TOP >cx03377マイページ

cx03377

さんのマイページ
cx03377
つぶやいた映画
782 本
総ツイート
991 件
マイページ閲覧数
1,708 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

cx03377さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
782 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 青春夜話 Amazing Place
    予兆 散歩する侵略者 劇場版
    ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
    人生はシネマティック!
    密偵
    MASTER マスター
    ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
  • 彼女がその名を知らない鳥たち
    ゲット・アウト
    婚約者の友人
    我は神なり
    バリー・シール アメリカをはめた男
    女神の見えざる手
    リングサイド・ストーリー
  • 猿の惑星:聖戦記
    ソウル・ステーション パンデミック
    オペレーション・クロマイト
    50年後のボクたちは
    奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
    オン・ザ・ミルキー・ロード
    エイリアン コヴェナント
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 人生はシネマティック!
      人生はシネマティックは、ヒロインを演じた女優がザ・美人というタイプではなく、フツーっぽい人である事が良かった一方、彼女の男性関係のお話は紋切り型の枠に収まるかと思いきや、わたくしのように甘ったるいハッピーエンドが好きではない辛口好みの味覚に適う展開で、それだけにラストが感動的です
      いいね
    • 人生はシネマティック!
      人生はシネマティックなどという邦題は映画愛なんそを厚顔無恥に謳い上げているようで、こっぱずかしくなりますが、トリュフォーアメリカの夜をこよなく愛してもいる者としては、この映画での脚本の組立て過程は面白いし、映画を完成させようとする職人たちのプロフェッショナルぶりが感動的ですらある
      いいね
    • 人生はシネマティック!
      昔はドグマ95の映画を作っていたロネ・シェルフィグの新作は、人生はシネマティック!などという気恥ずかしい邦題が付けられ、ダンケルクを題材にした映画作りの舞台裏ものだと予め告げられており、どんなものかと懐疑的でしたが、ドイツ軍の空爆が続くロンドンという死と背中合わせの設定が効いた。
      いいね
    • 人生はシネマティック!
      678・人生はシネマティック!(2016・ロネ・シェルフィグ)ヒューマントラストシネマ有楽町 https://t.co/kNZrcHwYPy
      いいね
    • MASTER マスター
      676・MASTER マスター(2016・チョ・ウィソク)TOHOシネマズ・シャンテ https://t.co/3w9Pqe1Ygb
      いいね
    • 予兆 散歩する侵略者 劇場版
      元々の映画版散歩する侵略者は、愛が地球を救うなどという、某局24時間TVみたいなご託宣に辟易させられましたが、スピンオフ版はそんな空々しいお題目にからめとられず、不気味に世界を宙吊りにする作劇が、禍々しい曇り空の光景に呼応していました。あまりにも黒沢の得意技に寄り過ぎている程です
      いいね
    • 予兆 散歩する侵略者 劇場版
      散歩する侵略者のWOWOW版スピンオフの劇場版は、元々の映画版よりずっと黒沢映画しており、理不尽に揺れるカーテンやら、廃工場の中でぶら下げられたヴィニールシートやら、無造作に置かれた段ボールやら、黒沢的な細部を満載にしたハンニバル・レクターといった感じの映画にゾクゾクしました。
      いいね
    • 予兆 散歩する侵略者 劇場版
      665・予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017・黒沢清)新宿ピカデリー https://t.co/RNZqALHb0Y
      いいね
    • ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
      知り合いにチケットをいただいたし、監督がNOやケネディ夫人映画のパブロ・ララインなので観る事にしたネルーダは、かつて五木寛之の戒厳令の夜にも登場したチリの革命運動家でノーベル賞詩人のパブロ・ネルーダが、警察に追われて逃亡する様子を描いていますが、追う側を語り手にした作劇が奏効した
      いいね
    • 密偵
      韓国で大ヒットしたらしい密偵は、あの名優ソン・ガンホにしても、占領日本軍に仕える役柄として日本語を流暢に操るという訳にゆかず、彼の日本語に字幕を付けた配給会社の判断は正しかったと思いましたが、日本軍に忠誠を誓いつつ次第にコン・ユ扮する独立運動ゲリラへの共感を深めてゆく芝居は流石。
      いいね
    • 密偵
      662・密偵(2016・キム・ジウン)シネマート新宿 https://t.co/8bbuBk9vAD
      いいね
    • リングサイド・ストーリー
      657・リングサイド・ストーリー(2017・武正晴)新宿武蔵野館 https://t.co/UGw53IEpDk
      いいね
    • 猿の惑星:聖戦記
      一と二は観ていたので、完結篇の三を観逃すのも嫌だなと思って観る事にした猿の惑星の新作は、何人もの方が地獄の黙示録との類似を呟いておられ、確かに地下道の落書きにアポカリプス・ナウの文字は見られるものの、露骨な引用的描写がある訳ではないと思いました。他の映画との類似点も露骨ではない。
      いいね
    • 猿の惑星:聖戦記
      652・猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017・マット・リーヴズ)TOHOシネマズ日劇 https://t.co/YcGvxirFzd
      いいね
    • ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
      651・ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017・滝田洋二郎)TOHOシネマズ日本橋 https://t.co/Gjem3xiu0o
      いいね
    • 彼女がその名を知らない鳥たち
      646・彼女がその名を知らない鳥たち(2017・白石和彌)有楽町スバル座 https://t.co/omVt9RW2aM
      いいね
    • バリー・シール アメリカをはめた男
      トム・クルーズの企画選定眼には信頼を置いているので、これも観たいと思っていたバリー・シール(原題アメリカ製)は、もしかしたらスマホで撮っているのではないかと思えるような、キメは粗いものの機能性の高い画面に迫真力があり、やはりクルーズの出演作にはハズレが少ないと改めて感心しました。
      いいね
    • ゲット・アウト
      予告篇が面白かったので観たいと思ったゲット・アウトは、予告篇では知らされていなかった展開に、なるほどそう来たのかという意外性があり、白人に囲まれて神経質になるのかと訊かれた黒人家政婦がノーノーと繰り返す印象的なくだりも、予想していたより深い裏側があって、なるほど米国のヒットも納得
      いいね
    • バリー・シール アメリカをはめた男
      634・バリー・シール アメリカをはめた男(2017・ダグ・リーマン)TOHOシネマズ日本橋 https://t.co/wAAecuAuoJ
      いいね
    • 女神の見えざる手
      マリーゴールドホテルの2作は観逃していますので、ジョン・マッデンの映画を観るのはグウィネス・パルトロウが数学者か何かに扮した映画以来ですが、女神の見えざる手という邦題が付けられた映画(原題はミス・スローン)は、米国におけるロビィ活動という主題が目新しいものの、作りは法廷ものでした
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....