TOP >tsuccheeeマイページ

tsuccheee

さんのマイページ
tsuccheee
つぶやいた映画
566 本
総ツイート
599 件
マイページ閲覧数
8,347 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
4 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
566 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
    トレイン・ミッション
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    ヴァレリアン 千の惑星の救世主
    レッド・スパロー
    トゥームレイダー ファースト・ミッション
    リメンバー・ミー
  • 15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    空海 KU-KAI 美しき王妃の謎
    The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
    グレイテスト・ショーマン
    羊の木
  • RAW 少女のめざめ
    スリー・ビルボード
    ダークタワー
    ベロニカとの記憶
    ルイの9番目の人生
    はじめてのおもてなし
    キングスマン ゴールデン・サークル
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
      29本目『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』。単なるおバカ作品と思っていたが・・・もちろん、そういう楽しさもあるけど、意外に感動させられたりもする。非常に良く出来た娯楽作品。芸達者なキャストもイイ。
      いいね

      良い
    • レッド・スパロー
      28本目『レッド・スパロー』。図らずも肉体を武器にする女スパイとなったドミニカ。いくら色仕掛けの諜報活動とはいえ何でも喋り過ぎじゃないの?と彼女の素質に疑問を持ったら、いつの間にか心理操作されていた。J・ローレンスの体当たり演技に〇
      いいね

      良い
    • ヴァレリアン 千の惑星の救世主
      27本目『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』。SW旧三部作やGotGが好きな向きには嬉しいスペースオペラ。ビジュアル偏重は否めないけど、D・デハーンとC・デルヴィーニュという美男美女コンビのバディムービーとしても楽しい。続編望む。
      いいね

      良い
    • トレイン・ミッション
      26本目『トレイン・ミッション』。否が応にも中高年の星L・ニーソンには感情移入させられてしまう。列車内という空間を活かしたサスペンスに身を委ねるべし(粗探しは野暮というもの)。この監督・主演コンビでの更なる作品を早くも望む(笑)。
      いいね

      良い
    • RAW 少女のめざめ
      25本目『RAW 少女のめざめ』(@tenpara_tw)。青春の通過儀礼の残酷さに少女の個人的で深刻な事情が絡んだ悲劇。ホラーというよりバンパイアものに付きまとう悲哀に似たものを感じた。極めてユニークで衝撃的な青春ストーリー。
      いいね

      良い
    • はじめてのおもてなし
      24本目『はじめてのおもてなし』(@gardens_cinema)。難民受入の先進国ドイツゆえの問題をコメディータッチで描く秀作。よそ者の同居でトラブル続出どころか実は綻びのあった家族が絆を取り戻す。日本の将来のため参考になるかも。
      いいね

      良い
    • トゥームレイダー ファースト・ミッション
      23本目『トゥームレイダー ファースト・ミッション』。A・ヴィキャンデルの魅力を以てしても如何せんストーリーが・・・ヤマタイ島って何やねん!ゲームに思い入れのない者にとっては、単にこの手の映画と相性が悪いだけかもしれないけど。
      いいね

      普通
    • リメンバー・ミー
      22本目『リメンバー・ミー』。ピクサーはいつもながら完成度高い。今回は絶対泣いてしまうやつ。舞台はメキシコでも“死者の日”の死生観は日本人に親和性が高い。違うのはとにかく陽気で色彩鮮やかなこと。自身の死後を想うとちょっとしんみり。
      いいね

      良い
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      21本目『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』試写。メディア側にリスクを取る気概があったればこその報道の自由。決断を下した社主には、記者たちとはまた異なる苦悩が。
      いいね

      普通
    • ブラックパンサー
      20本目『ブラックパンサー』。MCU作品だけど、ちゃんと単体で楽しめる作りなのがよい。アフリカの民族的意匠をこらしたガジェットが楽しいエンタメ作品なのに、孤立か国際協調かという外交問題にも踏み込む。女性陣の活躍も気持ちいい。
      いいね

      良い
    • ベロニカとの記憶
      19本目『ベロニカとの記憶』(@tenpara_tw)。誰にでも若気の至りはあるかもしれないが、無自覚に他人を傷つけてしまった過去と向き合うのは苦しいもの。それでも自分の鈍感さを悔い改め、生き方を変える勇気を持てるだろうか。
      いいね

      良い
    • 15時17分、パリ行き
      18本目『15時17分、パリ行き』。事件の当事者本人が演じる奇抜な手法も全く違和感なし。大抵の時間が費やされる3人の若者の成長と挫折や楽しい欧州旅行の描写は、彼らが決して特別な存在ではないと教えている。イーストウッドの恐るべき手腕。
      いいね

      良い
    • The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
      17本目『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』@ TOHOシネマズ与次郎。博愛の精神で招き入れたはずの敵方の負傷兵により、女性の園が静かにかき乱されていく様が面白い。白を基調とした美しい描写は女性監督ならではか。
      いいね

      良い
    • シェイプ・オブ・ウォーター
      16本目『シェイプ・オブ・ウォーター』。表面的には決して綺麗な訳じゃなく、むしろいびつな愛の形だけど、誰が否定できようか。ロマンティックな音楽や美術とのバランスが絶妙。「パンズ・ラビリンス」然り、哀しい結末のようで実は幸せな結末だ。
      いいね

      良い
    • 空海 KU-KAI 美しき王妃の謎
      15本目『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』。映像は豪華だし、空海と白楽天の謎解きバディムービー的な面白さはあると思うけど、どうにも長く感じてしまった。阿倍仲麻呂のくだりは思いきって削ってもよかったのでは。
      いいね

      普通
    • ルイの9番目の人生
      14本目『ルイの9番目の人生』(@tenpara_tw)。サラ・ガドンの美しさが際立っていて、男ってしょうがないなと思いつつ、さすがに甘く危険な香りを察知した。それにしても9番目の人生が一番幸せだなんて、ルイの諦観?は哀しすぎる。
      いいね

      良い
    • 花筐 HANAGATAMI
      13本目『花筐 HANAGATAMI』(@gardens_cinema)。闘病中の監督が撮ったとは思えぬほど前衛的。映像が瞼に焼き付く。若者たちが生を謳歌するほど忍び寄る死。実際知らぬ間にというのが本当なのかも。若手女優陣が印象的。
      いいね

      良い
    • 羊の木
      12本目『羊の木』。元受刑者たちと周囲とのズレがブラックなユーモアさえ湛える前半から、後半は松田龍平の圧倒的存在感が際立つ展開。こんなヤバい奴とは友達になんかなりたくない。
      いいね

      良い
    • パーティで女の子に話しかけるには
      11本目『パーティで女の子に話しかけるには』(@tenpara_tw)。トンデモ系“ボーイ・ミーツ・ガール”ムービーでもE・ファニングの魅力炸裂。侵略が目的でなくてよかった(笑)。異星人たちのコロニーの描写はユニークすぎて可笑しい。
      いいね

      良い
    • スリー・ビルボード
      10本目『スリー・ビルボード』(@tenpara_tw)。強烈なキャラクターのぶつかり合いに、果たして世の中に清廉潔白な人間なんているのかと思う一方、ふとしたきっかけで人の持つ本来の姿が露わになる不思議。愛と赦しの余韻に満ちた作品。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....