TOP >lonegothdogマイページ

lonegothdog

さんのマイページ
lonegothdog
つぶやいた映画
632 本
総ツイート
676 件
マイページ閲覧数
4,477 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
3 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
632 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ジーサンズ はじめての強盗
    キング・アーサー
    リベンジ・リスト
    こどもつかい
    アイム・ノット・シリアルキラー
    22年目の告白 私が殺人犯です
    パトリオット・デイ
  • ブラッド・ファーザー
    武曲 MUKOKU
    花戦さ
    ゴールド 金塊の行方
    LOGAN ローガン
    美しい星
    ジェーン・ドウの解剖
  • 夜に生きる
    皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
    夜明け告げるルーのうた
    メッセージ
    トンネル 闇に鎖された男
    バッド・バディ!私とカレの暗殺デート
    潜入者
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ジーサンズ はじめての強盗
      『ジーサンズ はじめての強盗』劇場で鑑賞。名優が轡を並べて挑むは銀行強盗。幸福な人生を送っていた3人が悪事に走る理由の構築が丁寧で、強盗のイロハを教わる訓練場面のワクワク感も楽しく、その後二転三転する展開も小粋で面白かった。良作です
      いいね

      良い
    • 悪党に粛清を
      『悪党に粛清を』DVDで再鑑賞。妻子を喪った移民の主人公を巻き込む復讐の連鎖。贅肉のない語り口に陰影引き締まった映像がシンプルな物語に風格を与えている。ハリウッド的な型から外れた、北欧映画ならではの味わい深さを随所に感じる良作です
      いいね

      良い
    • こどもつかい
      『こどもつかい』劇場で鑑賞。愛されない子供達の憎悪が心ない大人に向けられる展開は恐ろしい一方、黒い欲求を満たす心地よさも含んでいる。奔放で冷酷な"こどもつかい"を演じる滝沢秀明は、その端正なルックスも相まってさながらJ・デップのよう
      いいね

      良い
    • リベンジ・リスト
      『リベンジ・リスト』劇場で鑑賞。妻を殺された男の復讐劇。設定も物語も新鮮味は皆無だが、C・メローニ演じる相棒の存在は他にない魅力を放ち、主人公とのさり気ない連携を魅せるクラブでの銃撃シーンはクールでカッコいい。堅実な面白さの良作です
      いいね

      良い
    • ブラッド・ファーザー
      『ブラッド・ファーザー』劇場で鑑賞。逃避行の中で育まれる娘との絆。具体的な説明こそ無いが、メルギブ親父が培ったであろう裏社会でのスキルと人脈を駆使していく展開もなかなか愉快。一方主人公と完全に対象的な悪役の小物ぶりもユニーク。快作
      いいね

      良い
    • 武曲 MUKOKU
      『武曲 MUKOKU』劇場で鑑賞。剣道に対し歪な感情を抱く男達。纏わりつく死の気配を拭い去った彼らが交わす剣の、何と爽やかな事か。綾野剛のアル中演技も見事なら、村上虹郎の徐々に狂気に染まる演技もまた素晴らしい。2人の熱演が光る秀作
      いいね

      良い
    • キング・アーサー
      『キング・アーサー』劇場で鑑賞。ガイ・リッチー色に染まるアーサー王伝説。痛快無比な暴れっぷりを捉えるカメラは縦横無尽に動き回り、その暴力的な勢いに圧倒される。若々しく逞しいC・ハナムも良いが、J・ロウの湿り気ある悪役ぶりも愉快。快作
      いいね

      良い
    • キック・オーバー
      『キック・オーバー』Netflixで鑑賞。舞台となる、メキシコに実在したという刑務所の歓楽街さながらの様相に驚きつつ、作品全体を包むメキシコ的な陽性な雰囲気、素早いカット割りや丁々発止の会話が生む軽妙さが兎に角愉快。肩の力抜ける快作
      いいね

      良い
    • 復讐捜査線
      『復讐捜査線』Netflixで鑑賞。愛娘の死の背後で蠢く巨大企業の陰謀。巨大なサスペンスの中でも男は、物語は決して復讐を忘れなかった。怒りと狂気が物語を推し進め、張り巡らされる伏線が思考を促す。侮り難い語り口に惜しみない称賛を。傑作
      いいね

