TOP >Kazuma323_Kマイページ

Kazuma323_K

さんのマイページ
Kazuma323_K
つぶやいた映画
625 本
総ツイート
1,554 件
マイページ閲覧数
3,346 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
625 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ありがとう、トニ・エルドマン
    スプリット
    カフェ・ソサエティ
    午後8時の訪問者
    レゴバットマン ザ・ムービー
    ムーンライト
    わたしは、ダニエル・ブレイク
  • 哭声 コクソン
    ボヤージュ・オブ・タイム
    モアナと伝説の海
    ラビング 愛という名前のふたり
    ラ・ラ・ランド
    海は燃えている イタリア最南端の小さな島
    ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
  • アラビアの女王 愛と宿命の日々
    NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム
    聖杯たちの騎士
    ぼくは明日、昨日のきみとデートする
    ドント・ブリーズ
    ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
    ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • スプリット
      M.ナイト・シャマラン『スプリット』最終試写に滑り込み。これまでの全シャマランで一番口外したくないレベルのものが、最後の最後でぶち込まれる。マジか。シャマラニストは噂も情報も全部遮断して、タイトルと監督名と主演役者と117分って情報だけで臨むべし。
      いいね
    • スプリット
      M.ナイト・シャマランベスト。 1『サイン』 2『アンブレイカブル』 3『ハプニング』 4『シックスセンス』 5『翼のない天使』 6『ヴィレッジ』 7『エアベンダー』 8『スプリット』 9『ヴィジット』 10『レディインザウォーター』 11『アフターアース』
      いいね
    • ラ・ラ・ランド
      これで監督が自ら「ラ・ラ・ランド越えました」って言ってくれたら面白いんだけどなあ……。いずれにせよ今日も明日もトークショー観に行けなくてつらい。
      いいね
    • カフェ・ソサエティ
      どうでもいいけど、『カフェ・ソサエティ』のチラシに書かれている「ふたりのヴェロニカ」という言葉に漂うキェシロフスキ感ときたら……。
      いいね
    • カフェ・ソサエティ
      はやく『サマーナイト』と『夫たち妻たち』を観て、『Wonder Wheel』に備えたいところ。とりあえず『カフェ・ソサエティ』封切りまでに見直し含めてコンプして、ウディ・アレンベスト51をやろうと思う。
      いいね
    • カフェ・ソサエティ
      『カフェ・ソサエティ』、アレン初のデジタル撮影がどう出るかと思ったが、小回りが利いている点以外はいつもと変わらず。それでもストラーロのユニヴィジウムの画面に収められるクリステン・スチュワートの寄りのショットのあざとい照明は見事。
      いいね
    • カフェ・ソサエティ
      試写でウディ・アレン『カフェ・ソサエティ』を。短編とTVM含めたら49本目のアレン作品鑑賞。『ラジオ・デイズ』同様に出演しないアレンのナレーションで幕を開け、LA観光をひとしきり積んだ後の後半は70年代作品に回帰。明け方の『マンハッタン』だけでなく、『アニー・ホール』までも蘇る。
      いいね
    • レゴバットマン ザ・ムービー
      この記事でGKidsのCEOのコメントが載ってる。今年トム・ムーアの新作あるのにこれはきついだろうな。 ピクサー2作、怪盗グルー3、レゴバットマン、SONYの『The Stars』がノミネートされる予感。
      いいね
    • ボヤージュ・オブ・タイム
      『ボヤージュ・オブ・タイム』は4/23、5/2のみ吹替版上映。わざわざ立川まで行った俺は一体……。 https://t.co/VUsOF64tsT
      いいね
    • ラ・ラ・ランド
      『はらはらなのか。』(ひとつ前のツイートに〝。〟を付け忘れた)。オープニングアクトや吉田凛音の登場シーンは、『ラ・ラ・ランド』よりも綺麗に作られたミュージカルシーンだったと思うんだが、観たハコの音が悪すぎて勿体なく。
      いいね
    • ムーンライト
      <近年のアカデミー作品賞> クラッシュ ○ ディパーテッド 未見 ノーカントリー ○ スラムドッグミリオネア ○ ハートロッカー × 英国王のスピーチ × アーティスト △ アルゴ × それでも夜は明ける × バードマン × スポットライト ◎ ムーンライト ○
      いいね
    • カフェ・ソサエティ
      アレン作品、もはや義務感に駆られて完走間近なのだけど、『カフェ・ソサエティ』の前に未見の『人生万歳』『夫たち妻たち』『サマーナイト』を観ることよりも、観た記録はあるのに覚えていない『トラブルボックス』と『カメレオンマン』と『インテリア』と『セプテンバー』を観直すほうが優先事項。
      いいね
    • ムーンライト
      バリー・ジェンキンス『ムーンライト』をようやく試写で。特別なショットも見せ場と呼べる場面もないのに、何故か途方もない物語と対峙した感覚に陥る。月明りの下で青くなりたい主人公は、彼を橙に照らす人工の光から逃れられない。ただひたすら淡々と物語る、アメリカンインディーズの傑作。
      いいね
    • 午後8時の訪問者
      『午後8時の訪問者』、主人公のいる診療所の、待合室から診察室に向かうところに降り階段があるのが、ラストまではっきりと映し出されない。往診患者から菓子パンを二階から放ってもらったり、工事現場の穴に落ちたりとする一方で、上がる描写はカットされ続ける。落下する映画ということか。
      いいね
    • 午後8時の訪問者
      それはそうと、ダルデンヌの『午後8時の訪問者』を試写で。相変わらずの語り口にもかかわらず、恐ろしいサスペンスに物語が転じる。なるほど、いつものダルデンヌのままで、サスペンス映画が作れるのか。車の中のショットはすべて、緊張感が凄まじい。
      いいね
    • 哭声 コクソン
      『哭声』が何故PG12にもR15+にもならなかったのかは興味深い。アメリカでは未レーティングで参考外だが、韓国やイギリスでは15歳以上、フランスでは制限付きで、マレーシアでは18歳以上。
      いいね
    • 哭声 コクソン
      ナ・ホンジン『哭声』、冒頭に引用されるルカによる福音書24章の一節を台詞で語ったときはどうしたものかと思ったが、悪くない。中盤はフリードキン『エクソシスト』の展開になるなどかなりやりたい放題の挙句に、G指定ぎりぎりのゴア描写。チョン・ウヒが良かった。
      いいね
    • ボヤージュ・オブ・タイム
      テレンス・マリック『ボヤージュ・オブ・タイム』観了。本気で何を観せられてるのかわからない。キャメラがポール・アトキンスに代わったせいもあって、ますます環境映像化が進む。これは通常版ではなくIMAX版で上映すべきでは。あと冒頭のやつ余計。
      いいね
    • ボヤージュ・オブ・タイム
      英語版目当てに立川シネマシティまでテレンス・マリック『ボヤージュ・オブ・タイム』を初日キメに来たが、15人しかいない。全員ひとり客。
      いいね
    • ボヤージュ・オブ・タイム
      テレンス・マリックの『ボヤージュ・オブ・タイム』、 TOHOシャンテ→吹替 TOHOららぽーと横浜→吹替 チネチッタ→吹替 TOHO流山→吹替 MOVIX三郷→吹替 立川シネマシティ→字幕 なんだこれ。ちょっと待て。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      kodaken
      1911movies / tweets
      advertisement

      follow us