TOP >PUJ920219マイページ

PUJ920219

さんのマイページ
PUJ920219
つぶやいた映画
157 本
総ツイート
159 件
マイページ閲覧数
7,434 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
157 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 女は二度決断する
    パシフィック・リム アップライジング
    ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
    ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
    ダウンサイズ
    15時17分、パリ行き
    ブラックパンサー
  • あなたの旅立ち、綴ります
    The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
    スリープレス・ナイト
    デトロイト
    ロング,ロングバケーション
    ジオストーム
    勝手にふるえてろ
  • カンフー・ヨガ
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    ジャスティス・リーグ
    KUBO クボ 二本の弦の秘密
    マイティ・ソー バトルロイヤル
    ゲット・アウト
    ブレードランナー 2049
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • パシフィック・リム アップライジング
      前作同様、日本アニメ&特撮が好きな監督の意図を忖度しながら観られる。ただ、今回もイエーガーの圧倒的強さが描かれてなかったのが物足りない。苦戦に苦戦を重ねてようやく…という展開はカタルシス不足。情け容赦なく敵の息の根を止めるオプティマス・プライムのような活躍を見せてよ。
      いいね

      普通
    • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
      冒険アリ友情アリ恋アリとあらゆる要素がてんこ盛り。キャラクターが死んでも、あくまでも「ゲームプレイヤー」だから陰惨にならない。万人が観られるバランスに仕上げているからアメリカで大ヒットしたのも納得。前作を観ている人ならニヤリとするシーンもあったりと、とにかくアイデアの勝利。
      いいね

      良い
    • 女は二度決断する
      人種差別&移民排斥を掲げるネオナチに家族を奪われた女性の復讐譚…と単純にはくくれない。実はその意識は一般人にも根付いているという実態が一番怖い。それは女性の「二度目の決断」を持ってしても消えないのかも。終始天候がぐずつく1~2章に対し、快晴シーンで構成される最終章が余計重く映る。
      いいね

      良い
    • ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
      重厚さと軽妙さが入り混じった音楽が気難しくも好々爺なチャーチルの性格を表す手助けをしている。巧みな話術で支持者を得ていく様は『リンカーン』にも通じる。全編ほぼ喋りっ放しなG・オールドマンは納得の演技。本作鑑賞後に『ダンケルク』→『人生はシネマティック!』と観るといいかも。
      いいね

      良い
    • マザー!
      『レスラー』でも「心臓」がポイントだったD・アロノフスキーが本作ではさらに強調し、彼の宗教観もより爆発。仏教国日本ではPRが難しいから公開中止も止むなしか。後半のモンティパイソン状態を経て、タイトルの「!」が指すラスト23分も強烈。あそこまで突き抜ければかえって清々しい。
      いいね

      良い
    • ダウンサイズ
      とにかくモッサリした主人公役のM・デイモンがたまらない。決してダメではないがどこかダメ。こういう役をやらせたら天下一品。ポールという主人公名やヒロインが敬虔なクリスチャンという点でもしやとは思っていたが想像の斜め上を行く展開に。大好きなクリステン・ウィグの出番が少ないのが惜しい。
      いいね

      普通
    • ブラックパンサー
      アフリカ系ならではの歴史的・社会的背景を上手くあらすじに落とし込んだR・クーグラーの才気煥発。キルモンガーはペンギンやドック・オクなどに続く哀しきヴィラン。ヴィブラニウムの使い勝手が良すぎてMCUの中でもなんでもアリ度上昇。ただ今回も肝心のアクションシーンが見づらいのがマイナス。
      いいね

      良い
    • 15時17分、パリ行き
      『アメリカン・スナイパー』の主人公を「運命に捕まった男」と評したイーストウッドが「運命に捕まった」男達を再び。新作の度に不要点をドンドン削り、ついに俳優まで削ってしまった。中盤以降の観光シーンの“貯め”を一気にクライマックスで発散。登場女性を妙に艶めかしく撮るのもお約束。
      いいね

      良い
    • The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
      原作小説の最初の映画化『白い肌の異常な夜』とは違い、前作『ブリングリング』の焼き直しをしつつ分身的存在のキルスティン・ダンストに重要な女性を演じさせる――ソフィア・コッポラ監督の作家性がハッキリ出ていて面白い。何気に兵士役のC・ファレルにファザコン要素を含ませているのもポイント。
      いいね

