TOP >frodopyonマイページ

frodopyon

さんのマイページ
frodopyon
つぶやいた映画
1,647 本
総ツイート
3,566 件
マイページ閲覧数
83,285 view
ウォッチしている
97 人
ウォッチされている
52 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1647 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • バーニー・トムソンの殺人日記
    ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走
    ダイ・ビューティフル
    コードネーム:ストラットン
    怪盗グルーのミニオン大脱走
    ウーナ
    アメリカン・バーニング
  • ハートストーン
    甘き人生
    ライフ
    ヒトラーへの285枚の葉書
    ボンジュール、アン
    ジョン・ウィック チャプター2
    しあわせな人生の選択
  • ディストピア パンドラの少女
    パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
    ハクソー・リッジ
    ジーサンズ はじめての強盗
    フィフティ・シェイズ・ダーカー
    キング・アーサー
    おとなの恋の測り方
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • たかが世界の終わり
      <たかが世界の終わり(8)>ルイが窓の外を眺めている場面がとても多い。家庭という牢獄から開放を希求するイメージかな? ルイの瞳に(その時見つめている)窓のカーテンが揺れてるのが投影されてるのは、映画館でないと確認できない小細工かもw
      いいね

      良い
    • エリザのために
      <エリザのために(2)>作品内のさまざまなエピソードは、どれも決着しないままなんだな(苦笑)。父親はルーマニアの病んだ社会を具現化したような人物像なのかな。本人に自覚はないけど悪癖がたくさん。でも、根は悪くないんだよー、みたいな。
      いいね

      良い
    • ダイ・ビューティフル
      <ダイ・ビューティフル>フィリピンの映画。綺麗な青年は、望めば絶世の美女にもなれるのね。本人も親友も美しくなる為の努力を惜しまないから、ハリウッドスター並の美貌も可能v でも何より、彼女の人の善さが美しさに磨きをかけてたんだろうな。
      いいね

      良い
    • コードネーム:ストラットン
      <コードネーム:ストラットン>トム・フェルトンが"with"扱いのキャストとして登場。ベジタリアンなのに謎の肉入り食べ物を渡される場面に始まって、本人イメージを多いに活用したキャラになってたv あと、どっかで見た気がする人がたくさん
      いいね

      良い
    • ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走
      <ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走>予告編で面白い場面を観てしまったので、期待ほどノレなかったのと、車で暴走している家族より、周囲の人の方が悲惨な目に遭っていたのに人生の皮肉を感じてしまったw 父親役、ロバート・ダウニー・Jr似!
      いいね

      普通
    • たかが世界の終わり
      <たかが世界の終わり(7)>ルイの脳内再生映像のような俯瞰目線で鑑賞。ルイの『伝えたいこと』を家族が知っていたかどうかの確かな答えはないけど、カトリーヌが一番分かっているように見えるのは、彼女がルイから一番遠い立場だからかも・・・。
      いいね

      良い
    • エリザのために
      <エリザのために>汚職天国のルーマニアに失望した父親が、トラブルに見舞われた娘を助ける為とはいえ裏工作に奔走する話。父親の常識は娘の非常識であることが救いなのかなー。エリザとかマグダとかマリウスとか、役名がミュージカルっぽいw
      いいね

      良い
    • バーニー・トムソンの殺人日記
      <バーニー・トムソンの殺人日記>グラスゴーの冴えない風景、50代で“子供”のロバート・カーライルの情けない系可愛さ、彼より2歳年上のエマ・トンプソンが演じる母親の大阪のオバチャン感、本編はブラックだけど、『ほっこり感』のおまけ付き♪
      いいね

      良い
    • モアナと伝説の海
      <モアナと伝説の海>マウイ、最高でしたよ。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=83416703&comm_id=2326772
      いいね

      良い
    • ウーナ
      <ウーナ>とても不毛な過去の出来事の掘り起こし。名前を変えても過去は変えられない。それでも、耳にした言葉のいくつかは彼女の支えになっていくのかな。ルーニー・マーラの不安定感、ベン・メンデルソーンの不遜さ、リズ・アーメッドの普通さ。
      いいね

      良い
    • 怪盗グルーのミニオン大脱走
      <怪盗グルーのミニオン大脱走>スティーブ・カレルはグルーとドルー2役を担当。ってことは、あの場面でもう1人の自分のあまり似てない物真似を2人分やってったってことでw 音楽は80年代ポップスのイントロクイズ仕様。ミニオンは自由だな^^
      いいね

      良い
    • アメリカン・バーニング
      <アメリカン・バーニング>ユアンの初長編監督作。『偉大なるアメリカ』を体現したような完璧な夫婦の娘が自分のアイデンティティを見失うことから起きる悲劇、あるいは絶望という感覚の映像化。テロ行為は自国の過激派の若者という意識に隔世の感。
      いいね

      良い
    • ハートストーン
      <ハートストーン>主役の少年達は「胸騒ぎの恋人」のフランシスとニコラを10歳ほど若くしたような麗しさ。クリスチャンの悩む姿は絵になるなぁ。開放感のあるアイスランドの大自然が舞台だけど、皆が知り合いの小さな漁村は、かなりの閉塞感。
      いいね

      良い
    • 甘き人生
      <甘き人生>邦題に違和感を感じてタイトルを考えてみた。母親が消える前の言葉『良い夢を』か、母親との思い出『かくれんぼ』かな? で、原題の意味を調べたらSweet Dreams(=原題同じ)という英題が出てきて『甘き』はここからか!と
      いいね

      良い
    • ヒトラーへの285枚の葉書
      <ヒトラーへの285枚の葉書>英題“Alone in Berlin”の英語の作品。「ヒトラーの希望は命令だ」という台詞に『総理のご意向』が重なる。この夫婦って、せいぜい架空名義で政府の批判をつぶやいたくらいの影響力でしょ? なのに。
      いいね

      良い
    • セトウツミ
      「セトウツミ」面白いよーって言われて観てみた。瀬戸と内海のテンションの差が可笑しい。噛み合わないようで通じ合ってる空気が面白い。お互いに素で本音で語っている2人が羨ましい。あと、瀬戸の細い腕と足首と、ぐたーっとした姿勢がいいなぁ♪
      いいね

      良い
    • アサシン クリード
      <アサシン クリード>映像も音楽もアクションも、キャストも好みなのに.ストーリー展開では感動する部分が皆無という^^;  http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=83343576
      いいね

      良い
    • お嬢さん
      <お嬢さん>面白かった。めっちゃ、好みだった。まー、結構変態路線ではあったけどさ。http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=83352726
      いいね

      良い
    • ボンジュール、アン
      <ボンジュール、アン>エレノア・コッポラ監督が、旦那に向けた作品だと思うと、かなりの猛毒と、たっぷりの愛情が詰まった作品なんだろうな。当事者にしか分からないようにカモフラージュしてあるんだろうけど。米仏のお国柄の違いが意外と新鮮。
      いいね

      良い
    • 美女と野獣
      <美女と野獣(4)>フランスの話だけどキャストは英国人が多いな。あ、ソノヤ・ミズノはこの作品にも「ララランド」にも出演しているのね!? 野獣が王子になったときの残念感が観るたびに減っていく。“静止”にも美しさを感じるようになったな。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....