TOP >bamuse47マイページ

bamuse47

さんのマイページ
bamuse47
つぶやいた映画
165 本
総ツイート
169 件
マイページ閲覧数
1,691 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

bamuse47さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
165 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • グッド・タイム
    ブレードランナー 2049
    セブン・シスターズ
    アトミック・ブロンド
    オペレーション・クロマイト
    新感染 ファイナル・エクスプレス
    パターソン
  • エル ELLE
    ワンダーウーマン
    ベイビー・ドライバー
    LUCK-KEY ラッキー
    ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
    海底47m
    ワン・デイ 悲しみが消えるまで
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
    犯人は生首に訊け
    ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女
    ありがとう、トニ・エルドマン
    ハクソー・リッジ
    光をくれた人
    皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アトミック・ブロンド
      『アトミック・ブロンド』セロン姐さんが魅せる。アクションのてんこ盛り。テンポが良過ぎて、物語を見失うこともあったが、血まみれで闘い続ける姿に涙。攻め方が逆というか無防すぎるがそれもよし。80年代songに酔いしれた。
      いいね

      良い
    • セブン・シスターズ
      『セブン・シスターズ』ダークヒロインにバトルとエロが散りばめられた、キッシュで怖い映画。ツッコミどころ満載だが、デフォーがいると妙なリアリティが生まれるから不思議だ。ノオミラパスってクールで最高ですね。
      いいね

      良い
    • ブレードランナー 2049
      『ブレードランナー 2049』2001年とherとタルコフスキーの要素がプラスされたSF映画の最高峰。物語に痺れた。そして蘇る十代に体験した、あの眠くなった衝撃!可能であればヴァンゲリスの曲が聞きたかった、、
      いいね

      良い
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      『ありがとう、トニ・エルドマン』娘を持つ親、出世を目指すサラリーマンなら、ジャストフィットでソウルフルな映画で泣ける。しっかし、のし上がりの為の人間模様は圧巻。自分を解き放つ手段とは。。彼女もいいけど、アシスタントもいい。
      いいね

      良い
    • グッド・タイム
      『グッド・タイム』ドキュメンタリータッチの荒い画面だが、ときにスリルに、ときにユーモアを交えて自分勝手な話が進む。苦労は分かるが感情移入できない話であった。バチが当たるのはしょうがない。
      いいね

      良い
    • パターソン
      『パターソン』ジャームッシュは上手になったんだと思う。スマートな画に、ユーモラスな演出がハマり、透明感のある物語がゆっくりと進行する。いい意味で、久々眠気に誘われたのは、いい映画の証拠である。
      いいね

      良い
    • オペレーション・クロマイト
      『オペレーション・クロマイト』観客二人であった。しかし、物語は泣けるし、パンチ力がある。日本映画にも、大人が観る戦争映画やアクション映画があってほしい。リーアムニーソンもいい。
      いいね

      良い
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      『マンチェスター・バイ・ザ・シー』やり直しのきかない人生に、荒涼とした海とカモメの鳴き声と田舎特有の人間関係が覆い被さる無言の圧力の重さたるや。兄の死が引き金となり、主人公の再生に向かう物語が動きだす。一歩づつ踏み出せばいい。
      いいね

      良い
    • 新感染 ファイナル・エクスプレス
      『新感染 ファイナル・エクスプレス』泣けるゾンビ映画。親子の物語を基軸に、人間の本質を炙りどした、ロメロの流れをくむオーセンティックゾンビ映画!素晴らしい!悔しいけどアイムヒーローの上行ってる。
      いいね

      良い
    • ハクソー・リッジ
      『ハクソー・リッジ』スパイダーマンが駆け回るノンフィクション映画。反戦のメッセージがストレートに飛んでくる。何故殺しあいしか出来なかったのか。陣取り合戦の虚しさが胸を打つ?
      いいね

      良い
    • ベイビー・ドライバー
      『ベイビー・ドライバー』ロックな映画で泣ける。疾走感溢れる話は、ローリングストーンの如く。音楽に育てられたベイビーの道徳観、倫理観の素晴らしさよ。現代版ボニー&クライドみたいであった。
      いいね

      良い
    • LUCK-KEY ラッキー
      『LUCK-KEY ラッキー』ステキな映画であった。ユヘジンの顔がマンガみたいでサイコーで、キャラも圧倒的であった。物語の緩さは目をつぶるとして、若い男だけは、濡れ手に粟のラッキー感は如何なものかと思う。
      いいね

      良い
    • エル ELLE
      『エル ELLE』バーホーベン節炸裂!人間の本性見たり!色と欲という本能に毅然とした姿勢で立ち振舞うイザベルユペールはお見事であった。神に依存し過ぎる人間の残酷さよ。今年のベスト級ですね。
      いいね

      良い
    • ワンダーウーマン
      『ワンダーウーマン』カッコいい映画であった。純粋で一本気なダイアナの行動と発言、そしてアクションを堪能出来ました。ガルガドットは抜群ですね。これからも平和のために立ち上がってほしい。
      いいね

      良い
    • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
      『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』起業家なら見ておきたい一本。サラリーマンマンも勿論楽しめる人間ドラマであった。キャステングがいい。古き良きアメリカを踏み躙る権利ビジネスや不動産業の良くない業の勉強になった。
      いいね

      良い
    • 海底47m
      『海底47m』今年のサメ映画は深海だ!何故あんな凶暴なサメを間近で体験したいのか、もしトラブルが起きたらとか考えないのだろうか。窒息か喰われるか、ドキドキが続く、、
      いいね

      良い
    • 光をくれた人
      『光をくれた人』育ての親と生みの親どちらか選ぶとは、子どもにとって残酷な選択でしかない。彼女は何故罪を犯したのか。悪天候に灯された灯台の如く、微かな人生の望み(光)が見えて、そこに向かっただけなのだ。でもそれは神の悪戯だった。
      いいね

      良い
    • ワン・デイ 悲しみが消えるまで
      『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』ハートフルどころか、ハードフルな映画であった。韓国の昼メロノリのBGMに引っ張られた人情劇かと思いきや、まさか。。最近この手に出会う機会が多いという複雑な感があるね。
      いいね

      良い
    • カフェ・ソサエティ
      『カフェ・ソサエティ』奇しくも男女の成長物語にハマってる時期であり、安堵と嫉妬が入り混じる気持ちで鑑賞。鋭くもユーモラスに描くウディアレンの洒脱な会話劇は今も健在。チャレンジと人脈づくりの大切さを実感。
      いいね

      良い
    • ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
      『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』ハードな映画であった。若者の愛国心とナチスの残忍さを際立つ渇いた画が印象的。特攻隊のピュアな信念が胸を打つ。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....