      良い
    • あなたの旅立ち、綴ります
      『ロング、ロングバケーション』同様の“終活”ものながら、世代を超えた友情をコミカルに描いていてこちらの方が観やすいかも。『ロング~』同様に劇中で使用される音楽に意味があるので注目。でもやっぱり歌詞字幕は出ないのが…せめて1曲ぐらいは頑張って歌詞を出してほしかった。
      いいね

      普通
    • 用心棒
      さよなら日劇ラストショウにて。トークゲストの司葉子が想像よりも饒舌。東京を象徴する劇場と勝手に思っていただけに日劇閉館は残念。
      いいね

      良い
    • スリープレス・ナイト
      予想以上にタイマンバトルが多く、J・フォックスはおろかM・モナハンもボコボコにシバキ合う様が痛快。毎回印象強い役をこなすS・マクネイリーのクセのある悪役ぶりも必見。95分でドラマ性もアクション面もキッチリまとめている点は見事。元々期待値が低かっただけに、個人的にかなりの拾い物。
      いいね

      良い
    • ロング,ロングバケーション
      フジの連ドラっぽい邦題だがテーマは結構シビア。夫の認知症による夫婦の会話の齟齬がユーモアかつ切ない。とにかくH・ミレン&D・サザーランドという芸達者な役者陣の演技に尽きる。歌詞字幕は出ないもキャロル・キングらの劇中挿入曲にも注目。冒頭でラストの行く末が読めてしまったのが少々残念。
      いいね

      普通
    • ジオストーム
      アサイラム映画が10本作れる予算を投入してそうなディザスター・ムービー…と思いきや意外とサスペンス要素が強め。J・ブラッカイマーを投入してテコ入れしただけあって某映画に似てるしエメリッヒ映画を彷彿とさせる場面も…まぁ2018年の幕開けにふさわしいバカ映画(ホメ言葉)でいいのでは。
      いいね

      普通
    • デトロイト
      観客の首をも真綿で絞めるような息苦しい演出が得意のK・ビグロー監督の真骨頂。過去作以上にダウナーな気分にさせてくれる。暴走を止められなくなった白人警官は滑稽にして戦慄を呼ぶ。一縷の望みを見出すラストが救い。そんなデトロイト市警にアクセル・フォーリーがいるとはにわかに想像つかない。
      いいね

      普通
    • カンフー・ヨガ
      今年公開されたジャッキー映画の中で一番面白かった。全年齢層に配慮して登場人物が誰一人として死なない、エンタメ性に振り切ったジャッキー映画とインド映画は相性抜群。ムダ死にの大安売り状態の『最後のジェダイ』と比較するとよく分かる。あととにかく女性キャスト全員が美人すぎ。
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      旧シリーズが構築した概念に執着するカイロ・レンとその概念を超えた先を行こうとするレイ。彼女のスタンスはまんま製作スタッフのそれと解釈。ドジな反乱軍や反則気味なフォースの用途など気になる点は多々あれ『フォースの覚醒』以降の共通感想「ま、こんなもんじゃね」で落ち着くのであった。
      いいね

      普通
    • 勝手にふるえてろ
      恋愛成就のために猪突猛進に進むヒロイン。一つ間違えると主人公に感情移入できなくなりがちだが可愛げを残しているため不快さは感じず。後半以降に見せる暴れ具合も観ていて楽しい。ただ、登場人物の大半が感情を露わにする者と感情が読めない者とに分かれ過ぎたあたり、良くも悪くも今の邦画を象徴。
      いいね

      普通
    • ジャスティス・リーグ
      『アベンジャーズ』同様、ヒーロー達の初お目見え作としては十分及第点。だからヴィランもあれ位の頃合いで十分。過去のDCEUに漂っていたダークさも薄れている上に尺も短くなり観易くなった。170分のZ・スナイダー完全監督版も気になるところだが、まぁ多分ブルーレイで出るでしょう。
      いいね

      良い
    • KUBO クボ 二本の弦の秘密
      これほどまでに日本愛にあふれた作品があったか、という位日本の風習や文化、四季折々を丁寧に描写。「二本の弦」が意味するもの、弦が一本足りない理由…全ての謎が分かるラストもよくできてる。主題曲のJ・ハリソンのカバー曲も作品のテーマにピッタリ。ギターも三味線も泣いている。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....