TOP >miurakenichiマイページ

miurakenichi

さんのマイページ
miurakenichi
つぶやいた映画
306 本
総ツイート
329 件
マイページ閲覧数
7,270 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
306 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
    ブレードランナー 2049
    猿の惑星:聖戦記
    エイリアン コヴェナント
    ゴースト・イン・ザ・シェル
    沈黙 サイレンス
    君の名は。
  • X-MEN:アポカリプス
    10 クローバーフィールド・レーン
    エクス・マキナ
    デッドプール
    レヴェナント 蘇えりし者
    ルーム
    リリーのすべて
  • キャロル
    オデッセイ
    スター・ウォーズ フォースの覚醒
    ダイバージェントNEO
    テッド2
    ムカデ人間3
    ジュラシック・ワールド
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 沈黙 サイレンス
      『沈黙 サイレンス』素晴らしい映画だ。信仰とは何かを深く考えさせられた。時代考証や言葉の違和感は仕方ない部分もあるが、沈黙の中にある情熱と慟哭が胸に迫って来る。とても美しく力強い作品だ。一生のうちに刻まれる映画体験だった。
      いいね

      良い
    • フッテージ
      『フッテージ』なかなか怖かった。単なる「驚き」だけではない不気味さがあって良い。
      いいね

      良い
    • ドン・ジョン
      『ドン・ジョン』気軽に見たがなかなか楽しめた。エロと愛という人間の本質をPOPに描いていて面白かった。
      いいね

      良い
    • キャロル
      『キャロル』同性愛がテーマではあるが通底するのは人間愛。偽りの人生より血の通った真実の人生を歩みたいと思わされた。
      いいね

      良い
    • ゴースト・イン・ザ・シェル
      『ゴースト・イン・ザ・シェル』アニメ版の文芸作品のような深みはないが、映像美は一見の価値あり。また桃井かおりや北野武が良い味を出している。
      いいね

      普通
    • 10 クローバーフィールド・レーン
      『10 クローバーフィールド・レーン』前作との関連性はありやなしやといった感じだが、密室スリラーとSFの交差はなかなか楽しめた。結論としてはまぁ、そんな感じかというところ。次回作への布石もばっちりエンディングだった。
      いいね

      良い
    • ポゼッション
      『ポゼッション』エクソシスト映画だった。真新しさは特にないのだが不可も特にない。
      いいね

      普通
    • インシディアス
      『インシディアス』なかなか面白かった。スピリチュアルな映画ではあるけども、この手のホラー映画としては見応えがあった。
      いいね

      良い
    • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
      『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』青春コメディにゲーム要素が加わり、肩の力を抜いて楽しめた。前作にもあった時空を超えたほっこり要素も継続されていて良かった。冒頭、ボードゲームがあっさりテレビゲームに進化したのは笑えた。
      いいね

      良い
    • ラブリーボーン
      『ラブリーボーン』サスペンスでありファンタジーでありラブストーリーであり、全体に貫かれる設定の悲しさが映画の軸をつくっているような気がした。
      いいね

      普通
    • ダイバージェントNEO
      『ダイバージェントNEO』前作に増して主人公の惚れた腫れたで周囲を顧みない独善ぶりが鼻につくようになった。ただ、その点を除けば大いに楽しめてはいる。
      いいね

      良い
    • ダイバージェント
      『ダイバージェント』なかなか楽しめた。これならシリーズ全て見ても良いかもしれない。人間力は総合力であり、人間は十人十色、何かの分類によって理解出来るものではない。そうした差別を打ち破る者こそダイバージェントの生き様なのだろう。
      いいね

      良い
    • セッション
      『セッション』最初から最後まで引き込まれる。血と汗に綴られた焦る鼓動のような音楽も圧巻。人間の狂気と才知を見せ付けられる名画であった。
      いいね

      良い
    • キャビン
      『キャビン』何とも言えない世界観。備忘録として。
      いいね

      普通
    • ブレードランナー 2049
      『ブレードランナー 2049』映画館にて拝見。前作の余韻が伏線のように張り巡らされていて良い。ただ着地点として中途半端で、登場人物への感情移入もどうすれば良いか難しい。しかし、光と影が交差する世界観、近未来の映像美は見る価値あり。
      いいね

      良い
    • ディス/コネクト
      『ディス/コネクト』素晴らしい映画だった。ネット社会を生きる現代人、必見の作品。コネクトすることで生まれる大いなる可能性、その裏に潜む影。ドラマが交差する作品構成もあっぱれ。良い映画体験だった。
      いいね

      良い
    • 猿の惑星:聖戦記
      『猿の惑星:聖戦記』ポレポレいわきにて鑑賞。聖戦における勧善懲悪に疑問を投げ掛け、偽善と偽悪を描き出す痛烈な社会風刺映画。なので、如何せんどこに感情移入して良いか最後までもやもやとする。その感覚こそが、この映画の真骨頂なのだろう。
      いいね

      良い
    • エイリアン コヴェナント
      『エイリアン コヴェナント』ポレポレいわきにて鑑賞。シリーズの結節点ということもあり、単体での鑑賞だと魅力も半減か。その意味では謎解きも含めてシリーズファンとして楽しむことが出来た。
      いいね

      良い
    • 少年は残酷な弓を射る
      『少年は残酷な弓を射る』狂気に満ちていてとても美しい。バラのトゲのように痛みがチクりと心地良い。そんな作品だ。
      いいね

      良い
    • ウェイヴ
      『ウェイヴ』見るか迷ったが実話原作ということで即断。考えさせられる良作。オチは脚色が入っているようだが、人間に巣食う魔性をまざまざと感じさせてくれる。必見。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....