TOP >johnny_pay_payマイページ

johnny_pay_pay

さんのマイページ
johnny_pay_pay
つぶやいた映画
410 本
総ツイート
441 件
マイページ閲覧数
6,926 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
5 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
410 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ハクソー・リッジ
    22年目の告白 私が殺人犯です
    パトリオット・デイ
    20センチュリー・ウーマン
    光をくれた人
    美しい星
    夜明け告げるルーのうた
  • メッセージ
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
    スプリット
    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
    帝一の國
    無限の住人
  • T2 トレインスポッティング
    夜は短し歩けよ乙女
    レゴバットマン ザ・ムービー
    ムーンライト
    ジャッキー ファーストレディ 最後の使命
    まんが島
    未来よ こんにちは
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ハクソー・リッジ
      『ハクソー・リッジ』9/10点。 遂にハクソー・リッジに着いた瞬間、傑作であることは確定した。人が驚くほどに簡単に一瞬で死んでいく、ほぼ全ての人間性が剥奪される戦場に、その人間性のみで立ち向かった主人公の話。素晴らしい。
      いいね

      良い
    • パトリオット・デイ
      『パトリオット・デイ』8/10点。 超豪華版の「アンビリバボー」的再現ドラマ、と言うと誉めてるのか貶しているのか微妙だけど、大いに楽しんだ。ただこういうドキュメンタリータッチの映像は映像酔いするから困る。
      いいね

      良い
    • アンダーグラウンド
      『アンダーグラウンド』8/10点。 とにかくラストはめちゃくちゃ好き。そして、この作品が作られた意義も。けど、本筋には納得いってないところがいくつかあって困った。それこそ、第2章は50年閉じ込めるべきだったと思う。
      いいね

      良い
    • 暗殺の森
      『暗殺の森』9/10点。 初ベルトルッチ。けど、これを超える作品が他にあるのか?、と思うほどに。ただ正常になりたかっただけの男が、異常に傾く国ではファシストになってしまったという皮肉。映像は語る必要もなく。素晴らしい。
      いいね

      良い
    • 光をくれた人
      『光をくれた人』8/10点。 中盤の展開、子供のためを考えるとこれでいいのかと思うが、思えば最初の方のルーシーも泣いてたな、と思い出して、結局はそこに愛があればこそと思わされる。メイン3人の気持ちがはっきり判る。丁寧。
      いいね

      良い
    • 20センチュリー・ウーマン
      『20センチュリー・ウーマン』8/10点。 早回しが印象的。人生は長いようで短い。この映画の、20世紀の1年間だけ偶然人生が重なっただけの5人の、ストーリーのないストーリーを描くうえで、優しくも切ない演出。良作。
      いいね

      良い
    • アギーレ・神の怒り
      『アギーレ・神の怒り』7/10点。 作品の外で評価されているのだろうと思ってしまった。これをあの時代に撮影したという。確かに迫力は伝わるが、もうそういう世代じゃないので。申し訳ない。ラストの独白は好き。あまりに愚かで。
      いいね

      良い
    • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
      『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』10/10点。 3回目の観賞。色んなものを失ったものたちが家族になる話として、あのとき母の手を握らなかったその手で新しい家族の手を握って銀河を救う話として、最高。
      いいね

      良い
    • こわれゆく女
      『こわれゆく女』8/10点。 Jカサベテスの繊細さとGローランズの大胆さ。「こわれゆく女」をこれでもかというほど見事に表現。もはやスリラーの域。そしてそこに自分勝手な夫のPフォークを加えて愛の話にしてしまえる豪快さ。
      いいね

      良い
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      『22年目の告白 私が殺人犯です』8/10点。 オリジナル未見だが、殺人犯すら軽薄で軽率に扱われる現代社会と、その中心人物たちの(非現実的だが)入り組んだ重いドラマの対比は面白い。エンタメとしての見応え、十分にあり。
      いいね

      良い
    • 帝一の國
      『帝一の國』8/10点。 ピカレスクロマンとしての政治劇と青春ドラマとしての学園劇の融合を、大袈裟すぎる演技、演出、設定によって成し遂げた良作エンタメ映画。思いの外楽しかった。楽しいだけだとも言えるが。
      いいね

      良い
    • 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
      『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』8/10点。 期待していたほどではなかった、というのが残念ながら第1の感想。エキセントリックな演出は良いが、エモには繋がってない。題材は好みなのに、どうも合いきれなかった。
      いいね

      良い
    • 夜明け告げるルーのうた
      『夜明け告げるルーのうた』10/10点。 2回目の観賞。最高。また泣いた。今年のベスト。恐らく間違いなく。この映画がファンタジーとして拾えた死者の想いは、これほど優しい嘘があるのかと思うほどに感動的。大傑作。大好き。
      いいね

      良い
    • インヒアレント・ヴァイス
      『インヒアレント・ヴァイス』8/10点。 好きなことしかしないと決めたPTA監督。愛し切れるかはわからないが、確かにこの作品は好き。過去には戻れない、元どおりにはならないけど、戻れるものはあるという結論も含めて。
      いいね

      良い
    • 美しい星
      『美しい星』7/10点。 吉田大八監督はデタラメをやりたい人だとは理解していたが、あの結論のためにこの設定、嘘があるとするなら、それは大げさすぎると自分は感じてしまう。家族は他人だけど家族だ、という結論のためには。
      いいね

      良い
    • 夜明け告げるルーのうた
      『夜明け告げるルーのうた』10/10点。 ボロ泣きした。今も思い出したながら泣いている。ストーリーテリングは上手くない。それでもラストの、ありとあらゆる人の想いが発現するクライマックスにはやられる。オールタイムベスト級。
      いいね

      良い
    • 桐島、部活やめるってよ
      『桐島、部活やめるってよ』9/10点。 傑作と言わざるを得ない。学園群像劇を作るための適切すぎる撮影、編集、セリフ、演技演出が、実は最後のデタラメのためという。ひっくり返さなくてもいいのにひっくり返す。素晴らしい。
      いいね

      良い
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      『マンチェスター・バイ・ザ・シー』9/10点。 思い出すための映画があると思って、そこまで劇的なことが起こらなくて、観賞中ではなく観終わったあとの余韻にこそ最大のエモーションがあるような。この映画がそうだと思う。傑作。
      いいね

      良い
    • アンブレイカブル
      『アンブレイカブル』7/10点。 現時点でこの映画を初めて観たんだけど、続編の製作が決定して本当に良かった、と思った。公開当時にこの映画を自分が観たとしても、たぶんちゃんと受け止められなかったと思う。続編を期待している。
      いいね

      良い
    • マインド・ゲーム
      『マインド・ゲーム』10/10点。 相変わらず、最高。 自分にとってはもう心の処方箋のような映画で、気持ちが後ろ向きになっているときには、これを観て「全力で生きろ!」と言ってもらおうと思う。何度も観返すだろう。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      WaseiG
      3310movies / tweets
      advertisement

      follow us