TOP >KJ_LINEマイページ

KJ_LINE

さんのマイページ
KJ_LINE
つぶやいた映画
496 本
総ツイート
496 件
マイページ閲覧数
13,199 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
496 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • キングコング 髑髏島の巨神
    3月のライオン 前編
    ひるね姫 知らないワタシの物語
    SING シング
    チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話
    モアナと伝説の海
    WE ARE X
  • 素晴らしきかな、人生
    ラ・ラ・ランド
    愚行録
    ナイスガイズ!
    グレートウォール
    サバイバルファミリー
    マリアンヌ
  • 破門 ふたりのヤクビョーガミ
    キセキ あの日のソビト
    恋妻家宮本
    マグニフィセント・セブン
    スノーデン
    ドクター・ストレンジ
    新宿スワンII
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • グレートウォール
      『グレートウォール』最後の一撃の為に自らを犠牲にして仲間を送り出す。この信頼の構図はやはり美しい。万里の長城をモチーフにここまでの物語を生み出すとは。一つの個体は小さくとも、それが膨大な数になれば巨大な怪物に匹敵する迫力を持ち得る。
      いいね

      良い
    • チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話
      『チア☆ダン』まず夢を描く。そこに辿り着く為の目標を立てる。それを達成するために努力をする。とんでもない場所でも、それが基本だ。一定のレベルの更に上を目指すなら、和だけでは超えられないものがある。さすがにダンスのラストは華があった。
      いいね

      普通
    • キングコング 髑髏島の巨神
      『キングコング 髑髏島の巨神』怪獣映画としてこちらが見たがっている物をこれでもかと見せ付けてくれた。人間が為す術なく打ちのめされる巨大さと強さ。やはり醍醐味は怪獣同士の格闘。巨体対巨体の肉弾戦は圧倒的な迫力がある。率直に面白かった。
      いいね

      良い
    • モアナと伝説の海
      『モアナと伝説の海』広大な海で生き延びる知恵はそのまま人生にも当てはまる。現状を打破するためには、自分の想像が及ぶ範囲の外へ出ていく事が必要だ。海と水の映像が美しい。太陽の光を反射する昼の海もいいが星の光に抱かれる夜の海もまたいい。
      いいね

      良い
    • SING シング
      『SING シング』多種多様な動物が共通して抱ける夢が歌だ。誰もにチャンスがあるからこそ多くの人に届く。良くも悪くも主役は歌だ。歌が悪くては台無しになる。反面、歌が素晴らしければ全てを持っていかれる。流石の歌唱力を味わう事が出来た。
      いいね

      良い
    • 3月のライオン 前編
      『3月のライオン 前編』好きという一点で困難を片付けない所にいい意味での複雑さがある。生きる為に必要だから将棋を指す。ここに切実さがこもっている。将棋はあくまで手段であり周囲のドラマがメインなのだろうがやや芯がぼやけた印象も受けた。
      いいね

      普通
    • ひるね姫 知らないワタシの物語
      『ひるね姫 知らないワタシの物語』夢とは無意識の内に心の隙間を補ってくれるもの。そんな夢を通して、知らなかった自分の存在について知っていく。 夢と現実を行き来しながら、夢だからこそ出来る解決方法もある。倉敷の海辺の描写は美しかった。
      いいね

      普通
    • ラ・ラ・ランド
      『ラ・ラ・ランド』直感的にゾクゾクする感覚が来た。夢を見る事で人は輝く。言葉だけでは表し切れない胸の高鳴りを歌とダンスで見事に表現していた。夢追う者同士惹かれ合っていた二人が、夢が叶うに連れ離れるというのも切ない。ラストも良かった。
      いいね

      良い
    • WE ARE X
      『WE ARE X』YOSHIKIが天才的な頭脳であったとしても、それだけでXの音楽は生まれない。Xというバンドは、多くを失い多くの傷を背負っているからこそ、傷を負った人に寄り添う歌を生み出せる。改めてその大きさと深さを感じられた。
      いいね

