TOP >KJ_LINEマイページ

KJ_LINE

さんのマイページ
KJ_LINE
つぶやいた映画
643 本
総ツイート
643 件
マイページ閲覧数
16,690 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
643 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • Vision
    OVER DRIVE
    デッドプール2
    50回目のファーストキス
    ゲティ家の身代金
    恋は雨上がりのように
    妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII
  • 友罪
    犬ヶ島
    ランペイジ 巨獣大乱闘
    のみとり侍
    ピーターラビット
    GODZILLA 決戦機動増殖都市
    孤狼の血
  • モリーズ・ゲーム
    ホース・ソルジャー
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    ラプラスの魔女
    サバービコン 仮面を被った街
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    いぬやしき
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • Vision
      『Vision』幸せはその人の心の中にある。山の中で深呼吸をしている様な感覚に浸る。画だけではなく音も含めて、山の表情を丁寧に切り出していた。映像の美しさは確かにあったが、物語自体はさほど動きはなく、感動するというものでもなかった。
      いいね

      普通
    • デッドプール2
      『デッドプール2』自身の力をコントロール出来ない子供を危険な存在として排除するのではなく説得して正しい方向へと導く。それを説教臭くなく笑いを交えて説くから粋で格好良い。様々な問題に容赦無くツッコめるのも笑いの要素を武器にした強みだ。
      いいね

      良い
    • 50回目のファーストキス
      『50回目のファーストキス』悪い事を忘れられたとしても記憶が蓄積されないという事は辛い事に違いない。どんなに努力をしても全てがゼロに戻る。毎日ゼロから好きになってもらう為の努力とは相当なものだ。愛とは損得計算を超えるものなのだろう。
      いいね

      普通
    • 恋は雨上がりのように
      『恋は雨上がりのように』若さとは真っ直ぐなものだ。その真っ直ぐさが何かを変える。年の差があるから分かり合えない事もあれば気付き合える事もある。互いに意識をする事で徐々に気持ちが前向きに変化していく様子に爽やかな印象が残る作品だった。
      いいね

      良い
    • OVER DRIVE
      『OVER DRIVE』もし壊れても必ず直してくれる人間がいる。その信頼感が思い切って全力を出す事を可能にする。真剣勝負の場所に生半可な人間がいる事の苛立ちは感じられた。熱い世界があるのは分かった。深くまで共感するには至らなかった。
      いいね

      普通
    • 妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII
      『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』どこまでも人間を見つめ人間の味がする映画だ。居る事が当たり前に感じられる存在こそ失った時の衝撃は大きい。何事も隠し立てせずにぶつけ合うから揉め事も起こるが絆も深まる。実に尊い家族の在り方だ。
      いいね

      良い
    • 犬ヶ島
      『犬ヶ島』政治権力とは恐ろしい。自身の利益の為に意図的に悪者を作り出す。人々はその意図に気付かず仕向けられた通りに信じ込む。その不正に惑わされず毅然と立ち向かう勇気は凄い。唯一無二の奇抜な世界観ながら痛烈な社会批判が込められていた。
      いいね

      普通
    • ゲティ家の身代金
      『ゲティ家の身代金』金をどう使うかは人間の根本に拠る。それは金の多寡によって変わるものでもない。美術品には金を出せても、孫の身代金には出したくない。自分の子孫として大切に思う気持ちと金を出す事は別問題だ。人間の業の深さは果てしない。
      いいね

      普通
    • 友罪
      『友罪』罪を犯した人間にも理由がある。ただそれを理解されない苦しみが命を奪われた人間が背負う苦しみよりも重いというのは理解し難い。罪を犯した息子の幸せを否定する父親。贖罪とは加害者が決められるものではなく被害者抜きには考えられない。
      いいね

      普通
    • ランペイジ 巨獣大乱闘
      『ランペイジ 巨獣大乱闘』やはり巨大な怪獣ものは見ていて胸が高鳴る。人間と心を通わせてしまうと悪役としての純度が薄まるが本作のラストならそれも効果的に働く。狼型の巨獣は珍しく新鮮だった。様々なバリエーションの巨獣を見てみたいものだ。
      いいね

      良い
    • GODZILLA 決戦機動増殖都市
      『GODZILLA 決戦機動増殖都市』やたらと話を小難しくし過ぎる。純粋な楽しみを妨げる。街全体がメカゴジラと言われてもピンと来ない。巨体同士がぶつかり合う肉弾戦を欲してしまう。ただ悔しいかな次作につながるラストの振りだけは秀逸だ。
      いいね

      普通
    • のみとり侍
      『のみとり侍』蚤とりの仕事の貴賎は関係ない。下手くそという言葉に奮起し必死に追求する。その生真面目さがおかしみを醸し出す。生きる楽しみまで奪われては庶民は息が詰まる。罪人として捕らえられた蚤とりを皆で守る姿に庶民の団結と気骨を見た。
      いいね

      普通
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』極道と渡り合うのは生半可な覚悟では出来ない。狂気を纏った凄味は覚悟の現れだ。紙一重の駆け引きの中で極道に落ち切らず警察の悪にも染まらない。両者の狭間で生き抜く孤独な戦い。ずっしりと重く息が詰まる。心地良い疲労感があった。
      いいね

      良い
    • ピーターラビット
      『ピーターラビット』動物を可愛い存在と捉えるか害獣と捉えるかで見方も変わってくる。各所に散りばめられた微かな毒が良いアクセントになっている。表情や動作などはアクションものとして中々のものだ。ほのぼのとした気分で見る分にはいいだろう。
      いいね

      普通
    • モリーズ・ゲーム
      『モリーズ・ゲーム』自分が助かる為に真実を曲げる事はしない。他人を売る事はしない。不器用なまでのプライドが彼女を支えて来た逞しさだったのだろう。信念を貫いた結果としての勝利の持つ価値は大きい。苦境に挫けない女性の賢さと強さがあった。
      いいね

      普通
    • サバービコン 仮面を被った街
      『サバービコン 仮面を被った街』明るく朗らかな理想の街が黒人家族の転入で一変する。あからさまな人種差別の姿に唖然とさせられる。美しい姿の背後には醜い姿が隠れている。理想の社会の為に異物を排除する。そうした時代の象徴の様な光景だった。
      いいね

      普通
    • ラプラスの魔女
      『ラプラスの魔女』あらゆる物理現象を解析する事で未来予測が可能になる。未来が解れば万能かも知れない。ただそれが幸福だとは限らない。科学を用いた推理の手法は決まれば面白いだろう。その点今作は謎解きの要素は薄くいま一つ吸引力が弱かった。
      いいね

      普通
    • ホース・ソルジャー
      『ホース・ソルジャー』死を恐れぬ者と戦う。それは最新の武器や緻密な戦略をも超えている。心に拠る部分が大きい。目の前にいる敵と紙一重で殺し合う生々しさと緊迫感は凄まじい。砲弾が飛び交う戦場を騎馬が駆け抜けるシーンは圧巻の迫力があった。
      いいね

      良い
    • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
      『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』悪人は悪いから生まれるだけではない。叩くべき敵を常に欲している世間によって悪人として固められていく。こうあって欲しいという物語が真実とは限らない。トーニャの真実からはその危うさが感じられた。
      いいね

      良い
    • アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
      『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』舞台を宇宙と地球に分ける事で各々の見せ場を絶妙に可能にしている。個々のキャラクターも単体作品を重ねる事で存在感を増し贅沢な気持ちになれる。無論このままでは終われない。次作が非常に待ち遠しい。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....