TOP >boxinemanマイページ

boxineman

さんのマイページ
boxineman
つぶやいた映画
899 本
総ツイート
2,568 件
マイページ閲覧数
3,268 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

boxinemanさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
899 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ワンダーストラック
    BPM ビート・パー・ミニット
    馬を放つ
    リメンバー・ミー
    恋するシェフの最強レシピ
    彼の見つめる先に
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
  • ダウンサイズ
    15時17分、パリ行き
    ナチュラルウーマン
    ビッグ・シック
    ゆれる人魚
    ぼくの名前はズッキーニ
    コンフィデンシャル 共助
  • 切り裂き魔ゴーレム
    アニマルズ 愛のケダモノ
    苦い銭
    スリー・ビルボード
    ドント・イット
    サファリ
    デトロイト
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • BPM ビート・パー・ミニット
      『BPM ビート・パー・ミニット』勿論そこに描かれる活動であったり彼ら彼女らの姿であったりも心に響いてくるものだけど、まず映画自体が持ってしまっているその「鼓動」の強さと切実さにやられた。そして最後の最後のエンドロールの「演出」がまたね。
      いいね
    • BPM ビート・パー・ミニット
      『BPM ビート・パー・ミニット』観た。これは特別な力を持った映画だった。生命についてというより「生きること」の映画。そして様々な意味での鼓動の映画。その様々な鼓動に自分の鼓動も高まるというより同調していき、これはいまここにいる自… https://t.co/n1bGK7R3qD
      いいね
    • ワンダーストラック
      『ワンダーストラック』ただ、色々と謎めかされていたことが明かされていくのだけど、それらがどれも観ているこちらの期待値を下回ってしまうのが残念。少なくともそれこそ自分の心にある「物語」を超えてくれなかったのでした。
      いいね
    • ワンダーストラック
      『ワンダーストラック』ニューヨークの街の中へ、博物館の中へという「冒険」の映画であり、そして「物語」の映画でもあって、そこまでは大好きとしか言えないやつではあったのだけど…
      いいね
    • ワンダーストラック
      『ワンダーストラック』観た。豊かな映画だった。白黒の20年代、色彩や音に溢れる70年代それぞれのニューヨークに子供たちが入り込んでいくのを捉える画面の豊かさ。特に20年代の少女ローズが街に降り立つ表情、そして街のなかを歩んでいくシーンのあまりの素晴らしさには心を奪われた。
      いいね
    • 彼の見つめる先に
      という訳で、現在新宿シネマカリテでは若者達の『彼の見つめる先に』と90歳の老人の『ラッキー』という自分の現時点で今年のベスト2作が上映中です。
      いいね
    • リメンバー・ミー
      『リメンバー・ミー』ある「二度目の死」のシーンで、この映画のメイン(?)の死生感でないもの や、「家族」でない関係性も描かれてはいるけれど、それらがもっと展開に絡んできてくれればなー、と。
      いいね
    • リメンバー・ミー
      『リメンバー・ミー』少年の目を通して見えていたものに限定されているからある程度は仕方ないとは言え、それまで厳しかった家族が彼を受け入れるところではちょっとずっこけてしまったです。ごめんなさい。
      いいね
    • リメンバー・ミー
      『リメンバー・ミー』を土曜日に観た。良作であることや作品の持つ意義は理解出来るけれど、何だろう、こういうテーマに対する方程式を解いていくようなつくりには、映画としてあんまり魅力を感じられないのでした…。加えて今作はその式の解き方も答えもそこまで優れているとは思えなかったです…。
      いいね
    • 彼の見つめる先に
      『彼の見つめる先に』主演三人が本当に素晴らしくて。思わぬ関係性の変化による戸惑いや葛藤、あっるいは衝動…。揺れ動きつつも、また手をつないだり寄り添ったり。それぞれが自分自身とお互いとを見つけ出し受け入れる感じがとてもよかった。あと青春映画に自転車は最強。僕の顔にも風が届いた。
      いいね
    • 彼の見つめる先に
      『彼の見つめる先に』鑑賞。これはずっと大切にしたい一作。僕はこの映画を愛してしまったし、この映画も僕を愛してくれるはず…とそんなことを思ってしまうような。文字通り手探りに手触りを確認していくようなお互いの思い。ラストシーンの三人の姿はいつまでも心に残り続けると思う。傑作。
      いいね
    • ダウンサイズ
      『ダウンサイズ』後半のあの共同体の描き方とかある種異様な不思議な迫力があったし、ダウンサイズという仕掛けを使って世界を普段知っているものからほんの少しずらすことで見えやすくする自分の中のテーマ性とか、その開かれ方に監督の進化みたいなものも感じたりしたり。
      いいね
    • ダウンサイズ
      『ダウンサイズ』観た。とても面白かった。「常に挫折する」男を通して描かれる人生、現代社会の歪み、そして世界の様相。彼の幾つかの決断あるいは判断は、それが前に進むことなのか後戻りなのか絶妙に曖昧であって、それゆえに切なかったり感動的だったり。
      いいね
    • 恋するシェフの最強レシピ
      しかし、人の体型をニラにたとえるような奴はもっと痛い目にあってもいいはずではある。>『恋するシェフの最強レシピ』
      いいね
    • 恋するシェフの最強レシピ
      『恋するシェフの最強レシピ』「食事すること」に重ねられる意味はベタなものではあるけれど、金城武は自覚はしていない暗さを抱えていて、美食だけでなくたくさん食べたがる人。会話のように料理をリクエストするキラキラした顔や部屋に押しかける図々しさには、寂しさも含まれていたとやがて気づく。
      いいね
    • 恋するシェフの最強レシピ
      『恋するシェフの最強レシピ』これは最高によかったー。106分の間を1秒と同じ顔をしてないでくるくる表情の変わるチョウ・ドンユイ。内面や背景が見えてくるにつれこの人が演じなくちゃダメだったんだねと思わせる金城武。名演過ぎるぞの犬。料理にもちゃんとオモテの意味とそして奥の意味がある。
      いいね
    • ダウンサイズ
      今週で上映終了しちゃうとかで駆け込みで『ダウンサイズ』を。
      いいね
    • 15時17分、パリ行き
      『15時17分、パリ行き』全ての人がそれを運命と呼ぶのか偶然と呼ぶのか他の何かなのかは分からないけど、それぞれの人生の先にその場所その瞬間に居合わせる。その中の一人として彼らそれぞれもいたのだという…。上手く表現出来ない感覚なんだけど、とても感動的だったのです。
      いいね
    • 15時17分、パリ行き
      『15時17分、パリ行き』これはとても好き。主人公達の物語?も勿論だけど、僕はあの電車に乗る駅でぞろぞろ人が集まって乗り込んでいく数秒のシーンが震えたのだよね。その後に起こることを知っているからだとは言え、“たまたま”そこにいる一… https://t.co/tylIYASflr
      いいね
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『恋するシェフの最強レシピ』と『聖なる鹿殺し』という正反対のような二本がまさかのボロネーゼつながりであったということで、映画を観ることの神秘を感じつつ帰ります。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....