TOP >kiyokiyo1222マイページ

kiyokiyo1222

さんのマイページ
kiyokiyo1222
つぶやいた映画
499 本
総ツイート
566 件
マイページ閲覧数
6,412 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
499 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • はじめてのおもてなし
    5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生
    キングスマン ゴールデン・サークル
    勝手にふるえてろ
    わたしは、幸福
    はじまりのボーイミーツガール
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
  • DESTINY 鎌倉ものがたり
    否定と肯定
    オリエント急行殺人事件
    希望のかなた
    パーティで女の子に話しかけるには
    gifted ギフテッド
    人生はシネマティック!
  • 南瓜とマヨネーズ
    シンクロナイズドモンスター
    マイティ・ソー バトルロイヤル
    ノクターナル・アニマルズ
    ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
    はじまりの街
    彼女がその名を知らない鳥たち
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生
      『5パーセントの奇跡』@新宿ピカデリー|目一杯の努力と緊張の日々から、転がり落ちるときの加速は誰にも止めることができなくて切なかった。障害を含めて個々の事情を理解して、助け合う同僚たちの優しさに、学ぶべきことある、我々日本人。
      いいね

      良い
    • はじめてのおもてなし
      『はじめてのおもてなし』@シネスイッチ銀座|難民を受け入れる側のドタバタがひどい。父親はまるでヒトラー⁈ 過去の反省から「自由と寛容」を標榜する国ドイツと、同じく家族を認め合うことに努力した家族に拍手。最後の難民ジョーク、ウケる〜
      いいね

      良い
    • はじまりのボーイミーツガール
      『はじまりのボーイミーツガール』@シネマカリテ|物哀しい低音の響きのチェロを、困難にぶち当たっているマリー役が演奏できる才媛であること、これに尽きる。久しく忘れていた少年少女たちの無垢な心を見た。大人って視界不良、視野狭窄だね。
      いいね

      良い
    • キングスマン ゴールデン・サークル
      『キングスマン ゴールデン・サークル』@MOVIX京都|前作の斬新さから期待大の今作は、アメリカをいじりまくるが、キングスマンの紳士たれ!の信念を感じさせる「カントリロード」にはグッとくるシーンも。ジャージのコリン・ファースに萌え〜
      いいね

      良い
    • わたしは、幸福
      『わたしは、幸福』@HTC渋谷|近代化が遅れている街並みや暮らしぶり、そこはかとなく大地の匂いや暗闇になにか宿っているようなコンゴで無力感と対峙するフェリシティ。歌手より「歌姫」がふさわしい生き方は体の大きさと同じくらい力強い。
      いいね

      良い
    • 勝手にふるえてろ
      『勝手にふるえてろ』@シネマカリテ|松岡茉優の初主演にして代表作!コクられて有頂天になったり、終盤には地獄をみたりするヨシカが、恋をして人は成長する事を学ぶ。クルクル変わる豊かな表情、「二」役の渡辺大知の一途さ、きゅんきゅんくる。
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』スター・ウォーズ交響曲に聴き惚れる。熱狂的ではない一観客にとってシリーズの伏線が拾えきれないでいる。今作も、伏線、ばらまくし、続けて観てないと楽しめない地獄だ。キャリー・フィッシャー、どうなる?
      いいね

      普通
    • パーティで女の子に話しかけるには
      『パーティで女の子に話しかけるには』@HTC渋谷|アナーキーなパンク少年に刺激され自由を求めるエイリアンをエル・ファニングがぶっ飛んで演じてる。荒唐無稽なストーリーも二人の演技力で、みずみずしいボーイミーツガール映画となった。
      いいね

      良い
    • 希望のかなた
      『希望のかなた』@ユーロスペース|35mmフィルムのざらざらした質感が、なんとも言えない叙情感。懐かしさを感じるのは古き良き日本の人情話に通じるからか、法では守られない人を助ける人々のさりげなさに痛み入ります。あ〜いい映画だった。
      いいね

