TOP >Pooh_kuru_sanマイページ

Pooh_kuru_san

さんのマイページ
Pooh_kuru_san
つぶやいた映画
274 本
総ツイート
336 件
マイページ閲覧数
2,300 view
ウォッチしている
7 人
ウォッチされている
5 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
274 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ウィッチ
    ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走
    ビニー 信じる男
    怪盗グルーのミニオン大脱走
    ケイト・プレイズ・クリスティーン
    彼女の人生は間違いじゃない
    歓びのトスカーナ
  • ライフ
    ヒトラーへの285枚の葉書
    メアリと魔女の花
    ボンジュール、アン
    ジョン・ウィック チャプター2
    しあわせな人生の選択
    パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
  • ありがとう、トニ・エルドマン
    ハクソー・リッジ
    ジーサンズ はじめての強盗
    ハーフネルソン
    キング・アーサー
    おとなの恋の測り方
    セールスマン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • フランシス・ハ
      『フランシス・ハ』非モテのフランシス。現実を突きつけらても夢みていたい。踊っていたい。ソフィーといたい。不器用でイノセンス、大人になれない彼女が何故か愛らしい。多くの人が「こうありたかった。」存在なのかな。モノクロで眩い輝きを放つ。
      いいね

      良い
    • くもりときどきミートボール
      『くもりときどきミートボール』空からお菓子が降ってきたら?なんて子供の空想で映画作るアイデア勝ち。ハチャメチャな展開に親子の確執や劣等感とのつきあい方などを絡め濃密な81分を堪能。LEGOムービーの監督コンビなら納得の出来栄え。
      いいね

      良い
    • LOCKDOWN ロックダウン
      『LOCKDOWN ロックダウン』母親の最新AIへの対抗策がこれでもかというアナログな手段で良かった。その堅牢さと安定感まで計算尽くなら見事だが、そこまで思慮深くはなさそう。過去の栄光に後ろ髪引かれる半人前な母親の覚醒映画。#映画
      いいね

      普通
    • ウィッチ
      『ウィッチ』多くの時代劇がコスプレ大会と化す中でとにかく丁寧に作り込まれている。鬱蒼とした森が人の邪心で出来た異世界の様な禍々しく、人の暗黒面を引き出す。信仰心の薄い長女が魂を解放するラストショットが絵画のよう。傑出したホラー作品。
      いいね

      良い
    • カリートの道
      『カリートの道』裏稼業から足を洗っても過去が付き纏う。A.パチーノから漂うある種の「疲労」と「諦め」にその世界で生きてきた人間の悲哀とやるせなさを感じる。ラストの追走劇の緊迫感と縦横無尽のカメラワークにパルマ監督凄いとただただ感嘆。
      いいね

      良い
    • スカーフェイス
      『スカーフェイス』誰にでも本音をぶつけギャングの掟と暴力でのし上がるトニー。狙われる側の不安とコカインに溺れ転落する片道切符の人生が虚しい。欲しいものを手にし、望んだ世界がそこにあったのか?強烈な暴力とギラつくA.パチーノが焼きつく
      いいね

      良い
    • ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走
      『ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走』ダウニーJr似の男が赤い最新AIに翻弄される皮肉なコメディ。ワンシチュエーションにベタな笑いの連続を脇役が上手く飽きさず。実際に160kmで撮影というイカレっぷり。本当に制御不能なのはじいさん。
      いいね

      良い
    • ビニー 信じる男
      『ビニー 信じる男』どんな窮地も嘆かず腐らず信念を曲げない。本当に強いとはこういう事。世界チャンピオンと思えない地味な実家暮らし、金や名声への手段ではない、ボクサーという「生き方」をする男。両親やケビンも含め極上の人間ドラマをみた。
      いいね

      良い
    • 怪盗グルーのミニオン大脱走
      『怪盗グルーのミニオン大脱走』吹替え。ルーシーと娘達が可愛くて和んでしまう。80sのバルタザールのダサカッコ良さと懐かしのナンバー。グルーとドルーの愉快なコンビ。もはや主役のミニオン。盛り沢山で満足ながらどこか散漫な印象も。#映画
      いいね

      良い
    • グッドフェローズ
      『グッドフェローズ』馴染みのないマフィアもの、なのに純粋に引き込まれる。人物の面白さ、ナレーションでの補完、停滞しかけた中盤で加速する展開。演出と役者の演技が噛み合うとこんな良作になるのかと感心。個人的にマフィア映画はスコセッシ。
      いいね

      良い
    • ブルーに生まれついて
      『ブルーに生まれついて』白人という劣等感からかラッパで感じる負い目。愛を失い薬物に染まっても手放せない栄光の裏に、ベイカーの繊細さと弱さが窺える。ラストの愛と孤独が混ざり合う旋律に恍惚として聴き入る。E.ホークの哀愁漂う熱演も見事。
      いいね

      良い
    • グッドモーニングショー
      『グッドモーニングショー』ワイドショー製作の内幕は興味深く描かれテンポも良かった。キャスターと犯人の絡みは失速してのれなかった。誰の徳にもならないとTVマンの嘆き同様に本作も観賞後に残るものはない。そこまで計算済みなら凄いが・・。
      いいね

      普通
    • パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
      『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』主役らしからぬ脱力感で狂言回しに徹するジャック。海賊として父親としての矜持を示すバルボッサ。新たな美男美女と亡霊ながらよく喋るサラザールが上手く噛み合いシリーズ随一のテンポの良さ。快作。
      いいね

      良い
    • Mr.&Mrs.スパイ
      『Mr.&Mrs.スパイ』ザック目当てで観賞。スパイ映画と括るには無理があるアクションコメディ。ある夫婦に訪れる非日常をドタバタと特に捻られた展開もなく進むがなかなか楽しめた。こんなご近所さんなら仲良くしたいかも。#映画
      いいね

      良い
    • バイオハザード ディジェネレーション
      『バイオハザード ディジェネレーション』映画というよりゲームムービー。アングルなんか特に。命のやり取りをしているけれど緊迫感がまるで無いのは何故だろう?CGだからか人物の心理描写が全然伝わらない。CG自体は綺麗だと思う。#映画
      いいね

      普通
    • パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉
      『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』あ〜こういうのなら楽しめる。ジャックとバルボッサのやりとりがドリフみたいでいいし、アクションはソコソコだけど冒険活劇としてみてられる。黒ひげのショボさを考えるとG.ラッシュって凄い役者。
      いいね

      良い
    • パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
      『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』長くてゴチャゴチャしてて解りづらい。デイビー・ジョーンズまでギャグにみえてしまう。終盤の戦闘シーンは盛り上がる。渋いおっさんの頂点なのか、キース・リチャーズがキマッている。#映画
      いいね

      普通
    • パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
      『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』前作よりもコミカルなアクションが増しアトラクションのような印象。深く考えずに楽しめる上にバルボッサの復活にはアガッた。
      いいね

      良い
    • パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち
      『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』ブラッカイマー製作だけにとにかく大味。J.デップ演じるジャック・スパロウのキャラクターは見事で、それだけでバカで愉快な娯楽作にしてしまった。
      いいね

      良い
    • 誰のせいでもない
      『誰のせいでもない』起伏に乏しい作風ながら、語らない。見せない。事でこちらに行間を埋めさせる。それを可能にする主要3人の演技と心情を表す伴奏と映像。美しいシーンの数々に要所を抑える朝日と夕日。3Dがあったのか。悔やまれる。#映画
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....