TOP >nogik_desuマイページ

nogik_desu

さんのマイページ
nogik_desu
つぶやいた映画
392 本
総ツイート
392 件
マイページ閲覧数
6,601 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
392 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • スリー・ビルボード
    デトロイト
    ジオストーム
    はじめてのおもてなし
    キングスマン ゴールデン・サークル
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    オリエント急行殺人事件
  • パーティで女の子に話しかけるには
    gifted ギフテッド
    ジャスティス・リーグ
    ローガン・ラッキー
    マイティ・ソー バトルロイヤル
    ノクターナル・アニマルズ
    IT イット “それ”が見えたら、終わり。
  • 彼女がその名を知らない鳥たち
    ゲット・アウト
    ブレードランナー 2049
    猿の惑星:聖戦記
    ドリーム
    奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
    エイリアン コヴェナント
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • はじめてのおもてなし
      『はじめてのおもてなし』日本では真似できない社会問題をユーモアたっぷりの作品に仕上がる寛容さはヨーロッパならでは。難民を受け入れる家族側のカオス過ぎるドタバタ劇は、場面切替のテンポが絶妙で笑える。相手を思いやる心の温かさが沁みる。
      いいね

      良い
    • スリー・ビルボード
      『スリー・ビルボード』憎しみの連鎖と赦しについての映画は珍しくもないが主要人物の心の機微が全員きっちり書き込まれ、繊細に絡み合っていく展開には圧巻される。脚本の巧さが第一に賞賛されると同時に並外れた演技を見せる役者全員が素晴らしい。
      いいね

      良い
    • デトロイト
      『デトロイト』適当なとこでお茶を濁すことなく、一瞬も緩めず容赦なくグイグイ攻めまくるビグロー節。緊迫の40分間の迫力たるや吐き気を通り越して気絶しそうなほどの緊張感はさすが。潰された若者たちの人生の重みがジワジワ来て打ちのめされる。
      いいね

      良い
    • ジオストーム
      『ジオストーム』手当たり次第に地球を破壊するかと思いきや、意外にも宇宙ステーション内の兄と地球にいる弟が繰り広げる小気味よいサスペンスに仕上がっていて災害描写を物語のフックに投入する程度に。黒幕がこの俳優ってだけでフラグ立ちまくり。
      いいね

      良い
    • キングスマン ゴールデン・サークル
      『キングスマン ゴールデン・サークル』重要なキャラをあっけなく死なせたり、全然活躍させなかったりする点は3作目への伏線か。前作はエグさがぎりぎりブラックユーモアに留まっていたが今回のは好き嫌いが分かれそう。E・ジョンの怪演が見所。
      いいね

      普通
    • オリエント急行殺人事件
      『オリエント急行殺人事件』ケネス・ブラナーの俺様芝居とベルギー訛りの英語に延々と付き合わせられる室内劇。一級の座組みだが、豪華キャストも生かされず、列車内の奥行きをもっと活用してほしかった。甘ったるい人情モノに近くなった気も…。
      いいね

      残念
    • パーティで女の子に話しかけるには
      『パーティで女の子に話しかけるには』パンク好き文化系少年が妄想をこじらせてノートに書きがちな話みたいになっているものの、当時のパンクカルチャーを魅力的に活写している。エピローグ部分はありきたりながら、ちょっとホロリとさせてくれる。
      いいね

      普通
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』怒涛のアクションや魅力的な新キャラの登場で上映時間はあっという間。見終わってみると話が進んでいないことに気づく。「帝国の逆襲」を反復しながらも若い世代にも響くようにアップデートしている試練の章。
      いいね

      良い
    • ジャスティス・リーグ
      『ジャスティス・リーグ』各ヒーローに見せ場を持たせて、約2時間という比較的コンパクトな尺に収めている点は高く評価できる。コミカルなテイストが全面に出ていて楽しいが真面目にやりすぎたのか、行儀がよくて段取りっぽい展開に思えなくもない。
      いいね

