TOP >MatsuiToマイページ

MatsuiTo

さんのマイページ
MatsuiTo
つぶやいた映画
513 本
総ツイート
1,826 件
マイページ閲覧数
1,637 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

MatsuiToさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
513 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • リメンバー・ミー
    オン・ザ・ミルキー・ロード
    ダンケルク
    散歩する侵略者
    ワンダーウーマン
    ベイビー・ドライバー
    トランスフォーマー 最後の騎士王
  • ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
    JKニンジャガールズ
    彼女の人生は間違いじゃない
    ハートストーン
    パワーレンジャー
    夫がツチノコに殺されました。
    方舟の女たち
  • ジョン・ウィック チャプター2
    夏の娘たち ひめごと
    ハクソー・リッジ
    ドッグ・イート・ドッグ
    リベンジ・リスト
    パトリオット・デイ
    海辺のリア
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • トランスフォーマー 最後の騎士王
      『トランスフォーマー/最後の騎士王』のGoogle検索で一番最初に出てくる上映時間があまりにもあんまりなので、さすがに腰を抜かして検索しまくったらどうやら何かの間違いだったらしい。すげぇびっくりした。 https://t.co/IaLQQpMYQb
      いいね
    • トランスフォーマー 最後の騎士王
      どうして『トランスフォーマー/最後の騎士王』の予告編は同じシーン内で画面サイズのアスペクト比がころころ変わるんだろう。 https://t.co/4m2s2sikL9 https://t.co/d1QRozPvtx
      いいね
    • 散歩する侵略者
      日暮里舎人ライナーの『散歩する侵略者』夏休みクイズラリーって、 Q:サンダンス・フィルム・インティテュートにおいて黒沢清監督の最大のライバルだった若手監督の名前は? A:マンガネリ みたいな感じなのか。もしかしたら。
      いいね
    • パワーレンジャー
      『パワーレンジャー』観る。「アメリカ映画に擬態した国籍不明の映画」感は全体的に漂うが、根底はまさに負け犬の映画、マイノリティなんて綺麗なもんじゃないスモールタウンでは生きていけない不適合者たちを厳しくも優しく見守るアメリカ映画の真骨頂で大変に満足。ただし変身してからは全部ひどい。
      いいね
    • 夏の娘たち ひめごと
      悔しいんだけど『夏の娘たち』は初見では正直「ゆるいのに早ぇ。かつ現場の空気が奇跡的」ぐらいしか理解できなかったので、せめて死ぬ前にもう一回観たい。
      いいね
    • 夏の娘たち ひめごと
      『夏の娘たち』、撮影もあまりに見事なプロ仕事で見惚れるんだけど、たまにズームすると突然「すいません実はやったことないんです」みたいな風情で画面がカクカクし始めるんで心の中で静かに卒倒する。
      いいね
    • 夏の娘たち ひめごと
      『夏の娘たち』、夜勤明けで仮眠4時間だったけど観にきてよかった。これはちょっと鮮やかすぎて言葉が出ない映画。
      いいね
    • 夏の娘たち ひめごと
      東中野まで『夏の娘たち』観にきました https://t.co/hEfo7PGlSV
      いいね
    • 彼女の人生は間違いじゃない
      『彼女の人生は間違いじゃない』は、とにかく光石研は絶対に外さないなと。何やらせても上手い。田舎の中小企業のオッサン役ばっかりやってるような気もするけど。
      いいね
    • 彼女の人生は間違いじゃない
      『彼女の人生は間違いじゃない』、これは本当に韓国まで行ってキム・ギドクに見せたい。観終わっていろいろ言いたいことがあるっぽいキム・ギドクを「あ、『STOP』観ましたよ。まぁ頑張ってください」と笑顔で制してそのまま帰ってきたい。
      いいね
    • 彼女の人生は間違いじゃない
      『彼女の人生は間違いじゃない』、これは正直傑作だとかオススメだとかあまり大騒ぎしたくない。麿赤兒の唐突な優しさとか柄本トキオのフリーズした顔面とか篠原篤のアザラシみたいな背中とか、そういう細部をたまに思い出してしみじみしたい映画。「お米に手を合わせる」を繰り返すヒロインとか。
      いいね
    • 彼女の人生は間違いじゃない
      『彼女の人生は間違いじゃない』観る。人間と世界の中間に窓がある。窓の傍では人間は無になる。窓の向こうで世界は流れる。そして流れない。窓は開かない。開けば死ぬ。窓のない世界は胸苦しいほどの平面。ショットのスペクタクルすら封じた廣木隆一がただ東北人として撮る。欲がない。それがいい。
      いいね
    • 夫がツチノコに殺されました。
      『夫がツチノコに殺されました。』観る。「これは何かの暗喩なのか」「何かの法則性があるのではないか」と散々考えたが途中でやめた。物語には一切意味はない。涼川絢音のぶりぶりにいやらしい肉体から勝手に意味が発生してゆく。ある種の宇宙みたいな映画。無限単語リフレイン。監督いまおかしんじ。
      いいね
    • 方舟の女たち
      『方舟の女たち』(16)観る。まず三人の女性の人生があり、それがある日突然根底から覆る瞬間があり、しかもその三つが同時進行で交錯する。言葉にすると大変そうでしょ。何の気負いもなく洒脱にスケベにサラッと撮ってるんだ。何も言うことはございません。いいものを見せて頂いた。監督城定秀夫。
      いいね
    • 夫がツチノコに殺されました。
      「…『夫がツチノコに殺されました』大人一枚」 「は?」 ってチケット売り場で聞き返されてたら絶対に心が折れて観ないで帰ってた。
      いいね
    • 夫がツチノコに殺されました。
      「『夫がツチノコに殺されました』大人一枚」という俺の声だけが静かなロビーに響き渡る恐怖
      いいね
    • 夫がツチノコに殺されました。
      「『夫がツチノコに殺されました』大人一枚」とチケット売り場で真顔で発音する勇気
      いいね
    • ジョン・ウィック チャプター2
      『ジョン・ウィック2』はギャング映画にもフィルムノワールにもなっていない(しようともしていない)のが、やっぱり映画にとってジャンルの縛りって大切だよなぁと。
      いいね
    • ジョン・ウィック チャプター2
      『ジョン・ウィック2』はあのオーダーメイドの防弾スーツ、アイデアは面白いんだけど、ああいう便利アイテムが存在するおかげで映画の緊張感が9割くらい削がれていた。「いま主人公が撃たれたけどどうせ死んでないんだろ」と観客に思わせたら負けなんじゃないのか。
      いいね
    • ジョン・ウィック チャプター2
      『ジョン・ウィック:チャプター2』観る。この退屈さはちょっとすごいな。語りで観客の感情を操る技術がまるっきりない。脚本の棒読み。「活劇」と「ただアクションシーンがあるだけの映画」の違いが良くわかる。もう眠いし長いし。キアヌも微妙にむくんでてキレがなくなってて台詞回しから危うい。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....