TOP >tsuccheeeマイページ

tsuccheee

さんのマイページ
tsuccheee
つぶやいた映画
550 本
総ツイート
583 件
マイページ閲覧数
7,994 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
4 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
550 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • グレイテスト・ショーマン
    羊の木
    スリー・ビルボード
    ダークタワー
    キングスマン ゴールデン・サークル
    バーフバリ 王の凱旋
    勝手にふるえてろ
  • 花筐 HANAGATAMI
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    DESTINY 鎌倉ものがたり
    オリエント急行殺人事件
    パーティで女の子に話しかけるには
    gifted ギフテッド
    ローガン・ラッキー
  • KUBO クボ 二本の弦の秘密
    人生はシネマティック!
    密偵
    ザ・サークル
    シンクロナイズドモンスター
    ゴッホ 最期の手紙
    ノクターナル・アニマルズ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 花筐 HANAGATAMI
      13本目『花筐 HANAGATAMI』(@gardens_cinema)。闘病中の監督が撮ったとは思えぬほど前衛的。映像が瞼に焼き付く。若者たちが生を謳歌するほど忍び寄る死。実際知らぬ間にというのが本当なのかも。若手女優陣が印象的。
      いいね

      良い
    • 羊の木
      12本目『羊の木』。元受刑者たちと周囲とのズレがブラックなユーモアさえ湛える前半から、後半は松田龍平の圧倒的存在感が際立つ展開。こんなヤバい奴とは友達になんかなりたくない。
      いいね

      良い
    • パーティで女の子に話しかけるには
      11本目『パーティで女の子に話しかけるには』(@tenpara_tw)。トンデモ系“ボーイ・ミーツ・ガール”ムービーでもE・ファニングの魅力炸裂。侵略が目的でなくてよかった(笑)。異星人たちのコロニーの描写はユニークすぎて可笑しい。
      いいね

      良い
    • スリー・ビルボード
      10本目『スリー・ビルボード』(@tenpara_tw)。強烈なキャラクターのぶつかり合いに、果たして世の中に清廉潔白な人間なんているのかと思う一方、ふとしたきっかけで人の持つ本来の姿が露わになる不思議。愛と赦しの余韻に満ちた作品。
      いいね

      良い
    • ダークタワー
      9本目『ダークタワー』(@Mitte_10)。S・キングの一大長編とか考えなければ、それなりに楽しめる要素はあるも、最後はやけにあっさりし過ぎてもったいない。M・マコノヒーの悪役は相応しかった。
      いいね

      普通
    • スリー・ビルボード
      「シェイプ・オブ・ウォーター」監督賞 「スリー・ビルボード」作品賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞 #アカデミー賞予想 https://t.co/utGNZq7O2U https://t.co/CpzRMbMU1s
      いいね
    • 勝手にふるえてろ
      8本目『勝手にふるえてろ』(@Mitte_10)。妄想こじらせ女子ヨシカがひたすらイタい。が、それを引き受けようとする男“二”もすごい。松岡茉優のまさに独壇場といった演技には引き込まれた。
      いいね

      良い
    • 人生はシネマティック!
      7本目『人生はシネマティック!』(@gardens_cinema)。お気に入りのG・アータートンが本作でも好演。戦時下、国威発揚のためという制約はあるものの、映画制作にかける情熱はやはり胸を打つ。B・ナイとのシーンが特に良かった。
      いいね

      良い
    • グレイテスト・ショーマン
      6本目『グレイテスト・ショーマン』試写。あまり注目してなかったけど、エンタメ讃歌にして異端の者たちを含めた人間賛歌だった。魂を振るわす"This is Me"をはじめ、どの楽曲も素晴らしく、耳から離れない。 #ショーマン最高
      いいね

      良い
    • gifted ギフテッド
      5本目『gifted ギフテッド』(@tenpara_tw)。“キャップ”じゃないC・エバンスの叔父と姪っ子との関係が微笑ましく、応援したくなる。天才的能力と幸せがイコールならよいのだけど。M・グレイスちゃんの行く末が案じられる。
      いいね

      良い
    • バーフバリ 王の凱旋
      4本目『バーフバリ 王の凱旋』(@gardens_cinema)。とにかく理屈抜きに楽しい娯楽超大作!このスケール感の前にはひれ伏すしかない。終盤、回想だったの?っていう驚きも(笑)。SWに求めてたのはこういう大河ロマンだったのだ。
      いいね

      良い
    • 婚約者の友人
      3本目『婚約者の友人』(@tenpara_tw)。戦争に翻弄された男女の邂逅。相手を傷つけぬようつく嘘のなんと哀しいことか。アンナが人生を切り開いてゆくことを祈るばかり。モノクロ映像の美しさとアンナ役パウラ・ベーアの瞳が印象に残る。
      いいね

      良い
    • 彼女がその名を知らない鳥たち
      2本目『彼女がその名を知らない鳥たち』(@Mitte_10)。蒼井優と阿部サダヲあってこそというか、主演の2人はさすが。ラストのフラッシュバックでは、陣治のことを思い居たたまれなくなった。昨年観てたらランキング上位に入れてたなぁ。
      いいね

      良い
    • キングスマン ゴールデン・サークル
      今年の1本目『キングスマン ゴールデン・サークル』。前作の英国紳士趣味が後退したところは残念。悪趣味ともいえるブラックな笑いも新鮮さに欠けるのは「キック・アス」同様2作目の難しさか。E・ジョンとか何でもありな感じは正月っぽくはある。
      いいね

      普通
    • シンクロナイズドモンスター
      106本目『シンクロナイズドモンスター』(@Mitte_10)。A・ハサウェイが珍しくダメウーマンを演じるのがいい。でも彼女は性根の腐ったクソ女ではなく、ちゃんと自分の内なる怪物と対峙するのだ。最後の渾身のスローイングが気持ちいい。
      いいね

      良い
    • オリエント急行殺人事件
      105本目『オリエント急行殺人事件』。どうしても旧作と比べてしまうけど、新たなオールスターキャストと斬新な演出は、オチがわかっていても楽しい。偶然だろうが、冒頭のエルサレムのシークエンスは、今日の情勢からすると感慨深いものがある。
      いいね

      普通
    • ノクターナル・アニマルズ
      104本目『ノクターナル・アニマルズ』(@tenpara_tw)。美醜紙一重なアート作品や、小説内の女性(A・アダムスとよく似たI・フィッシャーが演じる)など、観る者の潜在意識に働きかけてくるスタイリッシュな復讐譚は、実にユニーク。
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
      103本目『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』。1回目で自分がSWに関してライト(right)サイドの人間だと痛感。モヤモヤしてたので、賛否両論を踏まえてもう一度観てみたら、意外なほどスッキリ。EP9は素直にJ.J.に期待したい。
      いいね

      普通
    • ゲット・アウト
      102本目『ゲット・アウト』(@tenpara_tw)。レイシズムを隠れ蓑にしたとんでもスリラー!まんまとミスリードされた。タイトルも意味深で、観終わってから、なるほどそういうことかってなる。
      いいね

      良い
    • ゴッホ 最期の手紙
      101本目『ゴッホ 最期の手紙』(@tenpara_tw)。正に動くゴッホの油絵!ゴッホとはいかなる人物であったのかを紐解くミステリ仕立てのストーリーとあいまって、最高のオマージュではなかろうか。ゴッホに詳しくなくても問題なし。、
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....