      良い
    • アイム・ノット・シリアルキラー
      『アイム・ノット・シリアルキラー』劇場で鑑賞。社会病質者と連続殺人鬼の対決。C・ロイドの怪演も素晴らしいが、不用意に死に近付く思春期の危うさを体現する主演のM・レコーズが見事。想像の斜め上を往く、口あんぐりのラストは一回りして痛快
      いいね

      良い
    • 花戦さ
      『花戦さ』劇場で鑑賞。世に蔓延する理不尽に"美"で戦を挑んだ男の物語。飄々としながら内なる強かさや人間味を醸し出す野村萬斎の芝居は最早名人芸の域で、殆ど彼の独壇場になっている。ただ彼の魅力以外の見所が特に前半は薄かったのが勿体無い
      いいね

      良い
    • シェーン
      『シェーン』DVDで鑑賞。西部劇のクラシック、不朽の名作。雄大な自然の中で暮らす人々の逞しさ、その豊かな人物造形が活きているからこそ、彼らの為に、贖罪の為に再び銃を手に取るシェーンの高潔さと、生き方を変えられない悲哀に胸が熱くなる
      いいね

      良い
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      『22年目の告白 私が殺人犯です』劇場で鑑賞。韓国映画のリメイク。痛快なアクションが楽しかったオリジナルと比べサスペンスの純度が高まっている。異なる結末それ自体に驚きは無いが、終盤に至って暗澹たる狂気が首を擡げる展開が面白い。良作
      いいね

      良い
    • パトリオット・デイ
      『パトリオット・デイ』劇場で鑑賞。今日日下手をすれば失笑を買いかねない「憎悪に打ち勝つのは愛である」という圧倒的に正しいお題目を一切の妥協無く描いた良作。テロが発動するまでの緊迫感、居心地悪いその感覚を少しずつ丹念に描く演出が好い
      いいね

      良い
    • 俺たちに明日はない
      『俺たちに明日はない』DVDで鑑賞。ボニーとクライドの刹那的且つ破滅的な旅路を時にコミカルに、皮肉に、そして切なく描く。語り草となるラストシーン、一瞬の視線の交わりからの壮絶な死に様に雪崩れ込み、その後の切れ味鋭い暗転まで、最高です
      いいね

      良い
    • ゴールド 金塊の行方
      『ゴールド 金塊の行方』劇場で鑑賞。伏線という形で繰り返される"真実"からの警告は一攫千金の狂騒の中に埋もれていく。そんなミステリー要素も交えつつ、ギラついた目で夢を追う男の栄光と転落と、更なる再起を予感させる骨太な物語に感動。秀作
      いいね

      良い
    • PUSH/光と闇の能力者
      『PUSH/光と闇の能力者』Netflixで鑑賞。終盤こそアクション的に盛り上がるものの、"ウォッチャー"絡みの中盤の展開は超能力の応酬である必然性が見えず、却って御都合主義の強調になっているのが勿体無い。あらゆる点が悉く惜しい作品
      いいね

      普通
    • LOGAN ローガン
      『LOGAN ローガン』劇場で鑑賞。往年の西部劇を想起させる、極めてハードなアメコミ映画。爽快感は無く、満身創痍の男が抱える絶望が作品全体を蝕んでいるかのよう。壮絶な死闘の果てに彼が得る、ほんの細やかな救いの重みが胸に響く。大傑作
      いいね

      良い
    • 美しい星
      『美しい星』劇場で鑑賞。現実か妄想か、数多の解釈を観客に委ねながらそれらをしっかり肯定する懐の深さに唸る。俳優陣の絶妙な演技の中で特に光る、橋本愛の度を越した美しさに思わず見惚れた。大団円的幕引きへの盛り上げ等は最早名人芸の域。傑作
      いいね

      良い
    • ある会社員
      『ある会社員』Netflixで鑑賞。殺人請負会社でまさしく社畜として働いてきた男の反抗。ある種の社会人論として機能しているのがユニーク。現代的なキレの良いアクションも見応えあるが、終盤が今一つ盛り上がらないのが唯一惜しい。良作です
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      sa9237a
      2243movies / tweets
      advertisement

      follow us