TOP >tsuccheeeマイページ

tsuccheee

さんのマイページ
tsuccheee
つぶやいた映画
533 本
総ツイート
565 件
マイページ閲覧数
7,527 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
4 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
533 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • DESTINY 鎌倉ものがたり
    ローガン・ラッキー
    KUBO クボ 二本の弦の秘密
    密偵
    ザ・サークル
    ゴッホ 最期の手紙
    IT イット “それ”が見えたら、終わり。
  • ゲット・アウト
    ブレードランナー 2049
    セブン・シスターズ
    女神の見えざる手
    アトミック・ブロンド
    猿の惑星:聖戦記
    ドリーム
  • スイス・アーミー・マン
    エイリアン コヴェナント
    三度目の殺人
    ダンケルク
    散歩する侵略者
    新感染 ファイナル・エクスプレス
    パターソン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ゲット・アウト
      102本目『ゲット・アウト』(@tenpara_tw)。レイシズムを隠れ蓑にしたとんでもスリラー!まんまとミスリードされた。タイトルも意味深で、観終わってから、なるほどそういうことかってなる。
      いいね

      良い
    • ゴッホ 最期の手紙
      101本目『ゴッホ 最期の手紙』(@tenpara_tw)。正に動くゴッホの油絵!ゴッホとはいかなる人物であったのかを紐解くミステリ仕立てのストーリーとあいまって、最高のオマージュではなかろうか。ゴッホに詳しくなくても問題なし。、
      いいね

      良い
    • 密偵
      100本目『密偵』(@tenpara_tw)。日本統治下の朝鮮で抗日独立運動を巡る攻防となると分が悪いような気もするが、基本的には諜報戦を描いた娯楽サスペンスなので大いに楽しめた。S・ガンホの哀愁を帯びた主人公は抜群の安定感。
      いいね

      良い
    • DESTINY 鎌倉ものがたり
      99本目『DESTINY 鎌倉ものがたり』試写。黄泉の国の古き良き昭和的ビジュアルが気に入った。こんな世界なら死ぬのも怖くないと思わせてくれる。安藤サクラさん、意外な役で出てるけど(最初気付かなかった)、たまにはこういうのもイイ。
      いいね

      普通
    • 女神の見えざる手
      98本目『女神の見えざる手』(@tenpara_tw)。神経衰弱のヒロインが奮闘する姿が好きだ。J・チャステインはハマリ役。大逆転のカタルシスもいい。エスコート・サービスの彼のその後は。スローンの出迎えは居たのか。等々余韻に浸った。
      いいね

      良い
    • ローガン・ラッキー
      97本目『ローガン・ラッキー』。ゆる~い「オーシャンズ」ってなとこか。豪華なキャストの割に肩の力抜いて観れるのがよい。でも意外と緻密な計画だったりして。それに8番目のルールが気に入った。結局誰も損してないわけだし。R・キーオ要注目。
      いいね

      良い
    • KUBO クボ 二本の弦の秘密
      96本目『KUBO クボ 二本の弦の秘密』(@Mitte_10)。これがストップモーションアニメだなんて。エンドロールで披露される気が遠くなるようなメイキング映像も観てみたい。御伽草子的な世界をよくぞここまで。三味線が泣いている。
      いいね

      良い
    • スイス・アーミー・マン
      95本目『スイス・アーミー・マン』(@tenpara_tw)。下ネタ満載のサバイバル・ファンタジーって全く意味不明だが、ホントに奇想奇天烈なので仕方ない。ここは小難しい解釈は放棄して、死体役D・ラドクリフの怪演を楽しむべし。
      いいね

      普通
    • セブン・シスターズ
      94本目『セブン・シスターズ』(@tenpara_tw)。冒頭「不都合な真実2」を観ているのかと(笑)。胸糞悪いけどあり得ると思わせる近未来ディストピア。人類生存のための社会システムの欺瞞を暴いたはよいが、その先の未来は・・・
      いいね

      良い
    • すばらしき映画音楽たち
      93本目『すばらしき映画音楽たち』(@tenpara_tw)。映画を何本も観たような気にさせてくれる良質のドキュメンタリー。「E.T.」の短いシーンだけでも涙ぐんでしまうなんて、正にJ・ウィリアムズのスコアの魔法!
      いいね

      良い
    • スター・ウォーズ フォースの覚醒
      92本目『スター・ウォーズ フォースの覚醒』復習上映!久しぶりに観直して、レイアとハン・ソロの再会には、やはり胸に迫るものが。あと今回感じたのは、笑えるシーンが意外なほど多かったこと。フィンとBB-8の存在が大きい。
      いいね

      良い
    • ザ・サークル
      91本目『ザ・サークル』。自分のプライバシーに無頓着な者は、他者の人権にもまた無自覚ってことか。手痛い目に遭ったのに何故戻ってしまう。一応、経営陣に一矢報いたみたいだけど、どうせならダークサイドを突き進み、会社を乗っ取っちゃえば?
      いいね

      普通
    • IT イット “それ”が見えたら、終わり。
      90本目『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』。ジュブナイル・ホラーとはよくぞ言ったりという感じで、「スタンド・バイ・ミー」のような映画が好きな者にとっては堪らなく愛おしい。この続きが早く観たいもの。
      いいね

      良い
    • ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
      89本目『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(@tenpara_tw)。ナチスがいまだ様々な視点で描かれ続けること自体が史実の重みを表すが、本作もエンタメとして完成度が高い上にチェコのレジスタンスのことを知らしめてくれた。
      いいね

      良い
    • ブレードランナー 2049
      88本目『ブレードランナー 2049』。P・K・ディックの精神と前作の世界観を見事に承継しつつも独創的な或る設定には驚く。デッカードに託された思いが30年後このように実を結ぶとは。ラストの感慨は”レプリカントはつらいよ”だった。
      いいね

      良い
    • アトミック・ブロンド
      87本目『アトミック・ブロンド』。敵味方入り乱れての諜報戦はなかなかの分かりずらさ。でも本作の見所は、シャーリーズ・セロン様の身体を張った”痛い”アクションに尽きる。あと個人的には80'sミュージック。サントラ欲しい。
      いいね

      良い
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      86本目『ありがとう、トニ・エルドマン』(@gardens_cinema)。わかりやすいコメディを期待すると戸惑うが、人生や父娘関係の可笑しみ、哀しみに寄り添う深い余韻を伴う映画。置かれている立場によって感じ方も異なるのだろうなぁ。
      いいね

      良い
    • 猿の惑星:聖戦記
      85本目『猿の惑星:聖戦記』。パフォーマンス・キャプチャーというハイレベルなことやってるのに自然に見えるのが改めてスゴイなと。シーザーはじめエイプスは人間以上に人間らしく、もはや「猿の惑星」状態。人類が滅びゆくのももっともな大団円。
      いいね

      良い
    • エル ELLE
      84本目『エル ELLE』(@tenpara_tw)。まず主人公の行動が一筋縄ではいかない。安直な感情移入を許さず、複雑で狂気すら覚えるが、それは観る者の固定観念や偏見の裏返しでもある。P・バーホーベンにI・ユペール、恐るべし。 
      いいね

      良い
    • 海底47m
      83本目『海底47m』(@tenpara_tw)。夏は終わったがまだまだ暑いので海洋パニックスリラー。海底の危険はサメだけにとどまらずなかなか飽きさせない。宇宙と同じくらい怖い気が。昔ダイビングやったことあるのがもはや信じられない。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....