TOP >hrhtitoマイページ

hrhtito

さんのマイページ
hrhtito
つぶやいた映画
880 本
総ツイート
901 件
マイページ閲覧数
6,551 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
880 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • パシフィック・リム アップライジング
    ちはやふる 結び
    アナと雪の女王 家族の思い出
    リメンバー・ミー
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    アナイアレイション 全滅領域
  • 劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ
    スリー・ビルボード
    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章「天命篇」
    勝手にふるえてろ
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    ジャスティス・リーグ
    GODZILLA 怪獣惑星
  • 予兆 散歩する侵略者 劇場版
    マイティ・ソー バトルロイヤル
    ブレードランナー 2049
    セブン・シスターズ
    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」
    猿の惑星:聖戦記
    ソウル・ステーション パンデミック
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • オクジャ okja
      『オクジャ okja』食料問題や動物愛護といった一筋縄でいかない問題を背景にしながら、少女と豚の交流を描いた傑作アクションエンターテイメント。オクジャに待ち受ける過酷な運命と、オクジャを助けようとするミジャの一途さに落涙必至😭
      いいね

      良い
    • 予兆 散歩する侵略者 劇場版
      『予兆 散歩する侵略者 劇場版』日常の中に違和感を積み重ねていく黒沢清印のホラー演出のオンパレード。そこに目が笑っていないと言われる東出昌大がピタリとはまって存在感を発揮。一方で、普通の人の役なのに染谷将太は普通に見えないという😓
      いいね

      普通
    • アナイアレイション 全滅領域
      『アナイアレイション 全滅領域』「エクス・マキナ」に比べれば、ずいぶんエンタメより演出になっていると思うけど、謎が謎を呼ぶストーリーと、ほとんど何も解明されない結末は、万人受けは難しそう。しかし、廃墟萌えの心をくすぐる映像は美しい。
      いいね

      良い
    • パシフィック・リム アップライジング
      『パシフィック・リム アップライジング』前作からかなりテイストが変わったけど、娯楽大作としては正統進化。ストーリーもひねりが効いていて、その分ツッコミどころも多かったけど、細かいところは気にすんなっ!ってノリで、なかなか面白かった。
      いいね

      良い
    • リベリオン
      『リベリオン』低予算で作られた典型的B級ディストピアSF。しかし、ガン=カタというクールでかっこいいアクションが堪能できるし、最初はクールだったクリスチャン・ベール演じる主人公が徐々に感情を露わにしていく過程など、意外に見所が多い。
      いいね

      良い
    • アナと雪の女王 家族の思い出
      『アナと雪の女王 家族の思い出』短編の良さって、わかりやすいテーマをテンポよく描いて、最後にオチを付けてさっと終わるところだと思うんだけど、中途半端に長いから落ちのキレが鈍っちゃった。オチ自体は悪くないんだけどね。
      いいね

      普通
    • リメンバー・ミー
      『リメンバー・ミー』家族の絆と音楽をテーマとした王道の冒険物語。ストーリー自体はそれほど意外性はないし、中盤はちょっと中だるみした感じもあるけど、全体にはよくまとまっている。カラフルで意外に近代的な死者の国のビジュアルが圧倒的。
      いいね

      良い
    • パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
      『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』前作よりは面白かったけど、それは新キャラのヘンリーとカリーナを中心に目的のはっきりした物語を構築したから。第1作でのウィルとエリザベスの役回りだけど、特にカリーナの自立した女性像は魅力的。
      いいね

      良い
    • セブン・シスターズ
      『セブン・シスターズ』ディストピアものの近未来SFアクションスリラー。大作に比べればスケール感の乏しさは如何ともしがたいが、7人で一人を演じるというアイディアをうまく活かした佳作。一人で7人をちゃんと演じ分けたノオミ・ラパスがすごい
      いいね

      良い
    • GF*BF
      『GF*BF』台湾映画といえば青春ものだけど、学生運動を背景にしていることもあってか、期待していた甘酸っぱさとはちょっと違う、大人の恋愛映画だった。大人なグイ・ルンメイは、逆に高校生時代に違和感を感じてしまった。
      いいね

      普通
    • エイリアン コヴェナント
      『エイリアン コヴェナント』興行的には惨敗だったようだけど、やっぱりエイリアンがもうあんまり怖くないっていうのが致命的。全体のテイストも、エイリアンの起源の謎解きの方が主眼になっているけれど、それもあまり意外性が感じられないし...
      いいね

      普通
    • テラフォーマーズ
      『テラフォーマーズ』公開時に酷評の嵐を受けた作品。元々、原作自体が、マンガだからこそ成り立つような結構微妙なリアリティラインの作品なのに、なんの工夫もない。登場人物が次々と戦っては死んでいくだけの単調な脚本・演出もひどい。
      いいね

      残念
    • デビルマン
      『デビルマン』Netflix版を見たついでに見てみたら、本当に駄作だった。若手役者の演技が棒なのはしょうがないとしても、脚本の棒なら演出も棒。全くメリハリがなく、最初から最後まで一本調子。子供向けの特撮ヒーロー物の方がまだマシ。
      いいね

      残念
    • ちはやふる 結び
      『ちはやふる 結び』シリーズ最高傑作。青春スポ根映画の金字塔。あっという間の2時間が終わった時に、終わらないでくれ、もっと見ていたい、と思う映画ってなかなかない。詩暢=松岡茉優の出番が少ないのは残念だけど、団体戦に絞ったのは大正解
      いいね

      良い
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      『マンチェスター・バイ・ザ・シー』故郷で父を亡くした甥の面倒を見ることで、親しい人を亡くした自身の過去を整理していく男を淡々と描く。ケイシー・アフレックもそうだが、カイル・チャンドラーやミシェル・ウィリアムズらの脇役が印象深い。
      いいね

      良い
    • 愚行録
      『愚行録』人間性の闇を描き出す、イヤ〜なミステリー。表の顔に隠された裏の顔が徐々に明らかになり、最後にほのめかされる悲しい真実。石川慶監督の非凡な演出と、満島ひかり、妻夫木聡らの押し殺した表情から溢れる鬼気迫る演技に圧倒される。
      いいね

      良い
    • GODZILLA 怪獣惑星
      『GODZILLA 怪獣惑星』見所は3DCGアニメを駆使して描かれるスピード感あふれる対ゴジラ戦闘に尽きる。一方、人物像の掘り下げは最小限、世界観もや伏線も投げっぱなしで、物語として食い足りないのは否めないが、これは続編に期待かな。
      いいね

      良い
    • 彼らが本気で編むときは、
      『彼らが本気で編むときは、』LGBTをイロモノ扱いせず、本作のようにトランスジェンダーの日常をごく自然に取り上げた作品は初めて見た。すごく優しい気持ちになれる、いい映画。生田斗真も頑張っていたが、トモ役の柿原りんかがすごくよかった。
      いいね

      良い
    • 二度めの夏、二度と会えない君
      『二度めの夏、二度と会えない君』タイムリープものの青春ラブストーリーにして、青春バンド音楽映画。演出は中途半端な印象で、もうちょっと頑張って欲しかったけれど、ヒロイン役の吉田円佳はその弾ける笑顔にいつの間にか引き込まれた。
      いいね

      普通
    • ブラックパンサー
      『ブラックパンサー』ストーリーとしてはティ・チャラの王道成長物語で意外性はないが、時流に乗ったメッセージはストレート。キャラとしてはオコエの存在感が圧倒的。戦闘力の高さ、忠義と信念を貫き通す心意気。もう姉さんについて行きます😍
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....