TOP >okayadomidorinマイページ

okayadomidorin

さんのマイページ
okayadomidorin
つぶやいた映画
271 本
総ツイート
494 件
マイページ閲覧数
11,140 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

okayadomidorinさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
271 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 女神の見えざる手
    月と雷
    ユリゴコロ
    幼な子われらに生まれ
    関ヶ原
    隠された時間
    ローサは密告された
  • 君の膵臓をたべたい
    ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
    世界にひとつの金メダル
    22年目の告白 私が殺人犯です
    光をくれた人
    美女と野獣
    おとなの事情
  • 哭声 コクソン
    アシュラ
    お嬢さん
    ラ・ラ・ランド
    愚行録
    The NET 網に囚われた男
    アズミ・ハルコは行方不明
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』③どの時点からそれを読んで、その行動だったの?というのが知りたいところ。結末を知ってからもう一度見ると更に面白いかもしれない。130分の長編ですが、ちょうど集中が切れる頃目が離せない展開になっていく。
      いいね
      評価
      なし
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』②くらいは知っていても、ここまで影響力が大きい(もちろん映画ほどでないにしても)とか、高収入の職業として成り立ち、ロビイストの会社が山ほどあるというのに驚きました。味方をも欺き、先を読んで策を巡らせるわけだけど、
      いいね
      評価
      なし
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』①銃規制法案をめぐる賛成派と反対派のバトル。信条による議論などではなく、ロビイストによる策によって世論を動かし、票集めをするパワーゲーム。ロビイストの活動が時には大物政治家の政治生命まで脅かす。ロビイストの存在
      いいね

      良い
    • 月と雷
      『月と雷』③自堕落な草刈民代は雰囲気はとても出ていたが、鍛えられた背筋と脚のラインが隠せていなかった
      いいね
      評価
      なし
    • 月と雷
      『月と雷』②れてしまう。登場人物誰にも共感できないが、気持ちは分からなくはないという複雑な感想。最後、いなくなったことで少しホッとした微笑みなのか、もう置いていかれることに怯えることがなくなった安心感の微笑なのか…。
      いいね
      評価
      なし
    • 月と雷
      『月と雷』①実の母親ではない、父親の愛人に何故それほど親しみを感じていたのかが分からなかったが、根無し草のような生き方に惹かれていたのかもしれない。きちんとした生活を望みながら、きちんと働いている上司より働かないヒモのような男に惹か
      いいね

      良い
    • 幼な子われらに生まれ
      『幼な子われらに生まれ』②、産めば幸せになると思っている浅はかな感じがリアル。子供が生まれることで家族が良い方向に向かいそうだったラストシーンでしたが、また同じことの繰り返しを悟ったような浅野さんの表情、目付が印象的。
      いいね

      良い
    • 幼な子われらに生まれ
      『幼な子われらに生まれ』①浅野忠信演じる子煩悩な優しい父親がいつ暴力男に豹変するのかな?と思いながら見てましたがそんな話ではなく。かと言って本当に深い愛情があるのかも疑問。田中麗奈が、子供の問題や夫のリストラから目をそらし、
      いいね

      良い
    • ユリゴコロ
      『ユリゴコロ』②死を通してしか生きていることを感じられない吉高さん、リストカットの佐津川さんがピッタリでとても引き込まれてしまいました。
      いいね
      評価
      なし
    • ユリゴコロ
      『ユリゴコロ』①ミステリー的な部分は見ていれ ばすぐに分かってしまうのと、喜怒哀楽という感情が全くなく生まれた人間が他者からの深い愛情によって感情が生まれるということがあるのか?という疑問もあり、中途半端感が拭えないと思うのに、
      いいね

      良い
    • ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
      『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』踊るために生まれてきたような肉体。その肉体と才能と精神のアンバランスさ、危うさが人を余計に惹き付ける。残っている子供時代の映像の多さに周囲の期待の大きさがよく分かる。
      いいね

      良い
    • 君の膵臓をたべたい
      『君の膵臓をたべたい』予想通りの結末では終わらないところが良かった。いかにもな泣かせ、難病モノではない。高校生時代こそ小栗君にやってほしかった役。逞しくなりすぎててムリか…。
      いいね

      良い
    • 隠された時間
      『隠された時間』オオカミの誘惑から何年たったのでしょう?ドンウォンの登場シーンがオオカミの時と被る。独特の孤独感というか、人と容易に交わらない感じの彼の個性に、外見は大人なのに中身は子供という役はぴったり。子役も上手い。
      いいね

      良い
    • 関ヶ原
      『関ヶ原』ネイティブ度が高い方言と早口台詞で聞き取りにくいが人物関係はみんな知っているから問題ないということなのか?CGでゲーム画像のような合戦シーンではなく、人と人とのぶつかり合いのようなリアルな合戦シーンが見所。
      いいね

      普通
    • ローサは密告された
      『ローサは密告された』②見終わったた時は問題提起の作品なのか狙いが分からなかったのだが、試写後のトークショーでスラムの現実を知り、どういった視点でこの映画を見るのかが理解できた。
      いいね

      良い
    • ローサは密告された
      『ローサは密告された』①雨の中連行される車からビデオカメラで撮影したような揺れる画面で気分がが悪くなってくる序盤。正しいことやモラルなど存在するのか?いつの時代の話なんだ?と思わせるが、スマホでフェイスブックをしてる今と同じ時代。
      いいね

      良い
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      『22年目の告白 私が殺人犯です』途中からは読めてしまいましたが、そこまでは非常に面白かった。長さもちょうどいい。特に新鮮味がある役ではないが、やっぱり藤原君はいいです。
      いいね

      良い
    • 世界にひとつの金メダル
      『世界にひとつの金メダル』競技人生が長いせいか、主人公がなかなか成長しないし甘い甘い。ナショナルチームの監督がメンバーである主人公とその馬の怪我を誘発させるような行動をするのが怖い。実話?と確認してしまいました。実話でした。
      いいね

      普通
    • 美女と野獣
      『美女と野獣』本来暗い邦画や韓国映画好きだけど、この手の作品を日劇の大きなスクリーンで見るのは映画の醍醐味。歌も素晴らしくてストーリー知ってても幸せな時間でした。
      いいね

      良い
    • ハートビート
      『ハートビート』試写会で鑑賞済。公開後再度見たかったが見逃してしまったのでDVD購入。ストーリーはありがちだけど、やっぱりダンスシーンが素晴らしい。ダンスを浴びたい時に!
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....