TOP >nabe505マイページ

nabe505

さんのマイページ
nabe505
つぶやいた映画
481 本
総ツイート
567 件
マイページ閲覧数
10,547 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
481 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    ちはやふる 結び
    坂道のアポロン
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    15時17分、パリ行き
    レオン
    今夜、ロマンス劇場で
  • コンフィデンシャル 共助
    殺人者の記憶法
    はじめてのおもてなし
    バーフバリ 王の凱旋
    永遠のジャンゴ
    おじいちゃん、死んじゃったって。
    三度目の殺人
  • 草原に黄色い花を見つける
    ビニー 信じる男
    世界は今日から君のもの
    ハローグッバイ
    世界にひとつの金メダル
    パパのお弁当は世界一
    コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』報道の自由を守ろうとする女性新聞社主と編集主幹。なんとかそれを止めさせようとする為政者やら経営陣やらとの丁々発止の攻防は、実にスリリングで苦悩に満ちていた。でも所詮メリル・ストリープとトム・ハンクスだもん、役者が違うって感じでした。
      いいね

      良い
    • 坂道のアポロン
      『坂道のアポロン』どうしてこの映画のラストに流れるのが小田和正なんだろう?ここは是非とも『My favorite Things』を小松菜奈ちゃんに歌ってもらってエンドロールでしょう。
      いいね

      良い
    • 坂道のアポロン
      『坂道のアポロン』主人公が着ていたフレッド・ペリーのポロシャツが懐かしい。でもこの映画、舞台は1966年となっていた。フレッド・ペリーの日本上陸は1970年。こういう事言うのは野暮だけど、演奏シーンはとても良かったのでオススメです。
      いいね

      良い
    • 坂道のアポロン
      『坂道のアポロン』ヒロインの実家であるムカエレコードのセットがスバラシイ!なんと居心地の良さそうな空間だろう。でも売れ線のポップスや歌謡曲よりジャズっぽいレコードばかりディスプレイしちゃって、経営的には火の車のハズ・・・
      いいね

      良い
    • ちはやふる 結び
      『ちはやふる 結び』およそ二部作、三部作なんてものは一本目が一番良く、後は段々とクオリティが落ちていくものだが、本作はむしろ完成度を上げていた。見事な緊張感、高揚感。その中心にいるのは広瀬すず。まあ、いまのすずちゃんは青春映画のヒロインとして圧倒的に輝いていて、本作も最強でした。
      いいね

      良い
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』コリン・ファレルにニコール・キッドマンでカンヌの脚本賞となれば、さぞかし高尚で品のある映画かと思いきや、その全く逆。なんと不気味で悪趣味な、とことん後味の悪い作品なのか。不安や嫌悪を覚えつつ、画面に惹きつけられてしまった。
      いいね

      良い
    • バーフバリ 王の凱旋
      『バーフバリ 王の凱旋』前作見た時にはもうお腹一杯と思っていたが、本作の評判の良さにキネカ大森へ。いや~、前作以上のコッテリ濃厚さを堪能。二郎系でいうとまさに豚ダブル大ラーメンの全部マシマシといった感じ。胃もたれしそうなほど畳み掛けてくるけどクセになる美味さでした。バーフバリ!
      いいね

      良い
    • 今夜、ロマンス劇場で
      『今夜、ロマンス劇場で』映画好きが喜ぶ仕掛けが随所に見られた切なくも楽しいファンタジー。綾瀬はるか演じるお姫様の美しさ、気品、気位の高さが秀逸で、 これは長澤まさみも北川景子も敵わない彼女ならではの抜群の存在感。まさにこの映画の核。ツメの甘さも感じるが愛すべき佳品。
      いいね

      良い
    • 15時17分、パリ行き
      『15時17分、パリ行き』なるほどフツーに観たら、欧州旅行の場面なんてヒネリもなく若干冗長に思えて、役者じゃないのでそういう魅力に欠けるという評価も頷ける。でもそこはイーストウッド、やっぱり見せてしまう。ムダがないのだ。終盤のテロリストの制圧シーンの緊迫感なんてハンパない。
      いいね

      良い
    • 15時17分、パリ行き
      『15時17分、パリ行き』実際のテロ事件を当の本人達が演じる!?という意欲作なのか問題作なのか、もうそういうレベルを超えてしまった感のあるイーストウッド監督の新作。ラストで勲章を授けるオランド大統領なんてどう見ても本人、そして名演技と思ったら当時のニュース映像そのものっぽい。
      いいね

