TOP >amamikfully2003マイページ

amamikfully2003

さんのマイページ
amamikfully2003
つぶやいた映画
238 本
総ツイート
642 件
マイページ閲覧数
5,604 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
3 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
238 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 夜明けの祈り
    ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
    ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
    彼女の人生は間違いじゃない
    ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
    あの日、侍がいたグラウンド
    ありがとう、トニ・エルドマン
  • ハクソー・リッジ
    怪物はささやく
    20センチュリー・ウーマン
    ローマ法王になる日まで
    美しい星
    あの日、兄貴が灯した光
    トンネル 闇に鎖された男
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー
    僕とカミンスキーの旅
    スウィート17モンスター
    人生タクシー
    ムーンライト
    SING シング
    哭声 コクソン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
      『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』下心を隠しもせず野心をエネルギーに突き進む主人公レイ・クロックをマイケル・キートンが好演。彼に振り回されるマクドナルド兄弟を演じた二人も良かった。クロック物語より、マクドナルド兄弟の語る本当の始まりの物語が一番ワクワクした場面だった。
      いいね
      評価
      なし
    • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
      『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』KBCシネマ。マクドナルド創業者レイ・クロックがいかにして「マクドナルド」を世界に広めたか、実話をもとに描く。画期的なシステム以上にクロックが手に入れたかったものとは。その答えに思わず唸る。兄弟は気の毒だが・・・面白い物語ではあった
      いいね

      良い
    • 夜明けの祈り
      『夜明けの祈り』フォロワーさんが絶賛されてたので見に行ったんだけど、とても良かった。 福岡ではKBCシネマで上映中です・・ https://t.co/tmusMDx92L
      いいね
    • 夜明けの祈り
      『夜明けの祈り』道を過ってしまった院長の姿が痛々しい。彼女は外部の者を拒んだが、その閉鎖性が悲劇を生む。ラストに描かれる開かれた修道院との対比が印象的。年齢や境遇の違う修道女たちは皆個性的で、中でも最後の最後に存在感を見せた老齢の修道女の姿に胸打たれた。
      いいね
      評価
      なし
    • 夜明けの祈り
      『夜明けの祈り』KBCシネマ。1945年・雪に覆われたポーランドのとある修道院、傷ついた修道女たちを救うため尽力したフランス人女医の、実話を基にした物語。神か、命か。修道女と医師、信じるものが異なる両者がぶつかりながらも共に答えを見つけ出していく。恐怖と戦い続けた女性達の姿に涙。
      いいね

      良い
    • ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
      『ザ・マミー』見たよ!見てきたよ!評判悪いし、全然期待してなかったし、この手の作品は普段見ないから何も求めてなかったし、ほろ酔い気分だったしで、思ってたよりは楽しめた! アマネット綺麗だった。セパテイセパテイ
      いいね
    • 彼女の人生は間違いじゃない
      『彼女の人生は間違いじゃない』デリヘル店の兄ちゃん(高良健吾)の「特別じゃない」という言葉は、震災後「特別」になってしまった主人公に響いたんじゃないかなあ。だから彼女は東京に通い続けたんじゃないかなあ。何者でもない人になれる場所に。 ・・って思った。
      いいね
    • 彼女の人生は間違いじゃない
      『彼女の人生は間違いじゃない』玄関から入らない、車、パチンコ、めんどうな人間関係などの田舎あるある・・。特に、震災によって能力以上の働きを求められることになってしまった役人が印象的で、演じた柄本時生が良かった。主人公の瀧内公美、父親役の光石研、そして柄本時生が作品を支えていたかな
      いいね
      評価
      なし
    • 彼女の人生は間違いじゃない
      『彼女の人生は間違いじゃない』KBCシネマ。舞台は震災後の福島。主人公は平日役所で働き、週末は東京でデリヘル嬢という女性。ではあるが、特別な物語かというとそうではなく・・。地方の物語として見てしまった。いつか見た景色と空気がそこにあった。空は広く、夕焼けがきれいなんだ。
      いいね

