TOP >TaulNcCarマイページ

TaulNcCar

さんのマイページ
TaulNcCar
つぶやいた映画
1,102 本
総ツイート
1,303 件
マイページ閲覧数
12,119 view
ウォッチしている
24 人
ウォッチされている
36 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1102 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • スパイダーマン ホームカミング
    ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
    ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
    君の膵臓をたべたい
    ウィッチ
    甘き人生
    ライフ
  • ジョン・ウィック チャプター2
    しあわせな人生の選択
    ありがとう、トニ・エルドマン
    ハクソー・リッジ
    セールスマン
    昼顔
    22年目の告白 私が殺人犯です
  • パトリオット・デイ
    怪物はささやく
    20センチュリー・ウーマン
    LOGAN ローガン
    光をくれた人
    美しい星
    夜に生きる
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 甘き人生
      『甘き人生』鑑賞。初ベロッキオ。少年期に母を失った男の心模様。イタリアの変化やサッカー史を盛り込み反復する運動や美しい映像で語る。老境の監督特有の人生瞬き感。雰囲気やテーマは好みで各シークエンスや登場人物も印象的だがそれらが噛み合ってないようで消化不良も。ある意味人生のようか。
      いいね

      良い
    • 最前線物語
      『最前線物語』(1980)BS録画で劇場版鑑賞。初フラ―。北アフリカ〜シチリア~ノルマンディ~バルジ戦…と巡る第1歩兵師団小隊のエピソード。監督の体験も元にドライな面白映画に落とし込みながらも感動をよぶ素晴らしさ。死と生の狭間の悲喜劇を見る。個性的な戦争映画の傑作だった。
      いいね

      良い
    • 君の膵臓をたべたい
      『君の膵臓をたべたい』鑑賞。図書、桜、日記らの題材が上品でピュアな二人をソフトに包むもうファンタジーのよう。浜辺美波が階段を上るシーンが切ない。難病や純愛ものというより人や今に向き合う話か。恭子をもっと描いても良かったかも。セカチューフォーマットにミスチル。ちょっと涙した。
      いいね

      良い
    • パリは燃えているか
      『パリは燃えているか』(1966)BS録画で初鑑賞。英語版。パリ解放をルネ・クレマンがオールスターキャストで描く。レジスタンス蜂起や独軍とのかけひきが興味深く後半は記録映像も多く感動の解放になだれこむ。美談的な歴史の再現。そのままロケできる美しく残ったパリを羨ましくさえ感じた。
      いいね

      良い
    • バルジ大作戦
      『バルジ大作戦』(1965)BS録画で初鑑賞。1944年冬、西部戦線ドイツ軍起死回生を狙う反撃。潜入したドイツ兵がMPに化け混乱させたのは知らなかった。エンタメ演出や偽物感には気分をそがれるがやはり数十台もの戦車戦は圧巻。それとドイツ軍ヘスラー大佐を演じたロバート・ショウが光る。
      いいね

      良い
    • 空軍大戦略
      『空軍大戦略』(1969)BDで初鑑賞。原題どおりバトルオブブリテンを真っ向から描いた作品。ダンケルク撤退後戦力を整え英国の空を守る。軍人顔スターキャストだが主役は戦闘機。本物やそれに近い一団が大空で戦う姿は圧巻。全体に間延びしドラマも弱いが再現感のあるスケールの大きい戦争映画。
      いいね

      良い
    • アルジェの戦い
      『アルジェの戦い』(1966)DVDで初鑑賞。アルジェリア戦争の再現。ネオレアリズモの血を引く作品だがアップも多く顔と行動で淡々と語る。日時表示が効果的だ。反抗がテロになり民衆の戦いになるのが恐怖と感動という複雑な心境。永遠の課題が突きつけられる。蜂起シーンは映画とは思えない。
      いいね

      良い
    • ターミネーター2
      『ターミネーター2 3D』鑑賞。何度見ても夢中になって入り込んでしまう名作。物語とキャラクターとライブとアクションが完璧に一体になって迫ってくる。世の中にこんな面白い映画があるなんて、と涙が出る程だ。4K3Dレストアで美しく明るく蘇りさらに迫力と工夫を感じた。この夏必見では。
      いいね

      良い
    • スパイダーマン ホームカミング
      『スパイダーマン ホームカミング』2D字幕版鑑賞。若きヒーロー、青春学園もの、アベンジャーズ、社会構造が産む悪、過去作オマージュというもう山程ある題材を見事に料理。MCUの安定感。ただ新鮮味やキレはなく新生スパイディ映画という新しい魅力はもうひとつか。トムホの魅力で何とかカバー。
      いいね

