TOP >tsuccheeeマイページ

tsuccheee

さんのマイページ
tsuccheee
つぶやいた映画
499 本
総ツイート
528 件
マイページ閲覧数
6,857 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
4 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
499 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • スパイダーマン ホームカミング
    ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
    君の膵臓をたべたい
    カーズ クロスロード
    パワーレンジャー
    ライフ
    ジョン・ウィック チャプター2
  • パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
    ハクソー・リッジ
    20センチュリー・ウーマン
    LOGAN ローガン
    美しい星
    夜に生きる
    皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
  • 夜明け告げるルーのうた
    メッセージ
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    パーソナル・ショッパー
    スプリット
    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
    カフェ・ソサエティ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • スパイダーマン ホームカミング
      67本目『スパイダーマン ホームカミング』。「アイアンマン」というか「アベンジャーズ」のスピンオフ的感じは否めないけど、MCU参戦となれば当然か。個人的にはM・キートンの起用がツボ。M・トメイとR・ダウニーJr.の絡みが見たかった。
      いいね

      普通
    • スウィート17モンスター
      66本目『スウィート17モンスター』(@gardens_cinema)。H・スタインフェルドのコメディエンヌぶりが素晴らしく、ますます楽しみな女優だ。W・ハレルソン先生との掛け合いがなんとも良かった。
      いいね

      良い
    • ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
      65本目『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』。トム・クルーズだし、所々見せ場もあって面白くなる余地はあったはずだけど、如何せん脚本がとっ散らかってて残念。テイストは違えど改めて「ハムナプトラ」はよくできたエンタメ作品だったと懐かしむ。
      いいね

      残念
    • パワーレンジャー
      64本目『パワーレンジャー』。戦闘シーンに関しては意見が分かれるようだけど、個人的には期待以上の作品だった。主役を高校生にしたのが正解で、なかなか変身できないもどかしさが堪らない。完全に悩み多き者たちの青春群像劇として観てた。
      いいね

      良い
    • 君の膵臓をたべたい
      63本目『君の膵臓をたべたい』。いわゆる難病悲恋ものとは違い、本作は今を生きる人々に勇気を与えてくれる物語だった。お互いを君と呼び合う二人の関係性がなんかいいなぁと思いながらも、秘められた桜良の想いにジンときた。浜辺美波さんが素敵。
      いいね

      良い
    • パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
      62本目『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』。正直食傷気味の本シリーズだが、ジャック・スパロウの三枚目ぶりは相変わらず楽しい。もはや狂言回し的立ち位置なのだがその方がよかったりして。新顔カヤ・スコデラリオの今後に期待。
      いいね

      普通
    • ライフ
      61本目『ライフ』(@Mitte_10)。チラシのコピーそのままのバッドエンド。なんて意地悪なんだ。過去の同種作品の二番煎じなどとは言わせない、よくできたSFスリラー。世界にはケン・ワタナベだけじゃなくヒロユキ・サナダがいる!
      いいね

      良い
    • カーズ クロスロード
      60本目『カーズ クロスロード』。クロスロード(岐路)とはよくぞ付けたりこの邦題。3作目ともなると果たしてどうかと思いつつ観たけど、よい意味で裏切られたというかすっかりやられてしまった。中年のおっさんにこそ強く訴えかけてくる映画。
      いいね

      良い
    • ジョン・ウィック チャプター2
      59本目『ジョン・ウィック チャプター2』(TOHOシネマズ与次郎)。裏社会のガジェットが相変わらず楽しい。表社会と一線を画すためと思われるのに、市井は暗殺者であふれてるというのは笑った。続編を作るにはかなり力技が必要だと思うけど。
      いいね

      良い
    • 午後8時の訪問者
      58本目『午後8時の訪問者』(@gardens_cinema)。自責の念や良心の呵責から自由になるために人はどのように行動するのか、なんてことを考える。主人公の凛とした姿が印象的だった。
      いいね

      普通
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      57本目『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(@tenpara_tw)。兄の死により甥っ子の面倒をみるはめになったリー。その彼が抱える大きな心の傷が徐々に分かる構成、C・アフレックの抑えた演技がいい。元嫁との邂逅シーンでは感極まった。
      いいね

      良い
    • 夜に生きる
      56本目『夜に生きる』(@tenpara_tw)。ギャングの世界に身を投じたのは、戦場体験を機に自らがルールとなるべき道を求めた結果だったが、思わぬ形でその酬いを受けることに・・・渋過ぎる中でE・ファニング始め女優陣が光った。
      いいね

      普通
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      55本目『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(@tenpara_tw)。ヒーロー?誕生譚なのだが、そのきっかけが愛した女性の妄言だなんて、おっさんの純情は涙もの。ラストに着用するマスク!ジャパニメーションの影響力が生んだ怪作。
      いいね

      良い
    • 夜明け告げるルーのうた
      54本目『夜明け告げるルーのうた』(TOHOシネマズ与次郎)。湯浅作品を観るのは「夜は短し歩けよ乙女」以来の2作品目。独特の映像表現に加え、音楽をフィーチャーした青春ものとして入り込みやすい反面、物語として少々もの足りない面も。
      いいね

      普通
    • ハクソー・リッジ
      53本目『ハクソー・リッジ』。前田高地戦の顔を背けたくなるほどの凄惨さには、敵味方を超えて戦争の残酷さを感じずにいられないが、同時にこの描写があったればこそ、デズモンドの行いの特別さが際立つ。前半の父親や恋人とのエピソードも〇  
      いいね

      良い
    • パーソナル・ショッパー
      52本目『パーソナル・ショッパー』(@tenpara_tw)。まさかのオカルト的展開にびっくり。物質主義的な業界と精神世界の間に生きる主人公のように、この映画も安易なジャンル分けを許さない。所々?なシーンあるも引き込まれてしまった。
      いいね

      良い
    • 20センチュリー・ウーマン
      51本目『20センチュリー・ウーマン』(@tenpara_tw)。母親を含む3人の女性たちに囲まれる少年。しかもフェミニズムの時代とあって交わされる会話は実に明け透け。こんな環境だったらさぞ異なるパーソナリティーが育まれただろう。
      いいね

      普通
    • お嬢さん
      50本目『お嬢さん』(@tenpara_tw)。コンゲーム・サスペンスの面白さが基本にありつつ、悪趣味に近い倒錯的嗜好や過激な官能描写に眩惑されるが実は純粋なラブストーリーだったりと極めてユニーク。主演2人の女優魂には畏れ入る。
      いいね

      良い
    • LOGAN ローガン
      49本目『LOGAN ローガン』。西部劇の引用とかおよそアメコミヒーローものとは思えない渋い演出が光るウルヴァリンの壮絶な有終の美。ローラの最後の行動には思わず込み上げるものが・・・新世代による「X-MEN」も是非観てみたい。
      いいね

      良い
    • 娘よ
      48本目『娘よ』(@gardens_cinema)。イスラム圏の女性たちを巡る封建的な因習といえば「裸足の季節」を思い出すが、こちらは専らの逃走劇。デコトラ?によるカーチェイスこそなかったけど(それやっちゃうとマッドマックス)。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....