TOP >atsucurryマイページ

atsucurry

さんのマイページ
atsucurry
つぶやいた映画
97 本
総ツイート
151 件
マイページ閲覧数
668 view
ウォッチしている
7 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
97 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • パーティで女の子に話しかけるには
    南瓜とマヨネーズ
    ノクターナル・アニマルズ
    リュミエール!
    彼女がその名を知らない鳥たち
    ゲット・アウト
    THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ
  • あゝ、荒野 後篇
    月と雷
    あゝ、荒野 前篇
    エタニティ 永遠の花たちへ
    ドリーム
    スイス・アーミー・マン
    50年後のボクたちは
  • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
    三度目の殺人
    散歩する侵略者
    禅と骨
    エル ELLE
    ベイビー・ドライバー
    少女ファニーと運命の旅
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • スモーク
      『スモーク』デジタルリマスター版鑑賞 @横浜ニューテアトル。ちょうど読んでいる新書『人はなぜ物語を求めるのか』が重なるような気がした。ただ人生があってただ嘘があってそれだけ。好きなタイプの作品。95年に観ても理解できなかっただろう。
      いいね

      良い
    • パーティで女の子に話しかけるには
      『パーティで女の子に話しかけるには』最高に好み。古着ぽさとSFの素晴らしいマッチング。下水から育つトマトは愛の果実。宇宙人は未来の人類なのか。エンの友人達も新しい自分になっているのがまた良い。じわりじわりと感想がわき出る作品。
      いいね

      良い
    • ノクターナル・アニマルズ
      『ノクターナル・アニマルズ』ストーリーは好きじゃなかったけど、映像としては美しかった。ジェイクギレンホールが目当てで行ったので、現実世界の強くなった彼を見たかった。エンドロールであんなにブランド名が並んでいるのは初めて見たかも。
      いいね

      普通
    • 南瓜とマヨネーズ
      『南瓜とマヨネーズ』臼田あさ美は魚喃キリコの絵にぴったり。だらしなくて変に律儀でダメな男と女と男。痛々しく愛おしい人たち。ロケーション完璧でエンドロールのさっぱり感がかえって余韻を残した。
      いいね

      良い
    • あゝ、荒野 後篇
      『あゝ、荒野 後篇』憎むことは愛すること、死ぬまで生きること…ぶつかり合う気迫に溢れていた。若手からベテランまでいい役者さん揃いで見応えあった。311がこうやって映画の中にも大前提として入ってくることに時が戻らない悲しみを感じた。
      いいね

      良い
    • あゝ、荒野 前篇
      『あゝ、荒野 前篇』爆発音の中ラーメンを貪るOP良かった。自分が何を倒したいのか明確なシンジに対し、バリカンはどう変わっていくのか楽しみだった。自殺研究会部分は作り物感がありすぎて白けた。
      いいね

      良い
    • 月と雷
      『月と雷』予告編では地味かと思った予想を裏切られ、とても良い作品。原作角田光代はどうしようもない女を描くと天下一!根無し草の草刈民代が最高。情感がじっとり残って、父親役と恋人役もスッキリしない男で、それがよかった。
      いいね

      良い
    • 7つの贈り物
      『7つの贈り物』2017年10月、テレビで。贖罪のための贈り物。氷をはったバスタブにクラゲと沈むシーンが良かった。
      いいね

      普通
    • リュミエール!
      →彼らが先頭を走り冒険して深めてくれた芸術のおかげで、今のわたしはつらいときにはおバカな映画をみて助けられたり、世界の理不尽さや愛情の形を映画から体験できたりしている。上映終了後は拍手したかった。『リュミエール!』
      いいね

      良い
    • リュミエール!
      『リュミエール!』映画の父、リュミエール兄弟作品。1895年のものから。解説のおかげで構図の素晴らしさやユーモラスな点、どんな演出なのかを理解しながら観られる。映画の日にふさわしい作品。
      いいね

      良い
    • 彼女がその名を知らない鳥たち
      『彼女がその名を知らない鳥たち』9割ゲスくて「無いわー」と思いながら見てると最後の1割に「…愛だったのか」と思わされる。面白かった。細かいツッコミは本格ミステリでは無いので省こう。蒼井優と阿部サダヲ名コンビ。
      いいね

      良い
    • プルーフ・オブ・マイ・ライフ
      『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』脚本の芯は好み。空港から走って恋人の元へ走るのはベタすぎて嫌い。全体的にヒステリックで疲れた。天才だった父の数学的証明が"恍惚の人"のものになっていたのは悲しくて美しかった。
      いいね

      良い
    • THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ
      『THE LIMIT OF SLEEPING … 』古畑新之が印象に残った。顔を塗りつぶしているのに存在感が強い。満島真之介はずるい。役どころにハマったら完全に輝く。ハマらせるためにキャスティングされる訳で輝くことは約束されている
      いいね

      普通
    • THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ
      『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY 』映画館は高橋一生ファンが多くて鑑賞後に館内のポスター等を一生懸命撮影していた。R15でヌードも出てくるけど先に書いたようにMV感が強いのでおしゃれヌード。
      いいね

      普通
    • THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ
      『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』MVみたいな映像と音楽でビジュアル系作品。テーマは割と古典だけど感情露わにすればもっと人の顔は汚いでしょ?と残念な部分も。
      いいね

      普通
    • 南瓜とマヨネーズ
      「南瓜とマヨネーズ」の2人だ。公開楽しみにしてる。 https://t.co/aSCkSESx4U
      いいね
    • 台湾萬歳
      『台湾萬歳』観光地しか知らない台湾の台東、地元の人や原住民族に密着した日々が観られた。海の人、山の人。漁や猟。映画でこそ観られる人々の暮らしや声に、いやぁ映画って本当に良いですねぇと何度も心の中で呟いた。
      いいね

      良い
    • 50年後のボクたちは
      『50年後のボクたちは』モンゴル系ぽく見える不思議ワル少年と線の細い主人公が盗んだ車で走り出す。居心地が悪ければその外へ飛び出していけばいいんだ。少年たちの友情は暑苦しくなく、爽快。また素晴らしい映画が観れて最高。
      いいね

      良い
    • ドリーム
      『ドリーム』とにかく心の中が熱くなる映画だった。どの分野でも、熱く賢く、悔しい思いをしても知性で切り拓く人たちがいる。支える人たちも。俳優を引き立てる衣装や車の色も印象に残った。もう一度、大きなスクリーンで観たい。
      いいね

      良い
    • ベイビー・ドライバー
      機内で『ベイビー・ドライバー』。前評判通り、良い。シナリオはシンプルなんだけど、動きに合った音楽がミュージカルとはまた違う魅力。ギャングカップルがクリスペプラーと綺麗にした平野ノラに見えてしまって集中できなかったのは自分のせい。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....