TOP >catupiry0801マイページ

catupiry0801

さんのマイページ
catupiry0801
つぶやいた映画
61 本
総ツイート
71 件
マイページ閲覧数
1,893 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
3 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
61 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • SING シング
    モアナと伝説の海
    ラ・ラ・ランド
    愚行録
    マリアンヌ
    ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
    マグニフィセント・セブン
  • スノーデン
    ドクター・ストレンジ
    沈黙 サイレンス
    聖杯たちの騎士
    ピートと秘密の友達
    ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
    ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
  • 聖の青春
    ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
    インフェルノ
    永い言い訳
    ジェイソン・ボーン
    ハドソン川の奇跡
    怒り
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ウォーリー
      『ウォーリー』サイレント映画のような演技をCGでロボットたちが行う挑戦。主役のロボットたちが感情を持つところに、不思議とリアリティと説得力がある。環境問題の風刺も効いていて考えさせられた。700年後に響く「ラヴィアンローズ」。
      いいね

      良い
    • ラ・ラ・ランド
      『ラ・ラ・ランド』2回目の鑑賞。監督はじめスタッフ、キャストのあからさまな情熱の結晶のような映画。終演後周囲の声を聞いていると、どうも結末に納得いかない人も多数いるみたいだけど、この結末だからこそ心に残る作品になっていると思う。
      いいね

      良い
    • 思い出のマーニー
      『思い出のマーニー』マーニーの立ち姿がとても印象的。ラストに真実を知ることで杏奈が自己を肯定できるきっかけをつかみ、生きる希望につながっていく感動。静かな音楽と釧路の自然も魅力的。内向的で透明感のある世界感が新鮮。
      いいね

      良い
    • カールじいさんの空飛ぶ家
      『カールじいさんの空飛ぶ家』死別した妻との思い出、その設定だけでウルウルしてしまう。その後の冒険談はまあ普通に楽しめた感じ。過去と決別することで未来に迎えるのかもしれないけど、少し複雑な気持ちになりました。
      いいね

      普通
    • SING シング
      『SING シング』題名の通り歌を楽しむ映画。英語版を鑑賞。登場キャラクターの背景や心情を掘り下げていき、ラストのステージに集約、十分感動させてくれました。今年は音楽映画が充実していて楽しい。
      いいね

      良い
    • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
      『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』2回目の鑑賞。思春期の頃に自分が夢想した世界が映像になっているような感動。時間の館、異能者たちの活躍、少し怖くて綺麗な世界、そして恋。ティム・バートンにお礼を言いたいくらい好きな映画だ、
      いいね

      良い
    • モアナと伝説の海
      『モアナと伝説の海』ヒロインが愛らしくとても魅力的。日本語吹き替えでしたが、覚えやすい歌も多くてミュージカルとして楽しめました。自然の厳しさや美しさがよく描かれていて、南国へ行きたくなりました。
      いいね

      良い
    • ワイルド・スピード SKY MISSION
      『ワイルド・スピード SKY MISSION』熱心なファンではないが、やはりポール・ウォーカーに捧げたラストに胸が熱くなった。息継ぐ暇のないアクションは迫力満点。妄想をそのまま映画にしたような、ある意味究極のカタルシスである。
      いいね

      良い
    • ルパン三世 DEAD OR ALIVE
      『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』原作者の監督だけあって本質のハードボイルド路線に引き寄せた映画になっていてかっこいい。敵役も強敵で、ルパンの活躍をさらに引き立てている。次元など仲間の活躍もないがしろにされていないのが良い。
      いいね

      良い
    • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
      『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』デビッド・イェーツのシリーズ初監督作。魔法省のアンブリッジがとても憎たらしく、フレッドとジョージのホグワーツ最後のいたずらには思わず拍手をしたくなった。不思議少女のルーナも魅力的。
      いいね

      良い
    • ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス
      『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』1995年1月に阪神淡路大震災、3月に地下鉄サリン事件が起っている。そんな状況下で公開されたルパン三世。特別なメッセージ性はないものの少し感慨深く鑑賞。この頃世紀末が一般的な関心事だった。
      いいね

      普通
    • ラ・ラ・ランド
      『ラ・ラ・ランド』大満足。サントラを先に聞き込んでから観たので、いっそう楽しめた。心が震える名シーンがいっぱい。また観たいと思った。jazzは最高です。ジョン・レジェンドが出てるのは知らなくて少しびっくりした。
      いいね

      良い
    • ルパン三世 バビロンの黄金伝説
      『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』何でもありでとにかくスラップスティックな、ピンクジャケットのルパン三世。80年代の雰囲気がよく出ていると思った。話は支離滅裂だがノリで見せる。こんな映画も嫌いではない。
      いいね

      普通
    • 愚行録
      『愚行録』悪い展開を想像すると、その通りになっていき、そういう意味では意外性はあまりなかった。この映画の世界で生きてたら人間不振に必ずなる。妻夫木聡と満島ひかりの存在はとても大きい。この二人が出ないとつまらない映画になってたと思う。
      いいね

      普通
    • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
      『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』魔法学校の対抗試合や華やかなダンスパーティーが一転してヴォルテモート復活へとつながっていく、その急展開が面白い。エマ・ワトソンのドレスアップ姿が美しく、今になってみれば『美女と野獣』の伏線のよう。
      いいね

      良い
    • めぐり逢えたら
      『めぐり逢えたら』今日久しぶりにたまたま観たのだけど、バレンタインデーの話でした。なんとタイミング良い。ハッピーバレンタイン。
      いいね

      良い
    • めぐり逢えたら
      『めぐり逢えたら』ルイ・アームストロングをはじめジャズのスタンダードナンバーが心地よい。境遇も似ていることもあって、主人公のサムに共感。今ではストーカーなどと言われてしまうのかもしれないが、こういうセンチメンタルな夢も見ていたい。
      いいね

      良い
    • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
      『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』久々にティム・バートン会心の映画だと思う。異能者への愛、男女の愛、家族愛、そしてミス・ペレグリンの子供たちへの愛、愛が満ち溢れていて涙が出てきた。随所に詩的な映像もあり芸術的な完成度も高い。
      いいね

      良い
    • ドクター・ストレンジ
      『ドクター・ストレンジ』堅物イメージのカンバーバッチが、意外とコミカルな動きをするのが妙に笑える。レイチェル・マクアダムスはキュートだし、マッツ・ミケルセンなど安定感のある俳優陣も○。時空を超えた特撮アクションは一見の価値あり。
      いいね

      良い
    • アリス・イン・ワンダーランド
      『アリス・イン・ワンダーランド』前半のキャラクター紹介まではティム・バートンらしい変な世界観がおもしろくて惹きつけられた。しかし後半のアクションシーンは凡庸で、少し飽きてしまったところもある。アニメ版は名作なんだと改めて思った。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      624ken
      2700movies / tweets
      advertisement

      follow us