TOP >hrhtitoマイページ

hrhtito

さんのマイページ
hrhtito
つぶやいた映画
671 本
総ツイート
685 件
マイページ閲覧数
4,757 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
3 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
671 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ドクター・ストレンジ
    ぼくは明日、昨日のきみとデートする
    ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
    この世界の片隅に
    ジェイソン・ボーン
    スーサイド・スクワッド
    君の名は。
  • X-MEN:アポカリプス
    シン・ゴジラ
    ひな鳥の冒険
    ファインディング・ドリー
    インデペンデンス・デイ リサージェンス
    存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48
    セトウツミ
  • 二重生活
    10 クローバーフィールド・レーン
    エクス・マキナ
    裸足の季節
    64 ロクヨン 後編
    デッドプール
    ヒメアノ~ル
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • トリプルX
      『トリプルX』2002年の作品だから古さを感じるのはしょうがないけど、なんか80年代の作品かと思うような古さを感じてしまった。アクションのエクストリーム感に期待してたけど、それも思ったほどでもなかったし。
      いいね

      残念
    • 存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48
      『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』ドキュメンタリーというよりも、タイトル通りAKBの立ち位置をいろんな角度から検証するルポといった内容で、従来とは違う面白さがあった。でも、そろそろこのシリーズも曲がり角かな。
      いいね

      良い
    • 道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48
      『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』HKT48版とは対照的に、第三者の監督による外部の視点で客観性とクールさがある反面、ちょっと表層的というか、よくあるドキュメンタリーのパターンに収まっている印象。
      いいね

      普通
    • 特捜部Q 檻の中の女
      『特捜部Q 檻の中の女』北欧の寒々しい雰囲気と捜査の緊張感がなかなかにいい感じ。犯人の心情が言葉では一切説明されず、印象的なフラッシュバック映像から慮るしかない。しかし、そのあいまいさがなんとも言えない余韻を残す。
      いいね

      良い
    • マイマイ新子と千年の魔法
      『マイマイ新子と千年の魔法』田舎暮らしの子供達の日常を、美しい美術で生き生きと描写、親族の死をきっかけにした、子供達のちょっとした成長を描く良作。ドラマチック展開がなくて印象に残りにくいのが惜しいが、噛めば噛むほと味が出るスルメ系
      いいね

      良い
    • ぼくは明日、昨日のきみとデートする
      『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』設定が飲み込みにくいけれど、この恋の切なさを表現するための舞台装置としては、これほど秀逸な設定はないと思える。その設定とリンクして、ぐるっとスタートに戻ってくる構成が気持ち良い余韻を残す。
      いいね

      良い
    • 尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48
      『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』他のドキュメンタリーが第三者目線なのに対して、指原莉乃という内部の目線になることで、より親密感が増し、優しさの感じられる内容になっているのがよかった。
      いいね

      良い
    • ドクター・ストレンジ
      『ドクター・ストレンジ』ストーリー自体はよくある展開で、それ程新鮮味はないけど、この作品の見どころはその映像表現。MX4Dでは、映像がグニャんとなるのに合わせて、座席がフウォンと動くので、クラッとする浮遊感が味わえた。
      いいね

      良い
    • ディストラクション・ベイビーズ
      『ディストラクション・ベイビーズ』ストーリーはともかく、画面に満ちた狂気と緊張感、それを体現した役者のエネルギーに目を見張る。泰良の狂気は理解はできないが、えも言われぬ色気と魅力があり、その魅力はそのまま柳楽優弥の魅力でもある。
      いいね

      良い
    • ひな鳥の冒険
      『ひな鳥の冒険』ひな鳥がとってもキュートだし、新しい世界に一歩を踏み出して成長するっていうストーリーもシンプルだけど素敵。なにより、映像表現がすごい。マクロレンズで撮ったかのような被写界深度の浅い映像がすごく綺麗。
      いいね

      良い
    • ファインディング・ドリー
      『ファインディング・ドリー』障害を抱えたドリーの生き方や、そんなドリーへの両親の愛情といった物語の根幹は100点。だけど、中盤からクライマックスへの海洋生物研究所でのドタバタは、どうにもやりすぎに思えてしまってテンションだだ下がり
      いいね

      普通
    • セトウツミ
      『セトウツミ』学生ならではのくだらない会話と、ちょっと外したオフビートの間合いが、下手なお笑いよりもよっぽど面白い。菅田将暉と池松壮亮のそれぞれのキャラがまた役柄にハマってて、これ以上のキャスティングが考えられないぐらい。
      いいね

      良い
    • 64 ロクヨン 後編
      『64 ロクヨン 後編』批判の的になっている原作から改変されたらしい結末は、三上の行動に対する違和感は感じたが、映画としての結末をつけようとする意図は理解できる。
      いいね

      良い
    • 64 ロクヨン 前編
      『64 ロクヨン 前編』事件そのものの解決には一切踏み込まない内容に驚いたけど、人間ドラマとしての見ごたえは十分。とにかく豪華俳優陣の濃厚な演技合戦は見ごたえがあり、緊張感を持ってテンポよく進むストーリーもいい。
      いいね

      良い
    • 白鯨との闘い
      『白鯨との闘い』ロン・ハワード監督得意の実録物。前半の一等航海士と船長の確執、後半の漂流描写もそれぞれはよくある話。画作りは綺麗で迫力はあるけれどファンタジーぽくて、実録物のリアリティや緊張感とはちょっと合わない印象。
      いいね

      普通
    • 君の名は。
      『君の名は。』IMAX版が公開されたので、2回目見てきた。大画面で光と影の美術の美しさが際立ち、大音響の音楽に感情が揺さぶられる。
      いいね

      良い
    • ヴィンセントが教えてくれたこと
      『ヴィンセントが教えてくれたこと』なんといってもビル・マーレイの軽妙でいい具合にイケてない感じが絶妙に味わい深い。ストーリーは特筆すべきものがあるわけではないが、爆笑でもなく深刻にもなりすぎず、ほんわかとした心地よさがある。
      いいね

      良い
    • グリーン・インフェルノ
      『グリーン・インフェルノ』ゴアやスプラッターな描写は容赦ないけど、精神的に追い詰められる怖さはなく、むしろ笑い飛ばせるぐらい。キャラも立ってて、死ぬべき人がちゃんと死んでいくし😝、意外にテーマやストーリーもちゃんとしてる。
      いいね

      普通
    • 武士の家計簿
      『武士の家計簿』前半は猪山家のキャラクターを活かした掛け合いが面白いけど、終盤、息子の成之が話の中心になってくるとダイジェスト感が強い。幕末の武家の実態という意味では興味深いけど、作品としては少々地味で盛り上がりに欠けた。
      いいね

      普通
    • ビューティー・インサイド
      『ビューティー・インサイド』姿が毎日変わってしまうっていう設定はキワモノ感が強くて、ちゃんとした話になるのかと訝しんでいたけど、ディテールのしっかりした素敵な正統派ラブストーリーでした。ハン・ヒョジュの笑顔の美しさが際立ってた。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      xxtonchiki
      2815movies / tweets
      advertisement

      follow us