TOP >satoru2181マイページ

satoru2181

さんのマイページ
satoru2181
つぶやいた映画
64 本
総ツイート
67 件
マイページ閲覧数
3,103 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

satoru2181さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
64 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 哭声 コクソン
    アシュラ
    ラ・ラ・ランド
    オアシス スーパーソニック
    ドント・ブリーズ
    ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
    この世界の片隅に
  • ティエリー・トグルドーの憂鬱
    DOPE ドープ!!
    ハロルドが笑う その日まで
    アーロと少年
    スター・ウォーズ フォースの覚醒
    ナイトクローラー
    ミニオンズ
  • 野火
    サイの季節
    インヒアレント・ヴァイス
    ブルー・リベンジ
    アニー
    薄氷の殺人
    ガンズ&ゴールド
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アシュラ
      『アシュラ』シネマート心斎橋で鑑賞。主人公の野良犬感がたまらない。韓国ノワールは暴力のなかに新しい魅せ方を必ず用意してくれる。登場人物のゲスさも個性があって、それぞれ魅力。尊厳を踏みにじられた瞬間から疾走するアクションが凄い。
      いいね

      良い
    • ラ・ラ・ランド
      『ラ・ラ・ランド』大阪ステーションシティシネマで鑑賞。すべてのミュージカルシーンの見せ方に映画的な工夫あり。ダメダメで未熟、2人以外は書き割りの世界…それが夢を追いかけるリアルな姿なんだと。あの頃を振り返れば誰だって美化してしまう。
      いいね

      良い
    • 哭声 コクソン
      『哭声 コクソン』シネマート心斎橋で鑑賞。信仰、感染、祈祷師、田舎、森…人間が潜在的にもつ猜疑心と恐怖感を見事に映像であぶり出す。人が疑念を抱くポイントをついて、観客も巻き込むなんて凄い映画。まるで「哲学的」恐怖映画だ。
      いいね

      良い
    • この世界の片隅に
      『この世界の片隅に』シネ・リーブル梅田にて鑑賞。戦時中の日常を丁寧に描くことで、今の生活につながってくる。主人公の視点からの映像表現が多様で、そこに心情のリアリティが内包されている。アニメだから描ける本当に存在している感じ。
      いいね

      良い
    • ドント・ブリーズ
      『ドント・ブリーズ』大阪ステーションシティシネマで鑑賞。限定空間の見せ方、小道具…序盤のアレがこうなって、と展開の手際よさに感心。スリラーから途中、明らかにホラーになってからのたたみかける感じ…すんごいものを観せられた。
      いいね

      良い
    • オアシス スーパーソニック
      『オアシス スーパーソニック』梅田ブルク7で鑑賞。栄光と破滅に一気に突き進むのがロック。兄弟としての人間臭さ、破滅的ロックな風潮に中指を立て“生”を歌うのがOASISの魅力。ネット社会の前夜だからこそ、このバンドが大きくなった。
      いいね

      良い
    • ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
      『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』シネプレックス枚方の4DXで鑑賞。本編にはない見せ方が新鮮。地を這う希望のバトンリレー、「誰かに届いたはず」というラストにグッときた。フォースの覚醒ほどキャラが立ってなかったのが残念。
      いいね

      良い
    • ティエリー・トグルドーの憂鬱
      『ティエリー・トグルドーの憂鬱』シネ・リーブル梅田にて鑑賞。容赦ない現実と家族とのささやかな交流が交互にあり、どちらも主人公は表情を変えない。それが抑制の効いた人間ドラマに。階級闘争に燃える元同僚との対比が痛々しさを際立たせる。
      いいね

      良い
    • DOPE ドープ!!
      『DOPE ドープ!!』シネマート心斎橋で鑑賞。貧困、ドラッグ…、チャック・Dは「ラップミュージックは黒人社会におけるCNN」と言った。この映画の主人公はオタクでパンクを歌う。バンド名は「オレオ」。どんな奴かは何が好きかでわかる。
      いいね

