TOP >NarashinoZoeマイページ

NarashinoZoe

さんのマイページ
NarashinoZoe
つぶやいた映画
203 本
総ツイート
263 件
マイページ閲覧数
1,607 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

NarashinoZoeさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
203 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • キングスマン ゴールデン・サークル
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    ジャスティス・リーグ
    機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER
    ゲット・アウト
    ブレードランナー 2049
    アトミック・ブロンド
  • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」
    猿の惑星:聖戦記
    アウトレイジ 最終章
    エイリアン コヴェナント
    ダンケルク
    機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦
    新感染 ファイナル・エクスプレス
  • ワンダーウーマン
    ベイビー・ドライバー
    スパイダーマン ホームカミング
    トランスフォーマー 最後の騎士王
    ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
    ジョン・ウィック チャプター2
    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章「発進篇」
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • キングスマン ゴールデン・サークル
      『キングスマン ゴールデン・サークル』前作がふざけた007だったのに対して、今作は真面目なオースティン・パワーズといった感じ。基本的に自分勝手な論理を振りかざす奴は粋じゃないと強弱関係なく潰すのがキングスマン&ステイツマンなのね。
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』三つの話が混乱せずに集約していく手際には感心するが、大味と雑は違う。魅力の無い抵抗側の話にイライラ。逆にカイロ・レンと帝国側はそこが魅力なので救いがある。それでも前作よりは今後に期待できるかな。
      いいね

      普通
    • ジャスティス・リーグ
      『ジャスティス・リーグ』監督や音楽が変わった事で取っ付き易くなったものの、逆にアベンジャーズの紛い物感が出てしまった。差別化という意味でザック路線の必要性に気付かされる作品。ただフラッシュとアクアマンのキャラは今作ならではの魅力。
      いいね

      良い
    • 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER
      『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』配信で観た。このシリーズは纏まった映画版を観た方が良い。追加シーンのおかげで話の筋が分かるし、単話ではイマイチ表現出来ていなかったアトラスガンダムの凶悪さがよく分かる。
      いいね

      良い
    • ゲット・アウト
      『ゲット・アウト』基本スリラー、ホラー要素は少なめ、黒白、正悪、全てが逆転の発想で作られているのが面白い。登場人物が理知的に行動するのでイライラしないが、恐怖感は薄い。
      いいね

      良い
    • ブレードランナー 2049
      『ブレードランナー 2049』旧キャスト含め、随分直接的な続編だった。前作が原作の世界観を抽出したのに比べて今作は原作のテーマに近い感じ。古いSF小説のようなソリッドな雰囲気。長尺でKのエピソードを描き切ったので続編はいらないかな。
      いいね

      良い
    • アトミック・ブロンド
      『アトミック・ブロンド』冷戦終了直前の混乱に乗じたエスピオナージュなんだけど、ガチじゃない風の演出が鼻につくし、頻繁に入る回想シーンに緊張が削がれる。終盤のワンカット風長回しアクションは女性がやる格闘の限界っぽいリアリティはあった。
      いいね

      普通
    • 天国と地獄
      『天国と地獄』「午前十時の映画祭」で視聴。スクリーンで観れたのが嬉しい。何十回と観たが、4Kリマスターされた映像と音で新鮮な気持ちで見入ってしまった。サスペンスと娯楽と社会性のバランスがここまで高い作品はそうそう無い。至高の傑作。
      いいね

      良い
    • 猿の惑星:聖戦記
      『猿の惑星:聖戦記』シリーズ毎に話のスケールが小さくなるのだが、シーザーの一生を一緒に体験したような奇妙な充実感がある。これから物凄く期間が空いた先が旧1作目なのだが、もう少しそこへの繋がりの目配せがあれば嬉しかったのだけどな。
      いいね

      良い
    • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」
      『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」』あの白色彗星のテーマはその場で弾いていた!という衝撃の事実。身投げした雪が急に異空間で古代とランデブーして、いつの間にか全員助かってたりの謎。後、蛍の話いらない。続きに期待。
      いいね

      普通
    • アウトレイジ 最終章
      『アウトレイジ 最終章』無軌道な方向性で始まったシリーズだけど、最後は手癖で昔の感じに戻しちゃった感じ。ある意味3作中一番たけし映画っぽい。銃周りの音やエフェクトは邦画の中ではかなり良い。
      いいね

      良い
    • エイリアン コヴェナント
      『エイリアン コヴェナント』ついにエイリアン生誕の秘密が明かされたのだが、完全に端役。俗悪B級ホラーの皮を被ったままシリーズを神話にしようとしているリドリー・スコットにとって、2以降の設定との整合なぞ知ったこっちゃないのだった。
      いいね

      良い
    • ダンケルク
      『ダンケルク』これがノーラン流のVR。延々、轟音が鳴り響き、息の詰まる3つの極限を入れ子構造で表現しているが、CGを出来るだけ使わない「本物志向」でなんか画面が貧相で地味。事実そのものを描かず戦場を抽象化した珍作。IMAXがお勧め。
      いいね

      良い
    • 新感染 ファイナル・エクスプレス
      『新感染 ファイナル・エクスプレス』シチュエーションのアイデアは良い。子役が泣くシーンはエモーショナルな新味があるが、ベタなドラマを「逆に新鮮」と感じるか否かで評価が変わる。初見での分かり易さ、面白さはあるので初心者向けかな。
      いいね

      良い
    • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦
      『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』間に合わないので引き伸ばしたのかのような間延びしたシーンが散見される割には肝心なシーンは物足りないバランス。元々この構成だったのか疑問。悪い意味のオリジンらしさが一番出た。
      いいね

      普通
    • ワンダーウーマン
      『ワンダーウーマン』なんか全体的に雑。頑張ってたけど、女性主役のアクション物にあるキレの悪さは残ってる。ザックが撮ってたら、もっとフェティッシュな魅力もあったかもしれない。全体的に映画版「トゥームレイダー」を観た時と似た気持ち。
      いいね

      普通
    • ベイビー・ドライバー
      『ベイビー・ドライバー』ほぼ全ての映像がリズムを刻んでるのに驚き。スコセッシ、デ・パルマ、タランティーノ辺りの作品から換骨奪胎して緻密な演出と現実的な展開が都合の良さが無くて腑に落ちる。これはエドガー・ライト版「ラ・ラ・ランド」か?
      いいね

      良い
    • スパイダーマン ホームカミング
      『スパイダーマン ホームカミング』良く出来てたけど、旧作が単独タイトルとして成り立っていたのに、今回からは他のヒーロー作品をある程度把握していないと面白さを減ずる事になり、所詮MCUに取り込まれてしまったのは功罪あるなと思った。
      いいね

      良い
    • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
      『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』原作を読んでキャラと粗筋が分かっていて、特撮系映画のクオリティをそういうものだし、と受け入れる程度の観方が出来る人なら、そんなに悪くない内容だと思う。でも何章までやるのだろう?
      いいね

      良い
    • トランスフォーマー 最後の騎士王
      『トランスフォーマー 最後の騎士王』相変らず総集編というか夢のように、あらゆるジャンルを盛り込んだ散漫な内容。マイケル・ベイは実はこっちが本筋なんだろう、と思うくらいTRFの二脚ロボや現用兵器でのサイバトロン星の空中戦は格好良い。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....