TOP >Limawano55マイページ

Limawano55

さんのマイページ
Limawano55
つぶやいた映画
561 本
総ツイート
1,037 件
マイページ閲覧数
19,232 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
3 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

Limawano55さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
561 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • バリー・シール アメリカをはめた男
    立ち去った女
    ドリーム
    ジュリーと恋と靴工場
    スイス・アーミー・マン
    笑う故郷
    エイリアン コヴェナント
  • ダンケルク
    エル ELLE
    ワンダーウーマン
    ベイビー・ドライバー
    トランスフォーマー 最後の騎士王
    ローサは密告された
    静かなる情熱 エミリ・ディキンスン
  • ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走
    君はひとりじゃない
    ビニー 信じる男
    コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団
    しあわせな人生の選択
    ありがとう、トニ・エルドマン
    ハクソー・リッジ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • バリー・シール アメリカをはめた男
      バリー続 実話ベースといっても考えてみれば家族は今もいるんだ、悪い夢でも見ていた感じなのかな。そういえば全体的にリアリティある夢を見てるような生き方の男だった。しかし国相手にはなかなか。いけずの奴の職場が狭くて可笑しいけど、変わった
      いいね

      良い
    • バリー・シール アメリカをはめた男
      『バリー・シールアメリカをはめた男』詐欺師っぽい邦題だがちょっと違うそうじゃない。ご無体だらけの米国と周辺と飛行機映画。能力を買われて凄い物に乗れるならあんなことやこんなことにも猛進してしまう男、ネジが狂ってる男を明るく演じるトム
      いいね

      良い
    • 立ち去った女
      立ち去った女3時間48分とあるので時間のある時に見ようと小旅行に行く気分で。休憩なし、徐々にテンポが合ってくる。アングルに目線が合うんだと思う。じっくり見せるが30年過ごした時間を思えば一気に起こる寓話たちなのだ。女と女でもあった。
      いいね

      良い
    • 笑う故郷
      笑う故郷。アルゼンチン映画。ノーベル賞を受賞した作家が名誉市民として、2度と帰らないと決めていた故郷に帰る。熱烈歓迎から始まるあれこれ。町の人も作家も濃い。岩波ホール上映中 https://t.co/PYDzOl4j3P
      いいね
    • ドリーム
      『ドリーム』スプートニクで始まりワクワクした。後は素直に引き込まれる。なんという、それが当然と思う社会のこちらとあちらが実によく伝わる。優秀な彼女たちの内側から湧き出でる意欲というのか扉を開けてゆく人の精神というモノを学ぶ。オススメ
      いいね

      良い
    • ドリーム
      上手に褒めて紹介してくれているので人のツイートあげてる。ドリームみました。大袈裟なつくりもないのに胸に残るよ、よい映画でした。
      いいね

      良い
    • ジュリーと恋と靴工場
      『ジュリーと恋と靴工場』トップの彼の賢さが笑えるし周りの反応も含め説得力もあって面白い。あれこれは今後もあるだろうし、ジュリーもそうだろう。面白かった。ラストの選択には泣けました。いいね。先は誰にも分からない。彼も彼女も考える
      いいね

      良い
    • ジュリーと恋と靴工場
      ジュリーと恋と靴工場・仕事が欲しいジュリーが靴工場にやってくる。近代化に伴うリストラが起こる地でのあれこれを優しい色でミュージカルに。自然に歌うフランスミュージカル!相変わらず恋にストレート。ストもストレート。そして自由。
      いいね

      良い
    • スイス・アーミー・マン
      スイス・アーミー・マン構えていたが可愛い青春映画とも言える。MVみたいでもある。人を愛したい愛されたい気持ちが切ないよ。実はサラさんが彼をきちんとみる彼の話を聞くところに一番感動した。そうありたい。シモネタは何でもない年頃の私です
      いいね

      普通
    • エイリアン コヴェナント
      ガイピアースが博士に似合わないと思っちゃったわ。思ったってしょうがないけど。前作からずっとみんな種として自分勝手なのだ。判断下すことをロボットも学ぶからまた。気色悪いですね。エイリアン1はそれどころじゃないのがよいんだねあれは。
      いいね
      評価
      なし
    • エイリアン コヴェナント
      エイリアンコヴェナント・エイリアン1に通じるように地味且つシンプルに作られてる。プロメテウスを大方忘れていて焦った、帰っておさらいしました、けれどそれも今作と重ねて分かるようにできてる。ロボットであるマイケルファスベンダーが占める
      いいね

      良い
    • 笑う故郷
      虚栄心。この言葉を反芻しよう。作家に自己顕示欲はあるはずと思うし、勝とうとする、己が正しい は必須かもと思うが。虚栄心、虚栄心ですか。反芻は鑑賞後続く。上映初日とて支配人さんからの挨拶がきけて、帰る際に出口でまたご挨拶されているのにひでき感激。ひできじゃない。
      いいね

      良い
    • 笑う故郷
      笑う故郷・ルコルビュジエの家の監督と知りなかなか行かない館に行くチャンスと決心。力業映画。作家もどうだろうという性格だが小説家ならそれほどのクセもあろうし一貫性はある。故郷の輩がどれも強烈で、これ反芻するために帰ったのかと。
      いいね

      良い
    • ダンケルク
      惨めさ、究極を迫る心理、誇り、確かに爽快さもあること自覚し噛みしめる。ああもっと聞けるときに聞いておけば良かった。長生きしなかったので仕方ないのだが。途中トムハーディに気持ち持って行かれたけど民間船の若者に呼び戻されました。
      いいね

      良い
    • ダンケルク
      『ダンケルク』その場所に入り込んだような序盤。身を隠すこともできない、かがむのみの地に兵士たちがいる。そして空の戦い。海に出る民間の船たち。それぞれの色が又違って戸惑うが、それが戦争の一部だとも思う。我が国の身内や聞いた話とも重ねた
      いいね

      良い
    • エル ELLE
      あの人 あんな目にあったのに無防備というか雑に暮らしてるのよね。登りつめて来られた、いろいろひっくるめての彼女、性質があちこちに表れていて。もいっかい見てみたい。
      いいね

      良い
    • エル ELLE
      『エル ELLE』どれもえぐい出来事を切り取って寓話のようにはめてある。どん引きする言動の女主人公をイザベルユベールが日常として見せる。社長まで登りつめた彼女を家族と周囲と共に舞台劇のように近く深く映してくれて面白かったです
      いいね

      良い
    • エル ELLE
      エル ELLE 彼女ていう意味なんだエル。胸がきりきりと同情から始まり、えっと引き、気が付くと彼女の中に自然に分け入っていったのかラストはすーっと風が吹き抜けていくような気持ちに。ミシェルだけでなく友人にも隣人夫人にも心残るのだった
      いいね

      良い
    • 戦争のはらわた
      最後に世界の戦争写真がいくつか流れるが、全部分かるかと思いきや分からないのもあるじゃないか。独軍の誰の胸にもヒトラーの影もない。しかし泥にまみれ、這いつくばりながら戦争にどっぷりがっちり力いっぱい。略
      いいね

      良い
    • 戦争のはらわた
      戦争のはらわた。こういう邦題が流行ってたんでしょうかね、オカルトとか。まあシュタイナー、はらわた煮えくりかえって生きてるんだが。もう一回じっくり見たいけどと思ったがレンタルできないみたい。場内、入りもよかったです。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....