TOP >tsururutoマイページ

tsururuto

さんのマイページ
tsururuto
つぶやいた映画
53 本
総ツイート
53 件
マイページ閲覧数
935 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

tsururutoさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
53 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • マグニフィセント・セブン
    ドクター・ストレンジ
    沈黙 サイレンス
    ザ・コンサルタント
    アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
    バイオハザード ザ・ファイナル
    ドント・ブリーズ
  • ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
    ガール・オン・ザ・トレイン
    ミュージアム
    この世界の片隅に
    ジュリエッタ
    湯を沸かすほどの熱い愛
    インフェルノ
  • ハドソン川の奇跡
    怒り
    シン・ゴジラ
    日本で一番悪い奴ら
    クリーピー 偽りの隣人
    10 クローバーフィールド・レーン
    マネーモンスター
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • マグニフィセント・セブン
      『マグニフィセント・セブン』人種とジョブが様々なメンバー構成だけど、イマイチそれぞれのキャラが立ってないのが惜しい。最終バトルもチザム一人が美味しいとこを持っていった感じ。中盤の銃撃戦は格好良かった。ヘイリー・ベネットが良いね。
      いいね

      普通
    • ザ・コンサルタント
      『ザ・コンサルタント』超人的な能力を持つ謎多き主人公にベン・アフレックがはまり役。関わった人々の優しさに触れ彼も心を開いていく様が良い。伏線の謎がパズルのピースが嵌るが如く回収されていくのが爽快。良い意味で予想を裏切られた良作だ。
      いいね

      良い
    • 沈黙 サイレンス
      『沈黙 サイレンス』人を救い傷付けもする信仰の在り方、関わり方。テロやトランプのことを考えると本質的且つタイムリーな問題。スコッセシの切り口は老いては益々鋭い。アートな感じとエンタメな感じのバランスが素晴らしい。
      いいね

      良い
    • ドクター・ストレンジ
      『ドクター・ストレンジ』いろいろと設定を詰め込み過ぎて消化不良な感あり。今回は修行を経て魔術師になる決意をするまでで良かったんじゃないか。映像は凄いけど少し前に流行った手法で既視感があるし。はまり役っぽいので期待し過ぎた分がっかり。
      いいね

      普通
    • 湯を沸かすほどの熱い愛
      『湯を沸かすほどの熱い愛』母ちゃんの愛は偉大だぜという作品。笑えるシーンや登場人物の意外な行動が良いアクセントになり、単なるお涙頂戴の話になっていない。首を傾げる演出部分もあったが、鑑賞後元気になれる良作だ。足利市の昭和感が良い。
      いいね

      良い
    • ドント・ブリーズ
      『ドント・ブリーズ』ありそうで無かったアイデア賞的サスペンス作品。限られた空間と登場人物で途中だれることもなく最後まで緊張感を持続した演出に感心した。ただ個人的には中盤の衝撃的シーンにドン引き。爺は変態じゃなく怪物として描くべき。
      いいね

      良い
    • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
      『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』パンが売れるかどうかでこんなにドキドキするとはw。世界中をモニターで監視し、遠隔操作の無人兵器で敵を殺す。そんな神の如き力を行使する人間の正義や信念がより問われる今日的な戦争を描いた良作。
      いいね

      良い
    • この世界の片隅に
      『この世界の片隅に』戦時中の市井の人々の暮らしがユーモアを交えつつ温かい眼差しで丁寧に描かれている。その象徴たる主人公すずさんが精神的に追い込まれていく描写が戦時の異常さを際立たせている。静かながら救いのあるラストに感動した。
      いいね

      良い
    • ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
      『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』歴史の裏で希望への礎となった者達の物語。EPⅦより戦闘場面が断然面白かった。前半のジンの葛藤は端折ってローグ・ワン各メンバーの出自と活躍に時間を割き、2時間以内に収めればもっと良かった。
      いいね

