TOP >mintgreen321マイページ

mintgreen321

さんのマイページ
mintgreen321
つぶやいた映画
81 本
総ツイート
95 件
マイページ閲覧数
1,727 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

mintgreen321さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
81 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ビニー 信じる男
    しあわせな人生の選択
    世界にひとつの金メダル
    コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝
    ちょっと今から仕事やめてくる
    光をくれた人
    バーフバリ 伝説誕生
  • ストロングマン
    未来よ こんにちは
    おとなの事情
    アシュラ
    ラビング 愛という名前のふたり
    お嬢さん
    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
  • スプリング、ハズ、カム
    ホワイト・バレット
    アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
    手紙は憶えている
    われらが背きし者
    エル・クラン
    あまくない砂糖の話
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ビニー 信じる男
      『ビニー 信じる男』ビニーの栄光の日々ではなく、肉体的にも精神的にもどん底状態から再びリングに上がるまでが語られる。ビニーの諦めない気持ちと強い精神力が奇跡を起こす。ビニーを取り巻くトレーナーの支えや家族の愛が心に響く。
      いいね

      良い
    • しあわせな人生の選択
      『しあわせな人生の選択』フリアンとトマスの真の友情に涙。フリアンが自らの身辺整理を強い意志をもって計画的に進めていく姿が印象的だった。フリアンにとって、4日間という短いけれど濃密な時間は神様からのプレゼントだった様に感じた。
      いいね

      良い
    • 世界にひとつの金メダル
      『世界にひとつの金メダル』G・カネのスタントなしの演技と馬の疾走感を楽しんだ。障害飛越競技の奥深さを知る。飛躍能力が高い馬でも騎手の能力がなければ力を発揮出来ない。人馬一体となって障害物を一つ一つ人生の如く乗り越えていく姿に感動。
      いいね

      良い
    • ストロングマン
      『ストロングマン』クルーズ船の中で、最強の男を決めるゲームを始める6人のおじさん達♪お互いの粗捜しに奔走するメンバーの姿が滑稽。ゲームなのに必死になりすぎて、喧嘩になったり、脅迫したりと全編に不条理な笑いが散りばめられた作品。
      いいね

      普通
    • 未来よ こんにちは
      『未来よ こんにちは』『3人のアンヌ』の時の軽快で、コミカルなユペールの演技を堪能。人生の折り返し点に哲学的な視点を織り込みながら、過去に囚われる事なく未来へと目を向けるナタリー。でも、寂しさだけは愛猫でも癒されない。そこに共感。
      いいね

      普通
    • コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝
      『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』サモ・ハン監修のキレの良いアクションと武侠映画テイストを堪能。ウー・ジンVSエディ・ポンの兄弟弟子対決と鬼畜ぷりが半端ないルイスとラウちんの鞭遣いを楽しんだ。「おじいちゃんはデブゴン」も期待大♡
      いいね

      良い
    • バーフバリ 伝説誕生
      『バーフバリ 伝説誕生』『マッキー』の監督が描くバーフバリの数奇な人生。前編では、彼が自らの出自を知るまでが描かれる。『マッキー』でハエ退治に奔走したスディープが武器商人役で出演。バーフバリの滝登りが見もの。強靭な肉体で戦う姿も。
      いいね

      良い
    • ラビング 愛という名前のふたり
      『ラビング 愛という名前のふたり』白人と黒人の婚姻が認められなかった1958年のバージニア州での実話。ラビング夫婦の愛の深さと絆の深さでこの壁を乗り越えていく様に感動。 妻を守り妻の希望を叶えようとするリチャードの姿が印象的。
      いいね

      良い
    • 光をくれた人
      『光をくれた人』不寛容の時代と評される現在で、どんなに憎しみを抱えていても赦すことで未来が開けていく。そんなかすかな希望の光をマイケル・フェスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルが好演。ラストのグレースとの再会の場面に号泣しました。
      いいね

      良い
    • 光をくれた人
      『光をくれた人』まるでトムの人生を暗示しているような大海原と吹きすさぶ風の孤島。灯台守として光を航行する船に与える役目のトムに人生の輝きという新たな光をくれたイザベル。彼女を守るためには罪まで背負うトムの生きざまに涙しました。
      いいね

      良い
    • お嬢さん
      『お嬢さん』めくるめく官能の世界とお金への執着と騙し合いが巧く融合した世界を描いたパク・チャヌク監督の世界を堪能。スッキ役のキム・テリの熱演に注目。3部構成で謎が解き明かされる点も面白い。観ているこちらもいつの間にか騙されそうに。
      いいね

      良い
    • ホワイト・バレット
      『ホワイト・バレット』ラストまで緊張感が張り詰める。ラストはさながら「アシュラ」の様な銃撃戦。心理戦もたっぷり。人心を掌握する犯人が一枚上手だったかも。ラム・シューさんに犯人追跡は荷が重すぎ。やっぱりなナイフ(笑)
      いいね

      良い
    • おとなの事情
      『おとなの事情』緻密な脚本が光る作品。夫婦や親友という一番近くて親密な相手にも隠しておきたい秘密や関係がある。秘密が暴露される過程がスリリング。当事者じゃないことを幸せに思えた(笑)ラストの2パターンにいろいろと考えさせられた。
      いいね

      良い
    • ちょっと今から仕事やめてくる
      『ちょっと今から仕事やめてくる』福士君の関西弁に癒された~なにかと話題のブラック企業がテーマなので映画のトーンは重めだが、バヌアツの子供たちの笑顔に未来を感じた。何事も現在の状況から抜け出す勇気が必要なんだと感じた。主題歌が楽しみ♪
      いいね

      普通
    • アシュラ
      『アシュラ』悪事の限りを尽くす市長VS検察の攻防に巻き込まれる刑事。その戦いに足を踏み入れたら逃れられない恐怖。チョン・ウソンも良かったが、部下を演じたチェ・ジフンの変貌ぶりは必見。ファン・ジョンミンの鉄板の演技力は言うまでもない。
      いいね

      良い
    • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
      『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』悲しみや絶望の淵から立ち直る方法は人それぞれ。誰かにその感情を吐露したくても出来ないデイヴィスには、破壊という行為しかなかったんだろう。ディヴィスの欠けた心のピースを埋めるカレンと息子に注目。
      いいね

      良い
    • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
      『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』今日も世界のどこかで、誰かの命と引き換えに爆撃が行われているのかもしれない。そしてその判断をするのは、戦場からかけ離れた机の上で行われているのかと恐ろしさを改めで感じる。
      いいね

      良い
    • 手紙は憶えている
      『手紙は憶えている』C・プラマーの演技に魅了♪記憶と認知症をクロスオーバーさせる手法に感心。ナチやユダヤ人といった題材を扱いながら、サスペンス仕立ての復讐劇に仕上げた脚本がすごい。ラストについて書けないのがもどかしいそんな作品。
      いいね

      良い
    • われらが背きし者
      『われらが背きし者』ユアン・マクレガー扮する大学教授が、お人よしを通り越してロシア・マフィアの亡命に加担させられるのだが、二人の間に生まれる奇妙な友情に男気を感じた。最後までロシア・マフィアを信じきれないダミアン。ルイスにイラっ。
      いいね

      良い
    • エル・クラン
      『エル・クラン』アルゼンチンの黒歴史と共に生きる父親と父親によって支配され、犯罪に加担させられる家族。家族であるからこそそこから逃げ出せない恐怖。独裁政権下の任務と同様に犯罪を罪とは認識しないで突き進む父親の眼力が印象的。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....