TOP >WaseiGマイページ

WaseiG

さんのマイページ
WaseiG
つぶやいた映画
3,217 本
総ツイート
3,217 件
マイページ閲覧数
8,156 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
9 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
3217 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • この世界の片隅に
    君の名は。
    シン・ゴジラ
    トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
    パーフェクト・ガイ
    太陽の蓋
    フラワーショウ!
  • 10 クローバーフィールド・レーン
    デッドプール
    復活
    スティーヴ・マックィーン その男とル・マン
    追撃者
    殿、利息でござる!
    ズートピア
  • ゲット!マイライフ
    砂上の法廷
    バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
    僕だけがいない街
    家族はつらいよ
    幸せをつかむ歌
    マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • チャイルド・プレイ2
      『チャイルド・プレイ2』鑑賞。ちゃんと怖いんだけど、大人になってみると子供たちが二人ともものすごく健気な良い子で、変に泣きそうになった。親子で一緒に見ると、感想が大きく別れそうw
      いいね

      良い
    • ガガーリン 世界を変えた108分
      『ガガーリン 世界を変えた108分』鑑賞。アメリカとの開発競争にソ連が勝つ物語かと思ったら、ガガーリン個人の過去や葛藤に焦点を当てた内省的な作品だった。外交姿勢とかそういうものも反映されているんだろうかとか、やっぱり考えてしまうよなぁ。
      いいね

      普通
    • ガッチャマン
      『ガッチャマン』鑑賞。観客が不快に思うように細心の配慮をしているんじゃないかと、割と本気で思う。『シン・ゴジラ』の真逆。見ていて気持ちよさが全くない。わざわざ見えている地雷を踏みに行く、奇特な観客を狙いにいったのなら成功していると言っていいと思う。
      いいね

      残念
    • 追跡者
      『追跡者』鑑賞。スピンオフ作品として大変豪華な作り。アクションにもお金がしっかりかかっている。だけどいかにも古くさく、ポリコレ感が作品に重しを載せているように思う。
      いいね

      普通
    • 僕と妻の1778の物語
      『僕と妻の1778の物語』鑑賞。原作未読。演技も相まって、アレな人の自己満足を延々見せられているようで怖い。家事する妻を尻目に夫は小説書きとか、本人らが納得しているなら良いんだけど、傍目にはいい話には見えない。小説の中身には殆ど価値がなく、美しき闘病にしか興味がないのも悲しい。
      いいね

      残念
    • ミッドナイトマン
      『ミッドナイトマン』鑑賞。無痛症の暗殺者が、痛みを感じるようになってしまってという筋のアクション。痛みを感じない不便を真摯に描くなり、痛みの描写に注力するなりピーキーな方向に行って欲しかった。
      いいね

      普通
    • 酔っぱらい天国
      『酔っぱらい天国』鑑賞。酒の上での失態を大目に見るきらいは未だにあるけど、それに対する警鐘を鳴らす作品。これに笠智衆をあてがうセンスはすごい。渋谷実の視線のシニカルさは全編にわたっており、ダメな息子を溺愛していたり牢屋で居眠りをしたり、笠智衆をおもちゃのように扱っているw
      いいね

      良い
    • 戦いすんで日が暮れて
      『戦いすんで日が暮れて』鑑賞。直木賞を取った自叙伝の映画化。自分は佐藤愛子さんをテレビなどで見た記憶がないのもあってか、大変そうだけれどもコミカルに進む物語を楽しんでみられた。現代にも通じる問題をはらむ作品だけど、怒る人も居るだろう締めくくり方だろうなぁ。
      いいね

      普通
    • 沈黙
      『沈黙』鑑賞。原作者遠藤周作自身による脚本化で、暗い長い重い小説のイメージを巧く映像化している。そのぶん宣教師たちが話している英語に違和感がある。もともと海外を意識して製作されたわけでもなさそうだけど……
      いいね

      普通
    • ホラ吹き太閤記
      『ホラ吹き太閤記』鑑賞。植木等と藤吉郎の取り合わせは絶品。スケール感を含め、これ以上の配役はそうはあるまい。ハナ肇の信長もたいへん魅力的。
      いいね

      良い
    • 10 クローバーフィールド・レーン
      『10 クローバーフィールド・レーン』鑑賞。わりとテンプレ通りの展開だったと思う。登場人物たちも変に理性的。ヒャッハーさせるにはシェルターは狭いんだろうけど、させないだけの装置が欲しかったかな。
      いいね

      普通
    • ニッポン無責任野郎
      『ニッポン無責任野郎』鑑賞。前作の主人公である平均がどこかお茶目な感じがしたのに対して、本作の源均はサイコパスのよう。平然と他人を利用し陥れるやり口は正直引いた。単体で見ればブラックコメディとして成立したのかもしれないけど、前作の印象がそれをさせなかったのかな。
      いいね

      残念
    • ニッポン無責任時代
      『ニッポン無責任時代』鑑賞。植木等と谷啓を推すためなのか、他のメンバーの個性を控えめにまとめたのはお見事。物語の導入にも工夫があって、今後シリーズ化することも納得できる出来。平均というキャラクターの目新しさは、時代を経ても変わらない。
      いいね

      良い
    • 日本一のヤクザ男
      『日本一のヤクザ男』鑑賞。和製『シェーン』。ヤクザ者の日本一郎はチャーミングで、彼一人で物語全体の印象をコントロールしている。スター植木均の輝きを楽しむ一本。
      いいね

      良い
    • ショック集団
      『ショック集団』鑑賞。狂人のふりをして閉鎖病棟に潜入取材、とくればオチはもう見えたようなもの。それでも雰囲気の不気味さや、何が狂っているのか分からなくなってだんだん狂気に蝕まれていく主人公の目線を追体験させる展開は巧み。
      いいね

      良い
    • 王将
      『王将』鑑賞。勝の演技がたびたび流れる村田英雄と相まって、ちゃんと坂田三吉の物語に見える。意外と勝に対する拒否感はなかった。物語も阪妻版と比べても落ち着くところに落ち着けられた感じがする。掘り下げは甘く、ダイジェストという感じがしなくもないが、悪くないと思う。
      いいね

      良い
    • サウルの息子
      『サウルの息子』鑑賞。あー、たいへんだったんだね、というのが素直な感想。あまりに主観的すぎて、それ以上の感想は持てなかった。
      いいね

      残念
    • 釣りバカ日誌18/ハマちゃんスーさん瀬戸の約束
      『釣りバカ日誌18/ハマちゃんスーさん瀬戸の約束』鑑賞。序盤と終盤はとても良かった。シリーズで考えればクライマックスでもおかしくない、会長就任が物語のスタート。そして原因は加齢からの認知症。あとは水戸黄門なのは残念だけど、この序盤だけで十二分に唸らせてくれた。
      いいね

      良い
    • BUNKER バンカー/地底要塞
      『BUNKER バンカー/地底要塞』鑑賞。60年代に旧ソ連が研究していたアンドロイド軍団が――というバカっぽい響きのわりに楽しくない。ゾンビやサメの代わりに機械人なのかと思ってたのに。「資本主義者発見」は良かった。
      いいね

      残念
    • バファロー大隊
      『バファロー大隊』鑑賞。社会にはびこる人種差別を、西部時代を舞台に描いた作品。なのだが、この筋で最後に結ばれてハッピーエンドになるのが白人の美男美女というあたりに、掘り起こしきれない差別意識を見た気がする。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      xxtonchiki
      2820movies / tweets
      advertisement

      follow us