TOP >kodakenマイページ

kodaken

さんのマイページ
kodaken
つぶやいた映画
1,934 本
総ツイート
3,750 件
マイページ閲覧数
17,400 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
12 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

kodakenさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1934 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 獣道
    めがみさま
    セールスマン
    22年目の告白 私が殺人犯です
    女流闘牌伝 aki アキ
    ダブルミンツ
    光と血
  • ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
    ちょっと今から仕事やめてくる
    ポエトリーエンジェル
    皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
    想影
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    ノー・エスケープ 自由への国境
  • 空(カラ)の味
    私は渦の底から
    食べられる男
    トータスの旅
    笑う招き猫
    フリー・ファイヤー
    マスタード・チョコレート
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 光と血
      『光と血』、最終日にすべり込み。3つの事件の加害者と被害者、そこに連なる人物達の喪失と再生を描く群像劇。登場人物それぞれが抱えてるものが重くて観ている間はつらいですが、最後は救われた気がしました。作品の持つ力が強く、感情移入しやす… https://t.co/awpPedtpEB
      いいね
    • 女流闘牌伝 aki アキ
      『女流闘牌伝 aki アキ』つづき、ただ作品としての立ち位置は微妙。アイドル映画としては別にアイドルだらけの麻雀映画があったし、青春映画としては麻雀以外の葛藤があまりない。描き方も軽いし、せっかく中村監督の作品なんだからもう少し尖ったものを観たかった。
      いいね
    • 女流闘牌伝 aki アキ
      『女流闘牌伝 aki アキ』、麻雀女流プロの二階堂亜樹さんの自伝漫画原作の麻雀映画。監督は中村祐太郎監督ですが、中村監督の作品でたぶんこれまででいちばん軽快なタッチで描いた作品(その分町あかりさんの楽曲がよくハマってる)。麻雀を知らなくても気楽に観られます。
      いいね
    • めがみさま
      『めがみさま』続き、大本の設定やエピソードもドラマやアニメや漫画で何度も見たことあるようなもので何番煎じだよという感じ。それでいて振りがわかりやすすぎてオチにも驚きがない。残念。
      いいね
      評価
      なし
    • めがみさま
      『めがみさま』、最近女優としての活躍が目覚ましい松井玲奈さんと新川優愛さんW主演の映画。キャストは悪くない。みんな熱演。松井玲奈さんのお母さん役の筒井真理子さんとかやっぱりすごい。ただ如何せん脚本がダメ。
      いいね
      評価
      なし
    • セールスマン
      『セールスマン』、現代イランを舞台にある事件に遭遇した夫婦の葛藤や感情のすれ違いを描くアスガー・ファルハディ監督のサスペンス映画。物語はシンプルだけどイランの社会観を内包しスリリングに展開、見つけ出した犯人へ振り上げた拳の落としどころを見失ったラストの喪失感の余韻が後を引く良作。
      いいね
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      『22年目の告白 私が殺人犯です』おまけ、出演者全然チェックしてなかったけど、「退屈な日々にさようならを」の松本まりかさんが出ていてひとりでオォ!ってなった(笑)ジムで日高七海さん発見(笑)
      いいね
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      『22年目の告白 私が殺人犯です』、韓国映画「殺人の告白」の邦画リメイク。副題のダサさは置いといて、オリジナルの多方面に振れたエンタメ感よりサスペンス色を強調した作りは全く別物の映画を観ているようで悪くない。というより韓国映画の邦画リメイクで初めて良いと思った。面白かったです。
      いいね
    • ダブルミンツ
      『ダブルミンツ』、原作未読。BLものということでちょっと躊躇しておりましたが意外と大丈夫でした(笑)ダークなテイストの中で主役2人の関係性が丁寧に描かれていたし、他の登場人物含め程よく下衆な部分も描くのは内田監督らしい(笑)BLに興味が無くても普通に面白い映画として観られます。
      いいね
    • ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
      『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』、フェイスブックで知り合って国際結婚した日本人男性と台湾人女性の実話を基にしたラブコメ。表情がくるくる変わるリンちゃん役のジエン・マンシューが本当にキュートで可愛い。ストーリーもポップで可愛らしく、最初から最後までニコニコできる映画。
      いいね
    • ちょっと今から仕事やめてくる
      『ちょっと今から仕事やめてくる』、原作未読。自分の職業目線で観てしまったのは失敗。ストーリー以前にブラック企業といわれる職場の描き方が妄想によるステレオタイプなイメージだけで(要はリアリティがない)、画面からは隆の追い込まれる様が伝わらない。職場シーンのぬるい脚本と演出にがっかり
      いいね
      評価
      なし
    • バーフバリ 伝説誕生
      『バーフバリ 伝説誕生』、インドのヒーローアクション映画。インド映画らしく歌やダンスもあり、アクションもガッツリなエンタメ映画。面白かった。続編の公開も待ち遠しい。
      いいね
    • 想影
      『想影』おまけ、映画は学生時代の想いに10年越しくらいで決着をつける話ですが、そういえば自分の初恋を本人にゲロったのは40年越しだったのを思い出した(笑)
      いいね
    • 獣道
      『想影』、上映終了後は劇場で一緒になった「獣道」クラウドファンディング友達と一緒に「獣道」にも出演している日高七海さんとおはなし。 楽しかったです。 写真はもらったやつ。 https://t.co/UfhPY0Lk1q
      いいね
    • 想影
      『想影』、トリウッドでの最終上映日にようやく鑑賞。学生時代の淡い恋心を思い起こさせるピュアなお話しでした。上映後トークゲストは三瓶美菜さんと日高七海さん。日高さんが演じたヒロインの恋のライバル役は原作になくて映画用に作った役だとか。いい感じで怖かったです(笑)
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、邦題ありきで観ましたがw、面白かったです。ハリウッドのアメコミヒーローものとはまた違ったイタリアン・ヒーロー映画。程々にダークでノワールな雰囲気も良かった。
      いいね
    • ポエトリーエンジェル
      『ポエトリーエンジェル』、初日に観ました。詩のボクシングを題材にした青春エンタメ。詩のボクシングってどんなんかと思いましたが、対戦シーンを含め思った以上に面白かったです。キャストの配置も良い。岡山天音さんと鶴見辰吾さんとの親子のパートも良かった。
      いいね
    • 空(カラ)の味
      『空(カラ)の味』、上映後のロビーには塚田監督や主演の堀春菜さんとかもいましたが、さすがに初対面で声もかけづらく(人見知りなもんで^^;)、出演者で唯一知り合いの南久松真奈さん(堀さんのお母さん役)にだけご挨拶して帰りましたw
      いいね
    • 空(カラ)の味
      『空(カラ)の味』田辺・弁慶映画祭セレクション、摂食障害に悩む女子高生がある女性に出会って少しずつ心を開いていく。多分主人公目線より家族目線で観ていたと思う。自分の理解の外故に観ていて苦しかった。それくらい力強さのある作品。観られて良かった。主演の堀春菜さんも素晴らしかった。
      いいね
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、心に傷を持つ主人公が兄の死をきっかけに故郷に戻り甥と暮らすことで、過去と向き合い前に一歩進みだそうとする再生の物語。静かな映画ですが、寡黙で繊細なケイシー・アフレックをはじめ彼を優しく見守る周囲の人たちの演技が素晴らしい。余韻も深い傑作。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      ZEROtatsuya
      1439movies / tweets
      advertisement

      follow us