TOP >kerakutenマイページ

kerakuten

さんのマイページ
kerakuten
つぶやいた映画
186 本
総ツイート
192 件
マイページ閲覧数
3,703 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
186 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
    人生はシネマティック!
    はじまりの街
    女神の見えざる手
    ドリーム
    禅と骨
    パターソン
  • ワンダーウーマン
    ギフト 僕がきみに残せるもの
    フェリシーと夢のトウシューズ
    夜明けの祈り
    台湾萬歳
    パワーレンジャー
    ライフ
  • ボンジュール、アン
    しあわせな人生の選択
    パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
    いつまた、君と 何日君再来
    世界にひとつの金メダル
    セールスマン
    20センチュリー・ウーマン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
      『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』繊細で健気で、でも柳のように強いアントニーナ。「女神の見えざる手」とは逆のジェシカの魅力全開です。全編英語なので、ノンフィクション感はちょっと薄れましたが。
      いいね

      良い
    • 人生はシネマティック!
      『人生はシネマティック!』どんなに制約の多いプロパガンダ映画だろうが、いい映画はいい❗「人生の1時間半を捧げるに値するか?」答はyes❗です。
      いいね

      良い
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』ロビイスト・・なんと因果な商売!メジャー映画で脇役止まりだったのを主役にしたのはスゴイ。https://ameblo.jp/kak-dela/entry-12321391170.html
      いいね

      良い
    • はじまりの街
      『はじまりの街』DV夫から逃れて・・というシリアスな設定ですが、社会派モードではなく、「子育てあるある」「引っ越しあるある」で共感しやすいです。隙のないエリートキャリアのイメージのマルゲリータ・ブイの新生面も驚き。
      いいね

      良い
    • ドリーム
      『ドリーム』タイプの違う3人の黒人リケジョがそれぞれにチャーミング。差別を跳ね返し、知性で解決してキャリアアップしていくポジティブさにしびれました。 肉体的な虐待はなくても、片道800mのトイレ事情は何よりも深刻。
      いいね

      良い
    • ワンダーウーマン
      『ワンダーウーマン』ダイアナはデミゴッド設定なんですが、女神感が半端ない。前線突破するところでは、ドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」を彷彿させます。アベンジャーズのマイティー・ソー(トール神)を完ぺきに上回ってます。
      いいね

      良い
    • パターソン
      『パターソン』日々の思いを言葉に紡ぐ、バスの運転手パターソン。冴えない田舎町のかわり映えのない日常は、こんなにも愛しいものと気づかされます。連写と思っていたチラシの3枚の画像がそうでないと知って、またきゅんとしました。
      いいね

      良い
    • 夜明けの祈り
      『夜明けの祈り』衝撃を受け、感動し、考えさせられる。映画としても美しい。満席が続くのも納得です。 https://ameblo.jp/kak-dela/entry-12299859526.html
      いいね

      良い
    • ライフ
      『ライフ』ホラー要素もあるけど、グロいの苦手な私もOKでした。(予告編でお知らせしてるのは良心的) ストーリーで見せる作品なのでむしろ「SFスリラー」のくくりかも。「ライフ」の意味を何度も反芻させられました。
      いいね

      良い
    • パワーレンジャー
      『パワーレンジャー』前半はほとんど青春学園ドラマなので、戦隊ものだと思って小さい子は連れて行かないほうが・・・? メカのスペックとか、どういうふうに合体するか、知りたかった。
      いいね

      普通
    • ボンジュール、アン
      『ボンジュール、アン』シンプルなロードムービーながら、ディテールのひとつひとつが、切り取られたインスタ写真のように味わい深く愛しい。字幕のついてなかったフランス語が何言ってたか気になります。
      いいね

      良い
    • フェリシーと夢のトウシューズ
      『フェリシーと夢のトウシューズ』夏休みの子ども映画ということでいいんでしょうか?ガチなバレエファンにも映画ファンにもビミョーなレベル。踊れるメンバーで揃えた吹き替え声優陣はGOOD!でした。
      いいね

      普通
    • 台湾萬歳
      『台湾萬歳』前2作のクオリティを期待すると、かなり薄口。日本統治時代が遠くなってしまった今、これが現実なんでしょう。http://ameblo.jp/kak-dela/entry-12297071415.html
      いいね

      普通
    • 禅と骨
      『禅と骨』ブランド寺の日本通の青い目の僧侶・・のイメージとはかけ離れた破天荒なヘンリ。かみ合わない舞台裏はそのまま見せて、常識的なところに落とし込まない。アバンギャルドなデザインに斬新な音楽、再現ドラマのクオリティも高い、傑作です!
      いいね

      良い
    • パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
      『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』やっぱりジョニー・デップの当たり役キャラはこれ! ブログ更新しました。http://ameblo.jp/kak-dela/entry-12293289761.html
      いいね

      普通
    • ギフト 僕がきみに残せるもの
      『ギフト 僕がきみに残せるもの』「泣ける難病もの」から一番遠いところにある作品です。きっかけはALSの認知と患者の支援かも知れないけれど、普遍的な父と子のドラマでもあります。飾らない私生活をここまで世間に晒す勇気にも拍手。
      いいね

      良い
    • いつまた、君と 何日君再来
      『いつまた、君と 何日君再来』俳優向井理のルーツを感じられず「ファミリー・ヒストリー」として成り立っていないのでは?http://ameblo.jp/kak-dela/entry-12290082939.html
      いいね

      普通
    • しあわせな人生の選択
      『しあわせな人生の選択』死を目前にした人が病気で戦うことをやめたら、次にすることは?二人と一匹の名優たちが4日間のケツカチで伝えてくれます。残念なのはこのダサい日本語タイトルと、上映館が少ないこと。
      いいね

      良い
    • 20センチュリー・ウーマン
      『20センチュリー・ウーマン』40歳で子どもを産んだ55歳のシングルマザーが15歳の息子とどう向き合うか?良かれと思っていろいろ手を回したり、じっと見守ってみたり・・・38年前の1979年に思い入れのある人には響く話でしょう。
      いいね

      普通
    • セールスマン
      『セールスマン』ムスリム独特の世界観ではなく、私たちにも共感できる親子や夫婦や男と女の人間ドラマ。過激なビジュアルのシーンがほとんどないのに、ここまで心を締め付けられるとは! 丹念にちらばった伏線も一度見ただけでは解き切れません。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....