TOP >WaseiGマイページ

WaseiG

さんのマイページ
WaseiG
つぶやいた映画
3,421 本
総ツイート
3,421 件
マイページ閲覧数
9,577 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
12 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
3421 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • パーソナル・ショッパー
    フリークス・シティ
    ショコラ 君がいて、僕がいる
    グースバンプス モンスターと秘密の書
    この世界の片隅に
    ソーセージ・パーティー
    スター・トレック BEYOND
  • TSUKIJI WONDERLAND 築地ワンダーランド
    アングリーバード
    ハドソン川の奇跡
    真田十勇士
    超高速!参勤交代 リターンズ
    四月は君の嘘
    スーサイド・スクワッド
  • ブラザー・ネイチャー/プロポーズは命がけ
    後妻業の女
    ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影
    君の名は。
    ハートビート
    ゴーストバスターズ
    シン・ゴジラ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 動く標的
      『動く標的』鑑賞。どこかで情報をゆっくり整理する時間が欲しかった。常に動き続ける展開を追って、主人公と同じようにドギマギするのにちょっと疲れた。殴られても傷の付かない、タフガイと同じような強靱な精神を自分は持ち合わせていないので。
      いいね

      残念
    • 未来惑星ザルドス
      『未来惑星ザルドス』鑑賞。The怪作。ザルトスのデザインなどはファミコンのような子供っぽさもあるが、志の高さなどもあるのか、全体にはちぐはぐな難解さ。御櫛のせいか衣装のせいか、コネリーの印象がかなり違って驚いた。
      いいね

      普通
    • TSUKIJI WONDERLAND 築地ワンダーランド
      『TSUKIJI WONDERLAND 築地ワンダーランド』鑑賞。築地に関わる人たちの誇りある仕事を取り上げたドキュメンタリー。悪く言えば意識の高い自慢話とも取れるか。新しい視点もなく、証言ばかりで飽きる。彼らの凄さを裏付けるための実験とかを加えるとバラエティーに過ぎるのかなぁ。
      いいね

      普通
    • 二重生活
      『二重生活』鑑賞。原作未読。鉄面皮のキャラに頭のおかしい行動をとられては、もう感情移入する入り口がみつからない。小説だと心の動きも描かれてたのかな。細かいディティールも、大まかな筋もおかしい。見ていてかなりしんどかった。
      いいね

      残念
    • 大久保彦左衛門
      『大久保彦左衛門』鑑賞。戦前の緑波ということで期待していたけど、その期待に応えてはくれなかった。成長譚とするにしても立場が特殊すぎるし、物語もあまりに直球。器の大きなお大尽なんだなということは分かったけども。
      いいね

      残念
    • DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧
      『DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧』鑑賞。不思議とずっと見ていられた。まりんさんの話が特に興味深かった。変っていく『NO』の味わい深さ。篠原も取り上げて欲しかったな。単なるドキュメンタリー以上の愛情を感じた。ナレーションがなんで英語なのかは謎。
      いいね

      良い
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発
      『怪盗グルーのミニオン危機一発』吹き替え鑑賞。核となるテーマがなくなって、粒は小さくなっている。それでもメカの造形はすてきだし、演出も光っている。話し出す前からマーゴが失恋しているのが分かったり。
      いいね

      普通
    • 怪盗グルーの月泥棒 3D
      『怪盗グルーの月泥棒』吹き替え鑑賞。冒頭グルー氏のキャラ立てからとても見事で、全編にわたって起伏がしっかりしている。鶴瓶の演技は決して上手くはないが、作品のリアリティとは合っている。マスコットキャラがいなくてもできる物語だけど、いないと雰囲気はだいぶ変わっただろうなぁ。上手い。
      いいね

      良い
    • 水戸黄門海を渡る
      『水戸黄門海を渡る』鑑賞。カツライスコンビに長谷川一夫と豪華な顔ぶれと思いきや、雷蔵は殆ど別行動。撮影スケジュールの問題かな? 民族の対立を描くのは良いけども、その解決方法も(昨今の感覚から考えると)ちょっとマズい。黄門映画ラッシュが61年で止まったが、今作がきっかけなのかなぁ。
      いいね

