TOP >KJ_LINEマイページ

KJ_LINE

さんのマイページ
KJ_LINE
つぶやいた映画
591 本
総ツイート
591 件
マイページ閲覧数
15,409 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
591 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • スリー・ビルボード
    不能犯
    ダークタワー
    祈りの幕が下りる時
    デトロイト
    嘘を愛する女
    ジオストーム
  • 劇場版 マジンガーZ INFINITY
    ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
    伊藤くん A to E
    戦狼 ウルフ・オブ・ウォー
    嘘八百
    キングスマン ゴールデン・サークル
    カンフー・ヨガ
  • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    DESTINY 鎌倉ものがたり
    オリエント急行殺人事件
    探偵はBARにいる3
    鋼の錬金術師
    gifted ギフテッド
    火花
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 祈りの幕が下りる時
      『祈りの幕が下りる時』ある人物の思いを語るのは本人だけとは限らない。人間と人間のつながりを知り人間そのものを知っていく。新参者が描くのは徹底して事件の背後にある人間の心だ。ここに登場する嘘には人の人に対する様々な思いが詰まっていた。
      いいね

      良い
    • スリー・ビルボード
      『スリー・ビルボード』たとえ逆風に晒されても関心を呼び事態を動かそうとする。勇気と覚悟、何より揺らぐ事の無いタフさが凄まじかった。誰が善で悪か分からないというのは、面白さの大きな要素だ。意味が込められているのは看板の表だけじゃない。
      いいね

      良い
    • デトロイト
      『デトロイト』些細な悪戯行為が凄惨な事態へと一気に突き進む展開には恐ろしさを感じる。警官にそうさせたのが根底にある差別意識なのだろう。本来、正義の姿は一つであるべきものだ。同じ行為であっても対象によって結果が異なるのはおかしな事だ。
      いいね

      良い
    • 不能犯
      『不能犯』一時の感情で誰かを殺したいと思ったとしても、果たしてその殺人の動機は本当に正しいのか。一つの側面から判断をした思い込みの可能性もある。時として人を真実とは掛け離れた方向に導く。思い込みにはそれだけの危うさが秘められている。
      いいね

      普通
    • 劇場版 マジンガーZ INFINITY
      『劇場版 マジンガーZ INFINITY』意外に深いメッセージが込められていた。単なるロボットアニメでは無い。一方でロボットアクションの醍醐味も存分に楽しめる。あれだけの必殺技を出されたら退屈しない。硬軟合わせ持つ面白い作品だった。
      いいね

      良い
    • ジオストーム
      『ジオストーム』異常気象という人類共通の驚異に対して国という垣根を越えて協力する姿がまず良かった。ディザスターものとしての映像の迫力もあった。最後には無事に生還するというのは典型的だがそれを全力で見せ付けるというのも悪くないだろう。
      いいね

      良い
    • ダークタワー
      『ダークタワー』時間の長短は少なからず先入観を生む。長大な原作の割にはコンパクトな作品だった。大きな世界の片鱗は感じさせつつ深くまで踏み込んでもいない。まだ一部であるなら仕方ない。不気味さを漂わせるマコノヒーの存在感は確かにあった。
      いいね

      普通
    • 嘘を愛する女
      『嘘を愛する女』人生の一定期間を共に過ごした人間の存在が嘘だったとしたら喪失は大きい。相手のみならず自分の一部を失うのと同じだ。真実を知りたいと必死になるのも分かる。様々なヒントを手掛かりに迫っていく過程はミステリーとして楽しめた。
      いいね

      良い
    • キングスマン ゴールデン・サークル
      『キングスマン ゴールデン・サークル』最高にぶっ飛んでいて最高にキレている。常識やセオリーを度外視して躊躇や遠慮もない。どのキャラクターも失うには惜しく、もっと見ていたいと思わせる位に魅力的だ。テンポも良く痛快に楽しめる作品だった。
      いいね

      良い
    • 伊藤くん A to E
      『伊藤くん A to E』不様で切実な人間を高みから眺めて嘲笑う。それではやはり表面的なものになる。自分自身が不様でも必死で生み出してこそ本質を突ける。必死になっている姿の方が魅力的だ。次第に追い詰められ変化していく様子は良かった。
      いいね

      普通
    • ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
      『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』荒くれ者達が各々の能力を駆使して弱き者の為に働くというのは、普遍的に胸を打つ設定だ。私利私欲のみの為ならこうはいかない。ラストも男気が感じられた。厳しくも理解ある上官もかっこいいものだ。
      いいね

      普通
    • 戦狼 ウルフ・オブ・ウォー
      『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』見る者を気持ち良くさせるのが映画だとしたら、中国の人にとっては相当気持ちが良いだろう。政治的な臭いを漂わせ、ご都合主義もある意味では潔い。ひたすら続く銃撃戦に飽きもするが、身体能力の高さは確かなものだ。
      いいね

      普通
    • 嘘八百
      『嘘八百』目的は何であれ、人が目の色を変える瞬間というのは、見ていて面白いし気持ちが良い。覇気の無い状態から生気を取り戻し一心不乱に茶碗を作り上げる所は良かった。芸術の値打ちは人間の心が決めるからこそ、その駆け引きが面白いのだろう。
      いいね

      普通
    • カンフー・ヨガ
      『カンフー・ヨガ』ジャッキー映画ならではの風合いがある。肉体同士の格闘はやはりカンフーの見所だ。全てはアクションのためと振り切ってもいるのだろう。小難しい事を考えずに楽しむには良いかも知れない。最後のダンスも楽しい気分させてくれた。
      いいね

      普通
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』生きる事が任務。生きているという事実が希望になる。光か闇か最初から決まっている訳では無い。どちらに向かうかは紙一重なのかも知れない。その間で揺れ動く様子が印象的だった。戦闘シーンも見応えがあった。
      いいね

      普通
    • オリエント急行殺人事件
      『オリエント急行殺人事件』何が善で何が悪かを判断するのは難しい。悲しみや憎しみを法律が救えないとしたら、自ら救いを求める行為を簡単に悪だと切り捨てられない。謎解きだけではなく、人間の本質までも描き出す。原作が長く愛されるのも頷ける。
      いいね

      良い
    • DESTINY 鎌倉ものがたり
      『DESTINY 鎌倉ものがたり』魔物や幽霊が普通に存在し得ると思わせるのも鎌倉という土地ならではだろう。日常の中に異世界への入口が顔を出すのは興味をそそられる。魔物の造形もこだわりが伺えた。ただストーリーはさほど面白くはなかった。
      いいね

      普通
    • 探偵はBARにいる3
      『探偵はBARにいる3』酒の席での何気ない一言が、一人の人間の人生を救う事もある。札幌という場所にこだわった本シリーズが醸し出す雰囲気が好きだ。外の寒さが厳しい分、人の温かさがしみてくる。硬過ぎず軟らか過ぎない絶妙なバランスが良い。
      いいね

      普通
    • 鋼の錬金術師
      『鋼の錬金術師』実写映画以外も含めて本作品とはほぼ初接触だった。錬金術における等価交換の考え方。何かを無から生み出す事は出来ず、何かを得る為には何かを捧げるというのは興味深い。映像も結構良く出来ていた。残念ながら後半は睡魔に負けた。
      いいね

      普通
    • 火花
      『火花』売れるとは世間と繋がるという事。どれだけ天才的な発想があったとしても伝わらなくては意味が無い。伝えようと必死に努力する姿が胸を打つ。全てが笑いの糧になるというのは挫折した人間を肯定する救いに思えた。厳しくも温かい作品だった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....