TOP >renn6161マイページ

renn6161

さんのマイページ
renn6161
つぶやいた映画
1,581 本
総ツイート
1,796 件
マイページ閲覧数
25,421 view
ウォッチしている
22 人
ウォッチされている
22 人
2014年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

renn6161さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1581 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 少女は悪魔を待ちわびて
    新宿スワンII
    沈黙 サイレンス
    ザ・コンサルタント
    I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー
    ドント・ブリーズ
    ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
  • マダム・フローレンス! 夢見るふたり
    マッド・ドライヴ
    ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
    この世界の片隅に
    JUKAI 樹海
    続・深夜食堂
    ぼくのおじさん
  • 湯を沸かすほどの熱い愛
    スター・トレック BEYOND
    ファイトクラブ・レディズ
    何者
    ジェイソン・ボーン
    高慢と偏見とゾンビ
    ハドソン川の奇跡
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ディーパンの闘い
      『ディーパンの闘い』スリランカ内戦で家族を失っ元兵士。難民キャンプで偽装家族となった女と少女の新たなフランスでの生活も平安ではなかった…この時代に生まれる場所が違うだけで過酷な運命を生きる人々がいる。ラストをどう受け止めるかは自由。
      いいね

      良い
    • 新宿スワンII
      『新宿スワンII』関玄介カッコいい。真虎と並んで立ってたら自分もスカウトされちゃうかも(ないない)よくわからないままぶっ飛ばすストーリー展開だが憑依役者綾野剛演じる白鳥龍彦のピュアな魅力が輝いている。ホステス軍団登場はさすが華やか。
      いいね

      普通
    • 沈黙 サイレンス
      『沈黙 サイレンス』弱者と呼ばれる人々に優しい眼差しを注ぐスコセッシ監督が発売当初長崎では発禁扱いになった遠藤周作の原作をほぼ原作通りに映画化。宗教の物語ではあるがこれは人の心と愛とは何かを問うものだ。キチジローの存在意味は大きい。
      いいね

      良い
    • ザ・コンサルタント
      『ザ・コンサルタント』ギャヴィン・オコナー監督はいい仕事をします!多分兄弟ものは得意なのでしょう。確かに仕事で人殺しなんていとわない奴なんだけどあったかいのよ、思わず笑っちゃうのよ。ベンアフは役をよく理解していて嬉しくなってしまう。
      いいね

      良い
    • DEMON デーモン
      レイ・リオッタ『DEMON デーモン』ジュリア・スタイルズ、レイ・リオッタ、アンソニー・ホプキンスと癖のある役者が揃った。行政が手を出せずにいるこんな輩が横行する地方でのある種の復讐劇。淡々と、と言えるが、盛り上がりも欲しかった。
      いいね

      普通
    • オートマタ
      『オートマタ』世紀末。汚染された場所にいる人間とロボット。2つのプロトコルが守られているかを坊主頭のアントニオ・バンデラスがズタボロになりながら調べる役として登場。この組み合わせだと人間が大体悪よのお。ノスタルジックだがやや弱いか。
      いいね

      普通
    • 心霊ドクターと消された記憶
      『心霊ドクターと消された記憶』意図はわかるが、中盤あたりから詰め込みすぎじゃない?という展開に。過去にあんなことがあってよく精神科医になれたものだと驚いた。エイドリアン・ブロディの怯え切った表情に闇の深さを感じることが出来る。
      いいね

      普通
    • トレヴィの泉で二度目の恋を
      『トレヴィの泉で二度目の恋を』80歳前後という大人も大人の2人のラブストーリー。S・マクレーンがドレスアップしたスタイルは昔を思い出させるセクシーさも漂っていて、プラマーが目を見張るのも納得。キュートなマクレーンが観れて嬉しい。
      いいね

      良い
    • イット・フォローズ
      『イット・フォローズ』ぐっすり眠るティーンエイジャーたち。警察や親たちが介在することはなく「それ」はやってくる。優れたアイディアで青春を描く瑞々しいホラー。決まり事は子ども時代の約束のように必ず果たさないと我が身に降りかかるのだ。
      いいね

