TOP >hrhtitoマイページ

hrhtito

さんのマイページ
hrhtito
つぶやいた映画
911 本
総ツイート
932 件
マイページ閲覧数
6,853 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
911 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 万引き家族
    デッドプール2
    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章「煉獄篇」
    恋は雨上がりのように
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    レディ・プレイヤー1
    パシフィック・リム アップライジング
  • タイタン
    ちはやふる 結び
    アナと雪の女王 家族の思い出
    リメンバー・ミー
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    アナイアレイション 全滅領域
  • グレイテスト・ショーマン
    劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ
    スリー・ビルボード
    サイコキネシス 念力
    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章「天命篇」
    キングスマン ゴールデン・サークル
    勝手にふるえてろ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳
      『劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳』ポンポンと話が進んで行くので、演出は単調でメリハリはないけれど、原作を知っている人にとっては、セリフや場面が再現されて満足度は高いみたい。その意味では、完全なファンムービー。
      いいね

      普通
    • 恋は雨上がりのように
      『恋は雨上がりのように』オッさんの妄想恋愛映画と思いきや、恋愛要素は薄めで、夢を諦めきれない人へのエールとも言える良作だった。クールな眼差しの小松菜奈と、年の差恋愛をいやらしくを感じさせない大泉洋のキャスティングが絶妙。
      いいね

      良い
    • 万引き家族
      『万引き家族』いろいろな形で日本の社会からはみ出した人たちが肩を寄せ合って生きる、その暖かさとやるせなさの描写のバランスがよく、問題提起をしながらも重すぎず、ホームドラマやエンターテイメントとしても見やすい、是枝監督の集大成的作品。
      いいね

      良い
    • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章「煉獄篇」
      『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章「煉獄篇」』前章でやっと物語が動き始めたと思ったら、いきなり怒涛の展開。物量を前面に押し出した土星沖海戦は、戦略的な大味さ否めないが、随所に外連味あふれる描写があり迫力満点。
      いいね

      良い
    • つみきのいえ
      『つみきのいえ』水没する街に文明の黄昏と人生の黄昏を重ね合わせた、暖かくも物悲しいシンプルな物語。普遍的なテーマだから、言葉による説明はなくても映像と動きだけで伝わってくる。でも、長澤まさみのナレーション付きバージョンも見てみたい。
      いいね

      良い
    • ブルックリン
      『ブルックリン』田舎から都会に出てきた少女の成長と恋を鮮やかな色彩とともに描く、地方出身者の琴線に響きまくりの秀作。エイリシュの思わせぶりな態度はちょっとずるいとも思ってしまうけれど、それも決断しきれない彼女の自信のなさの表れか?
      いいね

      良い
    • グレイテスト・ショーマン
      『グレイテスト・ショーマン』ダイナミックで躍動感あふれる楽曲とダンスが素晴らしくて、それがヒュー・ジャックマン演じるバーナムの前のめりな生き様と、スピーディな物語展開にぴったりマッチ。大ヒットも納得の至高の映画体験が味わえる。
      いいね

      良い
    • デッドプール2
      『デッドプール2』前作同様、おふざけ・パロディ満載ながら、わかりやすい笑いが増えたし、要所で泣かされそうになるし、アクションのスケール感もアップして、前作以上にマニア以外の人が楽しめる作品。忽那汐里演じるユキオが可愛い。
      いいね

      良い
    • トランスフォーマー 最後の騎士王
      『トランスフォーマー 最後の騎士王』あいかわらず、映像は超一級だけど物語は三流。設定がどんどん後付されるから、何が起こっても驚きがない。劇場の大画面・大音響が活きる作品なのに、お金を払う気にならないというジレンマ😂
      いいね

      普通
    • 映画 聲の形
      『映画 聲の形』いろんな形でのコミュ障を抱えた登場人物たちが、もがきながら人間関係を作り上げていく様を描く。アニメならではの柔らかな表現と、心象風景を多めに挟み込みながら、エピソードを積み上げていくっていう演出もよかった。
      いいね

      良い
    • 最低。
      『最低。』現役AV女優原作小説の映画化となると、業界裏話的な内容かと思いきや、色物的な作品ではなく、好むと好まざるとに関わらずAVに関わることになった女性たちの葛藤や生き様を描く、しっかりとした人間ドラマ。ただ、少々長いし地味。
      いいね

      普通
    • 彼女がその名を知らない鳥たち
      『彼女がその名を知らない鳥たち』クズやゲス揃いの登場人物が織り成すドロドロの愛憎劇からの、後半はまさかの純愛ミステリー。散りばめた伏線をうまく使いつつ、徐々に作品の雰囲気をシフトさせていく構成と演出には恐れ入った。
      いいね

      良い
    • 未来よ こんにちは
      『未来よ こんにちは』イザベル・ユペールが人生の岐路で弱さを見せながらも前に前にと進む女性を演じるヒューマンドラマ。その強がりゆえにちょっと周りが見えなくなってる感も感じさせるけど、後ろを振り返らない潔さが清々しい。
      いいね

      良い
    • フラットライナーズ
      『フラットライナーズ』オカルトSFっぽいかと思っていたが、臨死体験のストーリーへの絡み方が中途半端で、むしろ青春ホラーという趣。ホラー好きにはちょと物足りないかもしれないけど、怖いの苦手な自分にとってはちょうどいい感じの怖さだった。
      いいね

      普通
    • 僕のワンダフル・ライフ
      『僕のワンダフル・ライフ』特に前半でのベイリーの心の声のナレーションがかなりうざかったものの、終盤には普通に感動できたし、中盤の転生を重ねるシーケンスがショートフィルム的に濃縮されたエピソードになっていてなかなかいい。
      いいね

      良い
    • エール!
      『エール!』家族のために夢を諦めるかどうか悩む少女と家族の絆の物語。シンプルなストーリーだけど、ろうあ者独特の感情表現と喜怒哀楽の激しい家族がアクセントになってる。ルアンヌ・エメラの歌声を堪能できるシーンが意外に少ないのは残念。
      いいね

      良い
    • サバイバルファミリー
      『サバイバルファミリー』矢口監督得意の職業ハウツーものを電気が使えなくなったらっていうシチュエーションに応用した作品。基本コメディーだけど意外なほど真面目な家族再生物語で、サバイバルハウツー知識の習得も兼ねて安心してみられる良作。
      いいね

      良い
    • スカイライン 征服
      『スカイライン 征服』宇宙人の侵略を民間人視点で描く「宇宙戦争」タイプの作品。非常に低予算で作られていて、ほとんどの場面が高層マンション内で展開し登場人物も限られている分、見せ方の工夫で、それほどB級感は感じないし緊迫感も持続する。
      いいね

      良い
    • ザ・サークル
      『ザ・サークル』SNSに過度に依存した社会に警鐘を鳴らすサスペンス。ということで期待してたんだけど、問題の掘り下げが甘く、サスペンスとしての盛り上がりにも欠ける中途半端な作品になっちゃった。ただ、結末には好感が持てた。
      いいね

      普通
    • 斉木楠雄のΨ難
      『斉木楠雄のΨ難』基本的に福田雄一印のチープなギャグのオンパレードで、最初のうちはそれなりに面白いのだが、さすがに100分近くを同じテンションで同じようなギャグを繰り返されてしまうと、いい加減飽きてしまう。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....