TOP >Pooh_kuru_sanマイページ

Pooh_kuru_san

さんのマイページ
Pooh_kuru_san
つぶやいた映画
432 本
総ツイート
509 件
マイページ閲覧数
2,986 view
ウォッチしている
7 人
ウォッチされている
5 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
432 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • フェンス
    ローガン・ラッキー
    KUBO クボ 二本の弦の秘密
    機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER
    グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル
    予兆 散歩する侵略者 劇場版
    ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
  • 人生はシネマティック!
    南瓜とマヨネーズ
    ロダン カミーユと永遠のアトリエ
    ザ・サークル
    おじいちゃん、死んじゃったって。
    セントラル・インテリジェンス
    シンクロナイズドモンスター
  • グッド・タイム
    マイティ・ソー バトルロイヤル
    ノクターナル・アニマルズ
    IT イット “それ”が見えたら、終わり。
    彼女がその名を知らない鳥たち
    ポリーナ、私を踊る
    ゲット・アウト
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ターナー、光に愛を求めて
      『ターナー、光に愛を求めて』謎に満ちたターナーの半生。偏屈ながら人を惹きつける奇人をT.スポールが流石の名演。ターナーの絵画の様な構図と美しい光のショットが多数。彼の人生の黄昏時を光と影のように支えた2人の女性の人生に想いを馳せる。
      いいね

      良い
    • 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER
      『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』戦争の苛烈な現実を突きつけた前作より活劇として構成され観易くなり、お馴染みのJazzに加え様々な音楽がシーンに寄り添う。過去からの第三勢力の不気味さも好み。次作も楽しみ
      いいね

      良い
    • KUBO クボ 二本の弦の秘密
      『KUBO クボ 二本の弦の秘密』吹替。「瞬きをしてはならない」の語りの言葉通り滑らかなストップモーションに釘付け。テーマと思える「語り継ぐ」ことを実直に描く姿勢と演出は日本人が馴れ親しむ昔話の装い。外国から届く日本文化への愛に敬服
      いいね

      良い
    • ローガン・ラッキー
      『ローガン・ラッキー』一家の呪いを吹っ飛ばすクライムコメディ。豪華キャストのヌケた役柄も嵌り、田舎街の長閑な空気の中、肩の力を抜いて観れる設定が活きる。犯罪の全貌よりも軸となる家族の物語は笑えて、愛らしくて心に沁みる。幸運を貰った。
      いいね

      良い
    • あるスキャンダルの覚え書き
      『あるスキャンダルの覚え書き』厳格で辛辣な老教師と柔和で衆望な新任教師。表層は真逆でも深層は不安定で孤独な心が広がる2人。些細な怠惰が招く大きな過ちとその代償。誰もが陥る人生の溝はすぐそこにある。2人の大女優の視線だけでも見応えあり
      いいね

      良い
    • ミスター・ロンリー
      『ミスター・ロンリー』自分では世界から愛されない。そして自分を愛せない。演じる生と薄皮一枚の孤独。信じる事と演じる事は同じかもしれず、それでも避けられない死を見据え、せめて自分らしく生きる。アッパーな冒頭から急転直下。ニヒリズム全開
      いいね

      良い
    • ブロンソン
      『ブロンソン』実在する囚人をT.ハーディが憑かれたように怪演。幕間の語りも人を食ったように欺く。が、楽しい。暴力のみが自己証明、そんな半生がレフンの魔法で色を帯び、リズムを刻み躍動する。オリジナル、主演、監督3人の奇人のアンサンブル
      いいね

      良い
    • オレンジと太陽
      『オレンジと太陽』英豪両政府の認知の下で行われてきた児童移民の事実。親と離され、自分が誰かもわからず生き続ける虚無感。ミステリーに留めない誠実な語り口と丁寧な人物描写。泣き方すら知らないあの日の子供達を癒すのは行動する善意のみ。良作
      いいね

      良い
    • グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル
      『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』②そう語る彼は生き急いでるようで不安だ。制作過程や影響を受けた映画などは必見。親交ある監督や常連俳優達の言葉に彼への愛と信頼を感じ嬉しくなる。ただ、1本の映画としては物足りない。
      いいね