      良い
    • DESTINY 鎌倉ものがたり
      『DESTINY 鎌倉ものがたり』妖怪や魔物が人間と共存している鎌倉の設定でワクワクさせておきながら、古来伝承の人間との関わりには触れず親近感がわかない。最高に可愛いモンスターは夫役の堺雅人にいつもボディタッチしてる高畑充希かな。
      いいね

      普通
    • 否定と肯定
      『否定と肯定』@TOHOシャンテ|ティモシー・スポール、「ターナー」からたまらなく好き。痩せたね。よくもこの難役、ホロコーストを否定する歴史学者という悪役を演じる度量、役者ってすごいな〜歴史認識を問われている日本にも重なるテーマ。
      いいね

      良い
    • gifted ギフテッド
      『gifted ギフテッド』@TOHO渋谷|ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーユー〜🎵子供そのものの存在が親にとってはギフテッドという今さらを感じて泣く。キャプテンアメリカのレゴ踏んだとこ、キュンとするね。
      いいね

      良い
    • オリエント急行殺人事件
      『オリエント急行殺人事件』結末があまりにも有名で、前半の人物像のそれぞれが退屈思えるものの、推理のクライマックスが額縁舞台のような空間で、犯行に至る憎しみが湧き出るような演出はさすが〜昔のポアロのイメージが邪魔して困った。
      いいね

      普通
    • ユリゴコロ
      『ユリゴコロ』沼田まほかる原作の映像化のもう一本「彼女がその名を知らない鳥たち」同様、残忍な犯罪の裏に隠された社会の闇、不幸な女たちが温もりを求めて必死に生きている。殺人の動機に全く共感できないのに、役者の溢れる涙にズシリときた。
      いいね

      良い
    • シンクロナイズドモンスター
      『シンクロナイズドモンスター』@Tジョイ京都|SFモンスター映画だけれど、ワープゾーンがどうなっているんだか、彼女もメチャクチャだけど、話の筋もメチャクチャ。メチャクチャだけど楽しかった。ソウルに怪獣って違和感、やはり東京でしょう。
      いいね

      良い
    • 南瓜とマヨネーズ
      『南瓜とマヨネーズ』@新宿武蔵野館|才能を信じて手段を選ばず金銭的に支えるツチダ役臼田あさ美、売れないミュージシャン役太賀、お互いの思いがすれ違っていく日々を淡々と。太賀の歌をもったいぶって聞かせてくれないのは酷です。
      いいね

      普通
    • 人生はシネマティック!
      『人生はシネマティック!』@新宿武蔵野館|おじさま界の最高峰ビル・ナイ!史上最大の撤退「ダンケルク」の美談をシネマに落とし込むため映画人の奮闘、なかでも役者としての経験と才能を持つプライド高い老境の役者役がハマる。歌のシーン、感動。
      いいね

      良い
    • 婚約者の友人
      『婚約者の友人』@京都シネマ|敗戦国ドイツ人の善良な両親、勝戦国フランス人の母など、1919年の戦後、両国の立場の違いや国民気質をうまく捉えている。揺れ動く女性の気持ちや、最後のシーンの様々な解釈、オゾン監督らしい映画でした。
      いいね

      良い
    • はじまりの街
      『はじまりの街』@岩波ホール|親の不和が少年を傷つけた。逃れてきた街で自分の居場所を探すために夜の街を自転車で走る。少年のやり場のない怒り、切なさ、苦しさを泣き顔と笑顔のギャップで思春期の感情を見事に演じた美形の少年役に拍手👏
      いいね

      良い
    • ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
      『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』帝国陸軍の暴走に翻弄された料理人の悲運を、抑えた演技で人間ドラマを引っ張るニノの巧者ぶりが際立つ。ニノ本人の両親が服部の先生であり、味の記憶は家族の歴史という普遍性と重なって、王道の日本映画でした。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....