TOP >nozawa_gekijoマイページ

nozawa_gekijo

さんのマイページ
nozawa_gekijo
つぶやいた映画
57 本
総ツイート
59 件
マイページ閲覧数
324 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

nozawa_gekijoさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
57 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • gifted ギフテッド
    猫が教えてくれたこと
    全員死刑
    KUBO クボ 二本の弦の秘密
    ジグソウ ソウ・レガシー
    ザ・サークル
    キセキの葉書
  • Ryuichi Sakamoto: CODA
    ゴッホ 最期の手紙
    グッド・タイム
    ノクターナル・アニマルズ
    IT イット “それ”が見えたら、終わり。
    彼女がその名を知らない鳥たち
    ゲット・アウト
  • ブレードランナー 2049
    我は神なり
    劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち
    あゝ、荒野 後篇
    女神の見えざる手
    アウトレイジ 最終章
    あゝ、荒野 前篇
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • すばらしき映画音楽たち
      『すばらしき映画音楽たち』すばらしかった。潜在意識にまで忍び込んでくる名匠のそれ。名曲の数々と名画の懐。オバマ大統領が無許可で放ったタイタンズ(笑)。裏話に笑み。胸アツ場面に沁み。傑作名曲集の集大成。是非とも劇場で浴びてほしい作品。
      いいね

      良い
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』雷撃に貫かれて言葉が出ない。史上初。劇場でアウアウ、パクパクした。ロビイスト:エリザベス・スローン。激流なれど、鮮やかに企てる持論。濁流字幕。ジェシカ・チャステインの美貌。コンマ数カットの涙。硬質骨太超美人哀譚。
      いいね

      良い
    • 燃えよドラゴン
      『燃えよドラゴン』日本公開、皮肉にも彼の死後。だがしかし。ブルース・リーがいなければ。彼の彼たるが炸裂しなければ派生なきそれ。男のロマン。遠く少年時代のロマン。1940年11月27日。生誕77年。遠きかの地で彼は今、何を想うだろう。
      いいね

      良い
    • ナインハーフ
      『ナインハーフ』NY。男女の恋の九週間半。ローク&ベイシンガーの美。光と影のマジック。倒錯愛の行方にすれ違ってゆく悲哀。恋の病。熱病の果て。己が心臓を差し出し、相手のそれを喰らう。安寧と乖離。絵葉書の如き妖。苦し、末。愛し罪に迷う。
      いいね

      良い
    • セブン
      『セブン』キリスト教:七つの大罪に名を借りた連続猟奇殺人事件。定年を控えた老練刑事と若き熱血刑事。入念にして倫理観が暴発した狂気。愉快犯。劇場型。辿り着く苦々しさの極。悶絶。雨の七日間に起きる陰惨。最後は瞬きしたらアカンよ?なる涙。
      いいね

      良い
    • 猫が教えてくれたこと
      『猫が教えてくれたこと』イスタンブールのニャンズ。街と人々の想いと、どこ吹く風なニャンズ。オスマン帝国の時代から共存してきた末の今。街に棲まうニャンズの、もはや景観の一部に接する人間のDNAレベルな日常にカルク、カルチャーショック。
      いいね

      残念
    • KUBO クボ 二本の弦の秘密
      『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』ニッポン以上のニッポン。転じた素晴らしさ。どう観てもCG。どう観ても生身。生き人形の“愛”と“哀”。“逢い”に“遭い”に“eye”。童心に返す涙。母。父。永劫の祖。恐るべき人形劇。途方の労に感嘆…。
      いいね

      良い
    • 全員死刑
      『全員死刑』ぶっ殺(さら)えんたーていんめんと。新宿レイト。公式さんへの義理?ノー。素晴らしかった。監督の巧さ。新次元感覚のそれ。ニッポンの監督の新たな出現をこの目にした。件の事件の凄惨。よもやのコミカル。この造りに、ただただ唸る。
      いいね

      良い
    • 汚れなき悪戯
      『汚れなき悪戯』マルセリーノ、マルセリーノ、可愛い天使(´;ω;`) これが奇蹟なら言葉がない。60年も昔の本作。奇蹟という着地点に見当たらないハッピーエンド感。絶望バッドエンドならぬ多幸感。歌を聴き、止まらぬ涙。嗚呼マルセリーノ。
      いいね

