TOP >aoyadokariマイページ

aoyadokari

さんのマイページ
aoyadokari
つぶやいた映画
700 本
総ツイート
1,313 件
マイページ閲覧数
5,422 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
5 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
700 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ラッカは静かに虐殺されている
    女は二度決断する
    ラブレス
    ダンガル きっと、つよくなる
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    フェリーニに恋して
    ラッキー
  • ニッポン国VS泉南石綿村
    しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    ナチュラルウーマン
    ザ・シークレットマン
    かぞくへ
  • The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
    長江 愛の詩
    リバーズ・エッジ
    ロープ 戦場の生命線
    霊的ボリシェヴィキ
    ゆれる人魚
    ローズの秘密の頁
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 喜劇 女は度胸
      『喜劇 女は度胸』ヒロインは倍賞美津子なんだろうけど、実際は清川虹子なんだよな。ヒロインとは言えないがタイトルを言い当てているのは母親の存在感だった。戦時から高度成長期時代に生きた耐える母親。それと現代的(1969年)な女性の生き方。倍賞美津子は勝ち気なタイプだけれども。
      いいね

      良い
    • 喜劇 女は度胸
      『喜劇 女は度胸』1969年制作で『男はつらいよ』と兄弟的作品か。監督も森崎東監督で原作が山田洋次だった。渥美清は今だったセクハラ「寅さん」っていう感じのダンプの運転手。川原崎健三の弟は気弱な対照的な兄弟。弟の恋人が倍賞美津子だった。弟の恋人をコールガールと間違えてしまう話。
      いいね

      良い
    • 人魚姫
      『人魚姫』こっちは期待して観に行ったんだけどいまいちだった。『少林サッカー』の監督ということアクションとか見飽きてしまっているんでただ派手さはあるけど。物語も人魚対人間で面白いと思ったのだけれど結末はなんか平凡だよな。アクション・ファンタジーで、それ以上でも以下でもない映画。
      いいね

      普通
    • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
      『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』サリー・ホーキンスの演技とイーサン・ホークの演技のバランスがいいのかな。ほのぼのとした映画に仕立てている。
      いいね

      良い
    • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
      『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』それほど期待してなかったけど面白かった。障害を持ったモード・ルイスが家政婦を探している魚商の男の家に転がり込む。最初は役立たずだったモードだが絵の才能を見出され、やがて絵を売るまでになっていく。外れ者同士のラブストーリーは絵の中に。
      いいね

      良い
    • 拝啓天皇陛下様
      『拝啓天皇陛下様』南京でした徴用(盗み)や慰安婦のこともそれとなしに描かれている。敗戦になって戦友の作家の家にお世話になったのでどっかから鶏を徴用していくる。軍隊では盗みは日常だったわけだった。華厳の滝の自殺者の引き上げの仕事とか「ドボン、ドボン」だったら心中とか。流行りだった?
      いいね

      良い
    • 拝啓天皇陛下様
      『拝啓天皇陛下様』藤山寛美の初年兵に書き言葉を教えてもらい、そして天皇陛下に手紙を書こうとするが、不敬罪になると長門裕之に止められる。軍隊は居心地良いので戦争が終わっても兵隊のままにしてくれと。ぼんくらというか図太い神経しているから軍隊生活も苦にならない。刑務所体験があるから。
      いいね

      良い
    • 拝啓天皇陛下様
      『拝啓天皇陛下様』寅さんじゃない渥美清演じる山田正助は見事に山正だった。こういう役は渥美清しか出来ないかもね。長門裕之演じる作家である型破りの戦友の物語。純粋に天皇陛下を崇拝するが映画は喜劇なので諧謔も。天皇というより戦争や軍隊に対して。脇役も藤山寛美や桂小金治と充実している。
      いいね

      良い
    • 女は二度決断する
      『女は二度決断する』テロで夫と息子を殺された女性の復讐の物語。ギリシア悲劇なんだろうな。それにしてはカタルシスがないのは、ラストの終わり方がヒロインに置き去りにされてしまう解決の仕方だからだろうか?不条理劇とも違うし、最後はヒロインにしてみれば納得いく死に方なのかもしれない。
      いいね

