TOP >marco_22ndマイページ

marco_22nd

さんのマイページ
marco_22nd
つぶやいた映画
320 本
総ツイート
601 件
マイページ閲覧数
7,541 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
320 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • エンドレス・ポエトリー
    ビニー 信じる男
    怪盗グルーのミニオン大脱走
    ライフ
    ジョン・ウィック チャプター2
    ありがとう、トニ・エルドマン
    ジーサンズ はじめての強盗
  • 約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー
    世界にひとつの金メダル
    20センチュリー・ウーマン
    光をくれた人
    夜に生きる
    メッセージ
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
  • フリー・ファイヤー
    僕とカミンスキーの旅
    人生タクシー
    ムーンライト
    パッセンジャー
    3月のライオン 前編
    モアナと伝説の海
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 怪盗グルーのミニオン大脱走
      ミニオンズ好きなので彼らがメインでないのは少しもの足りなかったがかわいかった。それにしてもスティーブ・カレルの凄さ。双子の演じ分けは出来たとして、ふたりがお互いのモノマネするのを声だけで演じ分けて、ちゃんとモノマネに聞こえるって!
      いいね

      普通
    • ライフ
      見終えて「絶望」という言葉しか浮かばない映画は久しぶりだった。映画としてはとてもおもしろいです。
      いいね

      良い
    • ジョン・ウィック チャプター2
      続き)あんな狭いところ(ライブの観客の中)でまわりを巻き込まずに殺るのさすが。走り方が重心低い。美術館の場面、あの室のあの展示内容であの階段は安全性に問題ありそう。ピットブルがかわいい、めちゃくちゃかわいい。感想は以上です。
      いいね

      良い
    • ジョン・ウィック チャプター2
      ジョンは「終わらせた」と言うが、あの人をちゃんと殺らないのは矛盾してる気が(おかげでChap.r3を思わせる)。ソムリエは『ジーサンズ』(←また言うがあんまりな邦題)で娘の元夫のひとだよね。一度見たら忘れられない不思議な表情をする。
      いいね

      良い
    • ビニー 信じる男
      → 展開。出てくる全部がよくて、この映画が低予算の映画で26日で撮影したと知って驚く。マイルズ・テラーとアーロン・エッカートがとにかく素晴らしい。
      いいね

      良い
    • ビニー 信じる男
      一瞬誰だかわからないアーロン・エッカート演じるケヴィンとマイルズ演じるビニーの関係が今まで見たボクシング映画でのトレーナーとボクサーの関係より強く感じられるのは家族での食事シーンが多くあるからでは。実話と知らなければ鼻白むような→
      いいね

      良い
    • ジーサンズ はじめての強盗
      『ジーサンズ』(←あんまりな邦題。語感が、、、。原題はかっこいいのに)を見ている間いちばん気になっていたのは、「キドニービーンズってこれ由来?腎臓に似た形だからってこと?」です。
      いいね
    • 約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー
      『約束の地、メンフィス』はウェーィって手を挙げたくなるような楽しい音楽にあふれた映画だったし、「約束の地」と邦題が付いた意味にも見ているとはっとなる社会的な面も含んだ映画だった。でもまぁとにかく音楽愛に溢れていて、プロデューサーたちが一番楽しそうなのがよかった。
      いいね

      良い
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      フラッシュバック使いのうまさ。ここが感情の山場かと思うと後でほんとうの山場がくる。アカデミー賞も納得の脚本と俳優たちの演技。久しぶりにハンカチが必要なほど涙が流れた。冒頭のある場面を見た時、この役をケイシーが演ってよかったと思った。
      いいね

      良い
    • 夜に生きる
      昨日は鋼鉄ジーグとベン・アフレックで迷い後者へ。彼を褒める時にイーストウッドの名前が出されるのが今回なんだかとても納得できた。なんかもうなんでも撮れるのでは。
      いいね

      良い
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      あんなに笑い声が度々響き渡る試写会は初めてだったな。
      いいね

      良い
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      私は親になったことがないので子どもの立場でしか実感できないことが多いが、誰かの子どもであるひと、誰かの親であるひとは皆この映画を観るといいなと思った。 『ありがとう、トニ・エルドマン』
      いいね

      良い
    • 僕とカミンスキーの旅
      『僕とカミンスキーの旅』アート伝記作家とアーティスト、それも盲目のアーティストのロードムービー。冒頭のドキュメンタリー風映像でグッと観客を引き込んでいくので、実話かなと思いながら見る人もいたりして?(さすがにそれはないか、、)
      いいね

      良い
    • メッセージ
      それにしても、この映画のエイミー・アダムスや『ジャッキー』のナタリー・ポートマンの素晴らしさを見ると、どうしてあの映画のエマ・ストーンがアカデミー賞なのかが不思議。これが投票方法の不思議なのかな。エマ・ストーン好きだから余計に残念。
      いいね

      良い
    • メッセージ
      『メッセージ』観た。予告から感じていたのとは違う物語だった。まさに「あなたの物語」。最後にタイトルが出て感じたのは、映画原題どおりの「ARRIVAL」の方がしっくりくるということ。
      いいね

      良い
    • 世界にひとつの金メダル
      いいところもたくさんあるのに全体として残念な仕上がりになってるのはもったいない。ラファエル役の女優が昔のブリジット・バルドーそっくりで、彼女が映る度にうわっ、うわっとなった。特に少しやさぐれてたところとてもよかった。
      いいね
      評価
      なし
    • 世界にひとつの金メダル
      経過する時間が数年に及ぶのに、その違いが画面だけでは全くわからない。ロス五輪の場面だけはまるで空気が違うのがよくわかったが。それから、馬術競技を知らないと監督や選手の行動の意味がちゃんと理解できないのでは。『世界にひとつの金メダル』
      いいね
      評価
      なし
    • 世界にひとつの金メダル
      父と子、夫と妻、馬とライダー、チームメイト、監督と選手等々、様々な関係におけるエピソードはどれもよいものだと思うのだがそれらが少しずつ並べられゆるく展開されカタルシスが全くない。もう少し外連味があっていい。『世界にひとつの金メダル』
      いいね
      評価
      なし
    • 光をくれた人
      翻訳を手掛けられた古屋先生は「あの長い小説の中からうまくチョイスしてよく2時間ほどにまとめたなと思った」と仰っていた。映画は映画でよいと思ったが、トムの背景に関してはもう少し知りたいと見ながら思っていたので、原作を読みたくなった。
      いいね

      良い
    • 光をくれた人
      あの子と母親とのシーンで、とてもいいなと思った瞬間があった。多分それは自然と彼女(子ども)がやってしまったことなんだと思うが、彼女が優しい子なんだろうなと感じられてよかった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....