TOP >gomzo__iマイページ

gomzo__i

さんのマイページ
gomzo__i
つぶやいた映画
95 本
総ツイート
269 件
マイページ閲覧数
454 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

gomzo__iさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
95 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 母という名の女
    ファントム・スレッド
    君の名前で僕を呼んで
    リズと青い鳥
    レディ・プレイヤー1
    泳ぎすぎた夜
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
  • リメンバー・ミー
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    ナチュラルウーマン
    リバーズ・エッジ
  • 霊的ボリシェヴィキ
    ぼくの名前はズッキーニ
    スリー・ビルボード
    デトロイト
    季節の記憶(仮)
    ライオンは今夜死ぬ
    わたしたちの家
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • レディ・プレイヤー1
      ゴダールがハリデーのレディ・プレイヤー1が見たい
      いいね
    • リズと青い鳥
      リズと青い鳥にも https://t.co/DxpzTnz4q9
      いいね
    • リズと青い鳥
      『リズと青い鳥』二人が入れ替わるところは、コールミーバイユアネイムっぽいですね
      いいね
    • リズと青い鳥
      『リズと青い鳥』感極まって泣いてしまった
      いいね
    • リズと青い鳥
      『リズと青い鳥』は恐ろしく静かな映画だ。表題の曲はもちろん、セリフ、足音から衣擦れにいたる生活音が耳に残るが、真の主役はそれらを際立たせるための「間」をつくりだす無慈悲なま冷たい沈黙だ。アニメーションの人工性がこんなに機械的な沈黙と相性がいいという発見は本作の大きな成果だ
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      『レディ・プレイヤー1』公開が1ヶ月早かったら批評再生塾最終課題で出そうと思っていたスピルバーグ論。#批評再生塾。前編はこっち https://t.co/ghB2PNXFLY スティーブン・スピルバーグ論−レディ・ポスト・スノッブ… https://t.co/78p5oaF0hs
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      『レディ・プレイヤー1』は『スピルバーグの映画史』であり、映画における娯楽(スピルバーグ)からアート(ゴダール)への逆襲、ゲームによるモダニズムの撃墜。この二代巨匠のカンヌとNetflixをめぐる攻防が並行して行われていることも興味深い
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      『レディ・プレイヤー1』の日本公開が1ヶ月早かったら #批評再生塾 最終課題で出そうと思っていたというていで書き始めたスピルバーグ論。「スティーブン・スピルバーグ論−レディ・ポストスノッブ・プレイヤー(前編)」|イトウモ|note… https://t.co/bwe5oxUslV
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      今、アメリカでブラックパンサーより、レディ・プレイヤー1より流行ってるらしい「a quiet place」。音を立てたら瞬殺されるSF https://t.co/qBwKHkYXS1
      いいね
    • 君の名前で僕を呼んで
      『君の名前で僕を呼んで』2 居候に応えてピアノを弾かされるときに少年は被写体となり、覗いていた相手と対等になる。それできっとこの話は第三者に「覗かれ」て情事が公にされたときに終わるのだろう、と推測するが、覗きは見守りに変わり一層幸福な結末を迎える。とにかく親がいい!!
      いいね
    • 君の名前で僕を呼んで
      『君の名前で僕を呼んで』1 覗き映画。少年は自動車の止まる音に気づき到着したばかりの新しい居候を窓から見下ろす。開け放した窓と扉、楽譜を記す「音」である少年はフレームに外在し、彼が画面の外から聞こえる音を合図に隣人の様子を伺うことで話が進む。
      いいね
    • 母という名の女
      『母という名の女』 嫌系映画をブレッソンのフィルモグラフィで『スリ』から『たぶん悪魔が』まで、作品を一貫した記号がなくなるまでの記録として辿ってみる。人間的な泥棒たちには意志がなく、動物的な消費者には欲動のみ。『母という…』が撮るのは人間ではなく建築だ。動物を容れるケージとして
      いいね
    • 母という名の女
      『母という名の女』 ミシェル・フランコ新作。ハネケ以来の嫌系映画で欲動に忠実なミドルエイジを描く。10代で妊娠した娘から母親は大人の権力と経済力でなにもかも奪い去る。冷たい固定カメラは人間を追わず、彼らの動作が一切テマティックな記号を残さないのはそこに意志がなく欲動しかないからか
      いいね
    • 泳ぎすぎた夜
      昨日公開の五十嵐耕平、ダミアン・マニヴェル監督『泳ぎすぎた夜』レビューを書かせていただきました。これは身振りの話だと思う https://t.co/Cpzd4oFpbV
      いいね
    • 泳ぎすぎた夜
      清原さんに続き「新時代の映像作家たち」第2弾、本日ダミアン・マニヴェルとの共作『泳ぎすぎた夜』が公開になった五十嵐耕平監督です https://t.co/292q1vVRr6
      いいね
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      『ペンタゴン・ペーパーズ』 時事的な視点で言うと、『シンドラーのリスト』が批判を受けたように、スピルバーグのサービス精神はまたプロの俳優に綺麗な英雄譚を演じさせる。フィクションが書き換えられた公文書にできるカウンターはポストトゥルースに対抗するための別のポストトゥルース
      いいね
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      『ペンタゴン・ペーパーズ』 室内をカメラが絶えず旋回し、VR向きの長回しを濫用するので構成がぶっ壊れそうになるが、ほとんど壊れない。ヒッチコック『ロープ』、ウェルズ『黒い罠』の映画史的な遺産が活き活きと運用され、実話は記号化されず、ヴァーチャルに再現される
      いいね
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      『ペンタゴン・ペーパーズ』スピルバーグ、キレッキレの絶好調
      いいね
    • ファントム・スレッド
      ファントム・スレッド、蛍の光が流れるのか
      いいね
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『聖なる鹿殺し』 外科医は人間を物として扱わなければならないプロとして登場する。父親を失った少年が仕掛ける呪術まがいの復讐に、診察、レントゲン、MRI、PETと効果を発揮しない検査が行われる。これは人を物理や化学の現象として扱う科… https://t.co/JDmbBDEiSp
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....