      良い
    • 西部戦線異状なし
      『西部戦線異状なし』(1930)DVDで初鑑賞。戦争映画の一つの系譜の原点であり既に完成形のよう。象徴的なエピソードの数々に後の影響を受けた作品がよぎる。若者たちが煽動され兵士になり苦しみただただ死んでいく。塹壕戦の迫力と容赦ない展開に驚く。未見を後悔した反戦映画の名作だった。
      いいね

      良い
    • ウィッチ
      『ウィッチ』鑑賞。分かりやすい話と映像で怖がらせ楽しませるのに様々なテーマと虚構がよぎる素晴らしさ。環境は全く違うのに少年期の原罪や性の芽生えや家族との関係のトラウマさえ蘇るようだ。人間の弱さと反転する脅威の極致。映像の風味や要素も実に巧みで古典的なものさえ感じる魔女映画だった。
      いいね

      良い
    • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
      『ファウンダー』鑑賞。闇のヒーローを内包したマイケル・キートンの善悪で判断させない勢いのある演技。閃きと根気で成功し鏡の中に消えていく。実話の名人ハンコック監督が全ての人を一面で描かない巧みさ。その味わいは見る者しだいだ。マクドナルドを食べる時に必ず思い出しそうな怪物伝。面白い。
      いいね

      良い
    • 太平洋奇跡の作戦 キスカ
      『太平洋奇跡の作戦 キスカ』(1965)DVDで初鑑賞。撤退作戦がこれ程面白いなんて。日本の戦争映画の悲壮感は抑えめで人命救出に懸ける男達の知恵と勇気をテンポ良く描く。心地良くクライマックスは感動だ。円谷特撮と團伊玖磨も見事な仕事ぶり。邦画では希有なトーンの傑作ではないだろうか。
      いいね

      良い
    • ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
      『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』鑑賞。トムがおどけてハズして襲われ裸にされ走って頑張る映画。ファンにはいいが面白さに活かせてないもどかしさ。脚本と演出に難ありか。ブテラ王女が魅力的でもっと彼女のドラマにしても良かったかも。ビール片手に突っ込みいれたいアトラクションムービー。
      いいね

      普通
    • カクテル
      『カクテル』(1988)DVDで久しぶりに鑑賞。トム・クルーズのカクテル作りの派手なパフォーマンスが見所。真似てビン割ったなあ。あとはビーチボーイズの復活サウンド、エリザベス・シューの爽やかな色気くらいか。アイドル映画レベルで適当な展開だがリゾート感と時代の雰囲気は楽しめる。
      いいね

      普通
    • コラテラル
      『コラテラル』(2004)BDで鑑賞。タマフルトム総選挙第1位。何度見てもクールで個性的で超絶面白い。銀髪トムの殺し屋アクションに悶絶しタクシー運転手とのやりとりが沁みる。対極のようで同じ魂を持つ2匹の雄狼、LAの夜に出会う。男のプライドの交差を描くマイケル・マンの傑作。
      いいね

      良い
    • ハスラー2
      『ハスラー2』(1986)DVDで鑑賞。空前のビリヤードブームの火付け役。途中で終わる印象があったが今見るとナイスラストショットだ。スコセッシの自在なカメラワークが地味な玉突き映画を多彩な人生模様に変える。ニュ-マンからトムに引き継がれるようで渡さない男の意地。渋格好いい。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
      『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)タマフルトム総選挙第2位。こんな直球ド真ん中で面白いスパイアクション映画に出会えるなんて!と劇場に7回足を運んだ私のトム映画ベスト。BD特典マッカリー監督との裏話も情熱と工夫が分かり楽しい。ありがとうトム・クルーズ。
      いいね

      良い
    • トップガン
      『トップガン』(1986)BDで鑑賞。タマフルおトム総選挙第3位。トムの格好良さが爆発。もう映ってるもの全てが男臭くテカってるようだ。トニー・スコットがCM風の見やすい演出でドッグファイトは貴重な本物の迫力。MTVサウンドと共に甦る80年代のアイコン。何と30年越しの続編も決定。
      いいね

      良い
    • 大いなる陰謀
      『大いなる陰謀』(2007)DVDで初鑑賞。米の対テロ戦争のある一面を政治、戦場、教育の現場で切り取る。まさにレッドフォード先生による授業のよう。政権とリベラリストも疑問視か。トム・クルーズは議員役で胡散臭い笑顔を活かす。問題の提示だけで物足りないが米映画界の自由さを感じる。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....