      良い
    • gifted ギフテッド
      『gifted/ギフテッド』本年度(暫定)No.1。全方位P(パーフェクト!)。Cエヴァンスが魅せたP。マッケンナちゃんのP。物語のP。爽やかさのP。小学生~妙齢に至る美女度のP。全てにやり過ぎない真実とシンプルさのP。その愛のP。
      いいね

      良い
    • ゴッホ 最期の手紙
      『ゴッホ~最期の手紙~』愛と狂気の怪作。全編油絵によるアニメーション。狂気の沙汰。視覚の驚異のみならぬドラマ。死の謎を追うミステリの見事。配役。再現度の見事。きっと何度観ても満足できない完成度。ラストに想う憐れ。彼は今、何を想うか?
      いいね

      良い
    • IT イット “それ”が見えたら、終わり。
      『IT イット“それ”が見えたら、終わり。』スタンドバイミーど真ん中。転じて恐怖のどん底。いたいけな子供のそれ。俺も歳喰ったな。見てられない。ガキんちょの日常。“それ”の怖さ。落差が激しくて胸がザワつく。夏に観たかった。な、2ツー。
      いいね

      良い
    • シン・ゴジラ
      『シン・ゴジラ』遥か遠き日の野澤少年を想う。TV映画に胸躍らせ心待ちにした日々。平成の本作はキミたちに何を残しただろう? 野澤好みのバッドエンドに痺れるキッズが数多生まれることを願ってやまない。キミたちの未来。二十年後が楽しみです。
      いいね

      良い
    • ザ・サークル
      『ザ・サークル』巨大企業「サークル」(暗にグーグル)。掲げる理念と現実のギャップ。身をもって味わう、後戻りできない“何か”。革新的な善の、時としての悪。一矢報いる展開ではあるが…もはや全世界。人類の欲望は止められない。その深淵の深。
      いいね

      良い
    • ジグソウ ソウ・レガシー
      『ジグソウ:ソウ・レガシー』新章起動。←この意味。新たなメンツ。監督の手腕。初作は違う意味で別格だが今作。既存シリーズで一番丁寧に作られていた。その差は観れば歴然。ソウの名を借りた別の新スリラーにも見えてくる逸品。伝統打破に拍手!!
      いいね

      良い
    • ソウ ザ・ファイナル 3D
      『ソウ ザ・ファイナル 3D』稲妻エンディング第一作目。ゲームオーバー直後から幕を開ける。ジグソウからの生還者たち。巨大アミューズメント施設の殺人ピタゴラスイッチ。仰々しくも馬鹿馬鹿しいデスゲーム感の数々。一応シリーズ決着。いざ新章
      いいね

      普通
    • ノクターナル・アニマルズ
      『ノクターナル・アニマルズ』のっけのセルライト・アニマルズで完全思考停止の罠。始まる現実+劇中劇+過去+やるせない未来+妄想+脳内物語。ただただ巧い。愛か復讐か?とも。愛も復讐も無い。とも取れる。ぼっち。長回しの刹那。困ったもんだ。
      いいね

      良い
    • Ryuichi Sakamoto: CODA
      『Ryuichi Sakamoto: CODA』愛称:教授。グラミー。アカデミー。世界のサカモトとして映画音楽を産み出しもする。お茶目で活舌の悪いオッサン:教授は今も昔も変わっちゃいないな。本作はまるで一枚のアルバム。身体、大事に。
      いいね

      良い
    • キセキの葉書
      『キセキの葉書』故郷の母を回復させた奇跡の軌跡たるお話だ。13年間5000通の絵手紙で支えた。自身は重度脳性麻痺の娘さんを抱える逼迫した日々。溺死寸前。それでも乗り越え迎える最後。言葉なき涙。紗理奈さんおめでとう。画面がぼやけたよ。
      いいね

      良い
    • キセキの葉書
      『キセキの葉書』タイトルは故郷の母を回復させた奇跡の軌跡たるお話だ。13年間で5000通の絵手紙で支えたそれ。自身は重度脳性麻痺の娘さんを抱える逼迫した日々。溺死寸前だ。それでも乗り越える。そして迎える最後。言葉なき涙。うん。紗理奈さん。おめでとう。色んな意味で画面がぼやけたよ。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....