TOP >okayadomidorinマイページ

okayadomidorin

さんのマイページ
okayadomidorin
つぶやいた映画
282 本
総ツイート
509 件
マイページ閲覧数
11,612 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

okayadomidorinさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
282 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 嘘八百
    勝手にふるえてろ
    新世紀、パリ・オペラ座
    DESTINY 鎌倉ものがたり
    否定と肯定
    プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード
    光
  • 南瓜とマヨネーズ
    彼女がその名を知らない鳥たち
    ポリーナ、私を踊る
    女神の見えざる手
    月と雷
    ナラタージュ
    ユリゴコロ
  • 幼な子われらに生まれ
    関ヶ原
    隠された時間
    ローサは密告された
    君の膵臓をたべたい
    ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
    世界にひとつの金メダル
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 勝手にふるえてろ
      『勝手にふるえてろ』レビューが年越ししてしまいましたが、2017年ベストかな。妄想と趣味に逃げていたのが、現実と向き合うことで幸せになれそうな。現実と向き合うのは辛いことも多いけど悪くないと思わせてくれる。松岡さん最高です。
      いいね

      良い
    • DESTINY 鎌倉ものがたり
      『DESTINY 鎌倉ものがたり』②かった。とても可愛いし、それだけ高畑さんの個性や存在感が強いということなのかもしれません。
      いいね
      評価
      なし
    • DESTINY 鎌倉ものがたり
      『DESTINY 鎌倉ものがたり』①死後がこんな世界だったら。死への恐怖が薄らぎます。ほっこりいい話ではあるが、堺さんファンとしてはちょっと物足りない。相手役の女優を輝かせると言われているが、この作品では2人の化学反応が感じられな
      いいね

      良い
    • 否定と肯定
      『否定と肯定』②言ったもん勝ちのような流れになる可能性もあり、そこが怖い。傾斜の緩いシャンテシネで鑑賞。画面の下に横書きの字幕。字幕が見えにくく、左右に頭を動かす人多数。一言も見逃せないような映画の字幕は右か左の縦書きでお願いしたい
      いいね

      良い
    • 否定と肯定
      『否定と肯定』①裁判で勝つためにどんな戦術を取るのか。感情に流されず、膨大な資料から相手の主張の矛盾点や差別思想を証明していくが、判決はどちらにでもなり得ることの証明にもなってしまう。裁判一つで歴史的事実が覆されることはないだろうが
      いいね

      良い
    • 嘘八百
      『嘘八百』舞台挨拶でも話に出たように時間がゆっくり流れている作品。炬燵にでも入ってノンビリ見たいような。嘘ばっかりだけど最後には大切なものに辿り着く。エンドロールが終わるまで展開ありです。
      いいね

      普通
    • プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード
      『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』全編プラハロケに惹かれて鑑賞。ストーリーはご都合、モーツァルトの恋多き人生を彩った1人の女の話。衣装、劇場、屋敷などが素晴らしくてオペラ場面と共にかなり楽しめました。
      いいね

      良い
    • 南瓜とマヨネーズ
      『南瓜とマヨネーズ』ダメ男好きと言うより自らダメ男に育ててしまってる女。全く共感できないけど最後は応援したくなってしまった。一番のダメ男はオダジョーだけど、彼なら仕方ないかもとちょっと思わせてしまうのは流石。
      いいね

      良い
    • 新世紀、パリ・オペラ座
      『新世紀、パリ・オペラ座』オペラ座の経営とオペラのリハーサル風景。オペラじゃなくバレエならもっとテンション上がるけど、楽しく鑑賞できました。
      いいね

      良い
    • 光
      『光』②私にはどんな光も感じられなかったので、色々レビューを読んだり、監督のインタビューを読んだりしたので、ある意味考えさせる映画ということになるのかも。
      いいね
      評価
      なし
    • 光
      『光』①原作未読。震災前の作品ということに驚き。この手の役は新はお手の物、瑛太も流石。女優は子役はまあ良い、長谷川京子に人を狂わせるような魅力が感じられない。橋本×瑛太の濡れ場は変な体勢で隠すくらいなら別の撮り方した方がいいのでは?
      いいね

      普通
    • ポリーナ、私を踊る
      『ポリーナ、私を踊る』②劇場内では様々な理由で上演できなかった作品のモチーフ画や衣装の展示もしていたので、その点が興味深かった。この手の作品を見ると(自分も一時コンテンポラリーに惹かれた)やはりクラシックが好きと再認識。
      いいね

      普通
    • ポリーナ、私を踊る
      『ポリーナ、私を踊る』①クラシックを学び、コンテンポラリーに目覚め…という話ですが、最も印象に残ったのは内部を見学したばかりのボリショイ劇場。ポリーナが先生に、反社会的な作品と言っていましたが、
      いいね

      普通
    • 彼女がその名を知らない鳥たち
      『彼女がその名を知らない鳥たち』登場人物の誰にも共感できない最低の人間ばかりという宣伝文句と、実際の内容が違い過ぎる。究極の純愛では?主演の2人もクズ男たちも最高に合ってました。
      いいね

      良い
    • ナラタージュ
      『ナラタージュ』原作が好きなので映画は見ないつもりでしたが、周囲の評判が良かったので鑑賞。やはりキャストのイメージが違っていて原作のように入り込めなかった。
      いいね

      普通
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』③どの時点からそれを読んで、その行動だったの?というのが知りたいところ。結末を知ってからもう一度見ると更に面白いかもしれない。130分の長編ですが、ちょうど集中が切れる頃目が離せない展開になっていく。
      いいね
      評価
      なし
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』②くらいは知っていても、ここまで影響力が大きい(もちろん映画ほどでないにしても)とか、高収入の職業として成り立ち、ロビイストの会社が山ほどあるというのに驚きました。味方をも欺き、先を読んで策を巡らせるわけだけど、
      いいね
      評価
      なし
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』①銃規制法案をめぐる賛成派と反対派のバトル。信条による議論などではなく、ロビイストによる策によって世論を動かし、票集めをするパワーゲーム。ロビイストの活動が時には大物政治家の政治生命まで脅かす。ロビイストの存在
      いいね

      良い
    • 月と雷
      『月と雷』③自堕落な草刈民代は雰囲気はとても出ていたが、鍛えられた背筋と脚のラインが隠せていなかった
      いいね
      評価
      なし
    • 月と雷
      『月と雷』②れてしまう。登場人物誰にも共感できないが、気持ちは分からなくはないという複雑な感想。最後、いなくなったことで少しホッとした微笑みなのか、もう置いていかれることに怯えることがなくなった安心感の微笑なのか…。
      いいね
      評価
      なし
      もっと見る Loading...
      Loading.....