TOP >eri1_10bitマイページ

eri1_10bit

さんのマイページ
eri1_10bit
つぶやいた映画
1,387 本
総ツイート
1,944 件
マイページ閲覧数
12,695 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
12 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1387 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ブリグズビー・ベア
    オンリー・ザ・ブレイブ
    ワンダー 君は太陽
    空飛ぶタイヤ
    30年後の同窓会
    万引き家族
    レディ・バード
  • ビューティフル・デイ
    デッドプール2
    ファントム・スレッド
    いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち
    ゲティ家の身代金
    恋は雨上がりのように
    犬ヶ島
  • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
    ランペイジ 巨獣大乱闘
    ピーターラビット
    ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた
    モリーズ・ゲーム
    名もなき野良犬の輪舞
    ホース・ソルジャー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ブリグズビー・ベア
      『ブリグズビー・ベア』まあ、とりあえずブリグズビー・ベアのグッズ買い漁りたいよね。。
      いいね

      良い
    • ブリグズビー・ベア
      『ブリグズビー・ベア』映画を作る映画ってのは大体最高なんですよ…VHSだし「僕らのミライは逆回転」を思い出す。マーク・ハミルのセルフパロディみたいなおかしみだけじゃなくて、複雑な家族の悲喜こもごも。登場人物たちの優しさに癒される。
      いいね

      良い
    • 港町
      『港町』想田監督の観察映画、初めて見ました。自分の故郷と近い中国地方というだけあってふるさとの訛り懐かし、それだけで目頭が熱くなった。老人と海。ネコの暮らす町、牛窓。白黒でも海の青さが目に浮かぶ。監督の視点が優しい、傑作。
      いいね

      良い
    • オンリー・ザ・ブレイブ
      『オンリー・ザ・ブレイブ』真摯に誠実に作られた映画でとてもよかった。こういう男性の物語では陳腐になりがちな夫婦の描写もとてもよかった。危険な仕事を天職と自覚する者の、人生の意味、家族を持つことの葛藤。実話だがググらずに劇場へゴーして
      いいね

      良い
    • オンリー・ザ・ブレイブ
      『オンリー・ザ・ブレイブ』日本ではあまり馴染みのない森林火災。市民が自宅のプールの水を笑顔で提供するのも納得の恐ろしさ。貯水槽の役割もあるんですね。そして気にも止めたことなかった森林火災専門の消防士の活動。彼らはソルジャーなんだな。
      いいね

      良い
    • ワンダー 君は太陽
      『ワンダー 君は太陽』予告編見るたび泣いてたけど、冒頭の出産シーンから泣いた。オギーもほんとすごいんだけど、ジャックやサマーがとてもかわいかったのとパパ(O・ウィルソン)がめちゃめちゃいい人だったのがとてもよかった。原作読みたい。
      いいね

      良い
    • 欲望の翼
      『欲望の翼』「ブエノスアイレス」でトニーレオンにはまって、確かその時VHSレンタルしてきて見たんですよ。若い時には話自体よくわからなかったんだけど、いま改めて見ると、その後のカーウァイ作品に色々繋がってる!と思ったです。
      いいね

      良い
    • 空飛ぶタイヤ
      『空飛ぶタイヤ』原作未読。長瀬の力業でグイグイ引っ張ってくれてそこそこ楽しめました。でも後半の逆転に至るまでのところがもうひとつかな…少しカロリーが足りない感じがした。あと池井戸作品たくさん見てるわけではないけど、妻の描写が苦手。
      いいね

      普通
    • 泳ぎすぎた夜
      『泳ぎすぎた夜』日仏共同監督だから台詞を排除したのかな?たからくんがかわいすぎないところがかわいいというか……しかしこれをほのぼのと見られるか、、わたしは自分の息子だったらと思ってしまって落ち着かなかった……
      いいね

      良い
    • 万引き家族
      『万引き家族』端の端まで豪華なキャスティングだけど、やはり安藤サクラが抜群にいい。うまくいくわけない、かりそめの家族だったとしても彼らの幸せを願ってしまう。全部見てるわけではないけど、これまでの是枝作品でいちばん好きだなあ。
      いいね

      良い
    • 馬を放つ
      『馬を放つ』対象はなんであれ、敬虔な信仰って美しいと思う。馬を愛し、映画を愛し、家族を愛し、慎ましい生活を送っていたケンタウロス。なぜそう呼ばれるのかは、彼が馬に乗る姿から来ているのだろう。神々しい姿に涙が出たよ。
      いいね

      良い
    • 30年後の同窓会
      『30年後の同窓会』ずっと「リンクレイターの映画みたいだな」なんて間抜けなことを考えながら見てた(リンクレイターの映画です)。Sカレルに何度も泣かされてしまったし、Bクランストンの◯◯姿にはわわとなった。この世には優しい嘘も必要だ。
      いいね

      良い
    • いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち
      『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』まあ、凡人でも3人寄れば文殊の知恵というのに、頭のいいおじさんたちが10人も集まって、かわいくないわけがないんですよ!!!(?)
      いいね

      良い
    • いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち
      『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』3部作の2番目ということぐらいしか予備知識なし。そういうことなんやな、と思えばすんなり入れる。研究費カットで職を追われた研究者たちが良からぬことを企むと…日本も明日は我が身では。
      いいね

      良い
    • 恋は雨上がりのように
      『恋は雨上がりのように』わたしが傑作青春マンガと思っている「のはらのはらの」に近いものを感じた。若い頃に一心に打ち込んでいるものをある日突然見失うと、それが世界の終わりと思ってしまうだろう。痛みは糧になる。部活ものとしても良作。
      いいね

      良い
    • ビューティフル・デイ
      『ビューティフル・デイ』戦地で死んだ子供は自分だったか、今殺したのはあの時殺せなかった父親か。「お前は決して実在しない」悲しい物語ってどうして美しいんだろうか。不穏で重厚なサウンドデザインも素晴らしい。劇場で見られる人はぜひ。
      いいね

      良い
    • レディ・バード
      『レディ・バード』時折シアーシャちゃんにグレタの姿が重なって見えた。恋に家族に進路、17歳の悩みは尽きないが初めてプロムが羨ましく思えた。「誰かを愛することは、その人に幸福になってもらいたいと願うことである」トマス・アクィナス
      いいね

      良い
    • 名もなき野良犬の輪舞
      『名もなき野良犬の輪舞』グレイトでブリリアントでマーヴェラス……泣きながら帰った。なんも言えねえっすわ
      いいね

      良い
    • デッドプール2
      『デッドプール2』お下品、不謹慎は相変わらず、でも純愛、ファミリー!をサムくなく作れちゃうってすごいなと素直に感激しました。とりあえず、ドーピンダーはわたしとインタビューウィズヴァンパイアについて語り明かそうではないか。
      いいね

      良い
    • 名探偵コナン ゼロの執行人
      『名探偵コナン ゼロの執行人』あまりに話題なので子供と行ってきたけど、やっぱりコナン慣れしてる人でないと厳しかったです。バーフバリの「ありえない」は許容できるけどコナンくんの色々は無理があると思ってしまう。ただ、すごいやおいあった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....