TOP >maytofiveマイページ

maytofive

さんのマイページ
maytofive
つぶやいた映画
516 本
総ツイート
704 件
マイページ閲覧数
9,481 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
3 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
516 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • お嬢さん
    マン・ダウン 戦士の約束
    沈黙 サイレンス
    ザ・コンサルタント
    ネオン・デーモン
    アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
    ドント・ブリーズ
  • この世界の片隅に
    ハドソン川の奇跡
    エル・クラン
    君の名は。
    ゴーストバスターズ
    ジャングル・ブック
    ウィンターストーム 雪山の悪夢
  • ターザン:REBORN
    シン・ゴジラ
    ロスト・バケーション
    トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
    ボヴァリー夫人
    AMY エイミー
    シング・ストリート 未来へのうた
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • マン・ダウン 戦士の約束
      『マン・ダウン 戦士の約束』試写会にて。全く予備知識無しだったもんだから…え、ちょっとこれって泣く映画だったの…うぅ(鼻をすする)過酷な戦場、ディストピアの様な廃墟の街、彷徨う帰還兵、その先にあったのは…泣。子どもとワンコ…泣…
      いいね

      良い
    • 沈黙 サイレンス
      『沈黙 サイレンス』(続き)弱い彼が無垢に思えて、ロドリゴを試す為に神が使わしたのかと。宣教師と弾圧する側を単純な善悪で描いてないのも良かった。常々自身の信仰に熱心なあまり他に不寛容な人に疑問を感じていたが、そんな自分も納得できた
      いいね

      良い
    • 沈黙 サイレンス
      『沈黙 サイレンス』まず第一にスコセッシ監督が舞台である日本と日本人に、ここまで真摯に向き合った映画を撮ってくれた事に感動。大半を占める日本人キャストは皆素晴らしかった。特にキチジローの窪塚洋介の異様な存在感、悪ですらないひたすら→
      いいね

      良い
    • トリュフォーの思春期
      『トリュフォーの思春期』この邦題はちょっと違うな。幼児から中学生くらい?まで200人以上の子が登場!みんな生き生き魅力的。子供を撮るならこうしろって見本みたい。最後の先生の言葉はトリュフォーのメッセージ。それを聞く子供らの表情は本物
      いいね

      良い
    • ぼくを葬る
      『ぼくを葬る』ボロ泣き…なんて美しいさいごなんだろう。タイトルから死をテーマにした物語と覚悟して観たが良い意味で裏切られた。確かに切ない、でも優しい余韻。波の音はやがて生まれる子が聴いているのか。おわりでありはじまりの物語ともいえる
      いいね

      良い
    • ルイーサ
      『ルイーサ』(続き)叙情的な街の映像も素敵。ときおりブラックな笑いもありつつ最後はホロリとしてしまった。クローゼットにずらっと並んだ同じような服見てギクッ、自分はルイーサのこと笑えないわ。猫もいるし……ティノ、ティノ、ティーノ!!!
      いいね

      良い
    • ルイーサ
      『ルイーサ』超ルーティン化した日常を送っていた中年女性が自分の殻を破る話だが、そこへ至る過程が斜め上…じゃなくて斜め下を行ってる感じ(笑)とんでもなくて面白かった。アルゼンチン音楽で彩られた軽妙な語り口も良いし、ブエノスアイレスの…
      いいね

      良い
    • 過去のない男
      『過去のない男』これ以上無いってくらいの災難に見舞われながら全く嘆かない男。ときおり苦笑いするようなユーモア。「過去が無くても構わない、これから生きるのは未来だから」という台詞がいい。タイトルは肯定的な意味だったとは。ワンコが名演!
      いいね

      良い
    • ダブリン上等!
      『ダブリン上等!』(つづき)方法が違うのかそもそも野望が誤りなのか…へこたれない面々が天晴れ、最後の車椅子レース最高!監督が「ブルックリン」の人だってのは観た後知った。舞台は同じアイルランドでも雰囲気が違いすぎて結びつかなかった…
      いいね

