるという最低最悪の駄作。こんなの最後だけ予め帳尻合わせしておけば誰でも作れるし誰が作っても駄作になるのにこれを一応は巨匠扱いの監督が作ってしまうとは…。
      いいね

      残念
    • 雨月物語
      『雨月物語』inフォーラム仙台@4K修復版。文句なし日本映画最高傑作。上田秋成の原作を大胆脚色し成功を求め続ける男に振り回される女性を繊細に描写。憂い目に遭い続ける女性陣の耽美さ、靄がかかった湖や屋敷の美しさには最早言葉も出ません。
      いいね

      良い
    • 人生タクシー
      政府により監督禁止令を出された有名監督がタクシー運転手に扮しイランの実情を描いたモキュメンタリー映画。画に変化は無いが、タクシーに乗り込む人々の会話から色々な事を考えさせられる映画。映画にすべきテーマは何処にでもあるのだ。
      いいね

      良い
    • パトリオット・デイ
      この映画で一番素晴らしかったのは作り手が実際の顛末を必ずしも良い物と思っていなかった事。ただ事実を映画化しただけだと監視社会の正当化やイスラムの排斥に繋がりうる所を「愛」を主題にした方向にシフトさせた監督の手腕には感服しました。
      いいね

      良い
    • パトリオット・デイ
      個人的に素晴らしかったのがテロ発生までの映像の使い方。本物の映像とフェイクの映像を混ぜた事による臨場感が半端じゃない。日本だと画像が精一杯なのに。そしてラスト、あんな使い方されたら感動せざるを得ないでしょう!少しTVっぽすぎたけど
      いいね

      良い
    • パトリオット・デイ
      『パトリオット・デイ』2013年のボストンマラソンテロ事件の顛末を実録漫画化。冒頭数十分で様々な人物が登場し過ぎる為「こんなに出す意味あるのか?」と思いましたが、物語が進むにつれ全員がいい活躍をしてくれたので安心しました。
      いいね

      良い
    • 台北ストーリー
      個人的に気になったのがお互いに将来の展望を失った2人ではあるが、女性側は今を変える為に努力するのに対し、男性側は死ぬまで過去の栄光に囚われ続ける所が『恐怖分子』的であり『バンコクナイツ』的な所。富田克也監督は参考にしたのかな?
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....