TOP >WaseiGマイページ

WaseiG

さんのマイページ
WaseiG
つぶやいた映画
3,381 本
総ツイート
3,381 件
マイページ閲覧数
9,204 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
10 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
3381 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • フリークス・シティ
    ショコラ 君がいて、僕がいる
    グースバンプス モンスターと秘密の書
    この世界の片隅に
    ソーセージ・パーティー
    アングリーバード
    ハドソン川の奇跡
  • 真田十勇士
    超高速!参勤交代 リターンズ
    四月は君の嘘
    スーサイド・スクワッド
    後妻業の女
    ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影
    君の名は。
  • ゴーストバスターズ
    シン・ゴジラ
    ロスト・バケーション
    トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
    パーフェクト・ガイ
    太陽の蓋
    ファインディング・ドリー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 野火
      『野火』鑑賞。しばらくの間、主演は仲代達矢だと思っていた。市川崑の撮り方は美しく、それゆえにどこか生々しさに欠ける。船越英二のちょっと浮世離れした演技と方向性を同じくしているので、それも狙い通りなんだろう。戦争の一面として残していく価値はあると思う。
      いいね

      普通
    • マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦
      『マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦』鑑賞。シリーズ未見。アクションは切れていると思うのだけどスローばかりで、もう少し工夫が欲しくはある。古式ゆかしいものを礼賛する感じで、この作品を快く思うようになると老害って指さされても仕方ないかしらね。
      いいね

      残念
    • 疑惑のチャンピオン
      『疑惑のチャンピオン』鑑賞。今となっては有名なランスの悪い部分をちゃんと描いている。なのだけれど消化し切れていない部分も多い。とくに終盤、復帰を決めたりドーピングを告白したりする所で、良くも悪くもそれまで描かれていた人間性とかけ離れてランスの気持ちが急に分からなくなったかな。
      いいね

      良い
    • キートンの大列車追跡
      『キートンの大列車追跡』鑑賞。そこらのアクション映画よりすごみがある。それだけにスラップスティックコメディな部分は、筋に対して少々浮いていたとは思う。北野作品もそうだけど、監督本人がフレームの外にいるときの方が画面が引き締まる。
      いいね

      良い
    • 父ありき
      『父ありき』鑑賞。修学旅行で事故により生徒を失ってしまった父は、他人の命の責任を預かる重責に、教師の職を去る。ここから離れて暮らす我が息子との関係という話になるのだが、両者のつながりは薄い。結果的に良い(かどうか現代の価値観では断じかねる)父子の話にしかなっていないように思う。
      いいね

      普通
    • 心が叫びたがってるんだ。
      『心が叫びたがってるんだ。』鑑賞。企画に全力で参加してくれる気の良過ぎるクラスメイトだったり、作者が意図しきれなかったんじゃなかろうかと思われる、不自然な部分がそこかしこに放置してある。それもあって人間ドラマには見えない。キャラクターはとても可愛らしい。
      いいね

      残念
    • 4 FOUR
      『4 FOUR』鑑賞。不倫を巡るドロドロとした欺しあいに、知らんがな……という感想しか出てこない。キャラクターに入り込めれば二転三転した驚くべき展開に思えたのだろうけど、それにはひと工夫足りなかったかなぁ。
      いいね

      残念
    • 影なき狙撃者
      『影なき狙撃者』鑑賞。中共による洗脳というセンセーショナルな話題を提供した作品。題材は面白そうなんだけど、どうにも地味だし面白みにも欠けるように感じる。黒幕についても、そのもの以上に正体への導き方がわざとらしく感じられた。正義感もちょっと鼻に付くかなぁ。
      いいね

      普通
    • ドラえもん のび太の太陽王伝説
      『ドラえもん のび太の太陽王伝説』鑑賞。そっくりさんと入れ替わり、なんてひみつ道具で珍しくもなんともない。異文化との邂逅は良いセンス・オブ・ワンダーだったと思うけれど、お子様向けだとしても展開が雑すぎてついて行けない。こき下ろすほどでないとは思うのだけど、褒める所も見当たらない。
      いいね

