TOP >boxinemanマイページ

boxineman

さんのマイページ
boxineman
つぶやいた映画
840 本
総ツイート
2,429 件
マイページ閲覧数
2,830 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

boxinemanさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
840 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アンダー・ハー・マウス
    アウトレイジ 最終章
    ブラッド・スローン
    ポルト
    ソウル・ステーション パンデミック
    スイス・アーミー・マン
    汚れたダイヤモンド
  • 50年後のボクたちは
    あさがくるまえに
    サーミの血
    ダンケルク
    散歩する侵略者
    新感染 ファイナル・エクスプレス
    ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
  • パターソン
    エル ELLE
    ワンダーウーマン
    ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
    スパイダーマン ホームカミング
    アトラクション 制圧
    スターシップ9
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アウトレイジ 最終章
      『猿の惑星』に続いて『アウトレイジ 最終章』を観た。同じく三部作の締めくくりとして、ラストショットが文字通りに天と地の違いであった(どちらが優れてるかという意味ではない)のだけど、こちらのあの一瞬が纏う静けさやある種の穏やかさのようなものには心を撃たれた。
      いいね
    • ソウル・ステーション パンデミック
      『ソウル・ステーション/パンデミック』「声なき者」達の叫びを、そして死と生をこの物語で描くには、最後はああいう展開にならなくちゃいけなかったのよね。それを描ききろうとする誠実さと覚悟が見事でした。
      いいね
    • ソウル・ステーション パンデミック
      『ソウル・ステーション/パンデミック』 『新感染』は100点満点で85点だけど120点満点だと70点という感じで、要は自分には根本的なところがあまり響かなかったのだけど、今作を踏まえるとあのような感じになったのも分かる気も。前日譚というよりパラレルな世界のもう一つの物語か。
      いいね
    • ソウル・ステーション パンデミック
      『ソウル・ステーション/パンデミック』観た。もしかしたら聞かずにすましていられたのかもしれないその社会の声なき者達の声、叫びを突きつけられる。『新感染』よりも圧倒的にこちらの死の描き方が良い。救いのない絶望。描かれる死によってどう生きたのかが同時に浮かび上がるから。
      いいね
    • 汚れたダイヤモンド
      『汚れたダイヤモンド』冒頭シーンの意味が分かる(でもそこに映画の罠があったりする)ところから動き始める復讐劇。父、伯父、従兄、祖父と、同時にそれは一族の物語でもある。だから最後の方で主人公が名前でなく「ウルマンさん」と呼ばれるところに思わず震える(多分これは深読みし過ぎです。)
      いいね
    • 汚れたダイヤモンド
      『汚れたダイヤモンド』最初は主人公の目の奥にはもっとそれこそ汚れた光があってもいいんじゃないかと思っていたけど、やがて彼が知らずに求めるのか向こうが引き寄せられるのか、「父親」達との関わりを見て、ああこの純粋過ぎる目でよかったのだと。父親世代と主人公の頭身の違いの説得力ね。
      いいね
    • 汚れたダイヤモンド
      『汚れたダイヤモンド』観た。最高に好きな一作、素晴らしかった! じっくりと噛み締めたいような味わい。ダイヤモンドの輝きに吸い込まれるように重なっていく復讐劇と強盗劇。しかしそれ以上に「父親」達と息子の物語なのであった。
      いいね
    • 汚れたダイヤモンド
      映画公開最前線に一時追いつけそうかな…となったけどまた引き離されたので観たいものから確実に。これから『汚れたダイヤモンド』観ます。
      いいね
    • ブラッド・スローン
      『ブラッド・スローン』最初に呟いた通り、勿論これはふざけたところなんて1ミリもない映画ですよ。「頂点に立つか 死か」というコピーはチラシやポスターのビジュアルと一緒だと、多分違う印象で捉えられそうだけど、最後までこの映画を観終えた時、その本当の意味に痺れる。
      いいね
    • ブラッド・スローン
      『ブラッド・スローン』今年の「ベスト腕立て伏せ映画」に決定。悪の精鋭たちのトレーニングは科学的でストイックなのである。
      いいね
    • ブラッド・スローン
      『ブラッド・スローン』刑務所の中で簡単に銃が手に入る訳もないから、相手の命を奪うのは別の凶器で隠し持つためサイズも小さい。おかげでサクサクサクサクサクサク、ザクザクザクザクザクザクという感じになるのがたまらない(?)のであった。
      いいね
    • ブラッド・スローン
      『ブラッド・スローン』若者たちには希望が託される。選択肢とともに。
      いいね
    • ブラッド・スローン
      『ブラッド・スローン』観た。いやー過剰かと心配していた期待を大きく越えてきた。激しく揺れ動く物語の果てに目にすることになるラストの景色…! そこに広がるあまりに鮮烈で静かな悲しみ、深い空虚、そしてある一人の人間の最後の誇り。しばし呆然とするほど心をかきむしられた。
      いいね
    • 50年後のボクたちは
      『50年後のボクたちは』で語り合われる『スターシップ・トゥルーパーズ』論は過去最高のものであったよ。
      いいね
    • 50年後のボクたちは
      『50年後のボクたちは』しかし、まさに物語の時代設定は現在で、演じた二人の年齢もその時リアルにほぼ14歳で、彼らのその後ってまさに「今」だし「これから」なのだよね。まぶしいね。
      いいね
    • 50年後のボクたちは
      『50年後のボクたちは』観た観た観た旅した! 14歳ってカッコいいなー、これはとても好きだ。それまでの人生を踏み越えた旅から戻った少年が「大人になった」訳でなく14歳としての成長という感じなのもよい。そして背景にある現代ドイツの社会状況への目線がこれを夢物語にしていない。
      いいね
    • ポルト
      『ポルト』のラストシーンは、観た後余韻に浸るというよりも、余韻に打ちのめされる感じでありました。
      いいね
    • ポルト
      『ポルト』観た。二人の過去と現在が錯綜し手繰り寄せられるラストシーンに、映画には何と恐るべきことが出来るのかと震える。これ以上なく美しく切なく、しかし同じように苦く残酷。そこに静かに捉え続けられる二人の感情、時間、もしかしたら「永遠」…。(それは彼を演じるその人のものにも思えて)
      いいね
    • ブラッド・スローン
      『ポルト』の余韻を切り替えて三本目『ブラッド・スローン』へ。
      いいね
    • 50年後のボクたちは
      一本目は『50年後のボクたちは』。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....