      残念
    • 妻は告白する
      『妻は告白する』鑑賞。サスペンス色は薄く、情の物語だった。物語の中の道筋ははっきりしていて、やや単調ではある。無罪の緊急避難か有罪の殺人かという対比は完結しないが、人間社会の歪さと照らしあわせる小道具にはなっている。もう少し謎を煽る感じでもよかったかなぁ。
      いいね

      普通
    • どたんば
      『どたんば』鑑賞。落盤事故が起きた炭鉱で、閉じ込められた人たちを救うべく奮闘する男たちの物語。 チリの事故を扱った作品とは違って、橋本忍らしく重苦しい脚本だと感じたが、ドラマ版はどんなだったのかなぁ。
      いいね

      普通
    • ぼくの伯父さん
      『ぼくの伯父さん』鑑賞。前作よりもこころなしか分かりやすさがなくなり、少しフランス映画の香りがした。世界を構成する美意識について明確で、しかしそれをコメディの要素としてさほど使用しないのは手ぬるくも感じるが、生活と美との関係性なんだろうな。
      いいね

      普通
    • 群衆
      『群衆』鑑賞。虚構によって用意されたヒーローと、それを利用する権力者たち。フェイクニュースというと昨今おおきな問題になっているけど、それを斬れてはいない。嘘からイエスが生まれ、終り良ければすべて良しのまとめ方は、40年代のおおらかさだなぁ。
      いいね

      普通
    • ぼくの伯父さんの休暇
      『ぼくの伯父さんの休暇』鑑賞。フランスにもこういうコメディあるんだ、というのが率直な感想。ゆるいスラップスティックは独特な雰囲気はあるけど、刺激は薄い。ドアの開閉音に引っかかりを覚えたけど、ああいう音のドアがあったのかしら。
      いいね

      普通
    • 破戒
      『破戒』鑑賞。部落問題を扱った作品なのだが、どうにも「これは問題だろう?」という外部からの目線を感じてしまって、当事者の迫力に欠ける。悩む主人公像もエヴァのシンジくんも裸足で逃げ出すほどで、ちょっと自分には遠く感じてしまった。
      いいね

      普通
    • コフィー
      『コフィー』鑑賞。パム・グリア大暴れ。セクシーで魅力的な黒人という彼女そのものを引き立てるために用意されたような作品。大がかりなアイドル映画のようで、そういう意味で分厚さは感じられない。
      いいね

      普通
    • パーソナル・ショッパー
      『パーソナル・ショッパー』鑑賞。弟を亡くした霊媒の女がセレブの買い物代行の仕事をしている――文字にするとちょっと村上春樹とかの小説みたいな臭いがするが、映像にするとちょっと普通になってしまったかな。オカルトとサスペンスを両立させようとしたけど、個人的にはちょっと響かなかったな。
      いいね

      普通
    • コーマ
      『コーマ』鑑賞。事件自体は割とありがちな医療サスペンス。不気味な雰囲気はちょっとオカルトものっぽく感じた。それが作品の社会派っぽさを消してしまって、B級感を強めているように思う。
      いいね

      普通
    • レイズ・ザ・タイタニック
      『レイズ・ザ・タイタニック』鑑賞。展開がよく分からなくて、途中で何度か冒頭から見直してしまった自分に「ムダなことはよせ」と言いたい。タイタニック号は日本人にとっての戦艦大和のようなもので、そういう意味では宇宙戦艦になるのとそう変わりないのかなと、なんとなく思った。
      いいね

      残念
    • デストラップ・死の罠
      『デストラップ・死の罠』鑑賞。怒濤のどんでん返しと、細かい要素を拾っていく流れ。さすが脚本化を主人公にするだけあるわ(?)と唸った。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....