      良い
    • ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
      『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』KBCシネマ。異端児ダンサー、セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー。バレエの知識は全くなく、予告に惹かれて観賞。作品自体は正直良いとは思わなかったが、ポルーニンの魅力に最後までスクリーンに釘付け。人はあんなに美しく跳べるのか
      いいね

      良い
    • ハクソー・リッジ
      『ハクソー・リッジ』主人公は博愛主義者というわけではなく、アメリカの田舎で生まれ育った、ちょっと変わってるけど普通の若者で。中盤までは狂気じみたものも感じたけど(前半の恋人との馴れ初めシーンでの笑顔とか笑)、あの崖から降りてきた時にやっぱり彼も人なんだと、少しホッとした
      いいね
    • ハクソー・リッジ
      今夜は『ハクソー・リッジ』の余韻に浸ろ…
      いいね
    • ハクソー・リッジ
      『ハクソー・リッジ』UCキャナル。‪「銃を持たない」信念を貫き、戦場で75人の兵士を救った衛生兵の姿を描く。ハクソーリッジで主人公が何かに取り憑かれたように戦場へ戻るのは、銃を持って闘えないことの罪滅ぼしのようにも見えたり。。崖から降りて震える姿が一番印象的だった。
      いいね

      良い
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      今日は『ありがとう、トニ・エルドマン』を見た。良かった。今年の個人的ベスト10に入るかもしれないかもしれない。独特の間が良かった。特に会話のないシーンが。ヒロインを演じた女優さんが素晴らしくて、彼女あっての作品な気もする。 父娘、ドイツとルーマニア、持てる者と持たざる者の話。
      いいね
    • あの日、侍がいたグラウンド
      『あの日、侍がいたグラウンド』主役は選手、ではあるけれど、首脳陣と選手との関係性ももう少し見たかった。あと、音楽とナレーションが安っぽくて、テレビ番組をスクリーンで上映しただけになってたのがちょっと残念だった。そこは仕方ないのかなー。お客さんは若い女性が多くてびっくり!
      いいね
      評価
      なし
    • あの日、侍がいたグラウンド
      『あの日、侍がいたグラウンド』菅野くんの練習を熱心に見つめる岡田くん、宮西さん&増井さんの日ハム継投リレー、アメリカの青空の下で青木さんを囲んでのバッティング談義…がお気に入りの場面。菊池くんとマッチ、同じムードメーカーでもタイプ、役割が異なるんだなあと新しい発見もあり。。
      いいね
      評価
      なし
    • あの日、侍がいたグラウンド
      『あの日、侍がいたグラウンド』Tジョイ博多。今年3月に開催されたWBCでの日本代表に密着したドキュメンタリー。大会前のキャンプから準決勝敗退までを追う。普段は見ることのできない選手達の表情を見られただけでも良かったかな。特に試合中のベンチ裏での様子はとても興味深かった。
      いいね

      普通
    • 20センチュリー・ウーマン
      『20センチュリー・ウーマン』見てきた。とてもとてもパーソナルな部分に迫ってきた、この感動というか感触は久しぶり。。 3人の女性達の中でも特にアネット・ベニングの、ドロシアの人生そのものといった皺ひとつひとつ、豊かな表情がまだ脳裏に焼き付いてる。
      いいね
    • ローマ法王になる日まで
      『ローマ法王になる日まで』宗教映画というより、アルゼンチンの負の歴史と教皇や周囲の人々の姿が強く印象に残った。音楽はアルゼンチンタンゴが流れ、ドラマチックに物語を盛り上げる。軍部の弾圧が激しくなるにつれ緊張感が増す展開はサスペンスのよう。教会の上層部や政治家との交渉も興味深かった
      いいね

      良い
    • ローマ法王になる日まで
      『ローマ法王になる日まで』UCキャナル。現ローマ教皇の半生、どんな聖人伝だろうと軽い気持ちで見に行ったら…。物語の中心はアルゼンチン軍事政権時代。独裁による数々の残虐行為も描かれ、言葉を失う。祈りだけでは救えない世界、でも「深い苦しみの中で知識は無力」。祈りでしか救えないものも
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....