      残念
    • 映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち
      『映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち』鑑賞。冒頭の環境破壊のイメージやレースシーンなど、作画の出来は良い。なんだけど展開は荒く、また細かい演技の点がリアリティを大きく損なっている。お約束ギャグからの脱却を図った努力は認めるが、効果的だったとは思わない。
      いいね

      普通
    • ドラえもん のび太のワンニャン時空伝
      『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』鑑賞。第一期最終作。作画の重厚さと『ドラえもん』のバランスがよくないように感じた。絵柄への拒否反応が強くて、まともに物語を楽しめなかった。ただこの辺の印象は相対的で移ろいゆくものなので、そのうち再評価できる日も来るかも。
      いいね

      残念
    • ドラえもん のび太とふしぎ風使い
      『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』鑑賞。短編を膨らませるなら、『のびたの恐竜』のような方向を目指すべきだったんじゃないかなぁ。とってつけた感が嫌らしく感じた。絵柄は原作と適切な距離が取られていてとても好い。
      いいね

      普通
    • やま猫作戦
      『やま猫作戦』鑑賞。前作まで未見。ゲリラ戦法をとる外国の軍隊という内容から、ベトナムを連想するが、直接の関係はなさそう。変にのんきで子供向けな展開があるせいか、いちいちの挙動が雑でちょっと混乱する。前作までは岡本喜八が撮ってたそうだが、そっちはどうだったのかな。
      いいね

      残念
    • 森山中教習所
      『森山中教習所』鑑賞。ネプチューンの初期コントみたいな印象。主人公が堀内健と原田泰造だったら、もっと楽しく見られたかもしれない。超然とした演技は監督の狙い通りなのかどうかもよく分からないが、全体に臭いや熱気を感じない作品のように感じた。
      いいね

      残念
    • 映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史
      『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』鑑賞。余計な付け足しによって、軸がぶれてしまっている。客入りを見込んだ首脳陣の手は全て裏目に出てるんじゃないかしら。作画は相変わらず目を見張るもの。
      いいね

      普通
    • ドラえもん のび太とロボット王国
      『ドラえもん のび太とロボット王国』鑑賞。お約束ギャグみたいな展開が過ぎる。テーマに対するアプローチも変だし、また軸もぶれている。新山千春の演技も、ちょっと褒められない。タイムマシンのフォルムは格好良かった。
      いいね

      残念
    • ドラえもん のび太のドラビアンナイト
      『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』鑑賞。原作との細かな差異にプロの仕事を見る。世の絵本にある全ての不思議を、ぜんぶ未来道具で説明できるようにするのは、(変な意味かもしれないが)ちょっと夢がない気がする。奴隷だったりアラビアの異国情緒だったり、普段でない世界の体験は良かった。
      いいね

      普通
    • ドラえもん のび太と雲の王国
      『ドラえもん のび太と雲の王国』鑑賞。ドラえもんが壊れた描写のところだけ、のぶ代さんが声をあてずに機械音とかの方が良かったかも。折角の恐ろしい描写なのに、いまいち生かせていない。復活も唐突。1作で完結せず、それまでのアニメシリーズキャラで補完させるのは、好みが分れる。
      いいね

      残念
    • Maiko ふたたびの白鳥
      『Maiko ふたたびの白鳥』鑑賞。ファンムービー。ドキュメンタリーとしても踏み込みが甘く、彼女のどこが具体的に見るべきところなのか、よく分からない。働き方なのか、育てられ方なのか、それとも踊りそのものなのか、焦点がハッキリしない。フェミ的な香りも強く、とてもいじりにくい。
      いいね

      残念
    • 話の話
      『話の話』鑑賞。難解でアート感は強い。色んなレイヤーによって物語はコントロールされているように感じるが、そこに描かれているものがどういう意図で配置されたものかを解読するためには、自分には素養が足りなかった。ぼーっと見ているだけでも楽しいのだけど。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....