TOP >Wordrocksマイページ

Wordrocks

さんのマイページ
Wordrocks
つぶやいた映画
366 本
総ツイート
468 件
マイページ閲覧数
916 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

Wordrocksさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
366 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ムーンライト
    わたしは、ダニエル・ブレイク
    おとなの事情
    哭声 コクソン
    汚れたミルク あるセールスマンの告発
    ラビング 愛という名前のふたり
    ラ・ラ・ランド
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
    ナイスガイズ!
    サバイバルファミリー
    たかが世界の終わり
    王様のためのホログラム
    エリザのために
    マグニフィセント・セブン
  • マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
    ブラインド・マッサージ
    トッド・ソロンズの子犬物語
    The NET 網に囚われた男
    アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
    14の夜
    アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • おとなの事情
      「おとなの事情」鑑賞(昨日)。月食の夜に食事会に参加した男女。スマホを使ったゲームによって各自の秘密が露見していく。ワンシチュエーションの会話劇で、イタリア映画らしい笑いに満ちているが、ホラー的な怖さもある作品。二転三転する秘密の暴露に最後まで目が離せず。最後のオチにもビックリ。
      いいね
    • ラビング 愛という名前のふたり
      「ラビング 愛という名前のふたり」 - 映画貧乏日記 https://t.co/LrEUYGZFNK
      いいね
    • わたしは、ダニエル・ブレイク
      「わたしは、ダニエル・ブレイク」鑑賞。病に倒れ理不尽な社会システムに追い詰められる大工職人と、貧困にあえぐシングルマザーの過酷な現実を、ユーモアと情感を交えつつ描く。弱者を平気で切り捨てる現代社会への疑問が力強く綴られた映画で、名匠ケン・ローチ監督の熱い思いが伝わってきました。
      いいね
    • 汚れたミルク あるセールスマンの告発
      はてなブログに投稿しました 「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」 - 映画貧乏日記 https://t.co/k08hanaYtF #はてなブログ
      いいね
    • ラビング 愛という名前のふたり
      「ラビング 愛という名前のふたり」鑑賞(昨日)。異人種間結婚が禁止されていた時代に、自らの愛を貫き通すべく闘ったカップルのドラマ。社会派の法廷ドラマになりそうな素材を、一組の夫婦の愛の物語として描く視点が印象的。ジョエル・エドガートンとルース・ネッガの演技も素晴らしく観応え十分。
      いいね
    • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
      はてなブログに投稿しました 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 - 映画貧乏日記 https://t.co/qZ40o8Xbbc #はてなブログ
      いいね
    • 汚れたミルク あるセールスマンの告発
      「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」鑑賞。自らが売る粉ミルクが子供の命を奪っていることを知り、グローバル企業を告発した営業マンの運命を描く。実話ベースの正統派社会派ドラマだが、全体を映画製作の過程として描くアイデアが秀逸。現在進行形の社会問題に斬りこむ作り手の心意気に拍手。
      いいね
    • 哭声 コクソン
      「哭声/コクソン」 - 映画貧乏日記 https://t.co/7myfl0ByEE
      いいね
    • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
      「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」鑑賞。妻を失った男が再生するまでのドラマ。妻の死をきっかけに主人公が破壊行為に出る設定がユニーク。その一方でシングルマザーとその息子との交流を丹念に描写して、ラストの無理ない感動に導く。感情移入は難しいが、あと味はなかなかのものです。
      いいね
    • 哭声 コクソン
      同じく力技といえば、「哭声/コクソン」のナ・ホンジンも相当なもの。エグいシーンやオカルトチックなシーン、飛躍した展開などがあっても、独特の映像を中心に力技で観客を誘い込んでしまう。こちらもスゴイ。
      いいね
    • ラ・ラ・ランド
      「ラ・ラ・ランド」の白眉は、ラストの「あり得たかもしれない過去」の描写と最後の2人の表情。そこにすべてを帰結させ、観客を感動させるデイミアン・チャゼルの力技は、やっぱいスゴイとしかいいようがない。
      いいね
    • 哭声 コクソン
      「哭声/コクソン」鑑賞。韓国の山奥の村を舞台に、謎の日本人男性の出現と連続猟奇殺人事件を描く。オカルト的な要素が色濃いサスペンススリラー。独特の映像と音響、國村隼をはじめとする役者たちの怪演で、とびっきり怖くて、スリリングな映画に。迫力満点で2時間36分があっという間でした。
      いいね
    • ラ・ラ・ランド
      はてなブログに投稿しました 「ラ・ラ・ランド」 - 映画貧乏日記 https://t.co/1AKDdwUrZR #はてなブログ
      いいね
    • ラ・ラ・ランド
      「ラ・ラ・ランド」鑑賞(昨日)。女優を夢見る女と自分の店を持ちたいピアニストの男のラブストーリー。新旧ミュージカルのエッセンスを詰め込み、あの手この手で観客を楽しませる。後半のシリアスな芝居も観応え十分。もう一つの人生を描き余韻を残すラストも印象的。デイミアン・チャゼル恐るべし!
      いいね
    • ムーンライト
      「ラ・ラ・ランド」も「ムーンライト」も優れた映画なのだろうが、より現実と向き合っているのは後者の方。それが作品賞を受賞した理由なのではないか。それほどトランプ大統領誕生後のアメリカは大変なわけだ。それじゃ日本はどうなんだ? 相変わらずの安倍首相の態度を見て考え込むワタシ。
      いいね
    • ナイスガイズ!
      「ナイスガイズ!」 - 映画貧乏日記 https://t.co/nwqJQKLcjt
      いいね
    • ナイスガイズ!
      「ナイスガイズ!」鑑賞。ラッセル・クロウの示談屋とライアン・ゴズリングの探偵によるバディ・ムービー。77年のロスを舞台にしたドラマを、70年代風の映画で描いたところが秀逸。アクションも含めてアナログな魅力満載。凸凹コンビ+1(探偵の娘)がいい味出してます。これぞ痛快エンタメ映画!
      いいね
    • 王様のためのホログラム
      「王様のためのホログラム」鑑賞。トム・ハンクス主演。エリート人生から転落した男が、サウジアラビアの国王に最先端の映像装置を売り込む。全編が軽妙な笑いで彩られた再起物語。同時に異文化に戸惑っていた主人公が、次第にそれを受け入れて共生するドラマでもある。予想以上に楽しめる映画でした。
      いいね
    • サバイバルファミリー
      はてなブログに投稿しました 「サバイバルファミリー」 - 映画貧乏日記 https://t.co/0Q4OSSqxKx #はてなブログ
      いいね
    • サバイバルファミリー
      「サバイバルファミリー」鑑賞。原因不明の電気消滅によって混乱する東京を脱出して鹿児島を目指す一家を、コミカルに描くロードムービー。震災後を想起させる設定。家族の成長と再生のドラマだが、同時に電気に頼って便利さばかり追求する現代生活への問題提起も感じさせます。矢口史靖監督の新境地。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      frodopyon
      1570movies / tweets
      advertisement

      follow us