      良い
    • レオン
      『レオン』ナイスバディOLとワンマン社長の入れ替わりドタバタコメディ。すでに還暦超えの竹中直人の本領発揮のコメディアンぶりはやっぱり流石の出来。逆に言うと彼のこのノリにすんなりとついていければ大いに楽しめる作品。片方の知英ちゃんも大健闘。ですが私のようなオジンには少々ツラいかも。
      いいね

      普通
    • 殺人者の記憶法
      『殺人者の記憶法』悲惨な生い立ちの殺人鬼は韓国映画のお得意だが、本作はその主人公が認知症を患うってとこがミソ。現実と回想、正気と妄想が行ったり来たりで、観客も次第に混乱してきて何が本当なの?状態に。しかしサスペンスフルな展開は抜群の面白さ。予想と違う???なラストにもうひと困惑。
      いいね

      良い
    • コンフィデンシャル 共助
      『コンフィデンシャル 共助』韓国映画の面白さを十二分に味わえた。南北の刑事のバディものとあって、犯人追っかけやカーチェイスなど一級品の出来、その上テンポも良く随所に笑いもあり、更に家族愛に男の友情もと盛り沢山。でも結果ハリウッドっぽくなって韓国映画独特のエグさ、グロさは半減かな。
      いいね

      良い
    • はじめてのおもてなし
      『はじめてのおもてなし』ドイツで大ヒットの、とある家族とその家族が受け入れた一人の難民の映画。登場人物全員がその役割を生き生きと過不足なく演じて、 センシティブでシリアスなテーマを 泣けて笑える見事なエンタメに仕上げた一作。ともあれ脚本がスバらしい!
      いいね

      良い
    • 世界は今日から君のもの
      『世界は今日から君のもの』キネカ大森にて。こんな寒い年の瀬に見るにピッタリな、ほっこりさせてくれる映画でした。一番の見所は 門脇麦さん演じる元引きこもりの主人公のヒョコヒョコ歩き。衝撃的なほど、斬新でキュートでした。なのでラストはちょっと寂しいような。
      いいね

      良い
    • おじいちゃん、死んじゃったって。
      『おじいちゃん、死んじゃったって。』人の葬式前後の身内による本音ぶつかり合いのドタバタは、あるある感満載で既視感もハンパないが、芸達者が揃い可笑しくも味わい深い出来。本作はそれに加え、ヒロイン岸井ゆきのの地味目で堅実な感じの見た目に相反するアナーキーさが新鮮で魅力的でした。
      いいね

      良い
    • 永遠のジャンゴ
      『永遠のジャンゴ』音楽はローゼンバーグ・トリオなので悪かろうはずがない。実際最初のコンサートのシーンは鳥肌モノ。でも映画はナチスの迫害を受ける音楽家としてのジャンゴを描いている。これはこれで悪くはないが、やっぱりアナザーサイドだ。この時期は盟友S・グラッペリと共演してないしね。
      いいね

      良い
    • ハローグッバイ
      『ハローグッバイ』キネカ大森にて。そんなに過激な描写はないのだけれど、女子高生二人の閉塞感やもどかしさなんかがスゴくリアルに伝わってきた。そんな時に偶然出会う認知症の老婆の昔話は、お伽噺のように惹かれたんだ。ラストカットの後の物語は観客がそれぞれ紡げばよい。正解など無いのだ。
      いいね

      良い
    • 三度目の殺人
      『三度目の殺人』タイトルの三度目の殺人の意図するところは映画の終盤に理解できる。地味ながら見応えある濃密で静謐な法廷劇は面白かった。食い違う証言、闇の中の真実、解釈は観客に委ねられ・・・、そうだこれは「羅生門」だ。そう気付いてしまうと「羅生門」の鮮やかさには及ばないかも。
      いいね

      良い
    • 草原に黄色い花を見つける
      『草原に黄色い花を見つける』珍しや、ベトナム映画。80年代の農村を舞台にした思春期の兄弟と幼馴染の少女の物語。その風景の美しさはどこか日本の田舎を思い出させて懐かしく切ない。ヒロインの少女の素朴な可愛らしさにもうメロメロ。ありゃベトナムでAKBやったらセンター張れるな、きっと。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....