TOP >Kubric2001マイページ

Kubric2001

さんのマイページ
Kubric2001
つぶやいた映画
224 本
総ツイート
239 件
マイページ閲覧数
1,697 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
224 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • さよなら、僕のマンハッタン
    ベルリン・シンドローム
    ラブレス
    ダンガル きっと、つよくなる
    ワンダーストラック
    娼年
    ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
  • トレイン・ミッション
    ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    レッド・スパロー
    BPM ビート・パー・ミニット
    ボス・ベイビー
    ラッキー
  • リメンバー・ミー
    去年の冬、きみと別れ
    彼の見つめる先に
    ハッピーエンド
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
    ダウンサイズ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 娼年
      『娼年』原作読了、舞台も観劇。石田衣良の作品は嫌いではないけれど、この作品は薄い。松坂桃李に女優陣の体当たり演技は凄いけれど、色々な嗜好の人がいるのを知るだけで、行為優先で心情の変化の描き方かあまりに杜撰で何も残らないんだな。
      いいね

      残念
    • ラブレス
      『ラブレス』冒頭の寒々しい雪景色。この寒々しさが最後まで続く。夫婦仲の悪さはまだしも、子供に愛情を持てない、表せない最悪の親。離婚も恋愛もいいけれど、この人たちは同じく過ちをしそう。自分たちに欠落しているものに早く気づいてほしい。
      いいね

      良い
    • さよなら、僕のマンハッタン
      『さよなら、僕のマンハッタン』ぱっとしない青年の成長ストーリー。には違いないが、素敵な隣人に女性達の中でなかなか積極的だし、驚きの事実がふりかかる。S&Gの音楽にNYの雰囲気、そして絶妙なキャスティングで素敵な作品に。じんわりきます
      いいね

      良い
    • ワンダーストラック
      『ワンダーストラック』ローズを演じるミリセント・シモンズがなんともみずみずしく、上手く魅せられてしまいましたが、彼女は本当に聾だそうです。これからが楽しみ。博物館にも行きたくなる作品でした。細かなディテールも素敵でした。
      いいね

      良い
    • ワンダーストラック
      『ワンダーストラック』二つの時代が交互に現れ、それがシンクロした時のジオラマの素晴らしさとそこに隠された秘密のいとおしさ。50年に渡る家族の物語であり、自分が帰属する場所を捜す冒険物語。白黒、セピアかかった色にとさながら絵本のよう。
      いいね

      良い
    • ザ・シークレットマン
      『ザ・シークレットマン』ウォーターゲート事件を知ってはいるけれど、もう少し勉強しておけばもっと面白かったのかな。正義のために内部告発をして大統領に制裁を、こんな大事なのに地味な作りが少し残念かも。そして、その後の人生も辛そうで・・
      いいね

      普通
    • ラッキー
      『ラッキー』毎日のルーティンを淡々とこなしてしていくラッキー。大きな事件や出来事があるわけでもなく、地味な日々である。時に感じる死の怖さも哲学的に分析し、受け入れようとすらしている。変わらない日々の幸せ。素敵な台詞が沢山ありました。
      いいね

      良い
    • ベルリン・シンドローム
      『ベルリン・シンドローム』異国の地で少し不安な心にすっと入ってきた犯人。クレアの脇の甘さも否めないながら、じわっとした恐怖が続いていく。激しい乱暴があるわけでもなく、屈折した異常心理の犯人。その心理をもう少し突っ込んで欲しかった。
      いいね

      良い
    • ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
      『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』孤独で悩んで葛藤してとチャーチルの内面がよくわかり、見事な演技力で引き込まれる。『ダンケルク』を観ておくとより一層理解が深まり感慨深いものが。空から上から遠くからの画も効果的。
      いいね

      良い
    • ダンガル きっと、つよくなる
      『ダンガル きっと、つよくなる』インドの女性蔑視問題も絡ませるあたりは流石。決勝前のお父さんからのメッセージも素敵。長さを感じさせない作品でした。
      いいね

      良い
    • ダンガル きっと、つよくなる
      『ダンガル きっと、つよくなる』自分の夢を押し付けられた娘たち。反発してもかなわず、過酷なトレーニングの日々。何かを必死にやり続ける姿は現代人に欠けてるものを見せられたよう。試合のシーンでは、俳優だよねと確認したくなるような力強さ。
      いいね

      良い
    • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
      『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』展開はベタと言えばベタだけど、素直に面白かった。D・ジョンソンは面白いし、ロック様もムキムキは変わらずオタクっぽさが良かった。画像が少し荒いところは気になったかな。終わり方、良かったなぁ。
      いいね

      良い
    • 彼の見つめる先に
      『彼の見つめる先に』サポートする人、チャチャを入れる人様々だけど、盲目のレオが普通に皆と授業を受けているのにまず感動。そして、目のことを気にせず普通に接するガブリエル。胸キュンと同時に普通について考えさせられる作品。ラストの信頼感◎
      いいね

      良い
    • トレイン・ミッション
      『トレイン・ミッション』うだつの上がらないリストラサラリーマンから、キレッキレにアクションをこなしていくリーアムの変わり様も楽しく、最後までハラハラ。密室でパニック状況が続くと、連帯感が生まれるのも納得。エンドロールも楽しいです。
      いいね

      良い
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』紙で戦う姿が今となっては新鮮。会話があり密なやりとりが。メリル・ストリープとトム・ハンクスの二人がぐっと作品に奥行きを出していて流石。国を相手に真実を公にし正義を貫く本作はタイムリーかと。
      いいね

      良い
    • レッド・スパロー
      『レッド・スパロー』アクションはほとんど無く、心中を察しながら欺き合うストーリーを楽しんで観る作品。表情があまり変わらず、何を考えているのか分からないジェニファー・ローレンスがなんとも魅力的。ロシアもアメリカも恐い国だなぁ。
      いいね

      良い
    • BPM ビート・パー・ミニット
      『BPM ビート・パー・ミニット』際どい表現や性描写も多いので、好き嫌いはやや分かれるかもだが、織り込まれている恋愛話の結末も悲しく、これが現実だったんだろうと思うと考えさせられ、無音のエンドロールがその時間。仲間たちが素敵。
      いいね

      良い
    • BPM ビート・パー・ミニット
      『BPM ビート・パー・ミニット』ゲリラ的な抗議の仕方に最初は暴力的と感じたが、当時の動かない政府や製薬会社、世間の偏見を考えると納得。皆、自分が生きるための運動。ドキュメンタリーと思うほど会合でのやり取り、戦う姿はリアル。
      いいね

      良い
    • ボス・ベイビー
      『ボス・ベイビー』吹替えで。こましゃくれた役、ムロツヨシさんがとても上手でした。第一子の、急に出現するライバルに対しての思い、考え、そして成長していく様が楽しく伝わってくる。赤ちゃん、子供とはいえ目、特に黒目が大きすぎるのに違和感。
      いいね

      普通
    • リメンバー・ミー
      『リメンバー・ミー』お彼岸やお盆に思い出すであろう作品。少し家族や先祖と押し付けがましくも感じてしまった。昔の道徳の時間みたいかも。映像きれいです。今のCG技術は凄いですね。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....