      良い
    • ハロルドが笑う その日まで
      『ハロルドが笑う その日まで』シネ・リーブル梅田にて鑑賞。凍った湖、雪山、吹雪…、北欧の自然は厳しい。人間の孤独も絶望も小さく感じ、大自然が温かく見守っている。2人の老人が池に落ちた時が孤独からの解放で、そこに向けたロードムービー。
      いいね

      良い
    • 湖中の女
      『湖中の女』シネ・ヌーヴォにて鑑賞。カメラが主人公の目線で展開され、観る側の情報量が制限される。情報ばかりを垂れ流すミステリーではなく、観客も謎にハマリ込むノワールが全開。この演出は実験的だが、すごく合理的で新鮮だった。
      いいね

      良い
    • アーロと少年
      『アーロと少年』大自然から恐竜の皮膚感まで圧巻のCG。シンプルなストーリーが恐竜たちのキャラを立てていた。死をしっかり描くからこそ、自然と共存する生のリアルが引き立つ。あとは観念的な描写にも力をそそぐピクサーに感心。
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ フォースの覚醒
      『スター・ウォーズ フォースの覚醒』3回鑑賞。新しい登場人物、みんな魅力的。若者の孤独や成長を描くからこそ、CGではなく人間力に力を注いだのが成功したのでは。土や砂、空気感など、リアルな部分にこそSWの魅力が宿ると再確認できた。
      いいね

      良い
    • 野火
      『野火』シネ・ヌーヴォにて鑑賞。何と戦っているのか、どこに向かっているのかもわからない…リアルな戦争映画ではないか?美しくも不気味なジャングル、人間の生と死における変容など、すべてが印象的。いま、この映画をつくった意義は重大で感動。
      いいね

      良い
    • ミニオンズ
      『ミニオンズ』あべのアポロシネマにて鑑賞。センスがすごいパンク。悪党たちが憎めないし、英国王室のいじられ具合も愉快。バナナとの関連性がもっとあれば萌えれた。音楽の60年代ロックを聞くだけでも価値あり。
      いいね

      良い
    • ナイトクローラー
      『ナイトクローラー』シネ・リーブル梅田にて鑑賞。今までになかったサイコ映画。理にかなったゲスっぷりに、主人公が裁かれないのも納得。観客との共犯関係もバッチリで『ワイドアングルだね』。夜のLAの不音感や禍々しさも伝わる
      いいね

      良い
    • サイの季節
      『サイの季節』シネ・リーブル梅田にて鑑賞。骨太で叙情的な作品。うごめくサイや亀や蜘蛛たち、人間だけが人生に翻弄される。人間として帰還すべき場所を探る旅、沈黙のロードムービーなのでは。モニカ・ベルッチに女の強さに潜むエロをみた。
      いいね

      良い
    • インヒアレント・ヴァイス
      『インヒアレント・ヴァイス』シネ・リーブル梅田にて鑑賞。終始ラリって、こちらも現実と幻覚が混在した気に。登場人物がみんなクズだけど、チャーミング。70年代のカウンターカルチャーの疾走感と孤独が魅力的に。ヒッピーなフィリップ・マーロウ。
      いいね

      良い
    • 恐怖分子
      『恐怖分子』第七藝術劇場にて鑑賞。都会の憂鬱、疑念、孤独が連鎖していく悲劇。その様を沈黙のなかで描く、カメラワークと陰影がすごい。いきつく先は狂気であり、増殖する都会の人間交差にうもれていく。ある意味で群像劇だ。
      いいね

      良い
    • ブルー・リベンジ
      『ブルー・リベンジ』シネ・リーブル梅田にて鑑賞。完璧な復讐ではなく、生々しく、不正義だからこそおもしろい。セリフは最小限、風景だけで虚無感が伝わる。主人公の行動原理は理屈ではなく、復讐の向こうにある虚無感なんだと。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      624ken
      2783movies / tweets
      advertisement

      follow us