TOP >boxinemanマイページ

boxineman

さんのマイページ
boxineman
つぶやいた映画
774 本
総ツイート
2,247 件
マイページ閲覧数
2,459 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

boxinemanさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
774 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 人生タクシー
    バーフバリ 伝説誕生
    LION ライオン 25年目のただいま
    はじまりへの旅
    ムーンライト
    インビジブル・ゲスト 悪魔の証明
    未来よ こんにちは
  • キングコング 髑髏島の巨神
    タレンタイム 優しい歌
    哭声 コクソン
    モアナと伝説の海
    ラビング 愛という名前のふたり
    ペット 檻の中の乙女
    クレイジー・ナイン
  • 百日告別
    ラ・ラ・ランド
    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
    グリーンルーム
    フライト・クルー
    エンド・オブ・トンネル
    インビテーション
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • LION ライオン 25年目のただいま
      『LION/ライオン 25年目のただいま』ああ、そしてこれは僕の好きな「走る映画」なのでもありました。子供時代の主人公のあの走るフォームの完璧さ! この姿の残像が実は遂に故郷の場所に近づいていくところにも生きてきてる。
      いいね
    • 未来よ こんにちは
      『未来よ こんにちは』鑑賞中はいつまでも観続けていたい気分だったけど、観終えるとすぐに街に出て歩きたいような感覚にもなっていたよ。
      いいね
    • 未来よ こんにちは
      『未来よ こんにちは』花束をゴミ箱に捨てようとしてうまくいかず外のゴミ捨てに洩っていくところの編集のスピード感とか最高ですよね。じつはここの感じとかこそこの映画の一つのキモかもだったり。
      いいね
    • 未来よ こんにちは
      『未来よ こんにちは』特に海からあがった主人公が道を歩いていくのを捉えるシーンのカメラワークのどこか颯爽とした感じさえする鮮やかさには、思わず「うわー」と声が出そうになりました。何と言うか映画そのものが語ってるような味わい。
      いいね
    • 未来よ こんにちは
      『未来よ こんにちは』鑑賞。人生を喪失をましてや老いをしみじみと描いたりなどしない。これはいまそこにいる彼女の物語であって、歩いたり立ち止まったりする彼女を追うカメラワークはとても現在進行形。だからいつしかそれが自分の物語(人生)に重なってくるように思えてくる。素晴らしかった。
      いいね
    • タレンタイム 優しい歌
      でも実は、映画としての完成度とか評価では『タレンタイム』だろうけど、ヤスミン作品のうち自分の好き度で言えば『ムクシン』なのですよね。これも自分にとって一生ものの映画。オーキッドの物語達も一般公開されるといいね。
      いいね
    • タレンタイム 優しい歌
      『タレンタイム』勿論そういうことも踏まえた上での「優しい歌」というタイトルであるのだと思います。それだからこそ、この映画に流れるあのメロディを弾いていたのが悲しみを乗り越えた「誰よりも強い人」であったと分かるところはグッと来るし、最後の寄り添う心に打たれるのだ。
      いいね
    • タレンタイム 優しい歌
      『タレンタイム』の「優しい歌」という邦題は、その耳触りの良さが「優しさ」の意味合いを小さくしてしまってないかな?とも。優しさはその奥に悲しみや苦しみや傷や迷いとそれに向かい合った厳しさや強さがあってこそのことで、この映画の優しさに泣いたその先に進まなくてはと思うので。
      いいね
    • タレンタイム 優しい歌
      『タレンタイム~優しい歌』鑑賞。数年振りの再見。よく覚えていたシーンも言葉も表情もあったし、忘れてしまっていたシーンもあったけれど、いかに自分の内にこの映画が染み込んでいるのかということを感じた。それは「優しい」ものだし同時に自分の在り方を問われ試されているようでもあり。
      いいね
    • バーフバリ 伝説誕生
      イタリア映画祭の合間に『バーフバリ』を観に行くことになるのか。
      いいね
    • 人生タクシー
      2年振り?くらいに『人生タクシー』乗車。
      いいね
    • 未来よ こんにちは
      次はミア・ハンセン=ラブの『未来よ こんにちは』をようやく観ます。
      いいね
    • タレンタイム 優しい歌
      人生で(まだ)2回目の『タレンタイム』を観ます。
      いいね
    • モアナと伝説の海
      『モアナと伝説の海』個人的には『ズートピア』より好みであったけど、ただこういう方程式が解かれていくような感じの映画のつくりは、鮮やかとは思いつつ、もうあんまり魅力を感じられないかもなーではありました。(PC的に窮屈とかいうことではないです。映画のつくりとして。)
      いいね
    • モアナと伝説の海
      『モアナと伝説の海』冒険の先にモアナやマウイが遂に「わたしは~」名前をと告げる瞬間はやっぱり感動的というしかなく。海という舞台の爽快な描き方もお見事でした。旅立つモアナを導くように足下を過ぎていくアレの描写にちょっと泣いた。
      いいね
    • 哭声 コクソン
      そんな訳で今さらですが、先頃の濃密韓国映画三本立ては『お嬢さん』が最高で『アシュラ』が大好きで、比べると『コクソン』は少し落ちるかな…という感じでした。ハイレベルな争いですが。
      いいね
    • はじまりへの旅
      『はじまりへの旅』冒頭の空撮の森が全然美しい感じもなくどこか異様な感じがしたし、妻(母)がいつから精神を病んでたかが明らかになると「え?その上でのこの家族」ともなるし、そもそもこの家族が抱え込んだものはちっとも穏やかではないのであった。
      いいね
    • はじまりへの旅
      『はじまりへの旅』そういう意味で、この映画のラストとしてのあの光景はちょっと甘い気もするけれど、でも彼らにとってあそこは決してゴールではなく、まだこれからも問いかけは続いていくのだろうな、と。
      いいね
    • はじまりへの旅
      『はじまりへの旅』鑑賞。思ってたよりずっと複雑な余韻が残る映画であった。いわゆる「いい映画」という感じではなく。劇中の『ロリータ』の解釈の通り、あの家族たちも我々観客も自分の世界を見る目や捉え方について問われることになる。
      いいね
    • キングコング 髑髏島の巨神
      『キングコング 髑髏島の巨神』何年か前にイベント上映で観た監督の前作『キングス・オブ・サマー』は本当に素晴らしい秀作なのだけど、人間達が踏み入っていく森の感じが共通していて、そのスケールアップに「よかったね~」と思ってしまいました。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      mokomoko37
      1886movies / tweets
      advertisement

      follow us