TOP >renn6161マイページ

renn6161

さんのマイページ
renn6161
つぶやいた映画
2,052 本
総ツイート
2,294 件
マイページ閲覧数
34,899 view
ウォッチしている
22 人
ウォッチされている
25 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

renn6161さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
2052 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • メイズ・ランナー 最期の迷宮
    空飛ぶタイヤ
    万引き家族
    Vision
    羊と鋼の森
    OVER DRIVE
    デッドプール2
  • 恋は雨上がりのように
    友罪
    ランペイジ 巨獣大乱闘
    のみとり侍
    ピーターラビット
    孤狼の血
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
  • 君の名前で僕を呼んで
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    タクシー運転手 約束は海を越えて
    リズと青い鳥
    いぬやしき
    レディ・プレイヤー1
    さよなら、僕のマンハッタン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
      『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』前から推しのマイケル・キートンの怪演なくてはこのいかがわしさ、苦さ、孤独感、面白さはなかっただろう。ピアノと話術で…の件は本物だったとは。輝きは偽でも強いもの勝ち。あの兄弟の仲良さ最高。
      いいね

      良い
    • メイズ・ランナー 最期の迷宮
      『メイズ・ランナー 最期の迷宮』2014年が第1作で翌年2作目。今回最終話ということで久々に観た登場人物はかなり印象も変わってた。正直あまり気持ちが入らなかったのと、都合よく出来てるなあと感じること多々。が、迫力ある映像は楽しめた。
      いいね

      良い
    • ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
      『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』ジョー・ライトらしい光や建物、衣装に時代を超える。ただチャーチルの評価は色々で地下鉄のエピソードは特になくても。アメリカに救われた英国。映画の人物は素晴らしく、魅力的だ。
      いいね

      良い
    • 空飛ぶタイヤ
      『空飛ぶタイヤ』「中小企業なめんなよ」は個人的に好きな言葉。さて、立場が違えばアプローチが違う。挫折は取り組み方の根っこを大きく変えるんだけどそこに出るのが生まれ持った品性というか人間性なのだな。一番の立役者はあの人なんだけどね~!
      いいね

      良い
    • イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち
      『イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち』子ども時代に2人が唐突に経験したソリの事故がどう影響したのかな…ファンタジーだから別に考えなくてもいいのか。ゾーイ・カザンが可愛い。この不思議なシチュエーションではやはり見た目は大きいよね。
      いいね

      普通
    • パーフェクト・ボウル 運命を賭けたピン
      『パーフェクト・ボウル 運命を賭けたピン』ユ・ジテ主演。落ちぶれた人気プロボーラーとその相棒は賭けボーリングで糊口をしのいでいる。崖っぷちの彼らを救ってくれる少年は実は知的障害と自閉症があり…人物が丁寧に描いてあり最後は爽快感!
      いいね

      良い
    • Vision
      『Vision』子どもの頃このような場所で過ごす時間が多々あった。風の音、木々の騒めき、恐ろしさと自分の存在の儚さを感じたあの感情が一気に戻って来る。静かな人は自然と一体になろうとして…という言葉にも反応。私には好きな寓話となった。
      いいね

      良い
    • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
      『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』原題「DEMOLITION」無感覚であり続けるのは自分を守っているということ。外部から傷つけられない代償は、そこから抜け出せないこと。実は愛に包まれていることに気づくとこうだよね。泣きました。
      いいね

      良い
    • 羊と鋼の森
      『羊と鋼の森』人生でふと出会ってしまう事象には無限の可能性が秘められている。それを守るには覚悟が必要だが、同じ感覚を持つ人々の中で育つことも大事で…人が優しくあらねばならない理由もふと考える。音と沈黙の存在感、山崎賢人も良かった。
      いいね

      良い
    • リベンジ・リスト
      『リベンジ・リスト』ジョン・トラボルタのアクション映画ってことで観た。が、彼より相棒役のクリストファー・メローニがチャーミングでいい感じに頼りになるんだなぁ。娘に当然するべき配慮がなかったり、脚本がちょい雑。いっぱい殺します~!
      いいね

      普通
    • ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官
      『ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官』ニック・チョン、ルイス・クー、フランシス・ンで潜入捜査モノと聞けば血が騒ぐ。人気テレビドラマのスピンオフらしくオリジナルを知らないが、兄弟のくだりでぐっとくる。ディンのキャラがちょっと惜しい。
      いいね

      良い
    • ノー・エスケープ 自由への国境
      『ノー・エスケープ 自由への国境』気温50度。メキシコからアメリカへ不正入国する案内人とそれぞれ理由のある人々。そこに犬を連れた男がライフルを持って現れる…ガエル君よく走った!美しくも厳しい自然が圧倒的。人の心も砂漠のよう。
      いいね

      良い
    • ヤンヤン 夏の想い出
      『ヤンヤン 夏の想い出』序盤は多くの登場人物のことが何もわからずただ眺めているだけ。でも終盤にはエドワード・ヤンの透明な網が冷たい水の中から美しい魚たちを救いあげて一瞬力強く煌めかせて終わる。なんという物語。煉獄という言葉を想う。
      いいね

      良い
    • 20センチュリー・ウーマン
      『20センチュリー・ウーマン』2度目。マイク・ミルズの自伝的映画としても改めて興味深く観た。「大恐慌時代を生きた女」なら「9.11を生きた女」なんて言い方もこれから出て来るのかも。時代を自分なりに生きるパワーにまた元気を貰った。
      いいね

      良い
    • スカイ・オン・ファイア 奪われたiPS細胞
      『スカイ・オン・ファイア 奪われたiPS細胞』リンゴ・ラム監督…観終わって爆笑してしまった。お金は結構かかっている筈だし、ダニエル・ウーにあんなのまでやらせちゃいますか。いやもう何がiPS細胞なんだかですが、色々な意味で面白い!
      いいね
      評価
      なし
    • 万引き家族
      『万引き家族』細野晴臣の音が耳から離れない。彼らが暮らした部屋のように混沌とした世界で輝くささやかな宝石たち。制度や法からこぼれ落ちたものに注がれた眼差しに衝撃を受ける。マグダラのマリアをふと。安藤サクラの表情にただ涙するのみ。
      いいね

      良い
    • ベイウォッチ
      『ベイウォッチ』2017年のラジー賞に何部門ノミネートだっけ。でも安心の展開でこういうのも楽しい。ロック様が出てくれば万事うまく行くし、ちょっと痛いザック・エフロンも筋肉と運動神経を披露して成長するので大丈夫。ビーチは今日も賑やか。
      いいね

      良い
    • サイゴン・ボディガード
      『サイゴン・ボディガード』初ベトナム映画。でも「太秦ライムライト」の落合賢監督作品。既視感バリバリなんだけどもアクションはこりゃ痛いよねというリアリティあり。リック・アストリー他選曲がなかなかツボ。アジア映画頑張れ!楽しかった。
      いいね

      良い
    • 灼熱
      『灼熱』クロアチアとセルビアの民族紛争の始まりの直前から現代までを3つのパートに分けて描く。それぞれ違う設定の恋人たちを同じ2人の役者が演じる。悲劇が起きても人は生きる。時代は続く。水の中に沈む彼らと開かれた扉。力強く見応えあり。
      いいね

      良い
    • OVER DRIVE
      『OVER DRIVE』天才肌のレーサーの弟と誠実で車を愛するメカニックの兄。海辺の白い服の少女。仲が良かったはずの2人が…うっわー話が分かりやすい。魅力的な役者たちの内面が描かれるとよかったのだが。ラリーシーンは迫力満点。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....