      良い
    • グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル
      『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』①溢れるエネルギーと強い意志で傑作を生み出し続けるX.ドランのキャリアに迫るドキュメンタリー。本人と盟友達のインタビューはその人物像を確かなものにした。撮影してないと死んでしまう
      いいね

      良い
    • おじいちゃん、死んじゃったって。
      『おじいちゃん、死んじゃったって。』人は死して終わるかも知れないが、家族は身内の死から何かが始まるのかも。人物や家族の問題が現代的で一定の年齢に達したなら身につまされるだろう。厄介な家族も面倒な未来も美麗だった過去も纏めて私の人生だ
      いいね

      良い
    • セントラル・インテリジェンス
      『セントラル・インテリジェンス』王道ドタバタアクションコメディーはとにかく笑いっぱなし。そこに〝イジメ反対〟と誰でも変われるんだ!という強いメッセージ性が合わさった最高の改作。同窓会の件の爽快さは胸がすく。鏡に映る筋肉男にニヤリ。
      いいね

      良い
    • ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
      『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』実在の詩人ネルーダと警官の不思議な追走劇。物語から見えてくるチリの英雄ネルーダの複雑な内省。追う警官が追い詰められ、反転し溶け合う世界は混沌の極みながら幻想的。様々な違和感が集約されるラストは見事。
      いいね

      良い
    • オリエント急行殺人事件
      『オリエント急行殺人事件』名作ミステリーをオールスターキャストで描く群像劇。物語の核は真相よりもそこに至るまでの極上の演技合戦。列車内の閉塞感もあり切迫した雰囲気が充満する。A.ファニー扮するポワロの役作りが秀逸。何度も観るべき1本
      いいね

      良い
    • ロダン カミーユと永遠のアトリエ
      『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』その手で生み出す完美な作品と歪な女性関係は芸術家ならではの激情。制作過程は見所ながら、カミーユのその後や未完の地獄の門の描かれ方には不満が残る。地獄の門を覗き、絶望に憑かれた男ロダンが観たかった。
      いいね

      普通
    • 予兆 散歩する侵略者 劇場版
      『予兆 散歩する侵略者 劇場版』スピンオフながら独特の不穏さは本編以上。東出演じる侵略者がとにかく不気味で、無垢な悪意が研ぎ澄まされホラー色が際立っていた。立ち向かう夏帆のヒーローっぷりも良く、染谷含め役者陣の相性の良さを感じる。
      いいね

      良い
    • 南瓜とマヨネーズ
      『南瓜とマヨネーズ』原作未読。青春するには現実を知り過ぎた男女のリアルな実情は何処か自分を投影してるような気恥ずかしさがある。すれ違う想いも、妥協と言い訳ばかりの日常も夢見る一瞬の為に飲み込める。ハギオの人たらし術が羨ましい。
      いいね

      良い
    • 人生はシネマティック!
      『人生はシネマティック!』②王道ながら豊かなドラマに感情が昂ぶる。人生は思い通りにいかず、映画のように劇的でもない、だから面白く味わい深い。哀しみに暮れても生きる強さを示すラストに笑い泣き。B.ナイが抜群の存在感で物語の要所を締める
      いいね

      良い
    • 人生はシネマティック!
      『人生はシネマティック!』①いつ果てるかもわからない命と知りながら国民の希望となるべく映画に情熱を燃やす人々。映画製作と戦争下でエゴを通すだけの男には出来ない女性ならではの調和と感性が輝く。劇中劇と本作が相互リンクする展開は
      いいね

      良い
    • マイティ・ソー バトルロイヤル
      『マイティ・ソー バトルロイヤル』シリーズ特有の家族の内輪揉めに一応の決着をつけ、アベンジャーズへアクセルを吹かす快作。ヒーロー映画の良さを壊さず大胆に笑いへ走るコメディ監督の面目躍如。ツェッペリンの高揚感。そしてやっぱりロキが好き
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....