      良い
    • 湯を沸かすほどの熱い愛
      『湯を沸かすほどの熱い愛』あえてこのストーリーでこの展開にするのは凄いことだ。役者を信じ、役者も信じているという当然の事実に衝撃を受ける。力、重み、強引、愛。矛盾しあうことで成り立つのは私たち自身に近くてはっとさせられた。涙涙。
      いいね

      良い
    • ドント・ブリーズ
      『ドント・ブリーズ』サム・ライミの名前が製作にあるがホラーではなくサスペンス。どっちがどうとかどうでもよくなってとにかく心拍数が上がるのみ。生理的にも嫌なものがすっと流れに入ってきて、そこ女性は思わす叫ぶんじゃない?続編ありそう。
      いいね

      良い
    • の・ようなもの
      『の・ようなもの』森田監督のシュールでとぼけてて、だけどどこか哀しい香りがする作品。久しぶりに観たが自由に生きててちゃんと大人な登場人物たちが愛おしい。「しんとと、しんとと」と呟きながら深夜から早朝の東京を歩くシーンはいいなぁ。
      いいね

      良い
    • 5時から7時の恋人カンケイ
      『5時から7時の恋人カンケイ』サバサバしたフランス人の婚外恋愛に驚いた序盤。でもやはりピュアに恋に落ちる2人が切ない。「あなたのお気に入りの物語は全てたった1人の読者のために書かれた」なんてね。アントン、まだまだ観ていたかった…
      いいね

      良い
    • エージェント・ウルトラ
      『エージェント・ウルトラ』ジェシーとクリステンの恋人たちの世界観がとても好き。アポロの話はエンドロールに続いていて、あのアニメーションにはテンションあがっちゃう。なのになのになぜそれが本編中のストーリーに生かされなかったのかしらん。
      いいね

      普通
    • 白い沈黙
      『白い沈黙』エゴヤン監督作品。時間軸の扱い方、ギミックかトリックか、夜の女王のアリア、設定だけで不気味な長身の男、一瞬にしてジグゾーパズルの絵柄がわかる刑事、スケート靴など、今回も匂わせる描き方が上手い。惜しいのは詰めの甘いところ。
      いいね

      良い
    • 明日へ
      『明日へ』大型スーパーで突然の解雇。非正規雇用者である彼女たちの闘いは実話だそう。結末をどう持ってくるかを期待していたのだが、字幕で終わってしまってそこは残念。生活は辛い。それは伝わるが、映画ならではの味付けがもう少し欲しかった。
      いいね

      普通
    • I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー
      『I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー』契約その他がどうなってるかわからないけど、スーツアクターならではの苦悩だろう。それもダースベイダーとなると…でもみんなそれってSW愛から。誤解なら解けますように。
      いいね

      良い
    • イロイロ ぬくもりの記憶
      『イロイロ ぬくもりの記憶』シンガポールに出稼ぎに来たフィリピン女性が雇われたのは中国系の家族。国は違えど生活することの大きさ、疲れ、継続性の意味が描かれ興味深く観た。監督の自伝的映画だそうだが、メイドさんと再会出来たのはよかった。
      いいね

      良い
    • パディントン
      『パディントン』児童文学の実写化だが不思議といつまでも観ていたくなる。字幕だとイメルダ・スタウントンにベン・ウィショーの声が聴ける。移民問題も取り入れた社会派の面もあるし、カリプソ・バンドの演奏も粋で嬉しい。マーマレード食べたい!
      いいね

      良い
    • グッドフェローズ
      『グッドフェローズ』当時のヒット曲が流れ続ける中の「警察が守ってくれない連中を守る」世界が展開。マフィアの回顧録だというだけあり結末も納得。当時はイタリア系でないと潰しが効かなかったらしい。終盤のデ・ニーロとロレインのシーン怖いね~
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      mattsuanko
      1348movies / tweets
      advertisement

      follow us