TOP >chicaottoマイページ

chicaotto

さんのマイページ
chicaotto
つぶやいた映画
253 本
総ツイート
259 件
マイページ閲覧数
2,942 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

chicaottoさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
253 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 否定と肯定
    ブレードランナー 2049
    アウトレイジ 最終章
    サーミの血
    ダンケルク
    LUCK-KEY ラッキー
    ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
  • メッセージ
    スノーデン
    聖の青春
    ミュージアム
    この世界の片隅に
    インフェルノ
    ジェイソン・ボーン
  • コロニア
    怒り
    オフィス 檻の中の群狼
    シン・ゴジラ
    クリーピー 偽りの隣人
    帰ってきたヒトラー
    エクス・マキナ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ベテラン
      『ベテラン』韓国のバイプレーヤーズ大集合で垂涎。悪徳財閥を倒す。それだけだ。楽しかった~。
      いいね

      良い
    • ナイロビの蜂
      『ナイロビの蜂』製薬会社絡みのアフリカ支援もの。支援と言う名で人体実験をしていた。非情な企業論理の犠牲になった活動的な妻。のんきな夫との出会いもいいんだ。原題の通り庭いじりしか関心のなかった夫が妻を再発見していく夫婦の物語でもある
      いいね

      良い
    • タクシードライバー
      『タクシードライバー』再見。トラビスが銃を人々に狙いを定めた瞬間、神の目線を持ち世界は自分の物だと思ったような描写がすごかった。銃乱射や無差別殺人など、理由なんかなくて自分の本当の凄さや存在を認めてもらいたいんだろうな。夢落ち感も。
      いいね

      良い
    • 否定と肯定
      『否定と肯定』原題は『Denial』対立する二つの主張があると思わせるのが否定論者のやり口なので、それに加担するこの邦題はそもそもこの映画自体を否定しているように思う。エセ歴史家アーヴィングしょぼい。歴史修正者のやり口はどこも同じ。
      いいね

      良い
    • 雨月物語
      『雨月物語』凄惨な戦国時代。京マチ子のこの世ならざる妖艶さは想像以上。もっと儲けたい、立身出世したいと思った夫達が結局、妻子を不幸にしてしまった。大人しく質素に暮らしていれば良かったものの、いつの時代でも誰でも夢は見たいよね。
      いいね

      良い
    • ゼイリブ
      『ゼイリブ』サングラスを友人にかけさせようとして大喧嘩する大爆笑シーンが有名だが社会のカラクリを暴き未来を予見させる名作でる。初めて観た時には比喩的に描いていると思っていたが、おそらく実際こうなのだと思うようになった今日この頃。
      いいね

      良い
    • コロニア
      『コロニア』ナチの残党が作ったドイツ系移民の居住区「コロニア・ディグニダ」。ピノチェト独裁政権とカルト宗教が結びついた拷問施設でもある。そしてドイツ大使館の関与!シーファー役のミカエル・ニクヴィストの怪演が光る。惜しい人を亡くした。
      いいね

      良い
    • マネー・ショート 華麗なる大逆転
      『マネー・ショート 華麗なる大逆転』華麗にしないようにとても気を付けている映画なのに! ブラピも怒ってたでしょ。邦題最悪。彼らが儲けるという事は多くの人が家も職も失うという事だ。マイケルが今投資しているのは水だという。恐ろしい話だ。
      いいね

      良い
    • マネートレーダー/銀行崩壊
      『マネートレーダー/銀行崩壊』サスペンスではなく実話コメディ。損失を取り戻すために嘘に嘘を重ね再投資。こりゃ吐くわ。原題のローグトレーダー(ならず者トレーダー)の方が良かった。しかし1,380億円で老舗銀行が破たんするのか。
      いいね

      良い
    • インサイダー
      『インサイダー』ニコチンの量はそのままでアンモニアを加え中毒性を煽り、且つ発がん性物質まで煙草に入れていた。その企業は形を変え日本にもある。内部告発は勇気ある行為。家族も職も失った。それを行った人への中傷は日本のそれとそっくりだ。
      いいね

      良い
    • スターゲイト
      『スターゲイト』もしかしたらエジプトってこうだったのかも??こういう映画にこそ真実の片鱗がありそう!遠い宇宙の瀕死のラーが古代エジプトにやって来て支配して、人間の奴隷を故郷に持ち帰ったが。ラーの星は労働力不足だったのか?未来予想図。
      いいね

      良い
    • 七人の侍
      『七人の侍』設定最高。一人だけ野伏せりから娘を守るために髪を切らせた農民が他の人から非難されるのが、満州のロシア兵への性接待強要を彷彿とさせ辛かった。また、三船の農民のやる気のなさ、卑屈さを非難するのも良かった。戦う時には戦うのだ。
      いいね

      良い
    • 人生、ここにあり!
      『人生、ここにあり!』精神病者だって社会で活躍できると労働組合の人が大奮闘。どんな人にも役職を与え各々できる事をやらせる。特に面白かったのは経費で娼婦を雇う事。しかし精神病についてはど素人。正解はわからない。けど、やるんだよ。
      いいね

      良い
    • スノーデン
      『スノーデン』日本への警告、そして誰もが監視される可能性を示した。テロは口実で経済と社会を支配して米政府が覇権を得る事が目的。監視社会への恐怖に加え、犯罪行為なのに国がからむと途端に正当化される事への懸念をスノーデン氏は示した。
      いいね

      良い
    • ポセイドン・アドベンチャー
      『ポセイドン・アドベンチャー』年末年始の映画といえばこれ。マッチョで行動派な牧師。正解はわからない、でも行動して自分で選択して道を進むしかないんだ! 留まっていれば確実に死ぬ。セウォル号に思いをはせる。涙。
      いいね

      良い
    • わたしを離さないで
      『わたしを離さないで』なんてせつなくて悲しい物語なのだろう。内臓が痛くなる。言葉選びも秀逸。同じ人間だと思わないために死ではなく終了。あの哀れな遺骸。人間の家畜化、そして家畜にも思いを馳せる。屠殺3日前、牛は涙を流すという。
      いいね

      良い
    • 去年マリエンバートで
      『去年マリエンバートで』デルヴォーやマグリットの絵画の中に入ったかのよう。壊れたレコードのように繰り返される台詞の数々は起きたくても起きられない無限の悪夢の中にいるようだ。死後も社交に興じているみたい。舞台と衣装が美しく飽きない。
      いいね

      良い
    • トガニ 幼き瞳の告発
      『トガニ 幼き瞳の告発』辛い。何度子供たちを殺せばいいのか。事件自体むごいのに最も許せないのは腐った体制だ。刑事は癒着し権力者は優遇される。この映画でトガニ法ができたという。映画はかすかな希望も持たせつつも自国を省みざるを得ない。
      いいね

      良い
    • ゼロ・グラビティ
      『ゼロ・グラビティ』うわ、このポスター・・・。無人島一人ぽっちの宇宙版、しかも酸素不足。ああ、見ていて息苦しい。宇宙無理。極限状態。小さな宇宙船は棺桶のよう。それでも生きるという目標に向かうヒロイン。サンドラ・ブロックかっこいいよ。
      いいね

      良い
    • ジョン・ウィック
      『ジョン・ウィック』ガン=フーかっこよすぎる。話は単純なんだけど殺し屋コミュニティの世界が興味深い。そして時には台詞が空中に。また観たい。うっかり録画を消してしまい大後悔。キアヌとデフォーのインテリアがとっても素敵。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....