TOP >tatsunosuke246マイページ

tatsunosuke246

さんのマイページ
tatsunosuke246
つぶやいた映画
439 本
総ツイート
552 件
マイページ閲覧数
6,351 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
2 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
439 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • パシフィック・リム アップライジング
    ミスミソウ
    ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    15時17分、パリ行き
    レオン
    ロープ 戦場の生命線
  • マンハント
    劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ
    コンフィデンシャル 共助
    RAW 少女のめざめ
    スリー・ビルボード
    殺人者の記憶法
    デトロイト
  • ベロニカとの記憶
    ルイの9番目の人生
    バーフバリ 王の凱旋
    勝手にふるえてろ
    カンフー・ヨガ
    オレの獲物はビンラディン
    ビジランテ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
      『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』、去年「ダンケルク」見た人はその経緯がこれでもかと言うほど理解できるのでその点もオススメ。
      いいね

      良い
    • ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
      映画『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』感想。ゲイリー・オールドマンが偏屈だけどチャーミングさも持ちつつ、芯が強い豪傑を表現しきっていて素晴らしい。地下鉄以降の下りはあまりに出来過ぎな気もしたけど、ラストの台詞に政治家のあるべき姿が示されていたと思う。
      いいね

      良い
    • パシフィック・リム アップライジング
      『パシフィックリムアップライジング』感想。ラスボスの絶望感、ボイエガ君の顔面力など、充分面白かったんですが...イェーガー4体いるのに連係が少なすぎかな。ラストは普通のアクション映画ならいいけど、バシリムとしては正直ないよなぁと思った。続編があればもっと無骨な戦いを期待したい
      いいね

      良い
    • ミスミソウ
      映画『ミスミソウ』原作既読でしたが、イメージを損なわない映画化。主演の山田杏奈の黒目の黒さと、大塚れなの突き抜けた演技が見物でした。季節の変化をよくロケしたなと思う。凄惨な描写が大丈夫ならオススメ。未読の方も、「リリィシュシュのすべて」あたりが好きな人には良いかも。
      いいね

      良い
    • ミスミソウ
      うーん、「ミスミソウ」上映館少ないなあ...
      いいね
    • マンハント
      『マンハント』鳩や2丁拳銃、さらにはハリウッドで制作したアレのような展開など、ジョンウーてんこ盛りトッピングに福山雅治という趣。大阪での撮影は珍しいのでは。古めかしい所もあるけど楽しめる。終映後のトーク、お客さんがエンドロールでも帰らなかったのでこういうのもありかと思った
      いいね

      良い
    • RAW 少女のめざめ
      『RAW 少女のめざめ』感想。変化していくヒロイン姉妹だけでなく、閉鎖的な大学の描写との相乗効果で、不気味さが大幅アップ。鮮烈なショットの連続は監督のセンスを感じる。なぜ獣医学部なのかが考察ポイントなのかな。
      いいね

      良い
    • ロープ 戦場の生命線
      『ロープ 戦場の生命線』感想。ちょっと女にはだらしないけど、人間的魅力に溢れる。こういうデル・トロが観たかったのよ。(SWは...以下自粛)。戦場が舞台だけど、ハデなことは何も起こらず、ままならない日常がシニカルに描かれる佳作。ラストには脱力。
      いいね

      良い
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『聖なる鹿殺し』試写にて鑑賞。この監督でなければ表現できない不条理な世界、登場人物と観ている側をジワッと追い込んでくる演出が見物。ラスト、重要な決断のシーンをあのような形にするというのは、正直どうかしてる(褒めてます)。他に似ていない映画が観たい人にはお勧め。
      いいね

      良い
    • 15時17分、パリ行き
      『15時17分、パリ行き』試写にて鑑賞。現実のテロを防いだ若者達がそのまま主演をするという、ある意味究極の実録ドラマ。イーストウッドの今なお新しい試みに進む姿勢は素晴らしすぎる。列車での攻防より、日常に非日常が飛び込んでくる可能性がある、という点が主題だったのでしょうね。
      いいね

      良い
    • デトロイト
      映画、1月はあんまし観たいのなかったけど、2月はたてこむなぁ。マンハント、デトロイト、RAW 少女のめざめ、ロープ、あたりは観ておきたい。ズッキーニ君は千葉は4月から上映なので地元で観る。
      いいね
    • 劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ
      『劇場版マクロスΔ』大筋はアニメ版と同じ。一本にまとまるのかなと思ったけど意外と違和感なく観られた。メッサーが主役に見えちゃうけどそこはまぁいいか。一曲フル3DCGのライブシーンがあって、これが進歩したら将来スゴそう。楽曲を劇場で聴けることに価値があると思える人ならオススメ
      いいね

      良い
    • ルイの9番目の人生
      『ルイの9番目の人生』鑑賞。ファンタジーと思わせつつ、意外と現実的な方向に寄せた展開。キャラクターの印象が見終わった後で逆転するのは巧いと思った。爽やかさと後味の悪さが同居するラストも良い。ただ、とある人物の一部の行動があまり無茶すぎて引いてしまったかな。
      いいね

      良い
    • スリー・ビルボード
      『スリー・ビルボード』鑑賞。安易な感情移入を許さない人物造形と、緊張感を持続させたままラストまで持って行く演出と脚本スゴイ(たぶんオスカー取りそう)。フランシス・マクドーマンドも素晴らしかったけど、やっぱりサム・ロックウェルが一番印象深いね。
      いいね

      良い
    • レオン
      『レオン』試写会で鑑賞。会社社長と地味OLの入れ替わりコメディ。竹中直人の居るだけでこみ上げてしまう存在感は流石。脇役陣の怪演もあって楽しめます。CGの過剰な演出は好みが分かれそう。原作を読んでみたくなりました
      いいね

      普通
    • 殺人者の記憶法
      『殺人者の記憶法』試写にて鑑賞。アルツハイマーで記憶が混濁する殺人鬼と、正統派の殺人鬼(殺人鬼に正統派というのもおかしいけど)がお互いの正体に迫っていくサスペンス。ソル・ギョングの記憶転換まで表現する顔演技がスゴイ。サスペンスに加えて、親子愛まで放り込んでくる濃密な秀作でした
      いいね

      良い
    • 殺人者の記憶法
      「殺人者の記憶法」試写会に来た。渋谷の人の多さがしんどくなってきた今日このごろ。
      いいね
    • コンフィデンシャル 共助
      バーフバリとか「コンフィデンシャル 共助」がそれぞれの国のトップアクション映画だと思うんだけど、邦画がこのレベルに行くのは正直無理だよなぁ...マンガ原作で「原作に似せました~」なんて喜んでいても、どうにも差は詰まらないと思う。何とかならんものか。
      いいね
    • バーフバリ 王の凱旋
      『バーフバリ 王の凱旋』これがバーフバリっ!?という頭の悪い感想しか出てこないほど圧倒された。いちいち演出が「そんなんありですか....」と絶句してしまう。女優陣の目力もスゴイ。そこそこ長めにあらすじ解説してくれるので、一作目観てないからってスルーせずに劇場で観るのが吉。
      いいね

      良い
    • コンフィデンシャル 共助
      『コンフィデンシャル 共助』試写にて鑑賞。イケメンエリートと奥さんの尻に敷かれるおっさん警官とのバディ物。ベタな王道展開をきっちり作りこむと、誰もが楽しめる良作になるというお手本。アクションも素晴らしく、家族とのやりとりが和ませてくれる。単純に面白い映画が観たい人におすすめ
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....