      良い
    • ダブリン上等!
      『ダブリン上等!』コリン・ファレルもキリアン・マーフィも若い!主要な登場人物だけでも10数人。いわゆる群像劇だけど、共通点は皆大なり小なり野望がある事か。それに向かっているつもりが、わざわざトラブルを引き寄せてるみたいなのが可笑しい
      いいね

      良い
    • ウィンターストーム 雪山の悪夢
      『ウィンターストーム 雪山の悪夢』…→舞台の雪山も絶望感をこれ以上ないって位盛り上げてる。J・キナマン目当てで観た私は、彼が演じるダメ父が休暇中に子供の信頼を取り戻すリーアム・ニーソン的映画と思ってたもんで…(°Д° )…かなしい話
      いいね

      良い
    • ウィンターストーム 雪山の悪夢
      『ウィンターストーム 雪山の悪夢』離婚後、母親に引き取られた息子二人が実の父親と過ごす悪夢のホリデー。少年二人の苦い成長物語としては「コップカー」と通じるものがあり登場人物7人ポッキリながらコンパクトにまとまったスリラー。舞台の…→
      いいね

      良い
    • お嬢さん
      『お嬢さん』試写会で。三部構成の騙し合いを最後まで堪能!確かにエロティックなシーンはあるがキム・テリがキュートなのでいやらしくない。それよかゲスな男らの妄想が卑猥でアホかと(笑)…てな感じで緻密なミステリーでありながら随所に笑いも!
      いいね

      良い
    • ザ・コンサルタント
      『ザ・コンサルタント』有能な会計士と凄腕仕事人の二面性を鮮やかに魅せるだけで無く、そこに至る彼の生い立ちのドラマの切なさが良い。様々な謎やネタが回収される終盤、中でも「障害は個性、特別な才能や可能性がある」を地で行くラストが痛快!
      いいね

      良い
    • ハドソン川の奇跡
      『ハドソン川の奇跡』始終抑えの効いた演出で心地いい感動に浸った。事故の再現映像は迫力あるしドラマとしての出来も素晴らしいんだけど、しっとりした冬のNYの雰囲気やジャズの音色がとってもクール。ただの感動作じゃない。さすがイーストウッド
      いいね

      良い
    • 太陽を盗んだ男
      『太陽を盗んだ男』40年近くの映画と覚悟して観たが圧倒された。今では有り得ない表現やツッコミどころは多々あれど、むしろその荒っぽさや暴力性が今は瑞々しく新鮮に感じるほど。沢田研二がこんなに魅力的だったとは!時計じかけのオレンジみたい
      いいね

      良い
    • フェイクシティ/ある男のルール
      『フェイクシティ/ある男のルール』…→ミステリーとしても見応えあった。最後まで正義や善悪の定義が曖昧なのも良い。腹に一物二物な古株刑事らの中でクリス・エバンスの初々しさも印象的。ヒュー・ローリーも最後に存在感!
      いいね

      良い
    • フェイクシティ/ある男のルール
      『フェイクシティ/ある男のルール』D・エアー監督でキアヌのアクション…くらいに思ってたが予想以上に面白かった!原案脚本にエルロイが絡んでるだけあって単なる警察腐敗&アウトロー刑事の話じゃない。敵味方が二転三転、ミステリーとしても…→
      いいね

      良い
    • そして友よ、静かに死ね
      『そして友よ、静かに死ね』…→過去を演じた役者が全然違う雰囲気だったのが残念。フレンチノワールというと気取った印象だけど、かなりストレートでエグイ。「ワンスアポン〜」とか「ヒート」に仏ならではの風俗や社会背景を加えた感じで面白かった
      いいね

      良い
    • そして友よ、静かに死ね
      『そして友よ、静かに死ね』実在したリヨンの強盗団の過去と現在を交錯して見せるフレンチノワールで、とにかく主人公モモンが渋い!タフな体に哀愁を感じさせる風貌が魅力的だし、“友”セルジュの一癖二癖ある雰囲気もいい。彼らの過去を演じた…→
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      ZEROtatsuya
      1392movies / tweets
      advertisement

      follow us