TOP >kiruria281マイページ

kiruria281

さんのマイページ
kiruria281
つぶやいた映画
530 本
総ツイート
530 件
マイページ閲覧数
10,263 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
3 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
530 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
    ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
    シン・ゴジラ
    帰ってきたヒトラー
    10 クローバーフィールド・レーン
    スター・ウォーズ フォースの覚醒
    トリプルヘッド・ジョーズ
  • シャークネード エクストリーム・ミッション
    ジュラシック・ワールド
    バケモノの子
    ターミネーター:新起動 ジェニシス
    イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
    アメリカン・スナイパー
    トラップ
  • ベイマックス
    ルパン三世
    トランスフォーマー ロストエイジ
    シャークネード カテゴリー2
    GODZILLA ゴジラ
    LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
    超高速!参勤交代
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
      既存・新規の登場人物双方をうまく立てて話を盛り上げていて、悪くはない部類。だが敵方が過去シリーズと被っている特徴が多いと言うマンネリ感、スケールが小さいという残念さがある。『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』#movie
      いいね

      普通
    • デッドフォール
      主人公2人のアクションや互いの絡みがきちんと上手く描き出されていて、バディ映画としては王道ではあるが、ありきたりさや飽きやすさを感じさせにくい作品。アクションも豊富でストーリーもしっかりしている。『デッドフォール』#movie
      いいね

      良い
    • ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!
      本当にこれディズニーなのか?って思えるくらいに内容が薄い。表面的な楽しさや痛快さ、奥にある教訓や示唆、そのどちらも欠けている。ディズニーという高い基準を外しても並以下。『ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!』#movie
      いいね

      残念
    • X-MEN:ファイナル・ディシジョン
      アクション多めなのは良いのだが、このシリーズが重視し踏み込んできた問題への切込みが浅すぎて、物語自体が薄味と言うのは見過ごせない問題。これで大物作品の完結編と言うのは解せない。『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』#movie
      いいね

      残念
    • シャドー・チェイサー
      全体的にごちゃごちゃしたストーリーの割に印象が薄く記憶に残らない。展開が早く飽きさせないと言うより、ぶった切りの場面を無理やり繋げただけと言う感じで、アクション映画としては平凡以下な作品。『シャドー・チェイサー』#movie
      いいね

      残念
    • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
      原作の雰囲気を尊重しているからこそなのだが、この作品から挟んで前後の雰囲気が両方ごっちゃになって温度差が激しいという難点あり。また内容もやや駆け足気味。前後編に跨いでもよかったのでは。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』#movie
      いいね

      普通
    • ルパン三世
      脈絡も無くかっこいいと思わせぶりなカットの多用、微妙に見づらく迫力の欠けるアクション、日本版ミッションインポッシブルと見れば佳作だが、ルパンで見れば落第。一部の演技は意外にも似ている。ダメな方はダメだが。『ルパン三世』#movie
      いいね

      残念
    • ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
      個性的なキャラクターと織りなす展開は今までの映画シリーズに勝るとも劣らず、とてつもなく引き込まれる。ストーリーの位置づけとして最後は予測できても泣ける。SWファン必見です。『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』#movie
      いいね

      良い
    • とんだ災難 [雨に降られて]
      喜劇王と呼ばれる彼の作品群から比較すると、まだ初期頃を思わせる作風でやや平凡に感じるが、それでも1つのコメディとして成立している。字幕を見れば意味も分かるのでまだ親切な方。『とんだ災難 [雨に降られて]』#movie
      いいね

      普通
    • ボーン・スプレマシー
      劇中常に程よく緊張感が漂っていて、息つく暇が少ないがこれにより飽きない展開となってる。しかも主人公が常に優位と言うのがご都合主義や偶然ではなく論理立てられており、徐々にそれが紐解かれる展開に唸る。『ボーン・スプレマシー』#movie
      いいね

      良い
    • ボーン・アイデンティティー
      火薬と銃弾の多い映画に食傷気味な人には嬉しい。やたらなところは少ない所が逆にスマートでリアル。自分は多くを語らず周りに語らせる所が逆に感情移入を容易としてる。アクションもストーリーも良作。『ボーン・アイデンティティー』#movie
      いいね

      良い
    • バイオハザード ダムネーション
      前回に続きゲーム実況動画並。というより前回よりも深みも意外性も無くより単調化している気がする。ゲームとしては面白くとも、映画としてストーリーにすると必ずしも面白い訳ではない。『バイオハザード ダムネーション』#movie
      いいね

      残念
    • カイジ2 人生奪回ゲーム
      原作に対して劣るのは無論、原作抜きに対しても駆け引きや騙し合いの要素が薄い。なんかスケールは小さいし戦略もむしろ囮気味。前作よりはちょっと面白いかもしれないが、原作とアニメだけで十分。『カイジ2 人生奪回ゲーム』#movie
      いいね

      残念
    • カウボーイ&エイリアン
      演技力は良いしエイリアンの造形もGCもいいのになぜかつまらないというある意味異色の映画。西部劇としての王道とSF映画の王道を無理に噛み合わせた結果、軸がはっきりしないせいだとは思う。『カウボーイ&エイリアン』#movie
      いいね

      残念
    • シン・ゴジラ
      良くも悪くもあの人の作品。速足の展開は面白いが、ゴジラで重要な人間への風刺が薄い。オチは作中のゴジラへの評価からすると違和感が強く、監督の思考が強く反映されている。一言で言えばゴジラである必要が無かった。『シン・ゴジラ』#movie
      いいね

      残念
    • グッバイ、レーニン!
      コメディ中心だがかなりキツイ風刺映画。全体には壁崩壊に伴うドイツの様変わりをまざまざと見せつけており、社会主義の視点から資本主義を見るのは新鮮さがある。急激な変化に伴う奔走をうまく描いている。『グッバイ、レーニン!』#movie
      いいね

      良い
    • バイオハザード ディジェネレーション
      良くも悪くもゲームムービーな印象。映画を観ているというよりゲームをプレイしたり実況を観ているような雰囲気に近く、つまらないとは言わないが映画として評価するのは苦しい。『バイオハザード ディジェネレーション』#movie
      いいね

      残念
    • ダブルヘッド・ジョーズ
      よくあるB級サメ映画なのだが、にしてもいまいち。双頭という特徴がいまいち生かされておらず、むしろデカさの方がはるかに目立つ名折れっぷり。たまにギャグみたいな死に方が混ざるのが数少ない評価点。『ダブルヘッド・ジョーズ』#movie
      いいね

      残念
    • 笑いのガス
      動きがオーバーだがきちんと表現されている。何より表情が豊かであり、無声映画という難点をカバーして状況をきちんと伝えている。良く分からないシーンも解説を観て理解を深めればもう一度見ても面白い。『笑いのガス』#movie
      いいね

      良い
    • ロボコップ
      リメイク元を踏まえなければサイボーグ化に悩む元人間と言う凡作だが、観客はそれを期待してはいないだろう。コンセプトが変わっても生かせるだろう原作のリスペクトすべき点が無いか生かせて無くて中途半端。『ロボコップ』#movie
      いいね

      残念
      もっと見る Loading...
      Loading.....