TOP >gadget9007マイページ

gadget9007

さんのマイページ
gadget9007
つぶやいた映画
381 本
総ツイート
873 件
マイページ閲覧数
5,928 view
ウォッチしている
4 人
ウォッチされている
2 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
381 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 世界は今日から君のもの
    アリーキャット
    キング・アーサー
    TAP THE LAST SHOW
    海辺のリア
    花戦さ
    光
  • TOKYOデシベル
    皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
    トンネル 闇に鎖された男
    破裏拳ポリマー
    無限の住人
    ブルーハーツが聴こえる
    コスメティックウォーズ
  • バンコクナイツ
    彼らが本気で編むときは、
    破門 ふたりのヤクビョーガミ
    恋妻家宮本
    島々清しゃ
    クラッシュ・ゾーン
    僕らのごはんは明日で待ってる
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、札幌はいつ上映するのだろうか…
      いいね
    • 花戦さ
      最近、映画を観るときのポイントとして『素のキャラを消す』というキーワードで考えるのがマイブーム。今日の『TAP〜』もそうだったけど『無限の住人』も見事にキムタク色が消えていた。『花戦さ』もはじめこそ「野村萬斎」色強いが、だんだんキャラ性は薄くなり主人公のキャラに移行していく。
      いいね
    • TAP THE LAST SHOW
      『TAP THE LAST SHOW』、ぜひヒットして水谷豊監督第2作が観たいと思うけど、ヒットしなくても観たい。作るに値する監督だと思う。
      いいね

      良い
    • TAP THE LAST SHOW
      (承前)『TAP THE LAST SHOW』、水谷豊も北乃きいも、いわゆる「いつものキャラクター」を完全に消していて良かったし、メインの5人のキャラクターも、各々際立っていて好感持てた。タップシーンも言わずもがなの迫力なので、ぜひ劇場の大きいスクリーンで観るのをオススメします。
      いいね

      良い
    • TAP THE LAST SHOW
      『TAP THE LAST SHOW』(水谷豊)、タップを踏むか踏まないか、夢を見るか諦めるか、その一点で全編を貫いていて観応えあり。日本的な余分なウェット感を排したドラマは、説明描写もほぼなくて、良い感じで乾いていて、画作りも最近の日本映画にはない雰囲気で素晴らしい。
      いいね

      良い
    • 花戦さ
      『花戦さ』、『殿、利息でござる!』の時も思ったけど、宣伝間違っていると思う。もっと内容に即した方が良いし、若者受けを狙ってるっぽいけど、ちょっとふざけすぎていると思う。
      いいね
    • 花戦さ
      『花戦さ』(篠原哲雄)、アクション要素のない時代劇だけど、時代劇らしい味があって、映画自体も緊張と緩和のバランスが良かったし、野村萬斎をはじめ俳優陣も音楽の付け方も画作りも良い。大人の映画だなぁ。 #映画
      いいね

      良い
    • ロッキー5 最後のドラマ
      『ロッキー』はジョン・G・アヴィルドセン監督作品(1&5)に限る…
      いいね

      良い
    • キング・アーサー
      なんだかんだで『キング・アーサー』も今週末からなのか。洋画にほとんど関心ないけど、ガイ・リッチー作品だし。
      いいね
    • 無限の住人
      『無限の住人』、万次役の木村拓哉は予想以上に良かった。今までの中で一番いいんじゃないだろうか。杉咲花は原作のイメージからすると幼いけど、演技力でそれを完全にカバーしてた。逆に敵役として福士蒼汰っていうのはちょっと弱かったかなぁ
      いいね

      良い
    • 無限の住人
      『無限の住人』 、親の仇を追う少女と不死身の用心棒。奇抜な設定はあるもののアクション時代劇としては十二分に面白かった。キャラが多すぎて個々のエピソードがやや軽いのと、 そのせいでやたらシーンが飛ぶのが気になった。 #映画
      いいね

      良い
    • あん
      『あん』 小豆を炊く樹木希林。煮豆を煮る『美味しんぼ』を思い出す。菓子職人の永瀬正敏が喫煙者であるのはちょっと…気になった。 #映画
      いいね

      良い
    • あん
      『あん』(河瀬直美監督)、説明をぎりぎりまでそぎ落としたきわめてシンプルな作劇、それゆえに奥の深い、胸に染みるドラマ、ていねいに積み重ねた描写で、ファーストシーンからラストショットまで、見事に一貫していて素晴らしい。 #映画
      いいね

      良い
    • 大阪極道戦争 しのいだれ
      『しのいだれ』、阿部寛が発作的に飛び降りたあと、やってくる救急隊、その後を追ってゆく仁藤優子、それを見送る役所広司…というシーンがいい。ドラマ賭してもいいけど、こういうタテの構図は好きだなー。 #映画
      いいね

      良い
    • 大阪極道戦争 しのいだれ
      『大阪極道戦争 しのいだれ』地上げを巡るやくざ抗争物…という設定を借りた、男の友情(を越えた、まさに仁義の関係)と男女の恋愛を描いたドラマ。設定や展開の割に誰も死なないし、でも終盤、殴り込みに至る緊張感は画面に釘付けになる。 #映画
      いいね

      良い
    • 光
      『光』(河瀬直美監督)、映画の音声ガイドをモチーフに、観ること・言葉で伝えることの難しさが描かれる。言葉にならない思いがクローズアップの画面から溢れ出す秀作。永瀬正敏と水崎綾女、素晴らしかった。 #映画
      いいね

      良い
    • トンネル 闇に鎖された男
      【メモ】『トンネル 闇に鎖された男』シアターキノ 7/22(土)⇒8/4(金) 一日一回上映 #映画
      いいね
    • TOKYOデシベル
      『TOKYOデシベル』、描写としては良くも悪くも「小説的」、あるいは演劇的。ドラマ的には何だかよく判らない、というか、余計なもの多すぎ&説明し過ぎ。安倍なつみとか、良いところもいっぱいあったので、残念…
      いいね

      残念
    • TOKYOデシベル
      『TOKYOデシベル』前に辻仁成作品、何本か観ておく予定だったけど、まぁいいか。新作から遡ろう。
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      キノの『トンネル』と『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のスケジュール、いつ出るのかな…
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      frodopyon
      1621movies / tweets
      advertisement

      follow us