TOP >Mochina1984マイページ

Mochina1984

さんのマイページ
Mochina1984
つぶやいた映画
970 本
総ツイート
1,054 件
マイページ閲覧数
12,713 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
7 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

Mochina1984さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
970 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • オール・アイズ・オン・ミー
    勝手にふるえてろ
    カンフー・ヨガ
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    否定と肯定
    紅い襷 富岡製糸場物語
    探偵はBARにいる3
  • 覆面系ノイズ
    gifted ギフテッド
    ジャスティス・リーグ
    猫が教えてくれたこと
    GODZILLA 怪獣惑星
    人生はシネマティック!
    セントラル・インテリジェンス
  • シンクロナイズドモンスター
    マイティ・ソー バトルロイヤル
    IT イット “それ”が見えたら、終わり。
    彼女がその名を知らない鳥たち
    ゲット・アウト
    セブン・シスターズ
    バリー・シール アメリカをはめた男
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 紅い襷 富岡製糸場物語
      『紅い襷 富岡製糸場物語』富岡市のPR映像かと思しき、テンポの悪い展開と芝居くさい芝居。女工さんたちの葛藤や苦悩、当時の先端技術である製紙工場の設計意図やフランス人技術者の貢献などなど面白い題材はあるだけに残念。
      いいね

      普通
    • 猫が教えてくれたこと
      『猫が教えてくれたこと』猫ねこねこが溢れるう街、イスタンブールを舞台にした群像劇。制作サイドにyoutubeってのも驚きだが、それ以上に野良猫たちをかき集めて80分の映画ができるってのもいいよな。猫ってどの角度から見ても同じ顔だよね
      いいね

      良い
    • 否定と肯定
      『否定と肯定』重いホロコーストものと思いきや、英米の裁判のあり方のギャップ差を楽しませつつ、英国式の裁判戦術でみんなで勝訴を勝ち取るバディものだったとは!レイチェルワイズってちょっとヒステリックな人物やらすと天下一品だな。
      いいね

      良い
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      『22年目の告白 私が殺人犯です』冒頭から藤原竜也が全開しているが、なんとスタイリッシュとも最先端とも言える映像で映画としての興奮材料にしてしまう手法に感服。物語が二転三転していく様子も目が離せず、娯楽映画としての出来もよし。
      いいね

      良い
    • オール・アイズ・オン・ミー
      『オール・アイズ・オン・ミー』きちんとトゥパックの生き様を描いたがゆえに、フックとなる部分がない映画となっているのは少々残念だが、この手の映画の魅力であるライブシーンはどの曲もかっこよかった。あと、役者がトゥパックに激似だったなぁー
      いいね

      良い
    • カンフー・ヨガ
      『カンフー・ヨガ』インドと中国の友好映画をジャッキーがやるってだけで許せるのだが、冒頭のCGのチープ感とかスパイもんとかインディージョーンズとかへのオマージュとかもう映画としたら勘弁してくれと思う。でてくる役者陣は華があってよかった
      いいね

      普通
    • 勝手にふるえてろ
      『勝手にふるえてろ』セリフの言い回しが近年の日本映画離れしていて途中何回も吹き出してしまうほどに爽快で快活な映画。7変化女優である松岡ちゃんがオタク女子の細かい仕草や妄想に浸っている時の幸福感を画面から放っているところも魅力的
      いいね

      良い
    • 人生はシネマティック!
      『人生はシネマティック!』コミカルに映画愛に満ちた舞台裏をみせる映画かと思いきや、空襲下の英国を舞台にした出会いと別れ、ロートルが国民のためにやりたくない役を見事に演じる姿があまりにも切なくで涙ナシには観ることができない映画。傑作。
      いいね

      良い
    • 探偵はBARにいる3
      『探偵はBARにいる3』このシリーズはバディムービーでコミカルに人情物を旬なヒロインでやるってことでスタイルは一貫しているのだが、今回はどんでん返しに続いてヒロインの救われなさが際立っている。アクションが軽やかで回想シーン少なければ
      いいね

      良い
    • シンクロナイズドモンスター
      『シンクロナイズドモンスター』ポスターとか予告編のコミカル一辺倒なイメージとは違い、中年にさしかかろうとする男女の苦悩がそれぞれの形で表出する妙な映画。オスカー君がクソ野郎ってことになるのだが、共感できる要素もあるし、煮え切らない。
      いいね

      良い
    • セントラル・インテリジェンス
      『セントラル・インテリジェンス』高校時代のイケてる人間といじめられっ子が大人になってバディを組むってのがミソで気心がわかる二人のマシンガントークが面白かった。惜しむらくは吹き替えで見た方が楽しめたのと最後が冗漫でダレる。
      いいね

      普通
    • ゲット・アウト
      『ゲット・アウト』アメリカに住む黒人が抱く不安感が見事に表現された快作!なんとなく怪しい彼女の家族に黒人特有の話が通じない黒人たち。真相がわかる前のミスリードさせる展開が見事で終わった後に見返したくなるような感じがヴィジットだった。
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』冒頭の決死特攻からレイとルークに話が移る流れは良かったが、後がかったるい。思い起こせば、スカイウォーカー家のトラウマと延々とデススターみたいな巨大兵器を壊す話を繰り返すこのシリーズの悪癖を思い出す
      いいね

      普通
    • 覆面系ノイズ
      『覆面系ノイズ』中条あやみファンだからって、何の工夫もないどアップばかりは耐え切れん!いやいや、かっこいいオリジナル曲の自演とか舞台装置の鎌倉のロケがいいとか傑作になる要素があるのだが、ダメダメ演出と薄味脚本で台無し。
      いいね

      残念
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』全米の議員を震撼させるロビイストとはなんぞやがよく分かる教育映画のみならず、米国に巣食う銃規制の難しさも改めて分かる映画。最大の売りはJチャスティンだから見られる、2時間超のドヤ顔と冷たい目。彼女は映画界の宝だね
      いいね

      良い
    • ジャスティス・リーグ
      『ジャスティス・リーグ』DCシリーズで初めて底抜けに明るく、キレキレの作品を見た。新登場の3人のヒーローは過去があまり描かれないが、それでもすんなりと物語に溶け込むのは脚本と演出がツボを押さえているからこそ。その反面、敵は印象薄いが
      いいね

      良い
    • gifted ギフテッド
      『gifted ギフテッド』この映画は奇跡だ。天才数学少女を演じるマッケンナちゃんの容姿と演技があざといとも上手いとも断定できない、このタイミングでしか撮って観ることができないから。出てくる人たちの悪意のなさが原因のすれ違いも見事!
      いいね

      良い
    • IT イット “それ”が見えたら、終わり。
      『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』負け犬たちが力を合わせて困難に立ち向かう青春映画としては最高だが、ホラー映画としては最近のアメリカ製と比較するとアイデアも演出もイマイチであんまり怖くない。笑えないし。これも続編あるのか
      いいね

      普通
    • GODZILLA 怪獣惑星
      『GODZILLA 怪獣惑星』絶対に勝てない破壊の神ゴジラを近未来の世界で実現する、これもまたゴジラ!ぶっちーワールド全開の玉砕せざるをえない大多数の人々と説明シーンが刈り込まれた潔い演出。エンドロール後にエピローグ付きも要注意。
      いいね

      良い
    • セブン・シスターズ
      『セブン・シスターズ』文字通り一人の女優が7変化する様子を唖然と眺めるのみならず、一人っ子政策を進める権力者たちに対する反乱に話が進む快作。細かい設定は突っ込みどころ満載だが、それをも上回る姉妹愛も感動的。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....