TOP >Kubric2001マイページ

Kubric2001

さんのマイページ
Kubric2001
つぶやいた映画
189 本
総ツイート
201 件
マイページ閲覧数
1,304 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

Kubric2001さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
189 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 今夜、ロマンス劇場で
    コンフィデンシャル 共助
    羊の木
    スリー・ビルボード
    不能犯
    祈りの幕が下りる時
    殺人者の記憶法
  • デトロイト
    ロング,ロングバケーション
    ベロニカとの記憶
    操作された都市
    嘘を愛する女
    ルイの9番目の人生
    ジオストーム
  • パディントン2
    ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
    はじめてのおもてなし
    5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生
    伊藤くん A to E
    ブリムストーン
    嘘八百
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ロング,ロングバケーション
      『ロング,ロングバケーション』そして景色も美しい。特に真っ直ぐ伸びる橋は、この夫婦を象徴するかのようで印象的でした。
      いいね

      良い
    • ロング,ロングバケーション
      『ロング,ロングバケーション』いつまでも過去のことをなじったり、知りたくもない過去の話をされたりと、怒りと嘆きもあるけれど笑いもあっても「1分たりとも離れたくない」と言う妻。旅の終わらせ方には様々な意見があるだろうが素敵な夫婦です。
      いいね

      良い
    • 今夜、ロマンス劇場で
      『今夜、ロマンス劇場で』綾瀬はるかさんの昭和の女優感溢れる衣装や、映画愛は良いが、あとはもうこの設定が受け入れられるかどうかでしょ。中途半端なファンタジーになってしまった感じです。北村一輝さんのナイスガイぶりが輝いていました。
      いいね

      残念
    • スリー・ビルボード
      『スリー・ビルボード』怒りが怒りを呼び、犯罪が犯罪を呼んでいく。でも、理解する者諭してくれる人がいると人は変われる。変わらないのは子を思う母の強さ。圧倒される演技と、様々な人の心情が入り乱れ考えさせられ一瞬たりとも目が離せなかった。
      いいね

      良い
    • 羊の木
      『羊の木』いつ盛り上がるのだろうと思いつつ、とうとう盛上らずに終わってしまった感。キャストも皆はまっているが、はまりすぎていて意外性もないし、主役がなにせ普通の市役所の職員だからか。6人のエピソードも薄かったかな。モヤモヤが残ります
      いいね

      残念
    • ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
      『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』何でも裏側を見るのは好奇心をくすぐられるものです。彼の几帳面で、仕事に真摯に向き合い完璧な仕事ぶりは勿論、プライベートでもこだわりを持って素敵に暮らしている姿に感心しきりです。
      いいね

      普通
    • 殺人者の記憶法
      『殺人者の記憶法』欠落した記憶なのか、現実なのか、真実なのか虚構なのかが常に入り交じり、パズルが埋まりそうで埋まらない感覚が最後まで面白さを繋いでいきます。モサッとした主人公が左顔面をピクピクされたり、真顔になる瞬間が恐くも哀しい。
      いいね

      良い
    • ルイの9番目の人生
      『ルイの9番目の人生』こういう人って本当にいるんですよね。以前、テレビでもやっていました。義父の愛情に涙。ルイの9番目の人生が幸せであることを祈るばかり。美人には何かありますな。真実の恵命我神散には少し?の部分も。
      いいね

      普通
    • 不能犯
      『不能犯』嫉妬や思い込みでこうも簡単に誰かに死んでほしいと思うんですね。殺される側もしかり。『愚かだね~人間は』で、思い切り相槌を打ってしまう。松坂桃李の冷笑はゾクッとするけれど、話は沢尻エリカが中心。コミックらしい展開でした。
      いいね

      普通
    • 祈りの幕が下りる時
      『祈りの幕が下りる時』自分を捨てた親、じぶんのために生きた親と、壮絶な親子の物語でした。少女時代を演じた桜田ひよりちゃんの渾身の演技で涙が。シリーズ完結としてふさわしい内容でした。年月が長い設定のため、メイクに少し違和感あったかも。
      いいね

      良い
    • デトロイト
      『デトロイト』当時の警察、司法に正義は無かったんだろうか。気分が悪くなる。W・ポールターの顔が憎らしく見え、J・ボヤーガの常に静かに葛藤してる姿が対照的。差別の歴史を塗り替えることは出来ないからこそ、楽しくは無いけれど観ておく作品。
      いいね

      良い
    • ベロニカとの記憶
      『ベロニカとの記憶』キャスティングが若い頃も含めて良かった。シャーロットの何かを切り捨てざるを得なかったような葛藤と強さを感じる表情が印象的。ロンドンの街並みやウイットに富んだ台詞もよく、イギリスと余韻を感じる作品。原作が読みたい。
      いいね

      良い
    • ベロニカとの記憶
      『ベロニカとの記憶』穏やかに過ごしていたところに一通の手紙。そこから記憶をたどり、甦らせ、書き直され、悔恨の念にさいなまれる。そしてサスペンスとは言わないけれど衝撃の事実。トニーがきちんと受け止め、現実に目を向けられたのが良かった。
      いいね

      良い
    • 新世紀、パリ・オペラ座
      『新世紀、パリ・オペラ座』舞台に上がる人から裏方、警備やお掃除の人まできちんとオペラ座に関わる人を見せてくれる。憧れの舞台に上がる新人、経営陣のチケット代金の会議、公演二日前に体調不良で降板する役者の代役探しの緊張感が印象的でした。
      いいね

      良い
    • 操作された都市
      『操作された都市』前半はやや重めだが、後半はテンション上がる展開。アニメが原作かなと思ったけれどオリジナルのようですね。ストーリーが現代社会の闇とネット社会の怖さを感じつつも、すっ飛んでいて面白いこと。突っ込まずに楽しみたいですね。
      いいね

      良い
    • 嘘を愛する女
      『嘘を愛する女』男が何者なのかを調べていく過程は、面白く興味もわいていたが、どうして小説?またいざ明らかになると、どうしてそれで?ってレベルで腑に落ちない感じ悪さが。吉田鋼太郎はいつもの力強さ。DAIGOが今回の驚きでした。
      いいね

      普通
    • パディントン2
      『パディントン2』パディントンのもともとの性格もあるのでしょうが、ルーシーおばさんの育て方が良かったんだなあとしみじみ思う。ドジなところもあるけれど愛されるキャラです。ウルッとさせクスッとさせ心がほっこりします。ヒューも愛らしい。
      いいね

      良い
    • ジオストーム
      『ジオストーム』ありえない、でもひょっとしてひよっとすると可能かも、ってラインの近未来の話で、テンポもよく楽しかった。あれだけの悪巧みを企てた理由が少し薄っぺらく、人間の浅はかさを感じてしまいました。アビーのSP役がクール!
      いいね

      良い
    • コンフィデンシャル 共助
      昨晩の『コンフィデンシャル 共助』の試写後のトークイベントは、うんうん、そうそうと共感することしきり。楽しいイベントでした。 #コンフィデンシャル共助 https://t.co/LMSa3Z00IL
      いいね
    • コンフィデンシャル 共助
      『コンフィデンシャル 共助』キレッキレに動きアクションをこなすヒョンビンに釘付け。そして日本映画では見られない派手なカーアクションも見応えあります。上手に笑いも織り込まれていて、何ともバランスのいい作品でした。北ネタも興味津々。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....