      良い
    • ザ・シークレットマン
      『ザ・シークレットマン』ニクソンが送ってきたFBI長官代理との駆け引きや緊張感ある展開(マスコミリークとか)。その中でやっぱ家族の物語もでてくるんだけど、結末も重い。密告者を「ディープ・スロート」というあだ名で呼ぶのだがそこだけは笑ってしまった。誰も笑ってなかったけど。
      いいね

      良い
    • ザ・シークレットマン
      『ザ・シークレットマン』これは傑作。『ペンタゴン・ペーパーズ』のように甘くないし、フーバー亡き後のFBI副長官が「大統領の陰謀」と闘うという映画。ウォーターゲート事件の内幕ものだけれども今現実にトランプ政権がFBIがとの駆け引きとかあるわけだから過去の物語でもないんだよな。
      いいね

      良い
    • ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
      『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』やっぱゴーギャンはゴッホに較べると退屈だった。タヒチに行って現地妻のモデルに惹かれて、現地の男に浮気されて、タヒチの貧乏暮らしもらくじゃないなとフランスに帰るのだった。それでもまた懲りずにタヒチに来るんだけど。ドラマもあまり盛り上がらない。
      いいね

      普通
    • ダンガル きっと、つよくなる
      『ダンガル きっと、つよくなる』妹とも対戦してもらいかったけど、妹はパート2ができそうな感じでもあるな。インドの虐げられている女子の為に戦いなさいという父のメッセージ。日本ではなんでこういう映画が出来ないのかな?伊調姉妹もいるのに。いろいろレスリング界も問題があるからか?
      いいね

      良い
    • ダンガル きっと、つよくなる
      『ダンガル きっと、つよくなる』『巨人の星』のボリウッド版女子レスリング映画。格闘技映画は好きだから面白かった。レスリングの根性物語というより父娘の金メダルの夢の話。父と娘が対立するシーンが面白い。旧スタイルの父のレスリングとオリンピック強化のレスリング。そこで父を倒すんだけど。
      いいね

      良い
    • アンダルシアの犬
      『アンダルシアの犬』これはシュルレアリスム映画の傑作だよね。眼球を切るシーンとか手の平の穴から蟻がぞろぞろ出てくるシーンとか。映像の驚異。1928年で20分もない短編だけどその映像だけで二時間は回想出来る。1960年に音楽(スペイン風)を付けてますます映像とのジャムセッション!
      いいね

      良い
    • 砂漠のシモン
      『砂漠のシモン』神話的な物語の「砂漠のシモン」の数々の奇蹟。映画ならではの切られた手が戻ったり若い女が誘惑するが悪魔の老婆だったり。それほど長い話ではないので退屈はしないけど。ラストは現代のシモンがディスコ(ゴーゴーダンス)に紛れ込んで現代を憂う。面白い。
      いいね

      良い
    • モレク神
      『モレク神』「モレク神」というの子供を人心供養するヨーロッパの神だけど、それはゲッペルスの子供たちなんだろうなと思っていたけどそのシーンは無かった。エバとヒトラーの戯れがなんだかねという感じで、なんかもっと悲劇的なことになりそうだけどその手前という感じで終わっている。
      いいね

      良い
    • モレク神
      『モレク神』実際にヒトラーと愛人エバのフィルムは観たことあるけど実物のエバの方が魅力的だな。最初体操選手みたいなレオタードでとんぼ返りみたいなことをするんだけど身軽な感じ。そこにヒトラーと取り巻きがやってきて、ニュース映像を観たり、戯れたり。ドイツは末期的だけどそこだけは平和だ。
      いいね

      良い
    • 肉体の門
      『肉体の門』鈴木清順監督の『肉体の門』とはストーリーが違う。「パラダイス」という言葉がの意味が違う。清順版はアナーキズム(無政府状態)で廃墟のビルがそのまま女達の「パラダイス」だった。五社版は欲望の資本主義で廃墟のビルをダンスホールにしようとする未来が「パラダイス」だった。
      いいね

      良い
    • 花咲くころ
      『花咲くころ』ヒロインの妹も姉も姉妹揃ってサラエボ国際映画祭女優賞っていうのは頷ける。すごい痛々しいけどめげずに花を咲かせようとしている。厳しい環境であればあるほど美しく。銃を持って男どもと対等に生きていかねなければならないのか、ラストは納得する。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....