TOP >WaseiGマイページ

WaseiG

さんのマイページ
WaseiG
つぶやいた映画
3,244 本
総ツイート
3,244 件
マイページ閲覧数
8,405 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
9 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
3244 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • この世界の片隅に
    君の名は。
    ゴーストバスターズ
    シン・ゴジラ
    ロスト・バケーション
    トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
    パーフェクト・ガイ
  • 太陽の蓋
    インデペンデンス・デイ リサージェンス
    フラワーショウ!
    10 クローバーフィールド・レーン
    マネーモンスター
    デッドプール
    復活
  • マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
    スティーヴ・マックィーン その男とル・マン
    追撃者
    チリ33人 希望の軌跡
    殿、利息でござる!
    ちはやふる 下の句
    ズートピア
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ロスト・パトロール
      『ロスト・パトロール』鑑賞。二次大戦イタリア戦線に入ったブラジル人部隊の物語。画面も物語も地味で、集中して見続けるのにちょっと苦労した。どっちかだけでもなんとかならんかのう。
      いいね

      普通
    • 偉大なるマルグリット
      『偉大なるマルグリット』鑑賞。冒頭、味のある夜の女王のアリアでばっちりつかまれた。舞台とスポットライトの魔性に取り憑かれてしまう人間の哀しい姿。それはもう一つの『フレンチ・カンカン』でもある。
      いいね

      良い
    • 蜜のあわれ
      『蜜のあわれ』鑑賞。いわゆる新劇的な俳優たちの演技は、現代劇だと浮いてしまうことが珍しくないけれど、これが雰囲気作りに巧く使われている。この時代の物語は、こういう演技でないと!と思う。気障でもある台詞もしっくりくる。
      いいね

      普通
    • 13時間 ベンガジの秘密の兵士
      『13時間 ベンガジの秘密の兵士』鑑賞。ドラマ自体はとても古典的で、これでもかと死亡フラグを立ててくるのにうんざりする。それでも栄光ある勝利に繋がらない終わり方に意味を持たせられるのは、マイケル・ベイであってこそという感じがする。
      いいね

      普通
    • ゴーストバスターズ
      『ゴーストバスターズ』鑑賞。周囲から軽視される彼らの状況を作るのに、性別を女性に変更したのはとても効果的だった。捕獲ビームなどのギミックが増えたりしてるのでワクワクもした。変なラブロマンスがなくなったのも良かったが、その代わりになるような物語のエンジンが欲しかった。
      いいね

      良い
    • マネーモンスター
      『マネーモンスター』鑑賞。金融の部分は添え物に過ぎず、ありがちなサスペンスだと思う。解決方法も古典的。けれどベタなものをちゃんと作れたというのは一つの成功といっていいと思う。
      いいね

      普通
    • エール!
      『エール!』鑑賞。聴覚障害の家族と自分の夢の間で揺れる少女。それぞれの自尊心と親愛の心の描き方は見事。親父さんの選挙については、本筋からは外れるので削ったんだろうけど、フォローがあっても良かったかな。劇中やいのやいの言ってた重大事だし。
      いいね

      良い
    • 侠客列伝
      『侠客列伝』鑑賞。偉大なるマンネリズム任侠。これに耐えるのが漢ってやつなのさ。とはいえ鶴田浩二だったり若山富三郎だったり豪華な顔ぶれで、力は入っている。ただ脚本は退屈きわまりなく、精神的にゆとりのないときだと評価は辛くなりそう。
      いいね

      普通
    • チリ33人 希望の軌跡
      『チリ33人 希望の軌跡』鑑賞。ED前、救出された本人たちが仲良く卓を囲んでいる、この場面のため作品。しかし演出がなされており、彼らの絆を傍目から見出せる映像ではない。すでに世に広く知られた事件で目新しさはないが、後世に事故を残す入れ物としての価値があるかもしれない。
      いいね