      良い
    • バイオハザード ザ・ファイナル
      『バイオハザード ザ・ファイナル』もはやゾンビがモブ化したバイオ最終章。お決まりの話の展開、キャラの使い捨て具合などに安定感すら覚えます。序盤のハードな雰囲気で最後まで行って欲しかった。でも嫌いじゃないんだよね。ミラはお疲れさま。
      いいね

      普通
    • ガール・オン・ザ・トレイン
      『ガール・オン・ザ・トレイン』作品全体を包む美しくも寂寥としたトーンと3人の女性が抱く不安や孤独の感情がマッチしていた。シーンの時系列はいじりすぎかなと思うが、話の先が読み辛い良く出来たサスペンスでした。不穏な感じの劇伴も良かった。
      いいね

      良い
    • ミュージアム
      『ミュージアム』前半、じめっとしたダークな雰囲気とテンポの良さで楽しめた。終盤は無駄なシーンが多くて間延びした印象。主人公家族のエピソードは要らないのでは。対決のシーンもワーワーとうるさいだけ。樹脂詰めという言葉が妙に引っかかる。
      いいね

      普通
    • ジュリエッタ
      『ジュリエッタ』。アルモドバル作品で繰り返し描かれる母と娘の物語。至ってシンプルかつ普遍的なテーマが故にアルモドバルの映像美が際立つ。主人公を演じる二人の女性が魅力的。坂本教授のCDがちらっと映ってたね。
      いいね

      良い
    • インフェルノ
      『インフェルノ』ロン・ハワードだから美しいカットがあるし展開も意外で面白いのだけど「ダ・ヴィンチ・コード」のシリーズである必然性がない。ヨーロッパのキリスト教文化の闇は深けーな、みたいな思わせぶりな雰囲気が魅力だったのに。
      いいね

      普通
    • ハドソン川の奇跡
      『ハドソン川の奇跡』実話に基づく作品だが、こういうのを見るとアメリカの強さとか底力を感じる。危機管理に対する国民性の違いという点でシン・ゴジラと比べてみると面白い。地味だけど味わい深い佳作。
      いいね

      良い
    • 怒り
      『怒り』思っていたよりシンプルな人間ドラマだった。序盤それぞれのエピソードの掘り下げが足りないかなと感じたが、中盤以降は相乗効果で力強い物語になり引き込まれた。若干音楽と役者の熱演に助けられている感はあったけど。
      いいね

      良い
    • シン・ゴジラ
      『シン・ゴジラ』ゴジラはあながち虚構でもなく、一歩間違えればあの時東京も映画の中の様な惨状に見舞われていたかも。大体当時の政治家が全く責任を問われてないとかおかしな話だとかいろいろ考えたり。まあそういう話は抜きにしても面白かった。
      いいね

      良い
    • 日本で一番悪い奴ら
      『日本で一番悪い奴ら』前半の綾野剛演じる愛すべきバカの不謹慎成り上がりストーリーが面白かった。綾野の顔芸が凄い。実話ベースとは聞いていたが道警の腐敗はひどいなあ。ただ、上映時間が長過ぎで途中ダレたのと、音楽が合ってないのが残念。
      いいね

      良い
    • マジカル・ガール
      『マジカル・ガール』愛が故に行った行為が新たな悲劇を生んでゆくという因果なお話。ラスト近くの魔法少女との対峙シーンの緊張感は凄まじかった。「ラルジャン」を思い出したが、こちらはテーマが分かり易くエンタメ寄りなフィルムノワール。
      いいね

      良い
    • 10 クローバーフィールド・レーン
      『10 クローバーフィールド・レーン』ポスターがネタばれとか聞いていたから、逆に中盤までの展開が意外且つ自分好みで楽しめた。むしろ外に出てからの展開が陳腐でもう一捻り欲しかった。女主人公はさすがマクレーン一族ですな。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      GD_momoco
      1588movies / tweets
      advertisement

      follow us