      良い
    • 愚行録
      『愚行録』愚行とは必ずしも貧富や善悪と一致はしない。不幸な境遇にあった人間だから善であり、最後は報われるという一面的なものでもない。ただその愚行が完全な悪と割り切れるものでもない。後味の悪さは、即ち人間というものの複雑さそのものか。
      いいね

      普通
    • サバイバルファミリー
      『サバイバルファミリー』生きるという一点において、全てがシンプルになっていく。価値観も変化し、出来ないと思っていた事も出来る様になる。この変化が見ていて面白い。全てがOFFになると、人間がONになる。この一言に全てが集約されていた。
      いいね

      良い
    • 素晴らしきかな、人生
      『素晴らしきかな、人生』絶望の中にいる仲間を救うために芝居を打つ。愛、死、時間。抽象的な概念を役者に演じさせる。この発想は中々興味深いものがあった。もし概念と実際に対話をする事が出来たなら、また新たなものが見えてくるのかも知れない。
      いいね

      普通
    • ナイスガイズ!
      『ナイスガイズ!』バディものの凸凹さ加減や、ダメな男達が巨悪に立ち向かうという構図は見ていて気持ちがいい。全体的なノリも軽く、笑いを誘う場面もあった。ただストーリーがイマイチつかみ切れず、充分に作品に入り込めなかったのは残念だった。
      いいね

      普通
    • マリアンヌ
      『マリアンヌ』妻がスパイかもしれないと知った時の衝撃。愛する者を騙さなければならないのも疑わなければならないのも辛いものだ。自分を偽り続けていると、自分自身が本来の自分を見失いかねない。これが本当の私と叫ぶ出産シーンが印象的だった。
      いいね

      普通
    • キセキ あの日のソビト
      『キセキ あの日のソビト』医者と歌手ではどちらが上か。いろんな障害があったとしてもまさに「溢れる想い」に従う事が大切だろう。二兎追う者が結局二兎とも手に入れたのでは共感し得ない。音楽は良いが中途半端という印象を覆すものではなかった。
      いいね

      普通
    • ドクター・ストレンジ
      『ドクター・ストレンジ』東洋の世界観を題材にしているのは面白い。精神世界の映像化も見所だ。天地や硬軟の概念が覆される。空間をあそこまで自在に動かした映像は、確かに見た事がないかもしれない。万華鏡の中にいるという表現は、言い得て妙だ。
      いいね

      普通
    • 沈黙 サイレンス
      『沈黙 サイレンス』万人にとって絶対的な宗教はない。一人の人間として何を信じるかは自由であるべきだろう。信仰とは、押し付けるものでも奪い取るものでもない。あらゆるものを信仰と天秤にかけさせ棄教を迫る。魂の歪める手法も実に残酷だった。
      いいね

      普通
    • 恋妻家宮本
      『恋妻家宮本』たとえ不器用であっても真っ直ぐ思いを込めて向き合えばちゃんと伝わる。言葉は大事だと思う一方で、言葉よりも大事なものもある。随所に笑える要素もあり、優しさに触れる度に涙が零れた。温かな気持ちになれるとても良い作品だった。
      いいね

      良い
    • ザ・コンサルタント
      『ザ・コンサルタント』異質である事のトラウマを乗り越えていく。会計士という堅い職業であるからこそ殺し屋とのギャップが際立つ。巧みに絡み合ったストーリーに面白くなる要素は多々あっただろうが最後まで付いて行き切れなかったのは残念だった。
      いいね

      普通
    • スノーデン
      『スノーデン』味方でいて最も安心出来る存在は敵になったら最も危険な存在になり得る。秘密の存在が知らされ無ければ是非も問えない。相当の信念が無ければ全てを失うリスクを犯してまでこんな事は出来ない。心の声に従った彼に後悔は無いのだろう。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      frodopyon
      1594movies / tweets
      advertisement

      follow us