      普通
    • リップヴァンウィンクルの花嫁
      『リップヴァンウィンクルの花嫁』鑑賞。岩井俊二がおじいちゃんになってしまった……というのが素直な印象。若い人に向けた物語を創るには限界に来ているんじゃないか。水槽は『FRIED DRAGON FISH』のセルフオマージュなのかもだが、避けた方が良いタイプの制作者じゃないかなぁ。
      いいね

      普通
    • 肉体の門
      『肉体の門』鑑賞。戦争の傷跡の生々しさを再現する、五社英雄らしい豪奢な作り。そこを生きるたくましさを美しく思うことに、自分が戦争から遠く離れたところに来てしまったのだと言うことを再確認させられる。笠原脚本との相性もとても良い。
      いいね

      良い
    • マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
      『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』鑑賞。隣の芝の青さを延々見せられる、いわゆるそっち系TVショウのような作品。一つ一つのテーマが重く、それぞれにもっと掘り下げが必要。アメリカに限れば有益な作品なんだろうか。「あなたが出馬しては?」と言われて終わり、みたいな印象。
      いいね

      残念
    • 不良番長 練鑑ブルース
      『不良番長 練鑑ブルース』鑑賞。スター梅宮辰夫を存分に味わえる作品。タイトルにもある放送禁止歌も楽しめるし、やくざながら爽やかさを残す菅原文太もいい。ただ内容は子供向け特撮番組の対象年齢を少し上げたもの。ピカレスクものではあるものの、深みとかは一切ない。
      いいね

      残念
    • オール・ザ・キングスメン
      『オール・ザ・キングスメン』鑑賞。編集が分かりづらくもあったので、120分にして、整理のためのカットをもっと入れた方が良かったと思う。政治劇とするには扱う内容が薄い。モデルとなったヒューイ・ロングについて、こちらがもう少し理解していれば話は違ったのかなぁ。
      いいね

      普通
    • ちはやふる 下の句
      『ちはやふる 下の句』鑑賞。上の句の強烈な出来の良さから、一転して普通の邦画。なぁなぁのまま進む都合の良い展開は、同じ作品とは思えない。続編ありきにせよ、もう少しきっちりまとめて欲しい。背景の人間がわらわら動くのと、若宮詩暢の強烈ないけず感は良かった。上白石萌音の使い方も巧い。
      いいね

      普通
    • 陽炎座
      『陽炎座』鑑賞。アングラ演劇臭はやや薄れ、前作よりもやや追いやすい内容になっている。優作の色気は、他の女優たちをしのぐほどだが、ちょっとおとなしい印象を持ったな。
      いいね

      普通
    • インデペンデンス・デイ リサージェンス
      『インデペンデンス・デイ リサージェンス』鑑賞。こんなトリガーハッピーな連中が、銀幕の外では世界の警察を自称しているのかと開いた口がふさがらないw とはいえそれも想定内なので、一言でいって愛を感じない作品だったかな。
      いいね

      残念
    • ちはやふる 上の句
      『ちはやふる 上の句』鑑賞。マンガ版追い続けている。この映画版は極めて良く出来ていると思う。改変点はどれも素晴らしいし、競技の迫力も素晴らしいと思う。実写映画でないと出せない強みがたくさん詰め込まれている。前編だけでも十二分に物語はまとまっていると思うほど。
      いいね

      良い
    • ツィゴイネルワイゼン
      『ツィゴイネルワイゼン』鑑賞。前衛的なエネルギーにあふれた作品。エロチシズムとインパクト。実にゲージュツ的。軽い気持ちで見られる作品ではないと感じた。
      いいね

      普通
    • レヴェナント 蘇えりし者
      『レヴェナント 蘇えりし者』鑑賞。壮絶な物語なんだけど、ゲームだけどSkyrimだとああいう世界を自分で探索できるわけで、もっと映画としての強みを追求しても良かったかな。場面がら登場人物たちも似たような格好になるわけだが、パッと見た分かりやすさとリアリティのせめぎ合いを感じる。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      tweet_eiga
      1342movies / tweets
      advertisement

      follow us