      良い
    • gifted ギフテッド
      『gifted ギフテッド』難しい題材を爽やかに描いていて好感度大!才能がある分失うものがあって当然とする凡人の無慈悲さと、実感をもって生きる事を願う天才の眼差しの違いが面白い。マーク・ウェブの持ち味は大作より小さいサイズで活きる!
      いいね

      良い
    • ローガン・ラッキー
      『ローガン・ラッキー』大胆不敵な犯罪計画がウソみたいにサクサクと進んでいくのを"バカな"と思いながら楽しむのがこの映画のマナー。大金強奪が軸なのに一瞬たりともハラハラすることはない。兄弟の葛藤を描いたコメディと捉えれば意外と楽しい。
      いいね

      普通
    • IT イット “それ”が見えたら、終わり。
      『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』良質のジュブナイル・ホラー。日常を悪夢的に変異させる演出に社会批評が宿り、80年代タッチの子役たちが可愛い。キング原作物でも上位に入る。子供たちの深層心理とリンクした恐怖。これは怖い。
      いいね

      良い
    • マイティ・ソー バトルロイヤル
      『マイティ・ソー バトルロイヤル』前作が暗かった反動か、色合いはカラフルでコメディ度も高くなっている。笑わせようと努力しているように見えるが、その作為が垣間見られ物語に入り込めない傾向も。駄々っ子ハルクと憎めないロキは萌え度高め!
      いいね

      普通
    • ノクターナル・アニマルズ
      『ノクターナル・アニマルズ』冒頭からめっちゃ歌舞いている!リンチ的なOPに目を奪われ、思考の隙を与えない、美学の仕掛けをこれでもかと盛り込むストーリーテリングが凄い。トム・フォードの監督としての才能はホンモノ。人を喰った怪傑作!
      いいね

      良い
    • 彼女がその名を知らない鳥たち
      『彼女がその名を知らない鳥たち』ミステリーとしては少し弱いが欠点を隠そうともしない共感度0なキャラクターたちの愛の本質に迫る究極のラブストーリーに思えてくる。薄汚れた美しいシーンの数々を蒼井優と阿部サダヲほか凄みのある演技で答える。
      いいね

      良い
    • ゲット・アウト
      『ゲット・アウト』設定はスリラーの定石。コメディアンが監督しているだけあって、会話の間合いが"絶妙"で怖いのに時々"笑える"語り口がユニーク。レイシストたちの強烈に皮肉るストーリー構成も見事。最恐で最高のクライマックスが気持ちいい。
      いいね

      良い
    • ブレードランナー 2049
      『ブレードランナー 2049』ハイブロウで丁寧かつ真摯な作り。ビジュアル面は誰も欠点が点けられない程の世界感を構築。ただ監督の硬質な個性が緩慢なテンポと結びつき尺が長く感じるのも確か。終末世界を意識しすぎてエレガンスさを見失ったか。
      いいね

      普通
    • 猿の惑星:聖戦記
      『猿の惑星:聖戦記』好きなシリーズだったのに、さすがに鮮度は落ちて冗長に。少女を絡ませた意図もよくわからず。でもリブートという21世紀的な「語り直し」の良い例になる。1番の吸引力はシーザーの目力か。パワーはあるが力みすぎた。
      いいね

      普通
    • ドリーム
      『ドリーム』差別映画はたくさんあるが、視点を少し変えるだけで、爽やか&明るいドラマになるものかと。時代、人種、性別という三重苦を乗り越え3人のヒロインたちが正々堂々と優れた能力と人間性で壁を破り、周囲を動かしていく姿が素直に感動!
      いいね

      良い
    • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
      『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』ウディ・アレン映画的なディーヴァを演じる水原希子の狂わせガールはトンガリ具合が最適。脇に回ると狂気の飛び道具と化す大根作品常連の面々も揃い、妻夫木の困惑顔が可笑しくも哀しい。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....